アルビノーニ アダージョ

| コメント(0) | トラックバック(0)

今日もあんまりはっきりしないお天気みたいですね~。  でも、雨降りじゃないだけでよしとしなくちゃいけないのかな??  最近はそんな気分です。  根が単純にできている(と言うより自然児という表現の方がピッタリかも? ^^;)KiKi はお天道様と縁の薄い日々を送っているとなんとはなしに沈鬱な気分になってきてしまうのです。  ・・・・だから、というわけではないけれど、今日の KiKi の1曲はこちらです。

アルビノーニ アダージョ
KING KICC 9099 演奏:ミュンヒンガー指揮 & シュトゥットガルト室内管弦楽団 録音:1977年10月

CD22_2.jpg   (Amazon; 現在販売されているものではこれだと思われます。)

 

「バロック音楽セレクション」なんていうタイトルがついているCDにはかなりの確率で収録されている「アルビノーニのアダージョ」と呼ばるこの曲、実は20世紀に完成したバロック音楽なんですよね~。  アルビノーニさんは実在の人物だし、確かにこの曲のモトになる旋律を作った人・・・ではあるんだけど、実はこの曲を今演奏されている形に完成したのはイタリアの音楽学者でアルビノーニの研究家でもあったレーモ・ジャゾットさんという方なんです。  第二次大戦中にこのジャゾットさんがたまたまドレスデンの図書館の古文書の中からこのモトになる旋律が書かれた手稿譜を発見されたのだそうです。  でも、そこに書かれていたのは通奏低音とわずか6小節の2つの旋律だけだったんですって。  だから、この曲は正確には「アルビノーニの旋律によるジャゾットのアダージョ」とでも名づけた方がいいような曲なんですよね~。

因みにアルビノーニさん。  ヴィヴァルディとほぼ同時代の人で、ヴェネツィア生まれのヴェネツィア育ち。  とっても裕福な紙を商う商人の家に生まれた方です。  食べるのに事欠かなかったアルビノーニさんは当時のほかの音楽家とは異なり、宮廷やら教会に仕えることなく作曲活動を続けていたらしい・・・・・。  でね、あの「音楽の父」バッハも彼からは多くを学んだようで、彼の主題を借用したフーガを書いたりしているのだそうです。  (詳細はこちら

この曲が一般的に知られるようになったのは、オーソン・ウェルズの映画「審判」(カフカ原作)が大きく寄与しています。  オーソン・ウェルズ、いい役者さんですよね~。  

この曲を聴いていると何となくこの世の中の不幸・悩み・憂いといったものをまとめて全部引き受けちゃったような、不条理・・・・のようなものを感じるんですよね~。  何て言うか、「これでもか、これでもか・・・・」って言われているような感じ・・・・ ^^;  KiKi はね、この曲を聴くと何となくイメージとしてこれでもかっていうぐらい不幸が続いている悲劇のヒロイン(もちろん超美形)が涙を噛み締めながら(もしくはポロリと一筋流しながら)夜の道をゆっくりゆっくりと歩いている、そんなシーンを連想してしまうんですよね~(笑)。

荘重にして甘美な旋律。  いい曲ではあるんだけど、朝の音楽にはあんまり(と言うか、全く)向かなかったみたい・・・・ ^^;


 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://poco-a-poco.chu.jp/mt/mt-tb.cgi/198

コメントする

2015年2月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28

Current Moon

CURRENT MOON

東京のお天気


山小舎のお天気


Booklog



ブクログ

アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.261

TrackbackPeople

クラシック・ピープルの Trackback People Site


チェロ ラヴァーズの Trackback People Site


Piano~ぴあの Trackback People Site


ピアノオススメ教本の Trackback People Site


ピアノ教室の Trackback People Site


Book Love Peopleの Trackback People Site


本好きPeople・ぴーぷるの Trackback People Site


今日読んだ本の Trackback People Site


ファンタジーが好き♪の Trackback People Site


この絵本がすごい!の Tackback People Site


児童書大好き♪の Trackback People Site


ハヤカワepi文庫の Trackback People Site


岩波少年文庫応援団の Trackback People Site


薪ストーブの Trackback People Site


週末は田舎暮らしの Trackback People Site


野菜育てPeopleの Trackback People Site


ガーデニングの Trackback People Site


パッチワークキルトの Trackback People Site


あなたの訪問は?


日めくりカレンダー


Real Time News


カテゴリ

ノルンはいくつ?

本が好き!


読書メーター

KiKiさんの読書メーター
KiKiさんの読書メーター

最近読んだ本

KiKiの最近読んだ本

今読んでいる本

KiKiの今読んでる本

読了目標





今やってるゲーム

KiKiの今やってるゲーム

このブログ記事について

このページは、KiKi (Brunnhilde)が2006年5月29日 09:29に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ドビュッシー 組曲「子供の領分」」です。

次のブログ記事は「チャイコフスキー 交響曲第6番「悲愴」 Op. 74」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

高速運賃





Edita

ブロガー(ブログ)交流空間 エディタコミュニティ

名言黒板


作家別タグ