トロイ

| コメント(2) | トラックバック(0)

トロイ
2004年 アメリカ 監督・製作:ウォルフガング・ペーターゼン


51umzOOrbZL__SL500_AA240_.jpg  (Amazon)   
 

トロイとスパルタの確執の歴史に幕が下ろされようとしていた時、トロイの王子パリス(オーランドブルーム)はスパルタの王妃ヘレン(ダイアン・クルーガー)と恋に落ちた。  それが後に史上最大の戦いを引き起こすとも知らずに。  トロイ軍の総大将ヘクトル(エリック・バナ)は祖国のため、アキレス(ブラッド・ピット)を中心としたギリシャの大軍と戦うことになるのだが・・・・。

トロイの王であり、ヘクトルとパリスの父親でもあるプリアモスは名優ピーター・オトゥールが熱演した。  巨匠ウォルフガング・ペーターゼンは、いくつもの国家に分かれていた古代ギリシャの様相、無数の兵士によって繰り広げられる壮絶なバトル、難攻不落と呼ばれた巨大な城塞都市、そしてそびえ立つトロイの木馬を見事に描き、永遠不滅の物語「イリアス」を映画として甦らせた。  

「"ブレイブハート"や"グラディエーター"の伝統を受け継ぎながらも、"トロイ"はその全てにおいて史上最高のスペクタクル映画として誕生した。」
                         - Clay Smith, ACCESS HOLLYWOOD  
  


「ロード・オブ・ザ・リング」の爆発的ヒット & オスカー総ナメ以来、何となくコスチュームもの全盛期という様相を呈している感のあるハリウッド。  まあコスチュームものをこよなく愛している KiKi としてはこの風潮は Welcome!! なのではありますが、どの映画もお金をいっぱい使って、スタッフはリアリティを求めて頑張って、製作陣の思い入れはこんなに大きくて・・・・というような映画の作り手さんのご苦労話だけがテンコモリの特典映像というのはいかがなものかと・・・・。     と、いきなり特典映像のレビューから入ってしまいました。  まあこれはひょっとしたら「ロード・オブ・ザ・リング」3部作の SEE (Special Extended Edition) の特典映像を観すぎた反動なのかもしれません ^^;       

さて、トロイです。  トロイと言えば「トロイの木馬」、そしてシュリーマン。  最近ではコンピューター・ウィルスとしての名前の方がしっかり定着してしまった感のあるこの「トロイの木馬」を最新映像で観ることができるという期待感に燃え、この DVD を GEO の セールで購入しました。  でも、それからずっ~と DVD ラックにツンドク状態にしてありました。  セールとは言えせっかく購入したのにそれきりなかなか観ようと思えなかったのは、他に観るものがいっぱいあったというのも1つの理由なのですが、それより何より肉体改造までしてこの映画に取り組んだというブラピをあまり観たくなかったから(笑)  KiKi はもともとブラピは嫌いじゃないんですが、彼が本領を発揮するのはちょっとどこかイッちゃった系の人物を演じさせた時のような気がするし、彼がメチャクチャ美しかったのは「レジェンド・オブ・フォール」だったと思うし・・・・。  要するに、何となく KiKi の中では 「ブラピ = アキレス」の方程式が成立しないのです。  もっと言えば、オーランド・ブルームはレゴラスであってパリスじゃないし、ショーン・ビーンもボロミアであってオデッセウスじゃない!!という変な思い入れもありまして・・・・。  まあ、そんなこんなで観るのを先延ばしにしていたのでした。

物語のベースにあるのはライナーノーツにも書いてあるように永遠不滅の物語「イリアス」。  子供の頃、ギリシャ神話の世界にどっぷりとのめりこみ、子供用の「イリアス」と「オデュッセイア」の物語に想像の翼を広げ、これまでの人生の中で観てきた数多の西洋絵画で培われてきた KiKi のイメージと DVD パッケージの絵はどこか違う・・・・。  まあ、そんなことを言っていたらいつまでたってもこの映画を観ることができません。  よし、観よう!!

