「ニーベルンクの指輪」 第4巻  Review

| コメント(0) | トラックバック(0)

31CMFQPMETL__SL500_AA200_.jpg (Amazon)

 

さて、今日はこの漫画版「ニーベルンクの指輪」全4巻の Review の最終回です。  ようやくさすらいの英雄、ジークフリートがブリュンヒルデと再会するところから物語が始まります。

 

 

オペラではブリュンヒルデの岩山に近づけるのはジークフリートだけと語られていてグンターは最初からその試練にチャレンジする気概も見せないけれど、一応漫画ではこのときグンターが傷を負っている設定になっていて「このような傷など負っていなければそなたの剣を借りて私が自分でその岩山に挑むのだが・・・・。」な~んていうちょっと男らしいセリフを吐いてくれちゃいます。  ま、要は神の娘、戦乙女を妻にと望むだけの男・・・・と感じさせられるような人物設定になっています。

で、「ラインの黄金」がほぼ丸々カットされていたこの漫画の世界には「隠れ頭巾」なんていう変てこなアイテムも出てきません。  オペラではブリュンヒルデと対面する記憶喪失のジークフリートはこの「隠れ頭巾」でグンターに変身しているわけですが、こちらでは素の姿でブリュンヒルデとごたいめ~ん。  で、当然の如くジークフリートとブリュンヒルデが岩山で一夜を過ごすシーンもないままに、怒りに燃えたブリュンヒルデを引き連れてギービヒ家へのご帰還と相成ります。

で、ギービヒ家でジークフリートとクリームヒルトの2ショットを目の当たりにして初めてブリュンヒルデは「何という裏切り!!」と逆上してジークフリートに掴み掛かります。  ま、確かにこのセリフを岩山で吐いちゃうと話はややこしくなって物語りは進まなくなっちゃうから、岩山はさっさと後にしなくちゃいけなかったんだろうけれど、普通自分の旦那が久しぶりに帰宅して、こともあろうに自分を別の男の妻にと言い出したらその場でもっと抵抗しそうなものだと若干の違和感を感じてしまいます。  惜しい!!  池田理代子女史!(笑)

で、ファフナーが出てこなくて、ファフナー退治もしていないから、ジークフリートは鳥の言葉がわかるようにはなっていなくて、さらには狩に行くのに時代を超えてきた池田プロダクション・オリジナルの敵役を連れて行くわけにもいかないから、ジークフリートの最期はギービヒ家で迎えさせなくちゃならなくなって、「忘れ薬」で記憶喪失になったわけじゃないから「記憶を取り戻す薬」だけを出してくるわけにもいかなくなって、それでもジークフリートに記憶を取り戻してもらわなくちゃいけなくて・・・・。  で、この漫画での扱いはこうなりました。

1) まずグンターに死んでいただく
2) グンター殺害の濡れ衣をジークフリートに負わせる
3) 指輪の力やジークフリートの弱点はすべて、異次元から現れた敵役が知っていた
   (そりゃ、有名な話だもん。  異次元から来た人なら知っていてもおかしくない。)
4) ジークフリートは異次元から現れた敵役の持つ銃により殺害される
5) 異次元から来た敵役がジークフリートの指から指輪を抜き取る
6) ブリュンヒルデは指輪を取り戻さないまま、ジークフリートと共に炎の中へ
6) 異次元から来た敵役はクリームヒルトを連れて時空の狭間から彼の時代に舞い戻る
7) ハイル・ヒットラー!! (敵役の指には「ニーベルングの指輪」が光る)

いやはや、上手いもんです!!  ワーグナーを自分たちの権勢のために利用した輩を、逆に手玉にとっているあたりはさすが!です。  指輪が持つ「魔力」みたいなものもわかりやすく象徴的に描かれていると思います。  メインのストーリーも外していません。  現代人にはあまりにも受け入れ難い非科学的なものも、「指輪」を除くと徹底的に排除してあります。  かなり面白い作品だったけれど、やっぱりニーベルング族や巨人族の扱いがちょっと少なすぎるような・・・・。  それにヴォータン vs. アルベリヒの対立軸がないので、「何故ヴォータンがヴェルズング族を愛するのか?」がうやむやになっちゃっているような・・・・・。

でもまあ、ワーグナーが「北欧神話」や「ニーベルンゲンの歌」に触発されて「ニーベルングの指環」という超大なオペラを作り、そのオペラに触発された池田理代子女史が「ニーベルンクの指輪」という漫画を描いた・・・・それだけでも KiKi には充分楽しめる物語になっていたように思います。


オペラ「ニーベルングの指環」の該当する物語「神々の黄昏」の第1幕、途中から最後までのあらすじはこちらです。

 

 

  

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://poco-a-poco.chu.jp/mt/mt-tb.cgi/81

コメントする

2015年2月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28

Current Moon

CURRENT MOON

東京のお天気


山小舎のお天気


Booklog



ブクログ

アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.261

TrackbackPeople

クラシック・ピープルの Trackback People Site


チェロ ラヴァーズの Trackback People Site


Piano~ぴあの Trackback People Site


ピアノオススメ教本の Trackback People Site


ピアノ教室の Trackback People Site


Book Love Peopleの Trackback People Site


本好きPeople・ぴーぷるの Trackback People Site


今日読んだ本の Trackback People Site


ファンタジーが好き♪の Trackback People Site


この絵本がすごい!の Tackback People Site


児童書大好き♪の Trackback People Site


ハヤカワepi文庫の Trackback People Site


岩波少年文庫応援団の Trackback People Site


薪ストーブの Trackback People Site


週末は田舎暮らしの Trackback People Site


野菜育てPeopleの Trackback People Site


ガーデニングの Trackback People Site


パッチワークキルトの Trackback People Site


あなたの訪問は?


日めくりカレンダー


Real Time News


カテゴリ

ノルンはいくつ?

本が好き!


読書メーター

KiKiさんの読書メーター
KiKiさんの読書メーター

最近読んだ本

KiKiの最近読んだ本

今読んでいる本

KiKiの今読んでる本

読了目標





今やってるゲーム

KiKiの今やってるゲーム

このブログ記事について

このページは、KiKi (Brunnhilde)が2006年7月11日 09:36に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「デュカス 交響詩「魔法使いの弟子」」です。

次のブログ記事は「スメタナ 交響詩「わが祖国」」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

高速運賃





Edita

ブロガー(ブログ)交流空間 エディタコミュニティ

名言黒板


作家別タグ