作品の最近のブログ記事

夏バテやら何やらでペースが乱れまくっている最近の KiKi です。  そんな中、実は人知れず(?)数日前にあの「自宅用壁掛け」が完成していました。  そのお話をしていなかったので、今日はまずそのご報告から・・・・・。

2014_Aug27_002.JPG

この作品、針刺しの針の部分をどう刺したらいいのか、かなり迷ってしまいました。  刺繍というものに学生時代以来親しんでこなかった KiKi にとって「直線の刺繍 ≒ アウトラインステッチ」で、一度はそれを試してみたものの、クロスステッチ用の布でアウトラインステッチなんぞというのは上手く刺せるものではなく、それが自分の未熟さゆえか、普通のことなのかさえわからず、思わずキットを購入した Bear's Paw さんに質問メールを送っちゃったぐらい(笑)

でもそのお返事で、「そんな複雑なこと、考えないで。  素直に上から下に1本刺すだけですよ。」と言われ、ホッと一安心。  そしてそこからはあっという間に完成にこぎつけちゃいました。


自宅用壁掛け製作開始

| コメント(0) | トラックバック(0)

この間の日曜日に老人ホームに入居している じぃじ & ばぁばにお部屋の壁掛けをお届けできたので、その前日から着手し始めたのが「自宅用壁掛け」です。  2つの壁掛けの作成過程でクロスステッチ用刺繍針も刺繍糸糸通しも新調し、KiKi にとって学生時代以来久々のクロスステッチの練習も積み(← ってオイ! 苦笑)、製作のための準備は申し分なく整っています。

IMG_37301.jpgのサムネール画像

今までの作品より若干大ぶりのこの作品、決して大きさで差をつけようと思ったわけではありません。  じぃじ & ばぁばはお揃いにするためにあのピンクとブルーの作品を選んだのですが、これまで KiKi が作ったパッチワーク作品のほとんどはどこかへ貰われていってしまい(というよりプレゼント用に作ったことが多い)実は自宅用はユーキャンの通信講座で作ったものしか残っていません。

で、壁掛けのキットを購入する際に、「たまには自宅用も欲しいよな・・・・」と考えたわけですが、せっかくなら、異なるデザインのものを作りたいじゃないですか!  ま、てなわけで決して意図したわけではなく「自宅用」が一番大きくなってしまったのです。  ま、それに、いずれは KiKi も肉体的な限界から針仕事が難しくなるだろうから、この一時期はそれなりに針仕事に勤しんだ証・・・・みたいなものも欲しくて、こちらの「針仕事デザイン」を選びました。

2014_Aug19_001.JPG

ところでこの作品はこれまでの作品とは異なり、外周から刺し始めました。  というのもね、これまで作成した2つの作品は中央から左右対称のデザインだったので、真ん中部分から刺し始めるのがさして困難ではなかったんだけど、こちらの作品はちょっと毛色が違う・・・・。  クロスステッチ用のまっさらな布のどこから刺し始めればいいのか迷っちゃったんですよね~。

        


小さな壁掛け 完成!

| コメント(0) | トラックバック(0)

連日、お伝えしているじぃじ & ばぁばへのプレゼントの小さな壁掛け、ようやく本日完成しました。


2014_Aug14_001.JPG


これで今週末、2人が暮らす老人ホームへのお盆訪問の際の手土産ができました。  以前プレゼントした「ひざかけ」は、じぃじこそちゃんと使ってもらえているものの、ばぁばの方はプレゼントした直後の喜びこそ大きかったものの、その後畳んで手荷物(毎日のように「帰る」と言っては荷造りするその鞄の一番底)の中に納められ、日の目を見ることがありません(苦笑)

そこへいくとこの壁掛けであれば、四六時中壁にかかっている(?)ことになるだろうから、少なくとも KiKi の自己満足だけは満たされることでしょう。

さて、明日からは今度は自宅用の作品に着手です。

新しい刺繍糸通しとクロスステッチ専用針の威力に助けられ、あっという間に小さな壁掛け2つ目の刺繍部分が完成しました。  できれば今週末には老人ホームにじぃじ & ばぁばのご機嫌伺いに行きたいと思っていたのですが、どうやら2つの壁掛けを引っ提げて出かけられそうな予感が満ち満ちてきました。

2014_Aug13_003.JPG

今日はこれからピーシング、明日はキルティングを予定していて、こちらは1つ目の作品を作成した時の実績からすると、下手をすれば1日で作業が終わってしまう可能性も大です。

そして、それが完成すれば残すところは「自宅用」のこちら(↓)だけ。  何だかじぃじ & ばぁばのお部屋の壁掛け作りで稽古を積み、道具も揃えたうえで自宅用に着手する・・・・・というような流れになってしまっているのがちょっと申し訳ない様な・・・・・ ^^;

IMG_37301.jpgのサムネール画像

余りにも作業がサクサクと進むのに気を良くして、ちょっぴり「クロスステッチ」に嵌りかけているような気もするんだけど、基本的にオリジナリティには欠けている KiKi のこと。  どこかで又、素敵なキットでも見つけない限りはやらないんだろうなぁ・・・・・。  何せ、パッチワークだって始める前は「オリジナル作品を作るぞ!」と意気込んでいたのに、布合わせの難しさに早々にオリジナル作品は挫折し、結局キット頼みになっちゃっています。  ましてクロスステッチのバッテン製図な~んていうのは、始める前から自分にできる気がしない・・・・。

年齢を重ねてから始める趣味の難しさはそこにありますよね。  これで若くて肉体的ハンディ(老眼とか、肩こりとか、腰痛とか ^^;)がなければ、「ダメでもともと・・・・」とチャレンジする気にもなるし、いずれ上達するだろうからという未来への希望(夢ともいう)を持てるけど、歳をとると上達するかどうかも危ういうえに、残された時間とできるものの質・量をどうしても考えちゃう・・・・・。

それにいつもお世話になっている Bear's Paw さんの購入したきりキットがまだまだたくさんあるから、クロスステッチよりもまずはそちらを完成させなくては!!  

刺繍糸通し その後

| コメント(0) | トラックバック(0)

台風と共にお盆休みが到来しました。  さほどお客さんが多くないLothlórien_山小舎ですが、この間の週末は KiKi がビジネス・ウーマンだった時代にお付き合いのあったIT関連の会社のお友達が訪ねてきました。  日頃は隠居夫婦2人だけの静かな毎日ですが、この季節は都会から刺激がやってきて、ノンビリしすぎてボケ気味の頭に喝を入れてくれます(笑)

ま、そんなこんなで何かとバタバタしており、なかなかPCに向かう時間もなくて、読了して随分日が経ってしまっている「天山の巫女ソニン」の最後の外伝の Review も気になっているのですが、とりあえず今週が終わるまではあんまり「あれをしなくちゃ!」とは思わず、「時間と気力に余裕があったら・・・・」というぐらいのスタンスで過ごしたいと思っています。

さて、そんな中、比較的短時間で書ける話題を今日はとりあげておきたいと思います。  それはあの「小さな壁掛け」のその後・・・・というか、悪戦苦闘した刺繍糸の糸通しがどうなっているか?についてです。  このエントリーこのエントリーでもお話したように、老眼と乱視の入った KiKi の目は針の糸通しがとっても苦手です。  おかげで小さな壁掛けの1つ目を作る際、予想外の所で悪戦苦闘して予定していたよりも多くの時間をかけることになってしまい、「これじゃいかん!」とばかりに購入した「エンブロイダリー スレーダー」でしたが、今度は手持ちの刺繍針では使えないことが判明。

溜息ばかりの「壁掛け製作」だったわけですが、先週の土曜日、ようやくその「エンブロイダリー スレーダー」が対応している刺繍針(しかもクロスステッチ専用!)を購入することができました。

2014_Aug12_002.JPG

これでどの程度問題が解決するか、正直なところかなり懐疑的だった KiKi なんですけど、道具の威力はやっぱり凄かった!!

2014_Aug12_001.JPG

昨日の午前中だけであっという間にここまで(↑)進みました。  前回制作したこちら(↓)よりもはるかに凝った図案なのに、そしてあちらはあれを刺すだけで2週間弱(1週間ちょっとと言う方が正確かも)を要したというのに、こちらは下手をするとあと1日あれば完成しそうな勢いです。

2014_Jul31_001.JPGのサムネール画像

  


小さな壁掛け 1つ完成

| コメント(0) | トラックバック(0)

昨日、「猛暑続きでやる気がおきない」と書いたばかりですが、この場にそう書くことによって逆に「負けず嫌い根性」が刺激され(?)たのか、夕方からおもむろに作業を始め、何とか1つ目の壁掛け(ばぁば用)を完成させました。  ま、よ~く見ると、縫い目が荒かったり中央の刺繍部分が必ずしも真ん中になかったり、つっこみどころは満載なんですけどね。

本当に器用で作業が丁寧な人だったら、解いてやり直したりもするのでしょうが、その辺はかなり大雑把な性格の KiKi のこと。  気持ちは次の壁掛け(じぃじ用)に飛んでいます。  いや、どちらかというと昨日もご紹介した「糸通し」に飛んでいるのかもしれません(笑)。

ま、いずれにしろ恒例のお披露目と参りましょう。



2014_Aug04_002.JPG

何はともあれ、こうやって1つの作品ができあがった瞬間の達成感というヤツは爽快なものです。  特にこのパッチワークに関しては未だに趣味と呼べるほどのキャリアもなければ、真剣味にも欠けるため、とにかく形になった成果が何よりも嬉しい・・・・。  これが長年続けているピアノの方だと、もちろん成果も大事だし手掛けている曲が形になった時の喜びは大きいものの、それとほぼ同じぐらいの大きさの喜びがその途中過程にもあるんですけどねぇ。

