ブラームス ピアノ五重奏曲 Op. 34

| コメント(0) | トラックバック(0)

さて、本日もルツェルン管来日記念エントリーです。  KiKi は聴きにいくことができなかったけれど、10月15日に催された「ルツェルン祝祭チェンバー・フェストII」の演目のひとつ、ブラームスを聴いてみたいと思います。  いえね、本当であればこの日のプログラムの中のモーツァルトのクラ5を聴いてエントリーを書きたい気持ちもあったんですよね~。  でも、クラ5に関しては不充分ながらこの「落ちこぼれ会計人の Music Diary」を始めた当初に1度ご紹介エントリーを書かせて頂いているので、もう少し Index が充実してきてから、もう一度じっくりと聴いてみようかな・・・・と。  ま、そんなわけで今日の KiKi の1曲はこちらです。

ブラームス ピアノ五重奏曲 Op. 34
Schallplatten TKCC-70269 演奏:ペーター・レーゼル (p) & ブラームス弦楽四重奏団 録音:1972年5月

Brahms_PQuintet.jpg     (Amazon)

(KiKi が持っているCDはこのCDの期間限定再発廉価盤です。)

 

おそらくブラームスの室内楽作品の中で「クラリネット五重奏曲」とこの曲が演奏される機会の多い作品なんじゃないかと個人的には思っているのですが、どうなんでしょうか??  もっともこの感想は KiKi の好み(つまりこの曲が好きだから比較的目に付きやすい?)のせいもあるのかもしれませんけれどね(苦笑)。

この曲ってブラームスの音楽にしてはかなりシンプルでわかりやすい音楽だと思うんですよね~。  もっともこの曲がこの形に落ち着くまでにはどうやら並々ならぬ変遷があったようです。  ものの本によれば

当初弦楽五重奏曲として初稿完成
   ↓
クララ・シューマンとヨアヒムの批判
   ↓
2台のピアノのためのソナタに改変
   ↓
クララから批評
   ↓
ピアノ+弦楽四重奏(つまり現在の形)に落ち着く

ということだったようです。  個人的には同じこの編成のシューマンの音楽が大好きな KiKi なんだけど、ブラームスのこの曲も秋になるとなんだかとっても聴きたくなるんですよね~。

第1楽章はどこか陰鬱でちょっと無理やり強がっちゃっているような、もしくは何とか肩肘張って威厳を保とうとしているかのような必死さがにじみ出ているような音楽なんだけど、中間部のピアノの音色とヴァイオリンの音色はとっても甘く美しくて、ちょっと離れたところから暖かく見守ってあげたくなるようなそんな感じのする音楽です。

第2楽章ではほんのちょっと一息ついて、周りを見回してみたらうっとりするような景色がそこに広がっていて、久しぶりの里帰りで懐かしい景色の中に身を置いているうちに少しずつ、少しずつ素の自分を取り戻していく感覚、郷愁にも似たような甘酸っぱい思いを音にしたような音楽です。  KiKi はこの第2楽章を聴くとなぜか里帰りがしたくなるんですよね~ ^^;  

第3楽章は緊迫感にあふれていて、少しずつ少しずつターボをふかしながら盛り上がっていくような音楽とこれとは対極にあるような中間部の柔らかさとのバランスが絶妙です。  そして終楽章。  ちょっと暗っぽくて(幻想的とも言えるかも)不思議な感じのする序奏があって、それに続くのは素朴な民謡風の音楽です。 

KiKi はブラームスの音楽の魅力は「どことなく背伸びをしているかのような緊迫感」と「美しい叙情性」のバランスにあると常々感じているのですが、この曲なんかはそれがかなりストレートに伝わってくる音楽なので大好きなんですよね~。  

ああ、この曲をブラッハーのヴァイオリン、クリストのヴィオラ、ブルネロのチェロで聴きたかったなぁ。  romani さんのこのエントリーを読めば読むほどうらやましい限りです。  もっとも19日のブラコンを聴いた限りでは肝心要のポリーニさんに若干の不安を感じずにはいられないのですが・・・・ ^^;

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://poco-a-poco.chu.jp/mt/mt-tb.cgi/275

コメントする

2015年2月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28

Current Moon

CURRENT MOON

東京のお天気


山小舎のお天気


Booklog



ブクログ

アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.261

TrackbackPeople

クラシック・ピープルの Trackback People Site


チェロ ラヴァーズの Trackback People Site


Piano~ぴあの Trackback People Site


ピアノオススメ教本の Trackback People Site


ピアノ教室の Trackback People Site


Book Love Peopleの Trackback People Site


本好きPeople・ぴーぷるの Trackback People Site


今日読んだ本の Trackback People Site


ファンタジーが好き♪の Trackback People Site


この絵本がすごい!の Tackback People Site


児童書大好き♪の Trackback People Site


ハヤカワepi文庫の Trackback People Site


岩波少年文庫応援団の Trackback People Site


薪ストーブの Trackback People Site


週末は田舎暮らしの Trackback People Site


野菜育てPeopleの Trackback People Site


ガーデニングの Trackback People Site


パッチワークキルトの Trackback People Site


あなたの訪問は?


日めくりカレンダー


Real Time News


カテゴリ

ノルンはいくつ?

本が好き!


読書メーター

KiKiさんの読書メーター
KiKiさんの読書メーター

最近読んだ本

KiKiの最近読んだ本

今読んでいる本

KiKiの今読んでる本

読了目標





今やってるゲーム

KiKiの今やってるゲーム

このブログ記事について

このページは、KiKi (Brunnhilde)が2006年10月22日 20:56に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「マーラー 交響曲第6番 「悲劇的」」です。

次のブログ記事は「ブラームス チェロ・ソナタ第2番 Op. 99」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

高速運賃





Edita

ブロガー(ブログ)交流空間 エディタコミュニティ

名言黒板


作家別タグ