ベビーキルトの最近のブログ記事

やっと帰宅・・・・。

| コメント(0) | トラックバック(0)

ご無沙汰しております。  今日、KiKi はLothlórien_山小舎にいます。  例の交通事故でのドタバタ大騒動もやっと一段落です。  水曜日に赤ちゃんは退院(こちらはほぼ全快)、翌木曜日にお母さんも退院(こちらは骨盤骨折のため完治まではまだ2ヶ月ほどを要する模様)し、とりあえずお母さんの実家に送り届けたのが木曜日。  昨日は身1つ(身2つ)で引越しした母子のための荷物運びを兼ねて、再びお母さん方のご実家にお邪魔しがてら、Lothlórien_山小舎に帰って来ました。

久々の我が家は締めきっていたため、山小舎でありながらもどこかムンムンとしているし、慌ただしく出て行ったせいもあって、処分することができずに置きっぱなしにしてあったゴミ類(一応蓋付きの容器には入れてあったけれど)が発する臭いで我が家であって我が家でないような不思議な感じだったけれど、何はともあれ、ちょっとほっとしています。

KiKi にとってこの赤ちゃんは自分の子供ではないし、ましてこれまではイベントの時(お宮参りとかお食い初めとか)しか会わない赤ちゃんだったのが、この2週間ほどは毎日顔を合わせ、必要に応じ哺乳瓶で授乳したりオムツを替えたりと手をかけていたので、今日から暫くは会えないのが何だかちょっぴりさびしいような物足りないような不思議な気分です。

でも1つ、ものすご~く嬉しかったのは、昨日荷物運びで赤ちゃんの実家にお邪魔してみたら、例のベビーキルト(↓)の上で彼女がスヤスヤと眠っている姿を見ることができたことです。  出産には間に合わず、キルトが必要なシーズンに遅れてようやくできあがったベビーキルトだっただけに、作品を何とか完成させた自己満足だけで終わってしまったような気分をず~っと抱えていたんだけど、今回の出来事のおかげ(?)で有効利用されているのを目の当たりにしたとき、言いようのない嬉しさがこみあげてきました。  とは言え、あんな出来事は2度と起きて欲しくないわけで、そういう意味では冷静になるとこれはこれでまたとてもビミョーな気分です。

2012_Jun25_005.JPGのサムネール画像


ようやく完成しました!!  KiKi の初挑戦、ベビー・キルト。  途中、思ってもいなかった腰痛に悩まされ長時間椅子に座っていることができなくなって、中断を余儀なくされ、結果出産にはまったく間に合わなかったあのベビー・キルトでございます。  7月初旬には「お食い初め」が予定されていて、せめてその時までには!!と頑張っていたのですが、ようやくこれで肩の荷が下りた感じがして、ちょっとホッとしています(笑)  では、さっそく、お披露目なんぞ・・・・・

2012_Jun25_005.JPG

これ以上近づいちゃうと、歪んでいるところやら縫い目が荒いところ、角がぴっちりあっていないところ、ちょっと布がつってしまっているところ等々アラが見えちゃって反省することしきり・・・・・なんですけど、何はともあれ作品が1つできあがるというのは嬉しいモンです。

で、この完成に気を良くした KiKi は無謀にも又、ベアーズ・ポーさんからこちらのキット(↓)を購入してしまいました。

IMG_30842.jpegのサムネール画像

IMG_30543.jpegのサムネール画像

今回のベビー・キルトは結局手元には残らないので、こちらは自宅使い用ということで以前から汚れが気になっていた布製のソファにこの写真と同じように敷くために作ってみようと思っています。

もっとも・・・・・・

ベビー・キルトに着手して以来、まったく手つかずになってしまっているユーキャンの通信講座の課題にも取り組まなくちゃいけません。  あちらは来年の3月までという期限付きのうえ、まだ課題製作が5つ(うち1つはキルティングの途中で止まっています ^^;)も残っているんです。  期間延長できないんだっけかなぁ??  

