電子書籍の最近のブログ記事

今年の自分への X'mas Present で Kindle Paperwhite を購入した KiKi。  早速 Kindle 本の中から無料本になっているこちらをダウンロードして読んでみました。

三国志 01 序 [Kindle版]
著:吉川英治 青空文庫

51A1nJzHL9L._AA278_PIkin4,BottomRight,-46,22_AA300_SH20_OU09_.jpg  (Amazon)

三国志 02 桃園の巻 [Kindle版]
著:吉川英治 青空文庫

51RYXE+qcTL._AA278_PIkin4,BottomRight,-46,22_AA300_SH20_OU09_.jpg  (Amazon)

後漢末の3世紀、世はすでに朝廷の令は届かず、黄巾賊が人々への収奪を繰り返していた。  漢室の裔孫(えいそん)である劉備は、涿県楼桑村において母親と生活をともにしながら、「むしろ」を織り、売って暮らしていた。  そんな中、関羽、張飛は劉備の血筋を知り、その人格・識見に親しみ、劉備こそ盟主に万民を救わんとして、義兄弟の契りを交わす。  (Amazon 内容紹介より転載)

まずは Kindle の使い心地の Review から・・・・。  実は KiKi はダウンロードの労を少しでも少なくするために、今回 Kindle本の中の無料本から、吉川英治さんの「三国志」と「宮本武蔵」の全巻(現在配布されているもの)を一挙にダウンロードしました。  すると、画面上の表示を「リスト表示」(もう1つ「表紙一覧」という本の表紙のイメージを並べたものがある。  当然のことながらリスト表示の方が1画面に表示される件数は多い)を選んであってもダウンロードした本のリストが2ページに及んでしまいました。  ところがここで2ページ目を表示する操作方法がわからない・・・・・・ ^^;  

ま、てなわけで KiKi の心積もりとしては「宮本武蔵」から読み始める予定だったのが、1ページ目に表示された「三国志」を選ぶしかなくなってしまうというトラブル(?)に見舞われてしまいました。  もちろん中に「Kindle Paperwhite ユーザーガイド」も入っていたんですけど、これも2ページ目にいってしまったので KiKi 自身はその2ページ目に行きたくても行けないのですから、参照のしようがありません(涙)

ま、「三国志」の方もいずれは読んでみようと思ったからこそダウンロードしたのであって、どちらが先でも大きな問題はなかったんですけどね(苦笑)  で、この「02 桃園の巻」を読了したタイミングでたまたま画面の下部に指が触ってしまったことがあって、ふと気がつけばそのリスト表示の頁指定の画面が出てくるという幸運が突如訪れました。  ま、てなわけで今は「リスト表示」が何ページに及んだとしても問題なくお目当ての本に辿りつける操作方法を習熟したのですが、第一印象としては「機械の操作性」という面では Sony Readers の方に軍配があがるなぁ・・・・と感じていました。

付属の USB ケーブルでは充電時間がやたらと長くかかると聞いていたのですが、KiKi の印象としてはそれはさほど気になりませんでした。  ただ、充電中にUSBケーブルをつないだままの状態では画面上の電池マークには何の変化も起きず(要するに空っぽ状態のまま)だったのにはちょっと混乱させられました。  Sony Readers では充電されたら充電された分だけ目盛リが増えるうえに、満タンになれば画面上で 100% と表示してくれるのでそういう点でも分かりやすい。  ま、Kindle もケーブルを抜いてみると満タンになっていることが画面上でも確認できるんですけどね。

じゃあ充電中にどのくらい充電されたのか?はケーブルを抜かない限りわからないのか?と言えば、満タンになったかどうかに関してならば充電ケーブルのスロットのすぐ脇にちっちゃなパイロットランプがついていて、そのランプがオレンジから緑に変わるのがフル充電された目印らしい・・・・・。  でもこれ、色弱の人にはかなり分かりにくそうだし、何よりもあまり時間がない中で半分くらいまでは充電したいなぁ・・・・な~んていう時にはいちいちケーブルを抜かなくちゃいけないのだとしたらはっきり言って面倒くさいなぁと感じました。  (← 何か確認方法があるのかもしれませんけど ^^;)


今年の自分への X'mas Present

| コメント(0) | トラックバック(0)

さて、つい先日ダーリンからいただいた今年の X'mas Present のご紹介をしたわけですが、昨日、自分でも自分用の X'mas Present (← ま、要するに衝動買いの手前勝手な理由づけです ^^;)を Get しました。  実は KiKi は似たようなものを既に持っているんですけど、それではちょっと満足できなくなっていることが多々あって、とうとうこちらにも手を出しちゃった・・・・・そんな感じなんですけどね。  ではその自分用の X'mas Present のお披露目と参りましょうか。  それはこちら(↓)です。



パンパカパ~ン!!!    