あ、別にパッチワークをやっていて途中の作業が楽しくないということではないんですよ。  もちろん楽しいんです。  逆に途中の作業が楽しい度合いはパッチワークの方が高いぐらいかも・・・・。  ピアノの方は楽しくないわけじゃないけれど、苦しかったり、「いったいこの曲の構造はどうなっているんだ??」という戸惑いやら、「この複雑なパッセージをどう弾けってか??」みたいな想いの方が大きくて、時に苦行のように感じることもままあるんですよね~。  パッチワークの方が小さなチクチク作業が確実にゴールに近づいているという手応えもあるし・・・・・。

ところがピアノの方は最初の譜読みの段階では「必ず弾けそう」という確信はほぼ常に持てず、どんな曲を前にしても「ホントにこれが弾けるようになるんだろうか??」と自問することばかり・・・・。  だから取り組んでいる最中は試行錯誤の連続で、挫折しそうになることもしばしばです。  これは完成形への拘りの差というヤツも間違いなく影響していて、未だ趣味としてはよちよち歩きのパッチワークは「とにかく作品が完成すること」がゴールであるのに対し、ピアノの方は「こういう表現がしたい」という欲が強い分、「ただ弾ければいいってもんじゃない!」というプライドみたいなものがあるせいだと思うんですよね。

そうであるだけに、「なるほど、こういう構造になっているのか!」とか「なるほど、ここはこの指使いならいけるか!」というような小さなパズルを解いていくような1つ1つのプロセスがそのまま喜びになっている・・・・・そんな気がします。  うまく弾けないパーツがそこだけ取り出せば弾けるようになっても、1曲の流れの中では集中力が切れちゃったり、前後の姿勢からの変化でメタメタということも多いので、完成形には程遠くても「集中力を切れさせずに最後までいけた!」というだけでも半端じゃない喜びをもたらしてくれたりもして・・・・・。  

ま、こういう猛暑日が続くと集中力を持続させるというのはかなり大変で、「よし!  いけた!!」な~んていうことは滅多にないんですけどね。  特に我がLothlórien_山小舎にはクーラーがないので、今練習しているショパンのバラードやらシューマンのクライスレリアーナなんかでは曲の途中で汗が滝のように流れ、鍵盤の上で指が滑ったり、汗に気を取られて途中でわかんなくなっちゃったりと散々です(苦笑)。  しかも時に KiKi が練習している足元で愛犬のノルンが大運動会をしていることもあったりして・・・・・。  

さて、話はパッチワークに戻して、以前このブログでもお話した「ばぁばのひざかけ」の方は、プレゼントした直後にその存在を忘れられ、今ではお部屋に作りつけの洋服ダンスの肥やしとなってしまっているのですが、こちらは飾っておいてもらえるものなのかどうか・・・・・。  これもまた、肥やしになっちゃうのかなぁ・・・・・。

小さな壁掛けその後

| コメント(0) | トラックバック(0)

先日、このエントリーでお話した、小さな壁掛け。  その後作業はここまで進みました。

2014_Aug02_001.JPG

実はここまでの作業は2日の午前中には終わっていたのですが、その日の午後はじぃじ & ばぁばのご機嫌伺いで老人ホームに行かなければならなかったし、昨日は別の野暮用があって、作業が中断しています。  それにね・・・・・・・

この写真の一番バックの花柄はパッチワークボード、その上の白い部分がいわゆるキルト芯なんだけど、キルト芯を見た瞬間に、昨日と言い今日と言い、室温32℃越えだといかに小さな作品でもどうも製作意欲が鈍るんですよね~。  それに今日は山を下りて食料品の買い出しに行かなくちゃいけないし・・・・。 

それになかなかここから先に手が伸びない理由がもう1つ。  実は KiKi はフープ(刺繍枠のお化けみたいヤツ)なしのキルティングって1回しかやったことがないんです。  思い起こせばあれはユーキャンの通信講座の初期の課題でした。  その時のキルティングを今見ると悲しいほど縫い目が大きく、尚且つサイズが揃っていません。  それを考えると何となく躊躇しちゃうんですよね~。

さて、先日は刺繍糸の糸通しで悪戦苦闘していることをお話したわけだけど、あのエントリーでも書いたように、これから作らなくちゃいけない作品がまだあと2つ残っています。  根が貧乏性の KiKi としては、購入した以上作らないという選択肢はないわけで、これから更に老いていくことを考えると、先延ばししてもいいことは1つもありません。  そこであの「魔の糸通し問題」を解決する(?)ために、こんなものを購入してみました。

2014_Aug04_001.JPG  (Amazon)

刺しゅう糸がなめらかに通る新機能。  刺しゅう糸(刺しゅう針)専用スレダー。  キャップ付き。  (Amazon 内容紹介より転載)

ご覧のとおり、まだ開封さえしていないので、これが本当に問題を解決してくれるのかどうか、定かじゃないんだけど、Amazon の評価を見る限りでは「あると作業が捗る」とあるのでちょっぴり期待しています。

もっとも・・・・・・

同じ Amazon の評価の中に

あっという間に 使えなくなりました。  100均一の物とかわらない感じです。

というのもあり、ちょっと不安。  でも、100均に同じようなものがあるんだ!!  それは知りませんでした。  普通の糸通しは100均にあるのを知っていたし、以前はずいぶんお世話になったけど、こんな刺繍糸専用のものまであるなんて!!  それを知っていたらこんな8倍もするようなのを買わなかったのに!!(苦笑)

今、後悔していること

| コメント(0) | トラックバック(0)

今日は読書関連エントリーを2つも書いたので、当初の予定ではPCに向かう時間はそれでおしまい・・・・とするはずだったのですが、別にやろうとしていたことでかなり行き詰まってしまったので、再び今、PCに向かっています。  実は今、か★な★り 後悔していることがあるんですよね~。

実は今、いつもお世話になっている Bear's Paw さんのサイトで「夏のセール」をやっています。  (今日が最終日)  で、セール初日に KiKi は以下の3点のキットを購入しました。

IMG_37161.jpg  IMG_37252.jpg  IMG_37301.jpg

最初の2つはじぃじ & ばぁば用(老人ホームのお部屋のインテリア)に、最後の1つは自宅用です。  デザインも素敵だし、Bear's Paw さんの布選びに間違いはないので、セールなのをいいことにまとめ買いです。  で、意気揚々と作り始めたんですけどね・・・・・・。

刺繍そのものは何とかできているのでいいんですけど、問題はその前、刺繍糸の糸通しなんですよね~。  よくよく考えてみれば刺繍っていうやつは刺繍糸の複数本どり(この作品では3本どり)をするわけですが、通常1本の糸さえ針に通せない KiKi に3本の糸が通せるはずもなく・・・・・。

パッチワークの時は以前にもご紹介したこの糸通し(↓)を使っていて、何のストレスもなく作業できていたので、自分が針に糸を通せないことを忘れていたのが敗因でした。

41Rn-fJvWtL__SL500_AA300_.jpegのサムネール画像

しかも刺繍って言うヤツは刺し始めと刺し終りに糸を絡ませる作業がある分、普通に縫うよりも針に糸を通す頻度が高い!!  糸通しの度にストレスをため、そのストレスを抱えたまま作業をするので肝心の刺繍の時にはどこかしら雑になっちゃうし、刺している時間より針穴とにらめっこしている時間の方が多いし、という有様で一番左のピンクの壁掛けのクロスステッチ部分を刺繍するだけで1週間以上を要してしまいました。

2014_Jul31_001.JPG

  

昨日、懸案事項だった「じぃじのひざかけ」を完成させた KiKi はそれに気を良くして(?)早速次の作品作りに取り掛かることにしました。  次に手掛ける作品は随分前にこのブログでもご紹介していてそれきりになっている毎度おなじみ Bear's Paw さんのキット、「コージー・キルト」(↓)です。

IMG_30842.jpegのサムネール画像のサムネール画像

これまで KiKi が製作してきた大型キルトは、ベビー・キルトといい、オールドファッションド・キルトといい、今回完成したチェックとストライプのキルトといい、すべて身内のところにお嫁入りして、KiKi の手元には残りません。  もともとその目的でキットを入手し仕上げたものだからいいんだけど、そろそろ自家用も作らなくちゃね。  このコージー・キルトは我が家のソファ・カバーにしようと思って入手したキットですから、どんなことがあってもどこかへお嫁入りすることはありません・・・・・多分。

ま、てなわけで、今日はキルト制作の最初のお仕事、布の水通しに着手しました。

2014_Feb05_002.JPG

2014_Feb05_003.JPG

この写真を見てお気づきになりますでしょうか??  ここは毎度おなじみの「布干場」ではあるんですけど、実はここ、今日はこ~んな風になっちゃっています。

2014_Feb05_004.JPG

干された布の向こう側にかすかに見えるつ・ら・ら・・・・・。  さらにその向こうに広がるのは一面の雪景色。

実は昨日はここ高山村は大雪で、こ~んな感じ(↓)でした。

2014_Feb04_003b.JPG

そして今日はお天気こそ回復したものの、と~っても寒いんです。



これまでに何度も「あとxx日で完成できる見込み」と書き続けてきたじぃじのひざかけ。  実は未だに完成していませんでした ^^;  やっぱり介護家族を抱えているうえに、お正月という民族あげてのイベントがあったりする時期には、何事もこちらの都合だけでは物事が運ばないようです。  特に昨年はばぁばの介護で手一杯で、あちこちに不義理の限りを尽くしていた ダーリン & KiKi。  今年はそのお詫びも兼ねて群馬の山奥からダーリンの実家のある岐阜へ行ったり、そこでもいくつかの親戚廻りをしたり、昨年亡くなった静岡県は興津市にある KiKi の叔母の家に伺ったり、そのついでに沼津の実家に風を通したりと1月はとにかく出歩くことの多い日々でした。

そしてようやくおらが村に帰ってみれば、今度は水道管の凍結というお決まりのトラブルに見舞われ、それを解決するために走り回り・・・・・・。  なんてことをしている先から老人ホームから電話がかかってきて「お母様が発熱されました。」とか「お父様がうつっちゃったみたいです。」とか、とか、とか・・・・。  ま、てなわけでこのエントリーでお話したパイピング布を縫いつけ終わったところ(くるんで縁をまつり縫いには至らず)でストップしたままほぼ1か月が経過してしまっていました。