幸い(?)今日は雨模様のお天気なので、今日の午後は引き続きせっせとチクチク作業に精を出したいと思っています。      


お宮参り

| コメント(0) | トラックバック(0)

3日ほどBlog のUpdateができませんでした。  プ~太郎になった暇人の特権(?)を活かし、親戚筋の赤ちゃんのお宮参りに参加させていただくため、Lothlórien_山小舎を留守にしていました。  自分には子供がいない KiKi にとってこの手のイベントっていうのは、なかなか珍しく、同時に日本伝来の身近な文化に触れる機会でもあり・・・・ということで、興味津々で出かけました(笑)

実はこの赤ちゃん、例の KiKi の初チャレンジ、ベビー・キルトが送られるはずだった赤ちゃんです。  そして、過去形で書いていることからもお察しいただけると思うのですが、実は出産には間に合いませんでした(涙)  まあ、言い訳するわけじゃないけれど、そもそもパッチワークにしろキルティングにしろ、全くの初心者であるところにもってきて、昨年末から正体不明の腰痛に悩まされていた KiKi はどうしても長時間椅子に座っていることができず、トップが縫いあがった段階では間に合う算段がたっていたこのベビー・キルト、そこで長らくストップ状態に陥っちゃったんですよね~。

一応、今のところ次の目標としてGWを目指しているんだけど(それぐらいの時期にお嫁さんの実家から親戚の家に移動する予定らしい)、正直なところそれさえも危ぶまれている今日この頃です(苦笑)

KiKi の身内のモンが「何やらおくるみみたいなものを作っているらしい」とバラしてくれちゃっているので、先方は結構楽しみにしてくれちゃっていたりもして、今回お嫁さんやらそのお母さんやらに「あの、おくるみはどこまで進みましたか?」とか色々尋ねられちゃったりして、ちょっと冷や汗ものでした。

その時、お二方とも笑いながら話していて落ち着いた結論としては、まあ、これからだんだん暑くなってくるわけで、キルトなんちゅうもんは当然のことながら暑い季節にはあんまり用のない代物でもあるわけで、最悪今年の秋の寒風が吹き始める季節に間に合えばまあいいか?・・・・・と。  

もっと笑っちゃうのは1~2年後にできあがって結局その赤ちゃんは使う機会がなくて、後年「これはね、KiKi おばちゃんが○○ちゃんのために作っていたはずだったんだけど、結局○○ちゃんには間に合わなかったから、○○ちゃん(実は女の子)に赤ちゃんができたら使ってね♪」というのでもまあいいか・・・・・とか。

いや~、面目ありません・・・・・・・・ gomen.gif

お宮参りの写真はいっぱい撮ってきたんだけど、一応肖像権の問題があるので、ここにはアップしないことにします。  でも赤ちゃんが1人いる大人の団体の行動っていうのは面白いものです。  KiKi が撮影した1枚に、大の大人が5人掛かりで1人の赤ちゃんにあれやこれやと手を出している(帽子を整えようとしている?)写真があるんだけど、それなんかを眺めていると何とも言えない微笑ましい気持ち(?) 否、ほんわかとした気持ちになります。

ま、てなわけで、今日のエントリーはこのままだと文章のみで画像なしのエントリーになってしまいそうなので、最後に今現在、製作に鋭意努力をしている真っ只中のベビー・キルトの現状でもご紹介しておきましょうね(苦笑)

2012_Apr09_001.JPG

もともとそんなに手先が器用じゃないところへもってきて、シンブルなんちゅうものを指にはめ、尚且つフープなんていうものがある状態でのキルティングという作業はどうも苦手・・・・・。  ちゃんとした教室で習えば、もう少しコツがつかめるようになるのかしら??  

えっちらおっちら、雑事に追いまくられながらもようやくベビー・キルトのトップ(表布)の繋ぎ合わせまで完了しました。  いやはや、ここまでの作業でかなりぐったりしてしまったので、この後、ふち布つけ、キルト芯と併せてキルティング、裏布と併せてキルティングというまだまだ気の遠くなるようなプロセスが待っていることから目を背けたい気分もしてきた今日この頃です・・・・(苦笑)

でもでも、KiKi がそんな弱音を吐いている間にも赤ちゃんは着実に育っているらしい(^^; 当たり前か)ので、可能であれば「オギャア!」と生まれたその瞬間には完成品を手渡していることが理想です。  予定日まで余すところ約3か月。  何とか気力を奮い立たせて完成を目指したいと思います。

2011_Dec05_001.JPG

いや~、それにしても我ながらよくぞここまで頑張ったものです。  お針仕事なんていうのが高校の家庭科の授業以来(ボタン付けとか裾篝は別にして)だった KiKi がふとした気の迷い(?)からパッチワークなんちゅうもんに手を出して約1年。  通信教育の課程をこなしきっていない状態で、突然知らされた妊娠事件(?)に、大慌てで始めたベビー・キルト製作(な、な、なんと、人様にさしあげるこれが初の大作となる!!  ← なんて無謀な ワ☆タ☆シ )にも関わらずトップを仕上げることができただけでも偉い、偉い(・・・・・と自画自賛してみる 汗)  