Kindle Paperwhite(ニューモデル)

kp-slate-01-lg-holiday_b.jpgのサムネール画像  (Amazon)

反射しないディスプレイ―明るい日差しの中でも読みやすい
片手で読書:一般的なタブレットより30%軽い
4GBに増えたストレージで最大4,000冊を保存(一般的な書籍の場合)
数時間ではなく、数週間持続するバッテリー
タブレットのバックライトよりも目に優しく読みやすいフロントライト搭載

実は KiKi はこれ以外にも以前このエントリーでお話した Sony Readers を1つ持っています。  にも関わらずどうしてこの別の電子書籍リーダーにまで手を出しちゃったか?と言えば単なる「新し物好き」という以上に別のちゃんとした理由もあったりするんですよね。  

    

電子書籍体験 Part1

| コメント(0) | トラックバック(0)

さて、今年の自分への X'mas Present に電子書籍リーダーを購入した KiKi ですが、その後、どんなことをしているかの経過報告(?)をしておきたいと思います。  リーダーそのものを購入し、1,400冊もの本を持ち歩けるようになったことにホクホクしていたのもほんの束の間、ふと冷静になって考えてみれば1,400冊を持ち歩くためには1,400冊分電子書籍を購入しなくちゃいけないことに気が付きました(^^; 今更・・・・ですが)。  iPod の場合はこれまでに大切に集めてきたCDをせっせと iPod に読み込ませさえすれば良かったわけだけど、こちらはそういうわけにはいきません!!

さらに言えば、持ち歩いて折に触れて「ここ」という箇所を読み返したい本はあるけれど、そういう作品に限って長編で(指輪物語とか、上橋さんの「守り人シリーズ」とか、司馬遼太郎さんの作品とか、塩野七生さんの「ローマ人の物語」とか)、KiKi の蔵書の中でも燦然と光を放っているわけですが、その多くは電子書籍では販売されていない(? 少なくともまだ KiKi は見つけることができていない)ときています。  ま、てなわけでその使い方に明確な Vision を持てない数日を過ごすことになってしまいました。

とは言ってもせっかく購入した新しい機器をそのまま放置するな~んていうことは KiKi の経済観念(?)が許すはずもなく、まずは購入時にプリ・インストールされていたこれらのラインナップからいくつかを選抜して読んでみました。  因みに KiKi が今日までに読了(・・・・と言ってもこのプリ・インストール。  1冊丸ごとがプリ・インストールされているわけではなくて、ほんのさわりだけが入っているので、読了という言葉にはそぐわないような気がしないでもありませんが・・・・・ ^^;)したのは以下のとおりです。

読む年表 日本の歴史―渡部昇一「日本の歴史」特別版  著:渡部昇一  ワック

南極越冬隊タロジロの真実  著:北村泰一  小学館

ドラッカー 時代を超える言葉  著:上田惇生  ダイヤモンド社

半農半Xという生き方  著:塩見直紀  ソニー・マガジンズ

どれもこれも、そこそこ面白かったけれど、印刷本とほぼ同じぐらいの金額のフルプライスで買いたい本か?と問われれば、否としか言いようのない感じ・・・・・。  仮にこれらの本の残り部分を読みたいと思ったとしても、ブックオフか Amazon Market Place で古本を購入すればいいや・・・・という感じが否めない。  まして KiKi のもともとの読書傾向としてベストセラー本をタイムリーにお金を出して買ってまでして読みたいタイプではなく、どちらかと言えば「文庫本待ち、中古本待ち」で、可能な限り安価でコツコツと集め、大切にしたい本に関しては蔵書とすることに喜びを感じるタイプなので、どうも電子書籍販売サイトで売られている本にはあんまり興味が持てないような気がしてきたここ数日でした。