何とか日常を取り戻したのが1月30日。  ようやく久々に針を握ることができました。  ま、てなわけでようやく完成したひざかけのお披露目です。





2014_Feb04_005.JPG


我がLothlórien_山小舎にはこのサイズのキルトを広げられる床のスペースがないので、マッサージチェアにひっかけて撮影してみました。  真ん中あたりの紫の生地の色目が他の布と比較してちょっと自己主張が強い印象だったので、敢えて真ん中に寄せてクロスを描いてみたんですけど、目立ち過ぎだったかなぁ・・・・・。 


chirol-newyear1.gif


色々あった2013年に別れを告げ、2014年が幕を開けました!  新年、明けましておめでとうございます♪  今年も自分なりのペースで駄文を書き連ねていく予定ですので、皆さまよろしくお願いいたします。

今朝は日本人らしくお雑煮とおせち あ~んど お屠蘇ならぬ日本酒を頂き、届いた年賀状のチェックを終えてからノンビリと地元の神社さんへ初詣に行ってきました。  お願いしたことは


「今年こそは大事のない穏やかな1年でありますように。」


ということ。  去年のようなドタバタはできれば御免被りたいと思わずにはいられません。  ま、老親を抱えていると何が起こるかはまったく予想もつかないんですけどね(苦笑)  でも昨年ほど「普通の生活さえできれば御の字」と心底感じたことはありませんでした。

さて、今日の午後はさっそく「お年玉にさえ間に合わなかったじぃじのひざかけ」製作に励む予定。  今日はどこまで進むことやら・・・・・。


2014_Jan01_001.JPG
只今、パイピング作業進行中。  強度を考えて「かえしぬい」にしたためめっきりスピード・ダウン ^^;


2013年も今日で終わり

| コメント(0) | トラックバック(0)

とうとう2013年の大晦日を迎えました。  思えば今年は KiKi にとっては波乱万丈の1年でした。  忙しいという意味では仕事をしていた時期の方がはるかに忙しかったけれど、ある意味でそれは「習い性」のようになっていたために年末を迎えても 「あれれ?  今年も終わっちゃった??」 という感じだったんだけど、今年はしみじみと「やれやれ、何とか無事に終わったか・・・・・」という感じが一入です。

たまたま29日に従兄弟家族がじぃじとばぁばのお見舞いに老人ホームを訪ねてくださったので、そのご案内とばぁばケア担当として KiKi もじぃじ & ばぁばのご機嫌伺いに行ったんだけど、久々に心を許せる親戚との再会による喜び あ~んど 普通の会話ができるわずかな時間を持つことができた安心感から、これまで神経張りつめ状態だったものが一挙に弛緩した感じ(苦笑)です。

それにしても今年のバタバタは今思い出しても KiKi にとっては試練と呼んでも過言ではないほどしんどいものがありました。  その中でも極め付けだったのはやっぱり「別人と化したばぁばと直面したこと」でした。  我が母でありながら母ではなくなってしまった老婆の姿はあまりにも哀しく、あまりにも痛々しくて、そんな姿を毎日、毎時、毎分見せつけられるのは言葉にできないほど辛いもので、KiKi の事前の介護生活に対する覚悟(KiKi なりに考えに考え抜いて、かなり厳粛に覚悟をしたつもりだったんですけどねぇ・・・・ 苦笑)なんちゅうもんは鼻先で笑っちゃうほどちっぽけなものだったと思い知らされる日々でした。

そんな両親を「老人ホーム」に預けることになったわけですが、そのことは実は KiKi の中で「しこり」のようになって重く淀む苦い思いとの葛藤の日々の幕開けでもありました。  それをようやく「これで良かったんだ」と思えたのはじぃじの不安定狭心症による入院という事態が勃発した時でした。  じぃじの入院自体は一大事だったし、最初の病院で手当てができないと告げられた時は KiKi の心臓の方が凍りつきそうなほど肝を冷やされたけれど、転院先で無事治療が進み、その病院へ毎日通っていた1か月間は「安心してばぁばをお任せできる状態にあって本当に良かった♪」と心の底から感じました。


約1か月に及ぶじぃじの入院生活により、すっかりペースダウンしてしまっていた「じぃじのひざかけ」ですが、ようやくつい先ほどキルティングが終了しました。  このキルトのキットを購入した Bear's Paw さんのレシピでは表布とキルト綿のみでまずキルティングをし、その後、裏布を表布に縫いつけてから裏布をキルト綿と一緒に掬い縫い。  それから縁取り布をつけるという手順になっているので、まだまだ完成までは幾手間も残っているのですが、ようやく完成の目途がたってきました。

2013_Dec22_002.JPG

今はまだキルトラインを描いた「マーカー(水 or 消しペンで消える)」の線がくっきりはっきり残っているので、仕立てに入る前にまずはその線を消す作業にとりかかる予定です。  今日はこの後、食料品の買い出しに出なくちゃいけないので、その作業が明日として、裏布の装着(& 掬い縫い)が X'mas Eve の24日。  縁取り布をつけるのが X'mas の25日。  予備日が26日として、当初の予定から3~4日遅れの完成となりそうな雲行きです。  まあ、じぃじの入院というアクシデントがあった割には予定通りの進捗と言っていいかもしれません。


偉いぞ! >  自分


と自画自賛(苦笑)



今年の X'mas Present 半円フープ

| コメント(0) | トラックバック(0)

相変わらずじぃじは入院中です。  もっとも山場は超えて後は回復を待つのみ・・・・というところまでは何とかたどり着くことができました。  そのあたりのお話もちゃんとしなくてはいけないところなんだけど、それは後日・・・・ということで、今日は別の話題を書いておきたいと思います。

実はこのエントリー以来、ずっとブログエントリーそのものはストップしてしまっている「じぃじのひざかけ」なんですけど、途中で作成を諦めちゃったわけではなく粛々と作業は進んでいました。  もっともじぃじが緊急入院した11月25日から今日に至るまでは完全ストップ状態だったんですけどね・・・・・ ^^;  

その日までにキルティング作業はそこそこ進んでいて、あとは外周1周のキルティングを残すのみ・・・・という状態で、

「はて、この一番隅っこのキルティングはどうしようか?」 (← 通常使う円形フープは端っこでは使えない。  小さな作品の場合は外側に当て布をして円形フープで無理やりキルティングな~んていうこともしてきているんだけど、今回の作品はちょっと大きいので当て布を何度もつけてはほどいて・・・・としないとその逃げ道も使えません。  でもそれはちょっと面倒くさかったんですよね~ 苦笑)

と手が止まってしまっていたんです。  で、あれこれ方策を考えているうちに、じぃじが狭心症の発作で緊急入院となってしまいあちらこちらを走り回る日々に突入してしまいました。  ま、てなわけで、そこから約2週間というもの、まったくチクチクタイムを持てない日々が続いていたのですが、その間に KiKi はダーリンにおねだりして今年の X'mas Present にこの問題を解決してくれる強~い味方をゲットしました。  それがこちら(↓)です。

2013_Dec11_003.JPG

こちら、「半円フープ」というものです。  布の端っこのキルティングの際に利用されます。  以前からその存在は知っていたんだけど、これまで作った作品では「当て布利用」で何とかなってきてしまっていたので KiKi はず~っと購入を見合わせていたんです。  でも、ふと気がつけば今日は12月11日。  このままいくと「できることならじぃじへの X'mas Present に、最悪でもお年玉代わりに・・・・」と思っていたこの「じぃじのひざかけ」がいつになったらできあがることやらわかりません(涙)

少なくともちょっとしたスペアタイムがあったら僅かな歩みでもいいから前へ前へと進めていかなければひざかけそのものの出番までなくなってしまいます。  幸い、じぃじの手術もすべて終了し、後は術後の回復を待ちながら「歩行訓練リハビリ」というところまでこぎつけたので、これまでのように毎日毎日病院に通わなくても1日おきの訪問で何とかなりそうです。  ここからまきかえしても X'mas Present にはちょっと遅れちゃうだろうけど、お年玉代わりぐらいまでには何とか完成させられそうな目処もたってきました。    

さてこの「半円フープ」、今日の午後届いたばかりのほやほやなので、まだちゃんと使用しているとは言い難い状態なんですけど、夕食前のひと時を使ってちょっとだけキルティング作業をしてみました。  すると期待していた以上に「使えるヤツ」であることがわかりました。  こんなに使い勝手がいいものならもっと早いうちに購入しておくんだった・・・・・・ ^^;

でも、これまでずっと購入せずに我慢してきたからこそ、ダーリンからの X'mas Present としていただけたとも言えるわけで、まあこれはこれでよかったのかな・・・・・と。

いずれにしろ明日から病院に行かなくてもよい日(1日おき)にこれを使って「じぃじのひざかけ制作」に励みたいと思います。  「退院祝い 兼 X'mas Present 兼 お年玉」ということで・・・・・・・(笑)      

ようやく「じぃじのひざかけ」のキルトトップが完成し、昨日はキルトラインを描いて、今日は朝からしつけがけ。  何とか当初の予定からは4日遅れでキルティングにとりかかるところまで進みました。  今回はキルティングラインを描くにあたって、つい先日、いつものベアーズ・ポーさんで購入したこちら(↓)の「マーカー&消しペンセット」のマーカーを使ってみました。

_MG_81182.jpg

一応余り布でちゃんと消しペンで消えるかどうかテストはしてみたんですけど、この「じぃじのひざかけ」に使われている全ての布で試したわけじゃないので、本当にちゃんと消えるかどうかちょっと心配・・・・ ^^;  でも、これまで KiKi が使ってきた「チャコエース」(↓)だと、時間がたつと消えることは消えるんだけど、まだキルティング作業中でも勝手に消えちゃうので、作業の途中で何度も何度もキルティングラインを描き直さなくちゃいけなかったので便利なような不便なような・・・・・だったんですよね ^^;

chako_ace2_250.jpg

ベアーズ・ポーさんのサイトによれば今回購入させていただいた「マーカー」であれば

室内の湿気ぐらいでは消えないし、もちろん時間が経っても消えない。  消したい時に専用の消しペンでなぞると魔法のようにきれいに消える!という夢のようなグッズ。

とのこと。  これで4日の遅れが取り戻せるかも(?)しれません。

  