ところが・・・・・です。  やっぱり経験不足っていうヤツは隠しおおせるものではなく、パターン1つ1つの縫い代の倒し方までは特に問題なくここまで持ち込むことができたものの、パターンとパターンを繋いだところの縫い代の倒し方が皆目見当がつきません・・・・。  仕方なく、このキットを購入した「ベアーズ・ポーさん」にメールでご教授いただくこととなりました。  そんな図々しい KiKi の突然のメールにも、折り返し丁寧にご説明いただき、感謝・感謝です。

      


雨なのでチクチク

| コメント(0) | トラックバック(0)

今日はLothlórien_山小舎付近は大雨です。  場所が場所なだけに降る時の降り方たるや半端じゃありません。  今朝はほんのちょっぴりの間だけだけどお日様が射した瞬間もあったんですけどねぇ・・・・。  ま、いずれにしろこのお天気のお蔭で本来なら近所のお山で紅葉狩りとしゃれ込む予定だったんですけど、今日は山小舎でおとなしく過ごしています。

実はおとといは近所・・・ではなくちょっとだけ遠出をして赤城山とか榛名湖とか吾妻渓谷まで紅葉見物に出かけたんですけど、赤城山 & 榛名湖はちょっと遅く、吾妻渓谷はちょっと早いという感じで、そのお話をする気分はあんまり盛り上がらなかったんですよね~。  だから今日あたりはできれば山小舎から徒歩圏の山で紅葉最盛期のお便りをしたいなぁ・・・・な~んてことを目論んでいたのにとっても残念です。

もっとも、KiKi のアトリエから見えるモミジは本日現在、そりゃあ見事なものなんですよ!!  これで雨が降っていなかったら最高なんですけどねぇ・・・・・ ^^;

2011_Nov06_019.JPG

2011_Nov06_020.JPG

これでお日様が当たっていたりなんかすると赤や黄色がキラキラと輝いて、「♪ 絶景かなぁ~ ♪」な~んてことを節回しをつけて口ずさんじゃえるぐらいなんですけどねぇ。  今日の雨でこの見事な紅葉もお終いかなぁ・・・・・。  近くにあるだけに最高のタイミングで写真を撮りたかったんですけどねぇ・・・・。

ま、てなわけで本日はせっせとチクチク作業に勤しんでいます。  まずはこちらをご照覧アレ。

2011_Nov06_015.JPG

やっとこさっとこ、ベビーキルトのパターン作りが終了しました。  

2011_Nov06_016.JPG

これからはこのバラバラのパッチをつなぎ合わせて、表布を完成させなければいけません。  一段が7つのパッチで構成され、それが7段です。  全部が繋がったらふち布をつけ、キルティング(ベアーズ・ボウさんのレシピによれば、まずは表布とキルト芯でキルティング。  その後裏布とキルト芯でキルティングという二段階で作成するらしい・・・・ ^^;)をしてベビーキルトが完成します。  ふぅ・・・・。  まだまだ道のりは遠そうです。  


秋の味覚 & ベビーキルト進捗

| コメント(0) | トラックバック(0)

さて、10月も残すところあとわずか。  今年もだんだん年の瀬を意識し始める時期に入ってきました。  KiKi がよく行くLothlórien_山小舎から車で30分ほどのところにあるスーパー・マーケットでも「年賀状印刷申込受付開始!」な~んていう文字が踊っています。  年賀状かぁ・・・・・。  あれ、結構面倒くさいのよね・・・・ ^^;  もっとも20年ほど前に比べればパソコン & プリンターがものすごい勢いで発達してくれたおかげで、ずいぶんラクチンにはなってきているんですけどね。  ま、それはともかく、Lothlórien_山小舎生活もそろそろ冬籠りの準備に入ります。

特に今年は夏場にLothlórien_庭先農園の畑仕事をかなりサボってしまった(何せ猛暑で疲れ切っちゃっていたんだもの・・・・ ^^;)ので、秋の庭先農園からの収穫がほとんどないに等しいんですよね~。  一応今、収穫を待っているものとして「ニンジン(これは時々収穫しては食している)、サトイモ(この間試しに1つ掘ってみたらまだちょっと早かった・・・ ^^;)、サツマイモ(これはそろそろ収穫時期なんだけど、別の煮物材料が食べ終わるのを待っている)」の3品があるぐらい・・・・・。  そんな中、旺盛な成長を続けていてちょっとウンザリしかかっているのがコチラ(↓)です。

2011_Oct25_001.JPG

こちら、原木しいたけでございます。  以前、あのキジに馬鹿にされながら菌打ちをしたアレ。  今年の春先に初の収穫があり、七輪を持ち出して炭焼きしたアレです。  春先に初の収穫を楽しむことができたものの夏の間はさすがの猛暑に(?)まったくやる気のなかったシイタケたちが、今、雨後の筍の如く、ものすごい勢いで実り始めています。  