  

今年のX'mas Present

| コメント(0) | トラックバック(0)

昨日は X'mas Eve。  皆さんはどんな一日をお過ごしだったのでしょうか??  KiKi はLothlórien_山小舎で超地味ぃ~な Eve を過ごしていました。  イルミネーションなし、ツリーなし、ケーキなし、BGMなし。  でもね、そんな KiKi でもたった一つだけ「なしでは済まさなかったもの」があります。  それが X'mas Present!!  KiKi の世代にとって X'mas は誕生日と並ぶ大切なプレゼントの日なのですから、これだけは忘れるわけにはいきません。  (・・・・・と考える時点で KiKi の物欲はまだまだ現役であることが自覚できます ^^;)  でもね、今年のある時点までは「もう欲しいものってないよなぁ。  強いて言えばトラクター??」ってな感じだったんですけど、年末が近づくにつれ欲しくなってしまったもの。  それはこちらです。

ソニー 電子書籍 Reader PRS-T1(レッド)※WiFiモデル PRS-T1-R

31kwR4EPlwL._SL500_AA300_.jpg  (Amazon)

◆紙の本のように読みやすい  ◆ポケットサイズに約1400冊持ち歩ける  ◆紙の本のように長時間読めるスタミナ  (Amazon より転載)

まあ、お仕事に復帰しない限りは、必要ないって言えば必要ないツールであることは百も承知だったんだけど、やっぱり1400冊もの本を(そこまで多い必要もないけど ^^;)を持ち歩けるっていうのは魅力だし、一応 WiFi モデルなので本を読んでいてちょっと疑問に思うこととか調べたいことがあった際にインターネット検索ができるっていうのも魅力かなぁと思って、手を出しちゃいました。

もっとも、よくよく考えてみるとこれ専用のソフト(つまり本)を買うのにこれまたおカネがかかるわけで、1400冊はおろか100冊だって新たに購入するっていうことは今の KiKi にはちょっとシンドイかもしれないっていうことに、今さらながら気がついちゃいました。  当面は「青空文庫」あたりをダウンロードするしかないのかもしれません・・・・・ ^^;

1つ感動だったのは、電子書籍の場合、文字のサイズをある程度調節できることです。  だんだん老眼がすすんできた KiKi にとってこれは結構有り難い機能になっていくような気がするんですよね~。  最近では「岩波文庫」あたり(特にちょっと古い版)は KiKi には字が小さすぎて、読んでいて疲れちゃうんですよ。  昔はなんてことなかったんですけどねぇ・・・・・。            

2015年2月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28

Current Moon

CURRENT MOON

東京のお天気


山小舎のお天気


Booklog



ブクログ

アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.261

TrackbackPeople

クラシック・ピープルの Trackback People Site


チェロ ラヴァーズの Trackback People Site


Piano~ぴあの Trackback People Site


ピアノオススメ教本の Trackback People Site


ピアノ教室の Trackback People Site


Book Love Peopleの Trackback People Site


本好きPeople・ぴーぷるの Trackback People Site


今日読んだ本の Trackback People Site


ファンタジーが好き♪の Trackback People Site


この絵本がすごい!の Tackback People Site


児童書大好き♪の Trackback People Site


ハヤカワepi文庫の Trackback People Site


岩波少年文庫応援団の Trackback People Site


薪ストーブの Trackback People Site


週末は田舎暮らしの Trackback People Site


野菜育てPeopleの Trackback People Site


ガーデニングの Trackback People Site


パッチワークキルトの Trackback People Site


あなたの訪問は?


日めくりカレンダー


Real Time News


カテゴリ

ノルンはいくつ?

本が好き!


読書メーター

KiKiさんの読書メーター
KiKiさんの読書メーター

最近読んだ本

KiKiの最近読んだ本

今読んでいる本

KiKiの今読んでる本

読了目標





今やってるゲーム

KiKiの今やってるゲーム

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうち電子書籍カテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリはiPod 関連です。

次のカテゴリはゲームです。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

高速運賃





Edita

ブロガー(ブログ)交流空間 エディタコミュニティ

名言黒板


作家別タグ