ニーベルングの指環 だいじなものリスト

| コメント(0) | トラックバック(0)

さて、神話をベースにしたこの「ニーベルングの指環」には同じように神話からイメージを広げて作成されていることが多いRPGだったら「だいじなもの」として登録されるような様々なキー・アイテムが存在します。  これらのキー・アイテムは登場人物と同じくらい何らかの意味合いを持っていたりします。  そこでここではそんな「だいじなもの」を整理しておきたいと思います。


<指環>

他の何を忘れてもこれだけは忘れるわけにいきません!!  だってオペラのタイトルにもなっているんですもの。  で、この「ゆびわ」を軸にして物語は展開していくのですから(・・・・と言いつつもヴァルキューレではヴォータンの独白の中以外では指環の「ゆ」の字も出てこないのですが・・・・ ^^;)。  この指環はラインの乙女たちに愚弄されているうちに「愛を諦めた」アルベリヒがラインの黄金から作り出したものです。  で、もう1つの「指輪物語」同様に「力の指環」と呼ばれています。  この「指環」は「愛を諦めた人物」によってのみ作り出すことが可能で、世界を屈服させる魔力を持っています。  しかしこの指環がヴォータンによって奪われてしまったことにより、アルベリヒは「この指環を持つものに死をもたらす」という呪いをかけてしまいました。  ちょっとした皮肉ですよね~。  世界を屈服させることができるんだけど、持っていたら死んじゃうなんて・・・・ ^^;  でも、そんな不思議な魔力を持っている指環なので欲しい人(?)はいっぱいいるわけで・・・・。  この指環がどんな運命を辿ったのかを簡単なチャートにまとめてみるとこんな感じです。

 

ラインの川底で「指環」の原材料が「ラインの黄金」として眠っていた
   ↓
愛を諦めたニーベルング族のアルベリヒがその黄金を強奪、「指環」を完成、所持、権勢を振るう
   ↓
神々の長ヴォータンがアルベリヒから謀略によってかっぱらう
   ↓
巨人族が神々の居城であるヴァルハラ城建築の対価として譲り受ける
   ↓
巨人族の兄弟喧嘩の末、ファフナーが生き残りその他の宝とともに独占
   ↓
ファフナーは大蛇(竜 ともいわれる)に変身して守る
   ↓
ジークフリートがファフナーを殺害、指環を入手する
   ↓
ジークフリートからブリュンヒルデが「愛の証」として指環を贈られる
   ↓
ブリュンヒルデからジークフリート(忘れ薬による健忘症発症中)が力づくで奪う
   ↓
ジークフリートの亡骸からブリュンヒルデが抜き取り、炎の中に共に飛び込む
   ↓
ラインが増水し、灰になったブリュンヒルデが水に沈み、指環はラインの乙女の手に戻る

 

様々なできごとを巻き起こし、指環に関わった種族はみんな枕を並べて滅びちゃうんだけど、指環だけを見てみると結局ぐるっと回ってもとの状態に落ち着いただけ。  これが何故「剣」や「楯」や「冑」じゃなく「指環」だったのかはぐるっと回って元に戻ることとあながち無関係ではないのかもしれません。
(「指輪物語」で似ているもの: サウロンの力の指輪)


<隠れ頭巾>

指環同様にラインの黄金からアルベリヒの命により弟のミーメが作ったすぐれもので、この頭巾をかぶると姿を消したり、望むものに変身したりすることができます。  この隠れ頭巾の力を逆手にとって、アルベリヒを蛙に化けさせてヴォータンは彼を拘束し、指環やニーベルング族の宝をかっぱらいます。  隠れ頭巾は基本的には指環と運命を共にし、ジークフリートの手に渡りますが、その後この超便利アイテムの去就はちょっと不明です。  はっきりしていることは、あまり感心しない動機(アルベリヒはこの頭巾を使って人々を監視し、恐怖心によって人々を支配・搾取しようとしていた)で作られたこのアイテムは結果としてアルベリヒ自身を裏切り、他の者の奸智によって自分の墓穴を掘るアイテムとなってしまったということです。  そしてさらには、奸智によってアルベリヒを陥れるためにこのアイテムを使ったヴォータンの最愛の娘・ブリュンヒルデは、このアイテムによってグンターに身をやつしたジークフリートにグンターとの結婚を迫られることになるのです。  どうもラインの黄金から作られたアイテムは「強力すぎるが故に使い方を間違えると・・・・」という性質を持っているようです。  「因果応報」「諸刃の剣」なんていう言葉が連想されます。
(「指輪物語」で似ているもの: エルフのローブ)