KiKi はシイタケ好きなので、最初のうちは喜びいさんでホイホイと食べていたのですが、さすがに最近はちょっと食傷気味・・・・・。  でも、夏場のやる気のなさを取り戻そうとしているかの如く、次々と実ってくれるシイタケたちに「ちょっとタンマ!」と言ってもまったく聞く耳を持っていません ^^;  ま、てなわけで仕方なく、うまくいくかどうかはよくわからないのですが、只今、これまた初挑戦のこ~んんなことを試してみたりしています。

2011_Oct25_005.JPG

うまくいけば、干しシイタケができあがる予定・・・・・です。  KiKi はね、Lothlórien_山小舎生活を始めるよりもず~っと前から「煮物大好き人間」で1週間に1度は何か煮物を作っては食するという食生活をしていたため、「干しシイタケ」はお台所の必需品なのです。  せっかくの収穫物なので、うまくできるといいなぁ・・・・・。

さて、これ以外にも現在我が家には調理され食されることを待っているこ~んな食材がゴロゴロしています。

2011_Oct25_002.JPG

こちらはカボチャです。  カボチャの煮物にもちょっと飽きてきたので、このうちの四分の一個は「パンプキン・スープ」に化け、二分の一個は「パンプキン・コロッケ」に化ける予定です。

それからこちら(↓)。

2011_Oct25_003.JPG

こちらはジャガイモです。  ジャガイモはこれで終わりではなく、もうあと1コンテナほど泥つきのまま納屋に放り込んであります。  このジャガイモは味噌汁の具になったり、スープやポトフに入れたり、粉ふきイモになったりと幅広く活躍してくれています。  去年の経験からすれば、恐らくあと半年は確実にジャガイモを購入せずに済む予定です。

そして今、とってもおいしいのはコチラ(↓)

2011_Oct25_007.JPG

ちょっと寒くなってくると KiKi の夕飯はそのメニューの大半が「鍋」もしくは「シチュー」になっていくので、大活躍してくれます。  このネギ、例の上州高山農園で予定外に栽培されたアレなんですけど、なかなか美味♪なんですよね~。  特に収穫したてだと柔らかさが違う!!  タマネギには負けず劣らずの涙誘発剤を撒き散らしつつも日々美味しくいただいています。

パッチワークの季節到来

| コメント(0) | トラックバック(0)

さて、随分前にこのエントリーを書いて以来、何やかやとあってパッチワーク関連のエントリーを一切書いていませんでした。  この間、何一つ進捗がなかったのか?と言えばさにあらず、予定していたペースから大幅に遅れながらも一応ベビーキルトのためのパターン作りは少しは進んでいたんですよ。  もっとも、夏場の大汗シーズンと縫い物っていうのはあんまり相性がよくない(ここLothlórien_山小舎にはクーラーなるものは設置されていない & 扇風機だと小さな布きれが飛んで行ってしまう ^^;)という状況があるうえに、野良仕事と針仕事っていうのもあんまり相性がよくありません。(爪の中に泥が溜まっている指で布にはあまりさわりたくない ^^;)  ま、それでも雨の日 とか 比較的涼しい日 なんかを選んでボチボチとはパターン作りに励んでおりました。

2011_Aug27_004.JPGのサムネール画像
これが前回ご紹介した「シューフライ」のパーツ

2011_Oct14_002.JPG
これが今朝の状況。  ほらね、随分減ったでしょ♪

フォーパッチの方だって・・・・

2011_Aug27_005.JPGのサムネール画像
これが前回の状況で・・・・・・

2011_Oct14_003.JPG
こっちが今朝の状況です。  う~ん、こっちはいかにも減ったという風には見えないかも・・・・ ^^;

ま、いずれにしろ来年の2月か3月という出産予定日に向けて粛々と頑張るしかありません。  

2011_Oct14_001.JPG

とにかく何とかこれ(↑)を縫い上げて、更にはこれらをつなぎ、更に更にキルト芯と縫い合わせ、更に更に更に裏布をつけて・・・・・と。  はぁ、思い描くだけでも道のりはまだまだ遠い・・・・・。  まあ、とは言ってもこれからはお外仕事がどんどん厳しい季節に向かうので、オウチ仕事は捗る(?)はずです。  