2013_Nov04_001.JPG  

ま、いずれにしろ、とにかく今はキルティング作業に邁進するのみ!です。  



でもねぇ、今、KiKi のアトリエの窓の外には半端じゃなく美しい紅葉が見えているんですよね~。

  

昨日、作業停滞中のお話をさせていただいたばかりの「じぃじのひざかけ」ですが、何と、今日、つい先ほど、キルトトップが完成しました。

2013_Nov02_001.JPG

2013_Nov02_002.JPG

もちろんあのエントリーを書くことによって、モチベーションを少し取り戻したっていうのもあるんだけど、それ以上にここ何日かはお天気が良かったことがこの作業の進捗に大きな影響を及ぼしていたみたい・・・・・ ^^;  今となっては老眼に鞭打って(というほど激しいモンじゃないけれど)、チクチク作業をしている KiKi にとって部屋の明るさというヤツはチクチク作業にかなりの影響を及ぼします。

手元が明るくて針目が見やすいというだけで、スピードが全然違うんですよね~。  今日はこれからこの縫い終わったキルトトップにアイロン掛けをする予定。  気分が乗ればそのままキルト綿と重ねてしつけがけまでいくかもしれないけれど、あまり根をつめると又、五十肩になっちゃうかもしれないから、そこは様子を見ながら決めようと思っています。  


このエントリーで進捗状況をお伝えした「じぃじのひざかけ」ですが、作業が停滞しております ^^;  予定では昨日までにキルトトップを縫い終え、今日からキルティングという心積もりだったんですけど、まだキルトトップができあがっていません。(涙)

2013_Nov01_001.JPG

このキルト、ベアーズ・ポーさんのレシピではばぁばのひざかけの「オールド・ファッションド・キルト」同様に「同じ布が近くに来ないように、全体に散らすようにすると良い。」とあったんですけど、個人的には濃い紫のチェック柄の布がそこかしこに散っている配置はイマイチ好きになれなかった(何気にそこだけ浮いちゃうような気がした)ので、キルトのど真ん中にクロス(十字架)の模様を描くように配置することにしたんです。  

そしてその順番が崩れないようにピースの束を作って番号札まで作って順次ピーシング作業をしていたつもりだったんですけど、繋いでいる過程でどうやら繋ぎ順(左右と言うべきか)を間違えちゃったみたいで、4段目と5段目を繋ぎ終わって全体を眺めて初めてその誤りに気がついちゃった・・・・・ ^^;  で、一度繋いだ所を解く作業をしたら、これが縫うよりも時間がかかるんですよね~。  しかもせっかく一度は繋いだ所を解くわけですから、何気に後ろ向きな気分がドヨヨ~ンと沈殿してきて、さらに時間がかかるという悪循環に陥ってしまいました。  

しかも前回進捗状況をお話した日に既にひいていた風邪が未だに抜けず、ここ何日かは朝寝坊ばかりしていたので、そのしわ寄せは全てチクチクタイムに寄っちゃって、それまでの半減ペースでしか作業が進んでいません。

ま、てなわけで、現在5段目と6段目を繋ぎ中。  全部で9段構成なので、キルトトップの完成度としてはようやく半分ちょっとまで進んだ程度という体たらくです。  こんなんで「クリスマス」に間に合うんでしょうか??  しかも今日は午後から山を下りてお買い物にも行かなくちゃいけないし、ピアノの練習だって新曲(ショパンのバラード)にも手をつけちゃったから、午後はチクチク作業に割ける時間はほとんどありません。  

でも Lothlórien_山小舎ではもう薪ストーブが大活躍している季節に突入しているんですよね。  

2009_Nov02_004.jpgのサムネール画像

それを考えると、やっぱりできるだけ早く仕上げてあげないとなぁ・・・・。  

ああ、それにしてもしつこい風邪です。  毎日風邪薬を飲んで、早寝遅起きを徹底しているのに、どうもスッキリしません。  この風邪が抜けてくれると身体も気分ももっとシャキッとして、そうすれば色々なことがチャッチャと進むようになるのになぁ・・・・・・。  第一、風邪っぴき状態ではじぃじとばぁばのご機嫌伺いにだって行けないのでホント困ったものです。 

じぃじのひざかけ 進捗状況

| コメント(0) | トラックバック(0)

沼津の実家で終了させていたじぃじのひざかけのチョキチョキ作業。  その後10月15日にはお布団の上にピースを並べて布の配置を決め、一段ずつの束作り(↓)を終了していました。

2013_Oct15_001.JPG

今回のキルトは一段が7枚のピース、それが9段繋がる63枚のピースで構成されます。  だからこうやって1段ずつ布を束にして保管しておかないと何が何やら判らなくなってしまうのです ^^;

その後実家の庭仕事の合間やら伊豆高原の老人ホーム見学への合間やらを縫って少しずつ繋ぎ始め、さてLothlórien_山小舎に帰り着いたからあっという間にキルトトップはできあがるだろう・・・・・と思っていたんですけど、それ以来疲れ & 帰宅の安堵のせいか風邪をひいてしまいました ^^;  ついでにずっとお天気が悪いことにより KiKi の持病といってもいいような「低気圧不調」にも悩まされ続け、なかなか完成にこぎつけません(涙)

2013_Oct25_030.JPG

こちら(↑)が今日現在の KiKi のアトリエの風景なんですけど、左上の籠の中がこれから繋ぐピースの束、左下が、今まさに繋ぎ始めるピースの束、そして右下の箱の中が各段ごとに繋ぎ終えたものです。

2013_Oct25_032.JPG

とりあえず繋ぎ終えたのが5段。  布の上に置いた白い紙に「5」って書いてあるんですけど、この写真ではそれがよく見えないみたいですねぇ・・・・。

そしてこれから繋がなくちゃいけないのが後4段。

2013_Oct25_031.JPG

今日はこれからこれを少しずつ繋いでいきます。  何とか日曜日までにキルトトップを完成させ、どんなに遅くとも11月1日からはキルティングに入りたいと思っているんですけど、どうなることやら・・・・・。  いずれにしろ可能ならクリスマス・プレゼントに、どんなに遅くともお年玉代わりにじぃじにプレゼントできるように頑張りたいと思っています。


ちょっと暗いエントリー(KiKi の介護生活の思い出話)が続いているので、ここいらでもうちょっと前向き(?)な話題を1つ。  つい先日、ばぁばのひざかけが完成してプレゼントしたお話をさせていただきました。(完成時のエントリー喜ぶばぁばのエントリー)  で、ばぁばにひざかけをプレゼントした日にはおまけのお話が2つほどありました。  そのうちの1つはもう間もなく、別のエントリーでお話することになると思うので今日はちょっと横に置いておきますね。  で残りの1つが今日のこのエントリーの主題です。

実は・・・・ですね。  先日、あのキルトをばぁばにプレゼントした時、その場に同席していた同じ老人ホームに入居しているじぃじがその様子をじぃ~っと無言のまま見つめていました。  でね、そのじぃじの眼差しが実に雄弁で、と~っても羨ましそうにしているんですよね。  で、暫くは無言状態に耐えて(?)いたんだけど結局黙ってはいられなくなったらしくて、口を開いたんです。  何を言うのかな?と思えば

「最近、だいぶ寒くなってきたから夜、足元が冷えるんだよ・・・・・。」

なんぞとぼそっとのたまうのです。  ま、何気に「自分にも何か作って欲しいなアピール」をしているっていう感じでしょうか(笑)

わが家の場合、本来なら年長の父が何事も優先になってもおかしくないはずのところが、じぃじは「要支援1」だし頭もしっかりしているし、とりあえず自力歩行もできれば食事も問題なしという状態です。  対するばぁばは「要介護4」でアルツハイマー型認知症で、問題行動も結構激しく・・・・・ということで、どうしても何事も母優先になっちゃいます。  そういう意味では実に可哀相な爺様なんですよね~。(苦笑)

でも、KiKi だって決してじぃじのことを忘れていたわけでも蔑ろにしていたわけでもありません。  実はいつもお世話になっているベアーズ・ ポーさんの夏のセールの際にあの「オールド・ファッションド・キルト」と一緒に「お昼寝キルト Ver. 5」(↓)を同時購入させていただいていました。  これはこの「お昼寝キルト Ver.5」をじぃじ用にと考えてのことでした。 

 

2013_Aug08_IMG_8337.jpgのサムネール画像


ただね、実はこれには裏話があって、その時から本当ならじぃじ用は同じショップの「チェックとストライプのキルトキット」(↓)がいいだろうなぁと思っていたんですよ。  ただ、その時点ではそのキルト・キットは Sold Out で販売停止中だったんですよね。  で、次善の策ということで選んだのが「お昼寝キルト」だったんです。  もちろんこの「お昼寝キルト」も、KiKi 個人としてはと~っても気に入っているものだからこそ購入させていただいたわけだけど、齢89の爺様向けにしてはちょっと可愛すぎるでしょ? (笑)


IMG_89411.jpg


ところが数日前、ベアーズ・ポーさんのサイトにお邪魔してみたら、この「チェックとストライプのキルト」が復活販売されているじゃあ~りませんか!  そうなると、どう考えてもじぃじ用のキルトは「お昼寝キルト」よりも「チェックとストライプのキルト」の方がよさそうに思えてきました。 

ま、てなわけで10月6日の夜に注文メールを発信。  そして今日、そのキットが到着しました。

    

このエントリーでもお話したように、今日は午後からできたてほやほやの「オールド・ファッションド・キルト」を引っ提げて、じぃじとばぁばのご機嫌伺いに行ってきました。  今日はお天気が悪かったので、「黄昏症候群」の傾向もあるばぁばはご機嫌斜めである可能性がとても高かったのでそれなりの覚悟をしての訪問だったんですけど、とりあえずお迎えの第一声は比較的明るかったのでほっと一安心。  で、早速あのできたてほやほやをプレゼントしました。  すると・・・・・


