マーラー 交響曲第1番 「巨人」

| コメント(0) | トラックバック(0)

昨日はちょっと時間がなくて短めの音楽を聴いたので、今日はその反動(?)でちょっと長めの音楽を聴こうと思います。  で、やっぱりクラシック音楽の王道は「交響曲」だし、まだまだこのブログでとりあげていない曲はい~っぱいあるので、今日の選曲は「長めの交響曲」ということに・・・・(笑)。  長めの交響曲といってすぐに KiKi の頭に浮かぶのはマーラーかブルックナーです。  で、これまでのエントリーを振り返ってみたところブルックナーは2曲エントリーがあるけれど、マーラーは1曲のみということが判明しました。  で、「マーラーの交響曲」にしたのはいいんだけど、さてどの曲にするべきか・・・・。  「長め」に徹底的に拘るなら第3番だと思うんだけど、マーラーはどっちにしろ全部聴くことになるんだしなぁ・・・・。

で、色々考えた末、先月開催された「勝手にジュリーニの日」目指して購入し、まだ1回しか聴いていないCDのことを思い出しました。  てなわけで今日の KiKi の1曲はこちらです。

マーラー 交響曲第1番 「巨人」
EMI 7243 5 85974 2 4 演奏:ジュリーニ指揮 & シカゴ響 録音:1971年3月

Giulini_Omni.jpg

 

ブログ仲間の garjyu さんを始め、多くの皆さんが「あんな風に歳を重ねた大人になりたい!」と大絶賛されている、その「大人の」ジュリーニが奏でるマーラーの若き日の交響曲。  はてさて、どんなものかしらん???

およ、およよ。  これはかなり凄いんでないかい??  

実は KiKi は個人的にはマーラーってあんまり好きじゃない作曲家(嫌いではありません、念のため)なので、CDも色々持っている(ことこの「巨人」に関しては今日調べてみたら6枚もあった!!)割にはあんまり好んで手にとって聴くことがないんだけど、過去に聴いて印象に残っている演奏と比べてみると、この演奏で初めて聴こえてきた「歌」や「楽器の音色」があって、「へ??  こんな曲だっけ??」と思うことが数回ありました。  比較的遅めの演奏なんだけど、スケールはやたらとデカイ演奏で、そのちょっと遅めのテンポの中で曲の中でかくれんぼしている歌をくっきりと浮き上がらせている、そんな印象です。  

前にこのエントリーにもちょっとだけ書いたんだけど、KiKi のマーラーに対する評価っていうのは「すご~く霊的で神秘的な天界・自然界の音楽と汚物まみれの世俗界・人間界の音楽をぐっちゃぐっちゃにかき混ぜて、自分なりの半ば"思い込み的な"世界をつくりあげたかった人」なんじゃないかというものなんですよね。  で、これが伝説や神話(もしくはそれもどき)をベースにしたオペラや交響詩だったら比較的スンナリと受け入れられるんだけど、それを「交響曲」としちゃうところに KiKi は若干の抵抗を覚えちゃうんですよね~。  

もちろんカンタービレに満ち満ちたメロディーメーカーだから、"歌"(声楽という狭義の歌ではありません)は素晴らしいと思うんですけどね♪  で、そんなことをつらつら考えて落ち着く KiKi のマーラー論は「マーラーの交響曲はどこかロマンチストな若い男の子が聴く音楽」っていうことになって、今の KiKi はどうしても手が伸びない・・・・・という感じ ^^; なんです。  (だって KiKi はリアリストな面も多いし、もう若くはないし、一応♀だし・・・・)

でね、このCDでちょっと目からウロコだったのはその"歌"がかなりクリアだったこと。  曲全体の流れに不自然なところはないのに、この曲が持つ「歌」がふわ~っと浮き上がってくる感じ。  だからといってバックが聴こえないかというとそうじゃないのが不思議なんですよね~。  だって細部の楽器の音もすご~くクリアに耳に届いてきて、今まで気がつかなかった音が聴こえてきたりもするんだもの・・・・。  一言で言っちゃうとこれまでマーラーを聴いてきてあんまり感じたことのない「気品」「格調の高さ」みたいなものを感じました。  これはひょっとすると KiKi の手持ちのCDの中ではマーラー第1番のベストにノミネートできる演奏かもしれません。  どれどれ、もう1度聴きなおしてみることにしましょう♪  そうだ!  そう言えば同じシカゴ響を振ったアバド盤がどこかにあったっけ・・・・。  久しぶりに聴き比べもしてみようっと♪

 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://poco-a-poco.chu.jp/mt/mt-tb.cgi/178

コメントする

2015年2月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28

Current Moon

CURRENT MOON

東京のお天気


山小舎のお天気


Booklog



ブクログ

アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.261

TrackbackPeople

クラシック・ピープルの Trackback People Site


チェロ ラヴァーズの Trackback People Site


Piano~ぴあの Trackback People Site


ピアノオススメ教本の Trackback People Site


ピアノ教室の Trackback People Site


Book Love Peopleの Trackback People Site


本好きPeople・ぴーぷるの Trackback People Site


今日読んだ本の Trackback People Site


ファンタジーが好き♪の Trackback People Site


この絵本がすごい!の Tackback People Site


児童書大好き♪の Trackback People Site


ハヤカワepi文庫の Trackback People Site


岩波少年文庫応援団の Trackback People Site


薪ストーブの Trackback People Site


週末は田舎暮らしの Trackback People Site


野菜育てPeopleの Trackback People Site


ガーデニングの Trackback People Site


パッチワークキルトの Trackback People Site


あなたの訪問は?


日めくりカレンダー


Real Time News


カテゴリ

ノルンはいくつ?

本が好き!


読書メーター

KiKiさんの読書メーター
KiKiさんの読書メーター

最近読んだ本

KiKiの最近読んだ本

今読んでいる本

KiKiの今読んでる本

読了目標





今やってるゲーム

KiKiの今やってるゲーム

このブログ記事について

このページは、KiKi (Brunnhilde)が2006年6月10日 19:31に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「サン=サーンス 序奏とロンド・カプリチオーソ Op. 28」です。

次のブログ記事は「チャイコフスキー ピアノ三重奏曲 Op. 50」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

高速運賃





Edita

ブロガー(ブログ)交流空間 エディタコミュニティ

名言黒板


作家別タグ