ゲームに着手してしまったがためにちょっと遅れモードに入っている読書。  ムーミン・シリーズの残すところ2冊と先日図書館で借りてきた岩波少年文庫の「ガリヴァー旅行記」が気になっていないわけじゃないんだけど、なかなか捗りません ^^;  そんな中、こちらも当初の予定よりは遅れ気味になっていつつもそれでも前に進んでいるのが、ベビー・キルトの作成です。

2011_Aug27_001.JPG

まだ必要なパターン・ブロックの半分にも到達していないんだけど、それでも粛々と進行中。  こうやってできあがったブロックを収納している箱を眺めるとそれなりの成果が実感できて嬉しくなります。

もっとも、ここからほんのちょっと視線を動かすと

2011_Aug27_004.JPG

2011_Aug27_005.JPG

これから縫い合わされるのを心待ちに(?)している、このピースの山にため息が出ないでもないんですけどね(苦笑)  まあ、それでもこれらが全て繋ぎ合わされると・・・・・

IMG_75781.jpegのサムネール画像

こうなる予定なわけで、その日を目指して少しずつでも進めていきたいと思っています。  例の肩の痛みもようやく昨日あたりからはかなり気にならなくなってきたので、チクチク作業をそろそろ再開したいと思っています。

さて、そんな中、先日このエントリーでお話した iPod Classic の故障による Music Library の喪失という一大事件に関係するお話なのですが、相変わらず失われた Music Library の再構築には至っていないものの、ちょっとした解決策を再発見(と言うより思い出した 笑)しました。

 

チクチク開始♪

| コメント(0) | トラックバック(0)

昨日、ようやくベビーキルトのパターン用布のチョキチョキ作業が終了したので、早速チクチク作業に着手しました。  でもね、KiKi の場合、今年からパッチワークを始めた初心者だし、ついでに初夏ぐらいの季節からは野良仕事が忙しくて針と糸を持っていなかったし、さらには、その前○十年というもの、ボタンの付け替えやスカートの裾補修ぐらいでしかお裁縫と縁がない生活をしてきただけに、思いのほかチクチク作業が捗りませんでした ^^;  だいたい、「アレ?  縫い始めって何回返し縫いをするんだっけ??」「アレ?  角の集まる部分ってどうするといいんだっけ??」等々、いちいち通信教育のテキストで確認しないと何事も始まらない・・・・・ ^^;  それでも何とか昨日のうちに「シューフライ 1つ」「フォーパッチ 1つ」を縫い終えました。  夜の針仕事はもはや老眼となってしまった KiKi にはなかなか辛いものがあります。  

2011_Aug06_001.JPG シューフライ

2011_Aug06_002.JPG フォーパッチ

ま、仮に1日にそれぞれのパターンを最低1枚ずつ縫い上げることを目標とした場合、シューフライのパターンを25枚、フォーパッチのパターンを24枚作成しなくちゃいけないわけだから、何とか今月中には縫いあがることになります。  で、縫い上がったパターンを繋いで、ボーダーをつけるのに1か月かかるとして、10月ごろからキルティングに着手。  うんうん、何とか2月の半ばには間に合うような気がしてきました。  

それにしても・・・・・

「シューフライ」ってシンプルと言えばシンプルなパターンだけど、シンプルなだけに何かと神経を使いますねぇ。  人様へのプレゼントを作っているんだと思うと尚更です。  今までの講座の課題も決して手を抜いていたわけじゃないんだけど、どこかで「ま、これは初トライだし、所詮自家用になるんだし」と思っていたところもあったりして、今回ほどは気を使っていなかったような気がします。  

とは言っても、今のその気持ちが完成するまで持続するかどうかはわからないんですけどね(苦笑)  ま、焦らず、楽しみながら完成を目指すことにしま・・・・・って言うか、目指せるといいなぁ♪

 

当初の予想通り、ベビーキルトのチョキチョキ作業は4日目に突入しました。  問題はこの作業が今日で終わるか否かです。  でもね、一応 KiKi の目算としては何とかなる予定なんですよね~。  と言うのもね、こちらをご覧ください。

2011_Aug05_003.JPG

チョキチョキしなくちゃいけない白い布1枚(写真上部)を残し、後はほら、御覧の通り。  フォーパッチ用の布:「プリント柄20種から計96枚」、シューフライ用の布:三角形部分のために「黄色無地 & 白プリントからそれぞれ100枚ずつ」、四角形部分のために「黄色無地から25枚、白プリントから100枚」のうち、残っているチョキチョキ作業はシューフライ用の三角形部分のための白プリントから100枚のみです。 