ところが冒頭から KiKi の頭は??? 状態に。  と、言うのもパリスの審判(パリスが羊飼いだった頃に、女神様たちの美人コンテストの審判を行い、アフロディテから「あなたが私を選んでくれたらその見返りとして、人間の中の最高の美女、スパルタ王妃のヘレンをあ・げ・る」と言われ、アフロディテを優勝させたというお話)もなければ、この審判の結果を受けてトロイ戦争の背後でそれぞれの国に味方して暗躍したことになっているギリシャ神話の神様たちが 1人も出てこないまま、いきなりヘレンの誘拐(と言うより、この映画では逃避行)が行われちゃいました。  で、挙句、人のものを盗んだくせにその責任を自分の力で全うする気概も持たない甘えん坊の次男坊はスパルタからトロイへの帰路でいきなりお兄ちゃん(ヘクトル)に「僕を愛してる? どんな敵からも守ってくれますか?」などと泣きつきます。  

何だ?  コイツ・・・。

長く続く戦争に嫌気がさし、宿敵トロイとの和平を願い、2人の王子を招待してまでしてもてなしたスパルタ王・メネラオスの面子は丸潰れです。  和平の席で奥さんを寝取られちゃったメネラオスは、前言撤回、和平なんてクソ食らえ!  おのれ、トロイ!  こうなったら○×△□!!! と激怒し、トロイとの全面戦争にあたりギリシャの大ボスにして実の兄であるアガメムノンを頼ります。  アガメムノンは元々和平には反対の立場で、自分の勢力をどんどん広げるためにもトロイを征服したくて仕方がなかったので、これ幸いと弟の助っ人を承諾します。  こうして、編成されるギリシャ & スパルタの最強の連合艦隊。  この中にアキレスの姿もありました。

 

 

さて、これが神話の世界だと不死身と恐れられているギリシャの英雄アキレスが、トロイ戦争に参加すると命を落とすという母テティス(実は海の女神)の予言があるのですが、映画の中ではその部分は何となく匂わせるだけでお終い・・・。  まして、アキレスのお母さんは海で貝殻なんぞを拾っているだけで、女神様という風情はまったくなし。  (このテティスを演じている女優さん、実はちょっと有名な懐かしの名画に出ていらっしゃる方だったりします。)

さて、トロイに迫る史上最強の連合艦隊。  対するトロイは当時、難攻不落と言われる城砦を持っていましたが、こちらも長く続いたスパルタとの戦争でちょっとお疲れ気味。  だからこその和平だったわけですが、甘えん坊の次男坊の人妻横恋慕のせいで、今度はスパルタのみならず、ギリシャまで相手にしなくてはならなくなってしまいました。  この状況にようやく自分の行動が引き起こした結果に気がついた風情のパリス君。  いきなり責任感に目覚めちゃったようで、

「これは国ではなく2人の男の戦いです。  僕のせいで民が死ぬなんて・・・。  明日、メネラオスに一騎討ちで挑戦します。  勝者がヘレンを。」

な~んていうことを言い始めます。  一騎討ちすることも、勝者がヘレンを得ることも相手の合意があってこそだと思うのですが、どうやらパリス君、自分の思いつきには誰も反対しないという王子様ならではの思い込みの激しさを見せてくれます。  だいたいこの映画の場合、ヘレンはアフロディテから授かった宝物という大義名分もなく、1国の王子たる者が敵国のお妃様を、和平の席で相手に何の断りもなく勝手に盗んできた・・・ということなので、2人の男の戦い以上の意味ができちゃったのに・・・・。

でもそんなパリスに誰も異を唱えることもなく、父王であるプリアモス(ピーター・オトゥールだ!  アラビアのロレンスだ!!)に至ってはこの決闘用にと「トロイの剣」と呼ばれるトロイ国の国宝級の剣を授けます。  そんな大事なものをこんな戦いのために授けちゃっていいのだろうか???  どうせ授けるなら、トロイ国のために日夜奮戦してきた真っ当なお兄ちゃん・ヘクトルにどうして授けてなかったんだろうか???  

