ショパン スケルツォ第2番 Op. 31

| コメント(0) | トラックバック(0)

せっかくの「勝手にショパンの日」企画。  これに便乗して今日は KiKi の想い出話をご披露させていただきたいと思います。  まあ、こんな機会でもなければこの曲をCDで聴いてみよう・・・・な~んていう気分にはなかなかなれそうになかったりもするので ^^;  そんな KiKi のにが~い想い出にまつわる1曲とはこちらです。

ショパン スケルツォ第2番 Op. 31
RCA BVCC-5077 演奏:ルービンシュタイン(p) 録音:1959年3月

P1010016b.jpg     (Amazon; 現在販売されているものは多分これ)

 

この曲はね、中学生時代の KiKi の憧れの1曲だったのですよ。  KiKi がベートーヴェンの月光ソナタ全楽章を発表会で演奏した際に当時レッスンを受けていた先生が同じ発表会の大トリで演奏されたのがこのショパンのスケルツォ第2番でした。  あまりにもかっこいいこの曲に1発でノックダウンされた KiKi はどうしても自分でも弾いてみたくて仕方なくてね~。  で、次の次の発表会の曲を選ぶときに、ブラームスのピアノ・ソナタを薦める先生に逆らい続けて、「じゃあ、KiKi ちゃんは何が弾きたいの??」という言葉を引き出して、恐る恐るお願いしてみたのがこの曲でした。  先生としては音大進学候補生たる KiKi には幅広く色々な作曲家の作品に取り組んで欲しかったらしいんだけど(実はこの時点では KiKi はまだブラームスの曲には1度も取り組んだことがなかったのに対し、ショパンはすでに何曲もレッスンしていた ^^;)、「親の心子知らず」の典型みたいな子供だった KiKi は執拗にこの曲を主張したのです。

で、何とか先生を説き伏せてこの曲に取り組み始めた KiKi。  鍵盤の端から端まで使うような広音域のこの曲、強弱・緩急の幅も広くていわゆる「弾き映え」のする曲、「演奏会映え」のする曲なんですよね~。  だから「この曲を舞台で弾ける!」と考えるだけで、理屈抜きに嬉しくて楽しくて仕方ありませんでした。  オクターブ、アルペジオとありとあらゆるテクニックが出てくる曲なので、基礎練習にも熱が入ります。  せっかく自分の意思を通してゲットしたこの機会。  絶対に半端な仕上がりにはさせないぞ!と意気込みだけは凄かった!(笑)。 

こうして迎えた発表会当日。  みっちりとレッスンを積んだ KiKi は確かな自信をもってこの曲が弾けるはず・・・・・でした。  もともと KiKi は高校生ぐらいまで「あがる」という気分を味わったことがないというおめでたい性格でしたから、ウキウキしながら自分の出番が来るのを待っていました。  そして、待ちに待った瞬間がやってきました。  さあ、今から約10分間は、KiKi の独壇場です。  普段のレッスンでは弾いている途中で先生があれやこれやと口を挟み、演奏を中断しなくちゃいけないことも多いけれど、舞台に上がってさえしまえば誰も KiKi を止める人はいません。  挨拶もそこそこにピアノに向かいます。  まずは神秘的な上昇3連音のユニゾン、そして爆発的な和音とオクターブ。  美しい分散和音に乗った叙情的なメロディ。  

ノリノリで演奏していた KiKi はとにかく気持ちよくて、大きな破綻もなく自分なりの演奏に半ば酔いながらフィナーレになだれ込みました。  そして最後の最後。  左右の手が鍵盤中ほどに寄り添っている状態から最終音は右手は約2オクターブ高音のFへ、左手もほぼ2オクターブ低音のDの和音へすばやく飛びます。  レッスンで2人の先生(当時 KiKi は子供時代から師事していた先生と東京の音大の先生の2人からレッスンを受けていました)から、「ここは最初の和音はできるだけ短く、最後のDとFを響かせて!」と同じことを言われ続けて何度も何度も練習した部分です。  よっしゃ、せ~の~





タ、ターン!







あれ、あれれ?????







何ということでしょう!!  最後の最後、よりにもよって1番めだつ最後のDの和音を外した KiKi。  それまでのノリノリの気分はどこへやら・・・・・。  その一瞬で頭が真っ白になってしまいました。





悲しすぎる・・・・・ 





発表会の後、同じ門下生の弟子仲間やらそのご父兄の皆さんが、慰めてくれました。  



「最後が惜しかったけれど、そこまではものすご~くよかったよぉ~。  いい曲だよね~。」






「・・・・・・そこまでがそこそこでも、最後がダメじゃ結果的にダメじゃん・・・・・」






それ以来、この曲は KiKi にとって大好きな1曲からにが~い想い出の1曲になってしまったのでした。  トホホ・・・・・。


さて、そんな曲の演奏をルービンシュタインの演奏で聴いてみました。  そして、KiKi が外したラストの部分。  息をつめるようにして耳をすませます。







タン、タ~ン!!!




あれ?  あれれ???





こんなにゆっくりでいいの????  思わず楽譜を引っ張り出してみます。  う~ん、最初の和音は小さく書いてあるし、音符の旗の部分に斜線も入ってるのに対し、最後のFとDの和音にはアクセントもフェルマータもついているんだよなぁ。  そして楽譜には赤鉛筆の殴り書きで最初の和音には「おまけ」、FとDの和音のところには「こっちが主」と書いてある・・・・・。  ここはがんがんせきこんでいって、やっぱり最後はタ、ターン!なんじゃないの??(KiKi は上手にはできなかったけれど・・・・ ^^;)




まあ、最後の最後で音を外す方が致命的だけどさ・・・・・ ^^;



 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://poco-a-poco.chu.jp/mt/mt-tb.cgi/316

コメントする

2015年2月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28

Current Moon

CURRENT MOON

東京のお天気


山小舎のお天気


Booklog



ブクログ

アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.261

TrackbackPeople

クラシック・ピープルの Trackback People Site


チェロ ラヴァーズの Trackback People Site


Piano~ぴあの Trackback People Site


ピアノオススメ教本の Trackback People Site


ピアノ教室の Trackback People Site


Book Love Peopleの Trackback People Site


本好きPeople・ぴーぷるの Trackback People Site


今日読んだ本の Trackback People Site


ファンタジーが好き♪の Trackback People Site


この絵本がすごい!の Tackback People Site


児童書大好き♪の Trackback People Site


ハヤカワepi文庫の Trackback People Site


岩波少年文庫応援団の Trackback People Site


薪ストーブの Trackback People Site


週末は田舎暮らしの Trackback People Site


野菜育てPeopleの Trackback People Site


ガーデニングの Trackback People Site


パッチワークキルトの Trackback People Site


あなたの訪問は?


日めくりカレンダー


Real Time News


カテゴリ

ノルンはいくつ?

本が好き!


読書メーター

KiKiさんの読書メーター
KiKiさんの読書メーター

最近読んだ本

KiKiの最近読んだ本

今読んでいる本

KiKiの今読んでる本

読了目標





今やってるゲーム

KiKiの今やってるゲーム

このブログ記事について

このページは、KiKi (Brunnhilde)が2006年12月 2日 10:51に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ショパン ピアノ・ソナタ第1番 Op. 4」です。

次のブログ記事は「ショパン チェロ・ソナタ Op. 65」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

高速運賃





Edita

ブロガー(ブログ)交流空間 エディタコミュニティ

名言黒板


作家別タグ