チョキチョキしなくちゃいけない枚数の総数が421枚だったうち残りは100枚。  いや~、本当に「描いた描いた、切った切った」の日々でした。  

2011_Aug05_001.JPG

それにしても・・・・・  ここに白い三角形の布があと100枚加わるわけですが、これらを今度は縫い合わせることを考えるとちょっと気が重い・・・・・ ^^;  代わり映えのしない色でひたすら同じパターンを縫うっていうのも、想像するとちょっとねぇ。  やっぱりこっち(↑)のチクチク作業よりはこっち(↓)のチクチク作業の方が楽しそうだなぁ(笑)。

2011_Aug03_001.JPGのサムネール画像

まあ、今回の作業は Due Date が出産日と決まっているので「飽きちゃう」な~んていう贅沢なことを言っていられる場合ではないんですけどね。  

いずれにしろ、その飽きちゃうかもしれない作業に突入できるかどうかは今日の作業の進捗にかかっています。  たすきを締め直して、頑張るとしますか!

  

今朝、KiKi は午前2時に目が覚めてしまいました。  昔だったらこれくらいの時間からようやく睡眠・・・・ということも頻繁にあったんだけど、今の KiKi は夜10時には寝てしまうことが多いので、「これが同じ人間の行動なのか?」と何だかちょっと不思議な気分。  で、最近の通常の起床時刻である4時までは2時間しか余裕がありません。  ちょっぴり汗ばみ、のども乾いていたので麦茶を一杯飲んで、「さて、もうひと寝入り」と思ったものの、今度はなかなか寝付けません ^^;  ま、てなわけで、今日は実は2冊を読了しちゃいました。  もっともそのうちの1つは過去に Review を書いているので今日は本のご紹介のみで Review は省略させていただこうと思います。  本日の KiKi の読了本はこれらです。 

小さなトロールと大きな洪水
著:T.ヤンソン 訳:冨原眞弓  講談社青い鳥文庫  

21TA175CJQL__SX230_.jpeg  (Amazon)

パパはいないけどもう待っていられない。  冬がくるまえに家をたてなければ。  ムーミントロールとママは、おそろしい森や沼をぬけ、あれくるう海をわたって、お日さまの光あふれるあたたかい場所をめざします。  第2次世界大戦直後に出版され、再版が待ち望まれていた、ムーミン童話シリーズの記念すべき第一作。  (文庫本裏表紙より転載)

ムーミン谷の彗星
著:T.ヤンソン 訳:下村隆一  講談社文庫

138072-1.png (Amazon)

長い尾をひいた彗星が地球にむかってくるというのでムーミン谷は大さわぎ。  ムーミントロールは仲よしのスニフと遠くの天文台に彗星を調べに出発し、スナフキンや可憐なスノークのお嬢さんと友達になるが、やがて火の玉のような彗星が......。  国際アンデルセン大賞受賞作家ヤンソンの愛着深いファンタジー。  (文庫本裏表紙より転載)

とりあえず「ムーミン谷の彗星」の方は、比較的最近、この Review を書いているので、興味のある方はそちらをご覧ください。  で、今日の Review は「小さなトロールと大きな洪水」の方です。

まずは表紙 & 挿絵のムーミンの雰囲気が、我々に馴染みのあるあの「ぷくぷく・ポチャ」型ではない(もうちょっとスリムな感じ)ことにビックリ!!  次に、これまでムーミンの顔の輪郭(下顎部分)だと信じて疑わずにいたあの顔の下部分が実は鼻であることを知り2度ビックリ!!  更には「ムーミン・トロール」というのがムーミンの個人名だと信じて疑わずにきたのに、実はそれは種の名前だと知って3度ビックリ!!! でした。  ムーミンの変貌に比べれば、スニフはこの第1作からあんまりイメージが変わっていないんですけどね。

更にビックリしたのは、「頼りがいのあるデ~ンと構えた存在」であるはずのムーミン・パパが妻子を置き去りにしニョロニョロと放浪の旅に出ちゃったというのにも結構唖然としました。  もっとも彼が出て行ったのは私たちにも馴染みのあるあの「ムーミン屋敷」を立てる場所を求めて、そして建築するためだったようではあるのですが・・・・・。  それにしてもねぇ。

昨日から始めたベビーキルト作成のためのチョキチョキ作業。  フォーパッチ用の布:「プリント柄20種から計96枚」、シューフライ用の布:三角形部分のために「黄色無地 & 白プリントからそれぞれ100枚ずつ」、四角形部分のために「黄色無地から25枚、白プリントから100枚」のうち、昨日のうちに何とかフォーパッチ用の布のチョキチョキ(96枚となっていたけれど、とりあえず100枚)が終了しました。  描いた描いた、切った切ったと思っていたけれどこれでようやく全体の 1/4 程度なんですよね~。  ってことは、あとどんなに少なく見積もっても3日はチョキチョキし続けなくちゃいけないってことで、正直ちょっぴり飽きてきました(苦笑)