まあ、それはさておき、一夜明けて決闘の日。  パリスの世間知らずの申し出をすんなりと受け入れたメネラオス。  こうして一騎討ちが始まるわけですが、片や歴戦のツワモノ・メネラオス。  片や経験値 0 、RPG なら Lv 1 のパリスではいかに立派な剣があると言えども相手になるはずもなく・・・・。  あわや・・・というところでいきなり近くで見守っていたお兄ちゃんの足にすがりついて震え出すパリス。  あぁ、あの颯爽としたレゴラスのイメージが音を立てて崩れていく・・・。  こうして一騎討ちだったはずの戦いにいきなり巻き込まれてしまったお兄ちゃん・ヘクトル。  騎士道精神から言ったら、当然こんな場合は手を出しちゃいけないわけだけど、時は古代。  まだまだ中世の騎士道精神は生まれていなかったようで、お兄ちゃんはこの情けない弟を救うためにメネラオスを殺してしまいます。  歴戦のツワモノ・メネラオス vs. 最強の戦士・ヘクトル (+ 腰抜け1匹)の戦いはこうして終了します。  これに黙っていないのはアガメムノンです。  こうしてギリシャ vs. トロイの全面戦争の火ぶたが切って落とされました。

で、このパリス君。  腰抜け & 甘えん坊だけかと思えば、嘘つきです。  「勝者がヘレンを」と言った舌の根も乾かないのに、敗者のくせにヘレンを返そうともしません。  まあ、返す相手が死んじゃったわけだから仕方ないのかもしれないけれど・・・・。  あれ?  でも、ちょっと待った。  

ヘレンは勝者のものでしょ。  でもって、パリスは敗者でしょ。  でも、結果的にはメネラオスも敗者でしょ。  ってことは、これってひょっとするとヘレンはヘクトルのもの??  で、兄弟愛に満ち溢れたヘクトルは彼女をパリスに譲り渡したっていうこと??  ま、どうでもいいけど・・・・。

さて、この戦の最中、不死身のアキレスはアガメムノンに愛想を尽かし、戦線を離脱してしまいました。  そのうえトロイの城砦は堅牢です。  いかに怒りぶちきれモードのギリシャ軍と言えども戦況はなかなか厳しいものがありました。  傷ついたパリス君はヘレンに怪我の治療をしてもらいながら「あきれただろ。 僕は腰抜けだ。  死にたくなかった。  それに君が見ていた。」なんていう情けないセリフをはいておりました。  そんな彼に優しい(?)ヘレン。  「挑んだだけでも勇敢だった。」  いやねぇ、まあ、いいんですけど・・・・。  こんな2人にはほとんど感動も共感もできない KiKi です。

さて、なかなか落ちないトロイにアガメムノンが堪忍袋の緒を切らし始めた頃、アキレスはトロイ王家の皇女ブリセイスと出会い彼女との情事に耽って(いや彼女を愛して)戦場に赴こうとしません。  なるほど、このシーンのためにブラピは肉体改造をしたのか・・・。  (いや、違うって)

さて、そんなアキレスに業を煮やした人物が2人。  1人は言わずと知れたアガメムノン。  そしてもう1人はアキレスの従兄弟でアキレス軍に参加していたパトロクロス。  彼は青年らしい正義感から同胞ギリシャ人のために戦いたくてウズウズしていました。  動こうとしないアキレスの甲冑を身につけアキレス軍を率いて戦に飛び出していくパトロクロス。  誰もがアキレスの戦線復帰だと思いました。  ギリシャ軍もトロイ軍も。  こうして、ヘクトルはパトロクロスをアキレスだと思ってあらん限りの力をふりしぼって戦い、殺してしまいます。