2013_Oct05b_001b.JPG


見てください、この満面の笑み!!  広げちゃってポーズをとって写真におさまろうとするなんてこれ以上の表現はないだろうというぐらいの喜びの表現で、こちらが嬉しくなっちゃったぐらいです。  本当、久しぶりにこの笑顔を見られただけでも、このキルトを作った甲斐があったというものです。


もっとも・・・・・・・・


帰りしなに、


「じゃあ、○○さん。  今日プレゼントしたひざかけ、寒いときには使ってね♪」


と声をかけた時には


「はぁ?  プレゼント??  ひざかけってどれ???」


とのお答え(因みにキルトは丁寧に畳んでベッドの上)だったので、使ってもらえる可能性は限りなくゼロに近いかもしれません(苦笑)     

やっと完成しました!  ばぁばのひざかけ、「オールド・ファッションド・キルト」です。  途中、汗まみれになって手が止まったり、五十肩(?)で完成が危ぶまれたりと色々ありました。  でも、できあがってみればそんなことは遠い昔の空の下(つい最近の出来事もあったけど・・・・・)。  何はともあれめでたい!!  今日の午後はこれを引っ提げて、じぃじとばぁばのご機嫌伺いです。


ま、てなわけで、あくまでも記録としてこの完成をお祝いし、お披露目しておきたいと思います。  では行きますよ。  まずはドラムロール。  そして


  パンパカパ~ン!!





2013_Oct05_002.JPG


以前のエントリーにも書いたけど、シンプルな四角つなぎに落としキルトというジミも地味。  何のひねりも細工もないキルトです(苦笑)  でも大事なことは本格的な寒さが襲ってくる前にプレゼントするということだからこれはこれで良しとすることにしましょう。

    

2013_Oct05_003.JPG


椅子の背もたれにひっかけるとこんな感じ。  布の配置はもっと何とかなったんじゃないか?と思わないでもないけれど、まぁ、さほど悪くもなさそうだから、これも又良しとしておきましょう(苦笑)  

これを畳んで(↓)


2013_Oct05_004.JPG


100円ショップで購入したラッピング袋に入れて(↓)プレゼントの恰好が整いました。  東京だったらオシャレなラッピング用品が佩いて捨てるほど売られているけれど、この辺りではどこへ行けばそれらが入手できるのかさっぱりわかりません ^^;  ベイシアだとかカインズホームを訪ね歩いてみたけれど見つけられず、結局カインズホームのお姉さんに教えてもらった売り場候補地が100円ショップでした。  

「80歳を過ぎたおばあちゃんへのプレゼントにこの袋?」と思わないでもなかったけれど、そこはまあ仕方ありません。  田舎暮らしが身についてくると「あるもので間に合わせる精神」がどんどん鍛え上げられます。


2013_Oct05_005.JPG


さて、ばぁばはこのプレゼントを喜んでくれるでしょうか??  何事であれ「プレゼント」と言えばその瞬間だけはそこそこ喜んでくれるだろうけど、一瞬の後にプレゼントされたことは忘れちゃうんだろうなぁ・・・・。  そして最大の難関は使ってくれるかどうかなんだけど、そこは期待しすぎると悲しくなっちゃうこともあるだろうから、できるだけ淡々と事実だけを受け入れる心の準備はしておかないとね。        


つい先日このエントリーでお話したように、全行程の中でもっとも時間を要する(← KiKi の場合はってことです。  キルティングが苦手じゃない人にとってはピーシングの方が時間を要するのかもしれません)キルティング作業が終わり、後は完成を待つだけ・・・・だったばぁばのひざかけ。  昨日はさっそく仕立てに取り掛かるためキルト綿をチョキチョキする作業をしていました。

まずは表布から大きくはみ出している部分をざっと切り落とし、次に表布よりも2㎜内側まで縫い代部分を切り落とす作業に取り掛かってみたんですけど、途中でギブアップせざるをえない事態に陥りました。  と言うのもね、その細かな細かな作業をしていたら途中で背中がバリバリに張ってきて、「こりゃ、いかん。  ちょっと体操・・・・・」とばかりに腕を回そうとしたら背中を激痛が走るという大惨事(?)が発生しました。

2013_Oct01_001.JPG

こんなところで作業がストップしています ^^;  え、よくわからない??  ココですよ、ココ。

2013_Oct01_001b.JPG

思い起こせばあのベビーキルト作成時も、途中で腰痛がひどくなって作業を中断せざるをえなくなって、結果出産には間に合わなかったんだよなぁ・・・・・。  KiKi は予定していたタイミングには作品を間に合わすことができない星の下にでも産まれたのかしらん・・・・。  それともお仕事の現役時代にプロジェクト・マネージメントをしている際に「Due! Due!」とうるさく言っていた罰が当たったのかしらん・・・・・(苦笑)

これがベビーキルトの時みたいに、まだ作品としての形もはっきりしないうちの肉体的トラブルだと「早々に開き直る」という裏ワザ(?)も発動しやすいんだけど、ここまで形が見えている(↓)状態だと悔しいやら情けないやらで何となく落ち着きません。

2013_Oct01_002.JPG

  


ようやくばぁばのひざかけ、「オールド・ファッションド・キルト」の四角パッチの落としキルトが縫いあがりました。  あとは裏布をつけて仕立てて、仕上げのキルティングを入れれば完成です。  

2013_Sep29_001.JPG

シワシワなのは、キルティングが終わったほやほやでまだアイロンがけをしていないのと、このキルトを置いた下が平じゃない(ここはベッドの上で枕部分が膨らんでいたり布団の凸凹があったりする)せいで、決して布がつってしまってシワシワになっているわけではありません(苦笑)

それにしても四角パッチというシンプルなパターンに落としキルトだけっていうのは地味ですねぇ・・・・。  これじゃあ、キルトトップができあがった時の写真とほとんど変わらないや。  約1か月の地道なチクチク作業の痕跡がまったく感じられません(涙)

でもまあ、どうやらこの分なら来週中には何とか完成させ、寒さ本番を迎える前までにはプレゼントすることができそうなので、やれやれです。  ま、プレゼントしたからと言って喜んでくれるのか、使ってくれるのかは定かじゃない(というよりほとんど期待できない)けれど、とりあえず KiKi 自身は日常のばぁばのケアこそはプロにお任せしちゃったけれど、根っこのところではばぁばのことをずっ~と大事に思っているということを形にすることができた(まだもうちょっと先だけど ^^;)だけでも、何となく満足です。

でもね、そんな風に考えているっていうことは、やっぱり KiKi の中のどこかに「親を老人ホームに預けた後ろめたさ」みたいな想いがズッシリと残っているっていうことなんでしょうね。       

8月の半ばから作り始めたばぁばへのひざかけプレゼントの「オールド・ファッションド・キルト」。  表布の完成だけは予定よりも早く終わっていたものの、その後足の指の骨を折ったり、思っていた以上の真夏日だったり、沼津→東京→群馬の移動と10度を超す気温変化で体調不良に陥ったりで、すべての工程がストップしてしまっていました。  ま、今回の体調不良の原因は疲労と気温変化のみならず、気圧変化というものもあったように思うんですけどね。

でもまあ昨日まで降り続いた雨も止み、ようやくお天気が戻ってきた今日、やっとこさっとこ制作続行を決意できるほどに体調も回復し、さっそくキルト芯と表布のしつけがけから作業を開始しました。

2013_Sep09_003.JPG

今までこのての作業を行っていた部屋はベッドに占領されてしまったので、我が家で唯一広々としているスペース、薪ストーブ前のカーペットの上でしつけがけ作業です。

そしてようやくたどり着いたのがキルティング作業。

2013_Sep09_004.JPG

表布ができあがった際にはこの作業には9月の第1週からとりかかることができるか?とかなり期待もしたんですけど、ふたを開けてみれば結局やっぱり9月の第2週に入ってから・・・・ということになってしまいました。  でもまあ、考え方を変えてみればこの時に想定していたとおりということでもあるわけで、大幅な遅れが発生しなかっただけでよしとするべきなんでしょうね。

今日から再びチクチク作業の再開です。  


一昨日からダーリン & KiKi は沼津の実家に来ています。  先日このエントリーでお話した庭の整美のためです。  土曜日は移動で1日が終わり、昨日は今日、月曜日がゴミを捨てられる日なので、朝の6時からお昼の1時ぐらいまで、ひたすら草取り あ~んど 庭木の剪定に取り組み(当然朝食は抜きです 涙)、そして今日もゴミ収集車が来るギリギリのタイミングまで6時から庭仕事に勤しみました。  結果できあがったゴミ袋の数は45リッター入りが13袋。  そこで力尽きました。  何せLothlórien_山小舎では早くも秋の気配が漂っていたのに、ここ沼津では連日33度越えの猛暑。  この気温差に体がついていきません ^^;

ま、そんな中、それでも昼間の1番暑い時間帯は家の中でひたすらチクチクやっていたら、例の「オールド・ファッションド・キルト」は何とか表布だけは完成しました!

2013_Sep02_018.JPG

これからキルト芯と裏布をセットしてしつけをかけたらキルティングに突入する・・・・・・はずなんですけど、ここで再び難題に直面しました。  何せここ沼津の気候は未だに「真夏!」なんですよね。


natu.gif


こんな暑い中でキルティング??  冗談でしょ???