でもね、籠の中を見るとやっぱりそれなりの成果が実感できるっていうのは嬉しいものです。

2011_Aug02_003.JPGのサムネール画像 ← 昨日のブログ作成時の状態

2011_Aug03_001.JPG ← 今朝の状態

なんか、こういう地味~な作業っていうのは目に見える形で自分に成果を納得させないと、ちょっぴり虚しさみたいなものを感じちゃうんですよね~。  チクチク作業の方は KiKi の気持ちとしては「生産カテゴリー」に入るため、仮にその進捗が遅くても満足感を味わうことができるんだけど、チョキチョキ作業の方はそれだけで存在としてちゃんと成立している1枚布を切り刻んでいるだけなので、どちらかというと「消費カテゴリー」に入るアクションのように感じちゃうんですよ。  これは、未だに端切れとか古着のリサイクルというステージまで KiKi のパッチワーク力が進んでいないことにも一因があると思うんですけどね。  

まして、今回は「キット」を使っているので、正直なところ、このチョキチョキ作業には基本的にはほとんど頭を使っていません。  言われるがままに、布を切っているだけ・・・・・。  それでいて最終形のイメージまでは浮かんでいない(このエントリーでご紹介したイメージはあるものの、自分でデザインしたものじゃないし、フォーパッチ部分の布の合わせ方まではレシピには書かれていない ^^;  だから、KiKi の布合わせによってはイメージががらっと変わっちゃうこともあるのかもしれない)ので、尚更です。

幸いなこと(?)に、今日は昨晩の大雨で畑作業がお休みとなった(実際には今朝、畑に行ってみたんだけど、泥がぬかるんでいて軽トラがそこに嵌ってしまい、脱出するのに大騒ぎだった 笑)ため、今日のうちにできるだけチョキチョキ作業をすすめておかなくちゃいけません。

 

何やかんやとバタバタしている昨今の KiKi ですが、そんな中、このエントリーでお話したベビーキルトのキットが数日前に到着していました。  送られてきた段ボールのふたをあけ、中にどっさり入っている布の山を見たときには、正直、「あ~、やっぱりこんなものに手を出すべきじゃなかった!」と思ったりもしたのですが、よくよく考えてみると箱のふたを開けただけで、まだ手を出してさえいないことに気がつき(^^;)、反省するタイミングと内容が間違っていると思わず苦笑。  ま、てなわけで反省する前にやるべきことはやらなくちゃと昨日から着手することにしました。

今までは小物しか作ったことがなかったのでこんなに大量の布を一度に扱ったことのなかった KiKi。  送られてきた布全部を水通しすると、いつもの陰干しエリアのウッドデッキでは追いつかず、通常の物干しも半分ぐらい使ってなかなか壮観な景色ができあがりました。  (← このシーンは写真撮影するのを忘れました ^^;)  大物をせっせと作っていらっしゃる方は水通しするだけでも一大事なんだなぁと妙なところでちょっぴり感動(笑)。  

そして本日、ようやくチクチク・・・・ならぬ、チョキチョキ作業に入りました。

2011_Aug02_002.JPG

箱から出したとき & 水通しした布を干している時にはその分量に少々うんざりしたんだけど、いざ、アイロンをあてて、積み重ねてみるとたいした量ではないように見えてきて(もっともこの分量に慣らされただけかもしれないけど)、今日は涼しいということも手伝って、ちょっぴりやる気になってきました。

まずはフォーパッチ用の布からチョキチョキし始めました。  どうしてフォーパッチ用の布からにしたか?と言えば、KiKi は一枚布から三角形を切り出すのがちょっぴり苦手なんですよね~。  方眼紙で作った型紙どおりに切り出すんだったら、三角形にさほどの苦手意識は持たないと思うんだけど、型紙に7mmの縫い代をとって切り出す・・・・ということをやろうとすると、縫い代部分が足りなくなっちゃったり、三角形の頂点部分の縫い代が変な形になっちゃったり、布の無駄遣いが増えちゃったりとあんまり褒められた状態ではない作業になっちゃうんですよね、これが。  パッチワークをやっていらっしゃる皆さんはどうしていらっしゃるのか、一度どなたかに伺いたいなぁ・・・・・と常々思っているのです。  ま、そこはうまくいかなくても「所詮縫い代部分」といつも深くは考えないようにしているんですけどね(笑)

 