これにぶち切れちゃったのがアキレスです。  アガメムノンのためには戦わないと戦線離脱していたアキレスがヘクトルに一騎討ちを挑みます。  死を覚悟しながらもこれを受けるヘクトル。  不死身のアキレス vs. トロイ最強のヘクトルの一騎討ち。  これはさっき見た歴戦のツワモノ vs. 軟弱ナンパ男の闘いとは格が違います。  なるほど~、このシーンのための肉体改造だったのねとちょっと納得。  因みにこの素晴らしい闘いの間、軟弱パリス君はギャラリーで高みの見物です。  ところでどうしてこの戦いに際してさえも、ヘクトルはトロイの剣を授けてもらえなかったんだろうか??  「お前がいればこそ・・・」なんていう有難いけれど何の助けにもならない王様の言葉だけなんて・・・・。

同情するなら、剣をくれ!

この2人の闘いは最終的には不死身のアキレスに軍配があがります。  こうしてヘクトルの遺体ははアキレスの御す馬車(?)に引き摺られてギリシャ軍の陣営に運ばれていきました。  ああ、何て無残な・・・。

その後、プリアモスが単身アキレスのもとを訪ねヘクトルの遺体を返してもらったり、その時にブリセイスがトロイに帰ったりと色々あって、物語はクライマックスへ。  トロイの木馬の出番です。  知将オデッセウスの発案でギリシャ軍によって作られた木馬がギリシャ軍の去った海岸に残されていました。  この木馬を神様への捧げ物と考え、トロイの城砦内に運び込むことを提案する神官たち。  ちょっとだけ冴えてきたパリス君が「燃やそう」と言うものの、その意見は誰にも省みられることなくその中にアキレスを始めとしたギリシャ軍の兵士を潜ませたまま木馬はトロイの城砦の中へ・・・。

戦の勝利を信じて疑わない人々はその木馬を拍手喝采で迎え入れます。  そんな群集を見てパリスが一言。

「王子が死んだのも忘れて・・・・。」

まあ、そうなんだけど、こうなったのはもとはと言えばあなたのせい・・・・。

さて夜になり、木馬から次々と飛び出してくるギリシャ軍の兵士たち。  彼らは城砦の中から砦の扉を開け、外で待機していたギリシャ軍を迎え入れます。  そして、アキレスは・・・・。  アキレスは戦うためにトロイに入り込んだのではありませんでした。  彼の目的はブリセイスの救出です。  大混乱の中、必死でブリセイスの姿を探し求めるアキレス。  ようやく彼がブリセイスを見つけたその時、彼女はギリシャ兵の手の中にいました。  そんな彼女を助けるために戦うアキレス。  味方であるはずのギリシャ軍に剣を向けます。  ブリセイスの危機を救ったアキレスは彼女を抱き寄せます。  するとそこに、こちらもようやく戦う気になったパリスがブリセイスの姿を探し求めて現れます。  

「兄ちゃんの敵!!」

と思ったかどうかは別として、パリスの弓がブリセイスを抱き寄せるアキレスの踵めがけて放たれます。  

ちょっと待て!  空気読め!!

そんな KiKi の願い虚しく、パリスの矢はアキレスの「いわゆるアキレス腱のあるところ」を貫きます。  ここが不死身のアキレスの唯一の泣きどころです。  

愛する従兄弟ヘクトルを愛する男アキレスに奪われたブリセイスは今また目の前で、今度は愛する男アキレスを愛する従兄弟パリスに奪われつつあります。

「だめ~!!!」

ところが何とも間の悪いことに、軟弱男パリス君にレゴラスだった頃の記憶が蘇ってきたらしい・・・・。  エルフの目でアキレスの姿をしっかり捉え、エルフの弓でアキレスを射まくり何本もの矢がアキレスを襲います。  倒れそうなアキレスのもとに駆け寄るブリセイス。