もちろん沼津の実家にはエアコンという文明の力がちゃんとセットされています。  でも、エアコンをがんがん回してキルティング作業をするっていうのもどこか間違っているような・・・・・。  沼津の実家のお庭作業に目処がたったら次は東京のマンションに寄って、今度は郵便物の整理をする予定なんだけど、ここがこれだけ暑ければあそこだってそこそこ暑いはず・・・・・・ ^^;  

ま、てなわけで、本来だったらノンビリ休憩している場合じゃないんですけどキルティング作業はやっぱりLothlórien_山小舎に帰ってから・・・・ということになりそうな気配が濃厚です。  一つだけここ沼津で終わらせておきたい作業は、この表布とキルト芯、裏布をあわせてのしつけがけです。  本来ならその作業ももっと涼しい所でやりたいところなんだけど、これだけはここで終わらせておきたい理由があるんですよ。  



それはね・・・・・・・。


Lothlórien_山小舎でそういう作業をするのに使っていた部屋は今ではじぃじとばぁばのお泊り用のベッドが置かれていて、大々的に布を広げるスペースがないんですよね~。  そこへ行くとこの家は家具があんまり置かれていないためにひろ~い床がある部屋が何部屋もあるんです。  これでもっと涼しければ申し分ないんですけどねぇ・・・・・。

  

本日、7段目繋ぎ中

| コメント(0) | トラックバック(0)

今日の午前中は季節のご挨拶を送っていただいた親類の方々へ御礼代わりにLothlórien_庭先農園での収穫物をお送りする作業に追われていました。  とは言っても、今年は例年とは異なり1月から6月までほとんどの時間を沼津の実家で過ごしていたため、畑仕事がほとんど・・・・と言っていいほどできていませんでした。  辛うじて2ヶ月ぐらいに1回、Lothlórien_山小舎へ数日の滞在ということで帰宅した際に、ジャガイモとトウモロコシだけは植えていたので、一応その2つだけは何とか収穫できたんですけどね。

でも、今年の畑仕事は植えっぱなし、放りっぱなしだったから、ジャガイモの芽かきはしていないし、トウモロコシの間引きもなし。  植える前に元肥だけは入れたけど追肥もなければ草むしりもなし。  さらにさらに、今年は例年にない水不足だったにも関わらず水やりさえやっていないのですから、ジャガイモはさておきトウモロコシの実りに関して言うなら散々な出来栄えでした。  本来なら人様にさしあげるものとしてはちょっと恥ずかしいような収穫物ではあるんだけど、そこは赤の他人ならいざ知らず、まあ親類だから「笑って許してもらおう」と安易に考え何とか郵送手続を完了しました。

そしてお昼ご飯を終えたところで、チクチク仕事に着手しました。  例の「オールド・ファッションド・キルト」の表布、只今7段目を繋ぎ中です。

2013_Aug28_001.JPG  

大きなピースの四角つなぎなので手の早い人だったらとっくに終わっていてもおかしくない作業なんですけど、KiKi はほんの2年ほど前にパッチワークを始めたばかり。  しかもその前は何十年と針なんちゅうもんはスカートのすその補修とボタン付けぐらいでしかにぎってこなかった人間ですから実にゆったりペースです ^^;  

2013_Aug13_001.JPGのサムネール画像

作成当初はこんな(↑)風にお菓子の空き箱に整理してあった1枚1枚のピースもここまで(↓)使い終わりました。

2013_Aug28_002.JPG

表布完成まであと3段。  今週末から KiKi は実家の草むしりに出かけなくちゃいけないから、キルティング作業に入ることができるのは9月の第2週ぐらいからかなぁ・・・・。  そう考えるとやっぱり「敬老の日」には間に合いそうにもないけれど、9月中にはとりあえず「ばぁばのひざかけ」をプレゼントできるかもしれません。

今となっては KiKi が自分の娘であることもすっかり忘れてしまったばぁばだけど、このプレゼントを喜んで使ってくれるかなぁ・・・・・。  楽しみなような、怖いような、ちょっと複雑な気分です。

本日、5段目繋ぎ中

| コメント(0) | トラックバック(0)

今日はちょっと何かとバタバタしていて、ゆっくりブログの更新をする時間がないので、とっても簡単に・・・・・(苦笑)

例のじぃじ & ばぁばへの秋冬のためのプレゼントとして作成し始めた「オールド・ファッションド・キルト」の途中経過を記録しておこうと思います。

2013_Aug24_001.JPG

只今、5段目を繋ぎ中です。  これが繋ぎ終わってようやく半分。  残りはまだ端切れ状態で表布完成まで、まだまだ時間がかかりそうです。  何かとやることが多い KiKi の場合、一気に作業工程が進むということはまったくありえないので、全体が完成するのは10月に入って、下手をすれば11月になっちゃうかなぁ・・・・。  できれば「敬老の日」までに仕上げたいと思ったこともあったけれど、そのためには他の全てをなげうってパッチワークに邁進しなくちゃいけなくなるので、それは早々に諦めました(笑)  

本日、ダーリンは無事退院してLothlórien_山小舎へ帰ってきました。  2時間半に及ぶカテ手術をしたばかりだというのに、当初の検査入院で予定されていたのとまったく同じ2泊3日の入院で済んでしまいました。  過去に救急車で担ぎ込まれた病院で行ったカテ手術の時は1週間ぐらい入院だったので、今回も「検査入院」から「緊急手技」に変更になったと聞かされた時点で、「ああ、これで1週間ぐらいは病院通いか・・・・」と観念しかけた KiKi でしたが、病室に戻り執刀医の先生が写真を持って現れ治療経過についてお話してくださるとすぐに

「明日には退院できますけどどうしますか?  午前中でも午後でもご都合のいい時で構いませんけど・・・・。」

と仰った時には、一瞬目がテンになってしまいました。  もっとも今回は検査の結果具合の悪い所が3か所見つかり、そのうちの2か所しか時間的に処置できなかったとかで、1か月後ぐらいに再入院して残りの1か所の処置もするというおまけつきだったので、手技の翌日に帰宅しても心配ないのであれば、何も長々と病院にいることもなし。  まして本人が早く家に帰りたがっていた(というより病院食から解放されたがっていた? 笑)ので、結局先生のオススメ通り、本日の、しかも昼食前に退院する運びとなりました。

先日 KiKi が例の「回転性めまい」で病院に担ぎ込まれた時には

「もしも心配なら2~3日、入院してもいいけどどうしますか?」

と聞かれたのと比べるとえらい違いです(苦笑)  あっちは目が回っている間はともかく、めまいが治まってしまうと元気いっぱいだったのに入院を暗に勧められたのに対し、こっちは動脈にカテーテルを入れて、造影剤なんちゅう得体の知れないものも体内に注入し、おまけに金属のステントなんちゅうもんを体の中に残してきているというのに、それでも手技翌日には退院できちゃうんですねぇ・・・・・。

ま、本人も特にこれと言って具合の悪い所もないみたいだし(何せ、昨日はカテ室から病室に戻るや否や「腹がへった・・・・・。  なんか食っちゃダメ??」な~んて言っていたぐらい 苦笑)、とりあえずは一段落といったところでしょうか??


チクチク作業開始

| コメント(0) | トラックバック(0)

未だに万全とは言えない体調だけど、とりあえず家の中でおとなしく進める作業だったら何とかなるだろうと考え、オールド・ファッションド・キルトのチクチク作業を開始しました。  先日はチョキチョキ作業が終了し、こんな状態(↓)でしたが、

2013_Aug13_001.JPGのサムネール画像

今日はこんな感じ(↓)です。

2013_Aug15_006.JPG

え?  どこが変わったかわからない??  ほら、上の2つの束が消えて、代わりに定規が乗っかっているでしょ? 

で、上の2つの束がどうなったかっていうと、こんな感じ(↓)です。

2013_Aug15_005.JPG

とりあえず10列10段のうち最上段は繋ぎ終え、2段目の10枚は2枚ずつ繋がった状態です。  この後、1段ずつ下へ下へと繋いでいけば表布は完成となります。  

これが秋口の作業で、さらに体調が万全だったら1週間とかからず表布はできあがってしまうはずなんだけど、今は暑いし、体調のこともあるので、若干セーブしながらチクチク作業を進めています。


つい先日、こんなエントリーを書いたパッチワーク作業。  遅々として進まなかったのは事実だけど、それなりに、細々とは進んでいて、ようやく本日15時頃、チョキチョキ作業が終了しました。  キットで送っていただいた布、25種類から4枚ずつピースを切り出し、締めて100枚。  パッチワークされる前のピース布ができあがりました。

で、この100枚をこのベッドの上に並べ広げ、おおまかに配置を決定し、各列ごとに整理したのがこちら(↓)です。

2013_Aug13_001.JPG

これを10列10段繋ぎ合わせて、オールド・ファッションド・キルト(↓)が完成する予定です。 

2013_Aug08_IMG_4211.JPGのサムネール画像

キットを購入したお店の言によれば、今回送っていただいた布はこの(↑)オリジナル・バージョンとはいくらか異なるとのことですし、布の配置の順番なんかは指定されていないので、KiKi がチクチクと縫い合わせた時にこれ(↑)と同じ雰囲気になるかどうかは甚だ疑問なんだけど、まあ、そこは「出来上がった時のお楽しみ♪」ということで・・・・・・(苦笑) 

さて、本来ならここで、「では早速♪」と縫い始めるところなんでしょうけど、今日はまだピアノの練習もしていなければ、囲碁のお勉強もしていないのでそこはぐっと我慢・・・・。  チクチク作業は明日以降に持ち越しです。  まあ今回は四角つなぎだから比較的スムーズにチクチク作業は進むんじゃないかと思っているんだけど、暑さが暑さなだけにどうなることやら??  でもまあ、着実に進行しているということで今は「とりあえずよし」としておきましょう。 

冬場は水道管やら洗濯機やらが凍結しちゃうほど寒くなるLothlórien_山小舎ですが、ここ何年かの夏場は決して涼しくありません。  いえ、朝晩は結構涼しくて過ごし易いのは事実なんですけど、昼間の暑さたるや半端なモンじゃありません。  只今、手元の温度計によれば34度7分。  窓にはちゃんと簾がかけてあって直射日光をある程度遮っていてもこの暑さです。

しかもこの家にはクーラーな~んていう文明の力は設置されていません。  扇風機と自然の風とウチワ頼みの冷却環境で、扇風機やウチワが送ってくる風も生ぬるく、「少しは涼しいかも?」な~んていうことを感じるのは早朝と夕方以降のみです。 

そんな中、今年の冬に向けてじぃじとばぁばへの「ひざ掛けプレゼント」のためにこ~んなキットを購入して製作に励・・・・はげもうと心意気だけは十分な KiKi ですが、実際の作業となるとこれがなかなか・・・・・。  今はとりあえずチクチクの前のチョキチョキ作業をしているところなんですけど、これが遅々として進みません ^^;  何せ、暑いんですよ!  じっとしていても額から、手から、体全体から汗がジワ~っと滲みだしてくるんですよ!  一応、プレゼントを作ろうとしているわけで、出来上がる前から汗臭いものなんて作りたくないわけですよぉ!!!