先日、KiKi の元におめでたいニュースが飛び込んできました。  かつて、KiKi がと~ってもお世話になり、今も KiKi のメンター兼パートナーとして、縁の深~い方の息子さんが結婚されるとのこと。  以前、1度だけ KiKi も「息子さん & その彼女」にお会いしたということもあるので、何かお祝いを・・・・と考えていたら、どうやらこのご結婚、「できちゃった婚」らしい・・・・・(苦笑)  本当だったら若い2人には現金に勝るお祝いはないのかもしれないけれど、今では金銭的にさほど余裕があるわけではない KiKi には「お年玉」程度の現金だったら準備できても、それ以上となるとちょっと厳しい・・・・・。

てなわけで、思いついたのが無謀(?)にも

「ベビーキルト」なるものでも作ってみっか

ということでした。  パッチワーク初心者で、最近では例のユーキャンの講座の課題であってさえもこなすことができない日々を送っている KiKi なので、「自信があるのか?」と問われれば正直、あんまり自信はないんだけど、一応予定日は来年の2月ぐらいとのことだし、秋になればたっぷり時間があるようになるはずだし、秋の訪れは早いはずだし、リッチなプレゼントが無理ならせめて・・・・・と考えてみたっていうわけです。

ただね、一応は「プレゼント」なわけだし、技術が乏しい分、せめてデザインぐらいはオシャレな感じにしたいじゃないですか!!  で、ネットであちこちめぐって「キット」を探してみたんですよね~。  で、 KiKi が選んだのはコチラ(↓)です。

IMG_75781.jpeg

こちらは「Bear's & Paw」さんが販売しているキットです。  複雑すぎるデザインのものを選ぶと初心者の KiKi には難関が多すぎて早々に挫折・・・・・ということもありうるわけだけど、「四角つなぎ」と「シューフライ」ぐらいだったら、極力丁寧に少しずつ頑張れば何とかなるんじゃないかなぁ・・・・と。

で、これを選んだのにはデザインのシンプルさもあるんだけど、それ以上にこの色目っていうのもあるんですよね~。  何せ、お嫁さんのお腹の中の子供の性別がわからない!!  ついでにお嫁さんの色の趣味もわからない!!  ま、そんな状況だと「ピンク」とか「ブルー」という色はできるだけ避けて、こういう中間色が無難なんじゃないかなぁ・・・・と。

Bear's & Paw さんのサイトでも、このキットの紹介ページで

男の子でも、女の子でもどちらが産まれても大丈夫な定番のベビーキルトをずっと長い間作ろう作ろうと思っていました。

(中略)

 イエローは、男の子女の子どちらが産まれても安心。  まだ、どちらかわからないたまごちゃんの赤ちゃんのためのファーストキルトです。

 (中略)

三角と四角で出来ているパターンは「シューフライ」という名前。  四角が4つの方は、「フォーパッチ」。  どちらも基本的で簡単に出来るパッチワークです。  まだ、時間はたっぷりあるから1枚1枚、丁寧に、心を込めて縫いましょう。  赤ちゃんが産まれてきた時のことを思いながら・・・・・

と紹介されていて、この紹介文にも乗せられちゃったんですよね~(笑)

 

2015年2月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28

Current Moon

CURRENT MOON

東京のお天気


山小舎のお天気


Booklog



ブクログ

アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.261

TrackbackPeople

クラシック・ピープルの Trackback People Site


チェロ ラヴァーズの Trackback People Site


Piano~ぴあの Trackback People Site


ピアノオススメ教本の Trackback People Site


ピアノ教室の Trackback People Site


Book Love Peopleの Trackback People Site


本好きPeople・ぴーぷるの Trackback People Site


今日読んだ本の Trackback People Site


ファンタジーが好き♪の Trackback People Site


この絵本がすごい!の Tackback People Site


児童書大好き♪の Trackback People Site


ハヤカワepi文庫の Trackback People Site


岩波少年文庫応援団の Trackback People Site


薪ストーブの Trackback People Site


週末は田舎暮らしの Trackback People Site


野菜育てPeopleの Trackback People Site


ガーデニングの Trackback People Site


パッチワークキルトの Trackback People Site


あなたの訪問は?


日めくりカレンダー


Real Time News


カテゴリ

ノルンはいくつ?

本が好き!


読書メーター

KiKiさんの読書メーター
KiKiさんの読書メーター

最近読んだ本

KiKiの最近読んだ本

今読んでいる本

KiKiの今読んでる本

読了目標





今やってるゲーム

KiKiの今やってるゲーム

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうちベビーキルトカテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリはパターンです。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

高速運賃





Edita

ブロガー(ブログ)交流空間 エディタコミュニティ

名言黒板


作家別タグ