<ノートゥング>

剣と槍と甲冑の時代、やっぱり剣っていうのは超だいじなもの。  普通の人だったらそんじょそこらの剣でもいいかもしれないけれど、やっぱり物語の主役ともなると半端な剣を持たせるわけにはいきません。  この掟はRPGを作る際にも踏襲され、「キャラクターの固有(専用)最強武器」な~んていう形であらわれます。  それが剣の場合には「聖剣」なんていう風に呼ばれることもあります。  このノートゥングはまさにそんな「聖剣」です。  神々の長であるヴォータンが自分の血を引くヴェルズング族のジークムント専用の武器として特別にこしらえた一点もので、「専用」を強調するために、登場するときにはトネリコの木に刺さって現れます。  で、他の誰もその剣を引き抜くことができないときています。  このあたりはアーサー王伝説に出てくる「聖剣エクスカリバー」とそっくりです。  (あちらは大聖堂前広場の大理石の台座に刺さっていて、アーサー王にしか引き抜くことができなかった。)  で、この聖剣というやつは必ず1度は折れなくちゃいけないらしい・・・・(笑)。  アーサー王のエクスカリバーしかり、ノートゥングしかり。  剣が折れることは受難と常にワンセットです。  で、そこから英雄本人、もしくは孫子の代の誰かが再び再起するときに鍛えなおされるんですよね~。  でもいやしくも「聖剣」なのでそんじょそこらの鍛冶屋には鍛えなおすことはできません。  だから鍛えなおす人は「神様」とか「エルフ」とか「英雄本人」じゃなくちゃいけないのです。  こうして鍛えなおされた剣が主人公(この物語ではジークフリート)の戦いを支えることになります。
(「指輪物語」で似ているもの: アラゴルンの剣 アンドゥリル)

            

<トネリコの木>

さてその聖剣が刺さっていたのがトネリコの木です。  ネットでトネリコを検索してみるとこんなページこんなページがヒットします。  う~ん、なんか違うような・・・・。  これじゃ、おもちゃの剣を刺すのも難しそうです。  まあ植物にはあまり詳しくないのでそのうち真相がわかったらここは訂正することにしましょう。  ま、いずれにしろこのトネリコの木。  実は北欧神話の世界では特別な木として認識されています。  北欧神話の世界で「ユグドラシル」と呼ばれる世界樹(宇宙樹)はこのトネリコの木だということになっています。  この世界樹(宇宙樹)は北欧神話の終末論、ラグナロクにあっても滅びない大黒柱的な位置づけのだいじなもので、時間・知恵・意識・生命・空間の象徴とされています。  
参考: 世界樹(ユグドラシル)-トネリコについて  
(「指輪物語」で似ているもの: 白の木)


<ヴォータンの槍>

第1作の「ラインの黄金」でヴォータンさん初登場の時からず~っとヴォータンさんと行動を共にする彼の槍。  これはトネリコの木から作られたものです。  そのトネリコの木は↑のようなすんごいものなわけですから、当然すんごいアイテムでなきゃいけません。  彼はこの槍にルーン文字で神聖な契約の文言を刻み、その契約を守ることによって神たる資格をもつとされています。  ですからこの槍はそんじょそこらの武器とは異なり単なる戦いの道具ではなく、ヴォータンにとっては彼の神性、彼の覇権を証明するアイテムとも言えるわけです。  だからこそ、「ヴァルキューレ」で姿を消したきりの火の神ローゲを呼び出すときにもこの槍を振るいます。  又、同じく「ヴァルキューレ」でジークムントがフンディングと戦っているとき、ヴォータンはこの槍で名剣ノートゥングを砕きフンディングに勝利を与えました。  この時点ではまだまだヴォータンの、そして神の力は凄かったのです。  でも、続く「ジークフリート」で火の岩山を目指すジークフリートとさすらい人(実はヴォータン)が対峙したとき、今度は逆にヴォータンの槍はジークフリートによって鍛えなおされたノートゥングによって砕かれてしまいます。  このことが神々の凋落の始まりを暗示しています。     


追記:
今後もこのエントリーには必要に応じて加筆していく予定です。

 

    

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://poco-a-poco.chu.jp/mt/mt-tb.cgi/58

コメントする

2015年2月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28

Current Moon

CURRENT MOON

東京のお天気


山小舎のお天気


Booklog



ブクログ

アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.261

TrackbackPeople

クラシック・ピープルの Trackback People Site


チェロ ラヴァーズの Trackback People Site


Piano~ぴあの Trackback People Site


ピアノオススメ教本の Trackback People Site


ピアノ教室の Trackback People Site


Book Love Peopleの Trackback People Site


本好きPeople・ぴーぷるの Trackback People Site


今日読んだ本の Trackback People Site


ファンタジーが好き♪の Trackback People Site


この絵本がすごい!の Tackback People Site


児童書大好き♪の Trackback People Site


ハヤカワepi文庫の Trackback People Site


岩波少年文庫応援団の Trackback People Site


薪ストーブの Trackback People Site


週末は田舎暮らしの Trackback People Site


野菜育てPeopleの Trackback People Site


ガーデニングの Trackback People Site


パッチワークキルトの Trackback People Site


あなたの訪問は?


日めくりカレンダー


Real Time News


カテゴリ

ノルンはいくつ?

本が好き!


読書メーター

KiKiさんの読書メーター
KiKiさんの読書メーター

最近読んだ本

KiKiの最近読んだ本

今読んでいる本

KiKiの今読んでる本

読了目標





今やってるゲーム

KiKiの今やってるゲーム

このブログ記事について

このページは、KiKi (Brunnhilde)が2006年7月 6日 18:05に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ショパン アンダンテ・スピアナートと華麗なる大ポロネーズ Op. 22」です。

次のブログ記事は「世界樹(ユグドラシル)について - トネリコ」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

高速運賃





Edita

ブロガー(ブログ)交流空間 エディタコミュニティ

名言黒板


作家別タグ