ま、てなわけで、チョキチョキするためにまずは布の上に型紙を置いて必要なピースの型を描くんだけど、そこでひと汗。  その汗を拭いて今度はやおら鋏をとりあげチョキチョキ始めるわけだけど、その途中でまたひと汗。  その汗を拭いて ・・・・・・・(以下、続く)とやっていると春や秋と比べてやたらと効率が悪い ^^;  しかも汗をかくから喉が渇くんですよ。  当然のことながら布の側に液体入りのカップやグラスを置いておくわけにもいかないから、合間合間にテーブルを離れること数知れず。  こんな調子で本当に冬までに1つだけでも作成は終わるんでしょうか??

2013_Aug11_001.JPG

今回手掛けているのは「オールド・ファッションド・キルト」(↓)で、1つ1つのピースは大きいので KiKi の目算ではチョキチョキ作業は2日もあれば終わる心づもりだったんですけど、未だに半分もチョキチョキできていません。  当然のことながらチョキチョキが終わらなければチクチクには取りかかることもできません(涙)。

2013_Aug08_IMG_4211.JPGのサムネール画像

早くも暗雲が立ち込めはじめた KiKi の今年のパッチワーク作品作りです。


おひなさまキルト完成

| コメント(0) | トラックバック(0)

最近はちょっと重苦しい「介護生活」エントリーばかりが続いてしまっていたので、ここいらでちょっくら息抜きです。  本当だったら3月2日までには完成させる予定で今年の1月から手掛けていた「おひなさまキルト」がようやく完成したのでそのお披露目をしておきたいと思います。

KiKi の大半の趣味は介護生活とはまったく相性が良くない中、それでも比較的何とか遂行することができているのがこの「パッチワーク生活」と「読書生活(但し、感想文をアップできるほどの時間的・精神的余裕はない)」の2つです。  

そもそもLothlórien_山小舎から遠く離れている今は畑仕事な~んていうのは夢の又夢だし、認知症に罹患して常に不安を抱えているがゆえに話相手になってくれる人を求めている母を前にするとピアノを弾くな~んていうことはまったくできないし、音楽鑑賞であってさえも曲の切れ目切れ目を狙って同じ話を繰り返す母と一緒ではムリというものです。

まあ、とは言ってもチクチクやっている間も KiKi としては精一杯話し相手になっているつもりでも、母にしてみるとどこか「片手間返事」に聞こえちゃうこともあるみたい・・・・・ ^^;  別の話し相手を求めて家の中をウロウロした挙句、ふと気がつけば今となっては日常茶飯事となりつつある父との口論の末、家出騒動を繰り返す母を抱えているとそうそう集中してチクチクしているわけにもいきません。  

ま、てなわけでかなり余裕をもって想定していた「完成予定日」を20日も延長してやっとこさっとこ完成した「おひなさまキルト」です。




2013_Mar23_001.JPG


通信教育の受講期限に合わせてリスケジュールした作品制作予定よりもかなり前倒しで進んでいるのに気を良くした KiKi。  ちょっとここ何日かはその気の緩みからタラタラと仕立て作業を進めていたのですが、それでもようやく完成しました、「ハウスの玄関マット」。  これで残すところ製作課題は2つとなりました。

まずは完成のお披露目から・・・・・。






2012_Sep27_001.JPG



できた~!!  やっと終わったぁ!!!


今日はこれから食料品の買い出しを兼ねて、この添削課題を郵送しにお出かけしようと思います。



おおっと、その前に・・・・・・・・



次の課題作品、「カレードスコープのバッグ」の素材(要するに布です)の水通しだけは終わらせちゃおうっと。  次の作品は KiKi がこのパッチワーク講座の中で作るのをもっとも楽しみにしていたもの(下記黒丸内)ですから、これまでのダラダラ気分は一掃され、今、やる気満々(笑)です。


about_pic_0001b.jpegのサムネール画像  



もっとも・・・・・・


それに続く9番目の作品はこれまたやる気の出なさそう~な作品なんですけどね(苦笑)  まあ、それはまだ先のことだし、その9番目の作品が提出課題 兼 最後の作品 兼 受講期限という別のモチベーションがある作品 なわけだから、きっと頑張れると思います♪  


製作を始めてからスッタモンダが発生し、どうなることやら・・・・と内心かなり危ぶんでいたユーキャン講座の課題「ナインパッチのトートバッグ」がとうとう完成しました!!  今回のこの課題は提出課題ではないため、最悪の場合、製作途中で投げ出すことさえ想定していただけに、リスケジュールしていた完成予定日である8月19日より前(たった2日だけど・・・・)に何とかできあがって、本当に良かった、良かった。

今回はこの講座を受講して初めて作品作りでミシンも使用し、随分前に「稼いでいるうちに買っておこう」と購入したきり眠っていたミシンが大活躍でした。  Lothlórien_山小舎新築当時、東京のマンションでは場所ふさぎのうえ、まったく使用していなかったミシンをこっちへ運んだんだけど、その時であってさえもどちらかというとこっちには収納スペースがあるというだけで移動させていて、このミシンが日の目を見ることは恐らくないんじゃないかとさえ思っていたんですけどねぇ。(笑)

ま、何はともあれ、完成作のお披露目といきましょう!!



  パンパカパーン!!!


2012_Aug17_002.JPG


どう??  何気にちゃんとバッグっぽいでしょ♪



  

ようやくLothlórien_山小舎に帰宅した KiKi のもとにこのエントリーでお話した1年ぶりのユーキャン通信講座製作課題、「ステンドグラスのタペストリー」が添削されて戻ってきていました。  当初はこの作品、「恐らく家に飾ることはないだろう」と考えていたのですが、こうやって手元に戻ってみるとせっかく作った作品ではあるし、仕舞い込むと収納場所も必要だし、ましてLothlórien_山小舎の壁は結構殺風景だし・・・・てなことを考え、一応飾ってみることにしました。

2012_Jul29_001.JPG

杉材の壁に直接画鋲で刺す・・・・・という大雑把な飾り方ではありますが、ま、いいでしょう(苦笑)  で、2週間ぶりに手がけ始めている次の課題の進捗はこんな感じ(↓)です。

2012_Jul29_002.JPG

この猛暑日の中、クーラーのない家でのキルティングというのは結構シビレル作業です ^^;  2週間の遅れ・・・・・という状況がなければ、少しでも涼しい日まで小休止・・・・としたい気持ちはヤマヤマなのですが、そんなことを言っていたら確実に受講期限内に作品作成を終わらせることはできません。  まあ、ボチボチとでもいいからすすめていこうと今のところは思っています。

そしてそんな気分を盛り上げるためにも必要だったのが美しいキルティング作品を観て感化を受けること!!  ま、てなわけで本日の KiKi の読了本は以下の2冊です。

キルトに聞いた物語
著:小野ふみえ  暮しの手帖社

2012_Jul29_003.JPG  (Amazon)

アメリカの田舎の、さびれた古道具屋で古いキルトに一目ぼれした、そのおなじ感動を伝えるために。  百年も、百五十年も生きのびてきたキルトを収録。  アンティークキルトを愛し理解する人々の友情が綴られてできた1冊。  (Amazonより転載)

花かご揺りかご
著:小野ふみえ  暮しの手帖社

616HSZCTSEL._SL500_AA300_.jpg  (Amazon)

キルトは「世界の共通語」と言われるほど、各国で親しまれている。  アメリカやヨーロッパの美術館、博物館に保存されている古いキルトを紹介するとともに、キルトの作り方についても解説する。  (Amazonより転載)

どちらも現在は絶版になってしまっている本ですが、KiKi はたまたま古本で入手してありました。  古本と言っても見た目はかなり綺麗で新刊本もビックリというほどの状態だったんですけどね(笑)  アンティーク・キルト・コレクター 兼 キルト研究家の小野ふみえさんの著書で、2冊ともサック入りのハードカバー本です。  どちらも豊富な図版が魅力で、美しいキルトがこれでもかっていうぐらいカラー写真で紹介されています。  ただこれら2冊の本が他のキルト本と大きく異なるのはその作品紹介にとどまらず、著者がその作者を探し求めたり、そのキルトが作られた時代背景について自分の足で訪ね歩いた際のあれこれが書かれていることではないでしょうか。

    

予定よりもかなり時間がかかってしまったけれど、ようやく「カテドラル・ウィンドウの小物ケース」ができあがりました。  この作品の作成中にあの震災が発生し、思わず手が止まり、ついでに言うともともとあんまり興味のない細工方法であるということ、KiKi にはパッチワークの精神に反するように思われるような布の使い方に抵抗を感じる等々で、なかなか作業を進めることができない作品でした。

あんまり熱心ではなかったということもあって、できあがりを見ると縫い目は荒いし、満足度の低い作品になっちゃっているけれど、ま、いいか・・・・ ^^;

2011_Apr05_001.JPG

次は添削課題の「ステンドグラスのタペストリー」です。  これまた、KiKi 的にはあんまり興味のない作品なんだけど(^^;)今回は提出しなくちゃいけないだけにそうも言ってはいられません。  まあ、せっかく始めた2011年の新チャレンジでもあることだし、頑張ってみたいと思っています。

 

 

 

・・・・・とは言うものの、この作品、今までの作品以上にアイロンを多用するんですねぇ。  何だか複雑な気分・・・・・。  でもまあ、電力消費の比較的落ち着いている時期に作るんだから、気にしないことにしようっと!(苦笑)  

