リスト ハンガリー狂詩曲第6番

| コメント(0) | トラックバック(0)

今日も「レッスン曲選抜音楽鑑賞プロジェクト」として色々なピアノ曲のCDを聴いていました。  であっちの棚、こっちの棚と物色していたらとっても懐かしいCDが KiKi の目に留まりました。  あのアルゲリッチのドイツ・グロモフォンでのデビュー・アルバム、その名も「デビュー・リサイタル」というCDです。  LP時代には何度何度もそれこそ擦り切れそうになるほど聴いていて、その後ドイツ・グロモフォンの THE ORIGINALS のシリーズで再発された際にCD購入したものの、その後は恐らく1度も聴いていないような気がするんですよね~。  で、ちょっと懐かしくなってしまって思わず手にとって収録曲を眺めてみたら、KiKi にとってものすご~く懐かしい曲名が・・・・。  てなわけで今日の KiKi の1曲はこちらです。

リスト ハンガリー狂詩曲第6番
DG 447 430-2 演奏:アルゲリッチ(p) 録音:1961年

51JYY362LSL__SL500_AA240_.jpg     (Amazon)

 

この曲はね~、KiKi にとってはものすご~く苦しい思い出の曲なのですよ~。  当時 KiKi は中学3年生。  受験勉強のまっ最中でした。  一応 KiKi の志望校は進学校で KiKi の出身県では「御三家」と呼ばれるちょっとした名門校でした。  それだけに競争率もそこそこ高く、学校では少しでも成績や偏差値が下がるとあれやこれやとうるさく言われる、そんな状態でした。  「受験戦争」な~んていう言葉も姦しい時代で、同じ年齢のピアノの門下生たちも音大志望者を除くと次々とピアノを止めていってしまうなか、優柔不断(?)な KiKi は漠然と「ピアノは続けたい」と思いつつも、ピアノの先生が勧める音大進学も決めかねていました。  そうこうしているうちに発表会の準備を始めなければいけない時期が到来。  で、受験生なんだから軽めの曲にしておけばいいものを、先生に乗せられて(?)選んだ曲がこのリストの「ハンガリー狂詩曲第6番」と「パガニーニの主題による大練習曲第5番 狩」でした。

当時、同い年で早々に音大進学を決めていた友人がベートーヴェンの「熱情ソナタ」を、そして KiKi たちよりも3歳年長の先輩(音大志望)が同じくベートーヴェンの「ワルトシュタインソナタ」を選んでいて、先生がショパンの「スケルツォ第2番」を弾くことになっていました。  で、先生としては KiKi にブラームスを弾かせたがっていたんだけど、ブラームスの渋さはさすがに中学生には理解できず・・・・^^;  で、抵抗の末落ち着いたのがリストでした。

練習を始めるまでは演奏会栄えのするかっこいいこの曲が弾けるのかと思うと嬉しくて嬉しくて、自分が受験を控えた身であることなんてすっかり忘れちゃって大喜びしていました。  ところがこの曲、半端じゃなく大変だったんですよね~。  前半はいいんですよ。  問題は後半、あの有名なフリスカの部分です。  何ページにも渡りオクターブの和音で弾き続けなくちゃいけない ♪チャリラリチャリラリラッタ~タ♪ の部分です。  ゆっくり練習している間は余裕だったのですが、インテンポでの練習が始まるとこの部分がメチャクチャ恐ろしい部分であることが判明しました。  弾き方のコツが見つかるまで、本気で KiKi は生まれて初めて腱鞘炎になるんじゃないかと心配になっちゃったぐらい。

それまでは2時間ぐらいはぶっ通しで練習してもビクともしなかった KiKi の右腕が最初は重くなり、20分以上はその部分の練習ができないんですよ~(泣)。  そのうえ、少しでも疲れてくると音を外しまくることこのうえない・・・・。  で、フラフラになった腕でアルペジオ。  それが終わるとまたオクターブ。  とにかく、練習が終わるとヘロヘロ状態になっちゃうんです。  でも、一応 KiKi は受験生でもあるわけで・・・・。  何度この曲を与えた先生を恨んだことか(笑)。

今回久しぶりにこのCDを聴いてみて、あの苦しかった練習と発表会と同時期に行われた模試の成績が芳しくなくて学校の先生からあれやこれや言われたことがまざまざと蘇ってきました。  (音大に行くんじゃないなら、そして模試で成績が下がるならピアノなんかやめちゃえ・・・・なんて言ってらした先生もいたっけなぁ・・・・。)  そしてそれ以上に、よくもこんな曲を弾ききったものだと我ながら感心してしまいました。  今の KiKi だったらいかにぷ~太郎と言えども「5万円あげるから」と言われてもぜ~ったいに「弾きます。」とは言わない曲だよなぁ・・・・・。  でも、相変わらずかっこいい曲だとは思いますけどね♪

因みにこのCD、選曲が素晴らしいです。  ショパンの「スケルツォ第3番」「舟歌」、ブラームスの「ラプソディ」、プロコフィエフの「トッカータ」、ラヴェルの「水の戯れ」、そしてリストの「ハンガリー狂詩曲第6番」「ピアノ・ソナタ」です。  アルゲリッチのピアニズムを堪能できる選曲だと思います。


 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://poco-a-poco.chu.jp/mt/mt-tb.cgi/306

コメントする

2015年2月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28

Current Moon

CURRENT MOON

東京のお天気


山小舎のお天気


Booklog



ブクログ

アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.261

TrackbackPeople

クラシック・ピープルの Trackback People Site


チェロ ラヴァーズの Trackback People Site


Piano~ぴあの Trackback People Site


ピアノオススメ教本の Trackback People Site


ピアノ教室の Trackback People Site


Book Love Peopleの Trackback People Site


本好きPeople・ぴーぷるの Trackback People Site


今日読んだ本の Trackback People Site


ファンタジーが好き♪の Trackback People Site


この絵本がすごい!の Tackback People Site


児童書大好き♪の Trackback People Site


ハヤカワepi文庫の Trackback People Site


岩波少年文庫応援団の Trackback People Site


薪ストーブの Trackback People Site


週末は田舎暮らしの Trackback People Site


野菜育てPeopleの Trackback People Site


ガーデニングの Trackback People Site


パッチワークキルトの Trackback People Site


あなたの訪問は?


日めくりカレンダー


Real Time News


カテゴリ

ノルンはいくつ?

本が好き!


読書メーター

KiKiさんの読書メーター
KiKiさんの読書メーター

最近読んだ本

KiKiの最近読んだ本

今読んでいる本

KiKiの今読んでる本

読了目標





今やってるゲーム

KiKiの今やってるゲーム

このブログ記事について

このページは、KiKi (Brunnhilde)が2006年7月 9日 00:20に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ベートーヴェン チェロ・ソナタ第3番 Op. 69」です。

次のブログ記事は「「ニーベルンクの指輪」 第2巻  Review」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

高速運賃





Edita

ブロガー(ブログ)交流空間 エディタコミュニティ

名言黒板


作家別タグ