    

3月1日、路面には雪が残り霙が降りしきる中、東京に戻った KiKi。  3月2日 & 3日の2日間は今度アライアンスを組むことになる会社のITシステムを拝見するために、都内の某営業所で過ごしていました。  久々の現場は想像以上に冷え込みが激しく、「山に比べりゃたいしたことないだろう」と高をくくっていた KiKi に見事なしっぺ返しを食らわせてくれちゃいました。  何とかこの2日間は乗り切ることができたものの、その後思いっきり風邪をひき、現在微熱・のど痛・鼻水(あんまりきれいな話じゃなくて御免なさい ^^;)の3重苦に身もだえしております・・・・。  ま、てなわけで、読書もあんまり捗々しく進まず、ついでにPCに向かっているのもちょっとシンドイ状態なので、とりあえず備忘録として本日のエントリーを書いています。

今年に入ってから始めた KiKi の新しいチャレンジ、ユーキャンの講座で学ぶ「パッチワーク・キルト」の添削作品第2作、フラワーガーデンのミニマットが完成しました!!  まあ、本来なら最終的な仕上がりを左右するはずの「仕立て」部分はもうちょっと体調のいい時に進めたかったのですが、逆に言えば今日はこれ以外どうしてもやる気にならなかったんですよね~ ^^;

2011_Mar05_001.JPG

今回の課題では、初キルティングがあり、ただでさえ縫い物に慣れていない指にシンブルな~んていうやっかいな(とはいえ、これが針先から指を防御してくれるんだけど)ものを装着し、不器用度を大幅にアップさせながらの作業だったので、泣きそうになること数知れず・・・・・。  でもこうやってそれなりに作品ができあがると、そんな気分はどこへやら。  何となく 達成感>挫折感 というモードになるのが不思議です(笑)

ま、もうちょっと体調が良ければ、今日中に郵便局へ投函に行くところだけど、今日はフラフラしているので、この風邪が一段落するまでそれは我慢・・・・。  次の課題は「カテドラル・ウィンドウの小物ケース」なのだそうです。  う~ん、こんなカードケース(↓)、別に欲しくないけどなぁ・・・・・ ^^;  それに KiKi が興味のあるタイプのピースワークとはちょっと毛色が違うし・・・・。

about_pic_0001c.jpeg

まあ、通信教育(スクールもそうかもしれないけど)って言うヤツはこういうあんまり興味のないものでも作らなくちゃいけないところが、ちょっとウザったいけど、素人はやっぱりコツコツと、我儘を言わずに努力するしかないんでしょうねぇ・・・・。

    

すっかり忘れていたのですが、先週末、例のユーキャンの通信講座で提出してあった添削作品第1作「オハイオスターの巾着」が戻ってきました。  このエントリーではできあがった記念すべき第1作をご紹介(・・・・できるほどの出来栄えではないのですけど ^^;)できなかったので、まあ恥ずかしながらの作品ではあるものの、KiKi の軌跡の1つとして記録しておきたいと思います。 

2011_Feb22_004.JPG

苦笑せざるをえないのが、頂戴した添削コメントです。

  

はじめての提出作品ですが、テキストに添って一生懸命制作された様子がよく伺えます。

 

とのこと。  ええ、ええ、確かに一生懸命やりましたよぉ。  でもよっぽど稚拙に見えちゃったんでしょうねぇ・・・・・。  一生懸命としか言いようがないという講師の方のご苦労が透けて見えるようで思わず笑ってしまいました。  もっとも義務教育の家庭科の授業以来、ボタン付け & 裾かがりぐらいでしか針を持ったことがなかった老眼の人間が、糸通しにつまづきながら作成したものですから、まあこんなモンでしょう(笑)

 

さて、で、第2作の「ねこの仲良しバスケット」は以前こちらのエントリーでご紹介済み。  ただ今第3作(添削作品第2作)の「フラワーガーデンのミニマット」に取り組んでいるところです。

こちら、今朝の段階ではこんな感じでした。

2011_Feb22_001.JPG

少しずつチクチクしてきているのですが、まだまだ「端切れの集まり」っていう感じですよね~。  これが今日の作業終了時にはここまで進捗しました。

2011_Feb22_005.JPG

ちょっと見ではわからないかもしれないけれど、今のところこんな固まり(↓)までしかピーシングが終了していません。

2011_Feb22_005b.JPG

明日、この2つを縫い合わせてトップができあがり、そこからようやくの初キルティングに挑戦となります。  まだまだ道のりは遠そうだけど、少しずつ形ができていくこのテの作業って何だか楽しいなぁ♪  

若いころはお仕事に邁進していて、あれはあれで刺激があって楽しかったけれど、イメージでは穏やか~に過ごすだけになるのかなぁと思っていた KiKi の後半生で、こんなドキドキ感を味わえているのはひょっとしたらものすご~く幸せなことなのかもしれません。 

明日も楽しみながら頑張ろう!っと。

あ、でも明日はちょっと真面目にお仕事もしなくちゃいけないんだった!  う~ん、明日はあんまり進まないかもしれないなぁ・・・・・。

               

この3連休、東京のお天気もあんまり芳しくないみたいですねぇ。  朝晩観るTVでは「雪のお台場です」とか「雪の渋谷です」とか「雪の六本木です」な~んていうフレーズが飛び交っています。  でも、そこで映し出される景色は?と言えば、確かに雪は降っているみたいだけど、一切積もっている様子はナシ。  まあそれでも、もしも KiKi が今東京にいたら「ああ、雪だぁ (ため息)」と意気消沈、お日様を待ち望む気分になっていたんだろうと思います。  いや、却って積もりさえしない癖に降り続く雪にやりきれなさみたいなものを感じていたかもしれません。  理性ではそう思うんです。  そう思うんですけど、ここLothlórien_山小舎で過ごしていると、別の事を感じてしまうのです。

「何よ、雪々って!  全然積もってもいない癖に・・・・・」

と(苦笑)  だってね、ここLothlórien_山小舎の景色はこんなんなんですもの!!

2011_Feb12_007.JPG

 

2011_Feb12_012.JPG

で、これだけ積もって、今も降り続けている状況だと、寒くて仕方ないから薪ストーブをガンガン燃やすわけですよ。  ところが、使用する量と比較して、新しく割って薪小屋に詰め込む量が追い付いていないので、どんどん薪の備蓄が減っていっていて、それも気持ちを何とな~く落ち込ませるのです。  いえね、玉切りして割る薪の原材料(いわゆる材木)は山のようにあるんですよ、庭先に。  でもね、それも今はこ~んな感じで、とてもじゃないけど薪作り作業に着手できる状態ではありません。

2011_Feb12_014.JPG

日々乏しくなっていく食材を仕入れに行きたいところ・・・・ではあるんだけど、肝心の生活の足はこんな状態だし・・・・・

2011_Feb12_005.JPG

ま、でも車の輪郭がわかるだけでも、まあ良しっていう感じなんですけどね(笑)  (← とは言いつつも、コレ、昨日一度雪おろしをしたんですけどねぇ・・・・ ^^;)

まあTVを観る限りでは豪雪地帯では家の屋根の雪下ろしが追い付いていない・・・・とか、雪下ろし中の事故多発な~んていうニュースも多く耳にするだけに、KiKi が東京の雪のニュースを聞いて「何よ」と感じるのと同じように、本当の雪国にお住まいの人から見れば「何よ、その程度の雪で!!」っていう感じなんでしょうねぇ・・・・・。

何せここLothlórien_山小舎の屋根に至ってはこんなもんですから。

2011_Feb12_015.JPG

この海老茶色の広いところ、ここが屋根です。  撮影する向きを変えてみると・・・・・

2011_Feb12_016.JPG

この屋根の下はリビングでそこは薪ストーブを1日中ガンガン焚き続けているし、上の写真の窓のところが KiKi の書斎兼パッチワーク作業場なんだけど、ここもかなりの時間、暖房を入れているから・・・・ということもあると思うんですけどね。

ま、てなわけで、東京よりははるかに多い雪に悩まされ、豪雪地帯と比較すれば可愛いモンの雪量でも、Lothlórien_山小舎は雪に閉ざされている感じです。  こんな日のために始めた KiKi の2011年の新たな挑戦、パッチワーク。  例のユーキャンの講座の第2作がとうとう完成しました!  題して「ねこの仲良しバスケット」完成形はこ~んな感じです!!!

 

 

 

 

 

 

2011_Feb12_017.JPG

 

2015年2月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28

Current Moon

CURRENT MOON

東京のお天気


山小舎のお天気


Booklog



ブクログ

アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.261

TrackbackPeople

クラシック・ピープルの Trackback People Site


チェロ ラヴァーズの Trackback People Site


Piano~ぴあの Trackback People Site


ピアノオススメ教本の Trackback People Site


ピアノ教室の Trackback People Site


Book Love Peopleの Trackback People Site


本好きPeople・ぴーぷるの Trackback People Site


今日読んだ本の Trackback People Site


ファンタジーが好き♪の Trackback People Site


この絵本がすごい!の Tackback People Site


児童書大好き♪の Trackback People Site


ハヤカワepi文庫の Trackback People Site


岩波少年文庫応援団の Trackback People Site


薪ストーブの Trackback People Site


週末は田舎暮らしの Trackback People Site


野菜育てPeopleの Trackback People Site


ガーデニングの Trackback People Site


パッチワークキルトの Trackback People Site


あなたの訪問は?


日めくりカレンダー


Real Time News


カテゴリ

ノルンはいくつ?

本が好き!


読書メーター

KiKiさんの読書メーター
KiKiさんの読書メーター

最近読んだ本

KiKiの最近読んだ本

今読んでいる本

KiKiの今読んでる本

読了目標





今やってるゲーム

KiKiの今やってるゲーム

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうち作品カテゴリに属しているものが含まれています。

次のカテゴリはユーキャン講座です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

高速運賃





Edita

ブロガー(ブログ)交流空間 エディタコミュニティ

名言黒板


作家別タグ