「いいんだ。  大丈夫。  戦いの人生に安らぎをくれた。」  

2人のもとに駆け寄り抱き合うアキレスとブリセイスを見て怪訝そうな顔をするパリス。  どうやらレゴラスのバトル能力だけはパリスに降臨したけれど、恋人同士をそっと見守る愛の精神は灰色港から西へ旅立っていってしまったようです。 で、まあ戦場だから仕方ないとも言えるけれど、ブリセイスを秘密の逃げ道へ一刻も早く導きたいパリスの一言。

「ブリセイス、早く・・・・。」

アキレスは最後の力をふりしぼってブリセイスに言います。

「行け、早く。  トロイは滅びる。  さあ早く・・・・」


こうして不死身のアキレスを倒したパリスは、その場を立ち去れずにいるブリセイスを引き摺るようにして崩れ落ちつつあるトロイ城を後にします。

 

母国を愛し母国に殉じて亡くなっていったヘクトル。
命を賭けて、味方を裏切ってまで愛する人を守ろうとしたアキレス。

かっこいいなぁ♪

それにひきかえ・・・・

恋人を賭けた戦いから逃げ出し、愛する兄や父を死にいたらしめ、母国を滅亡させたパリス。

だめだ、コイツ・・・・。


まあ、KiKi は別にオーランド・ブルームのファンじゃないからどうでもいいけれど、彼はよくこの役のオファーを受けたもんだねぇ・・・。  あ、だからキングダム・オブ・ヘブンで名誉挽回しようとしたのかな??  まあこういうヘタレ役もできなくちゃ役者とは言えないけれどね。  でも「ロード・オブ・ザ・リング」のスケボーシーンやら馬への飛び乗りシーン、さらにはオリファントとの戦いで魅せてくれたあのしなやかさ、強さはどこへやら・・・。

ブラピのアキレスは・・・・。  まあ、あんなもんでしょ。(← 偉そうに ^^; )  でもねぇ、彼がダメっていうわけじゃないんだけど、どちらかと言うとヘクトル役のエリック・バナさんの方が KiKi のアキレスのイメージには近いんだよなぁ・・・・。  ヘクトルはとっても良かった!!  彼は KiKi が思い描いていたヘクトルのイメージとそんなに大きなギャップもなかったし。  そうそう、ヘクトルと言えば DVD の吹き替え版でヘクトルの声を担当しているのはコバッチュ先生@ER の寺杣昌紀さん。  彼はこの記事を書いた時点で BS2 で放映している「チェオクの剣」のファンボ・ユンさんの声も担当しています。  KiKi は吹き替え版では映画 DVD を観ない人なんだけど、寺杣さんのヘクトル。  1度聞いてみようかなぁ・・・。  そして最後に、ピーター・オトゥールの存在感はやっぱり別格でした。    

 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://poco-a-poco.chu.jp/mt/mt-tb.cgi/129

コメント(2)

KiKiさん、初めまして。
とても面白く読ませて頂きました。頭の中で映像を再生しながら、「うんうん」と頷いてしまいました。
私もコスチューム・プレイが好きで、洋の東西を問わず、時代もの映画はチェックしてしまいます。
でも、子供が小さいので、なかなか最新の映画を映画館やレンタルDVDで見ることがなく、封切られてから数年たって、やっと見る・・・みたいなスロー・シネマ・ライフです。
クラシック音楽も好きなので、また遊びに来ます!

コメントする

2015年2月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28

Current Moon

CURRENT MOON

東京のお天気


山小舎のお天気


Booklog



ブクログ

アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.261

TrackbackPeople

クラシック・ピープルの Trackback People Site


チェロ ラヴァーズの Trackback People Site


Piano~ぴあの Trackback People Site


ピアノオススメ教本の Trackback People Site


ピアノ教室の Trackback People Site


Book Love Peopleの Trackback People Site


本好きPeople・ぴーぷるの Trackback People Site


今日読んだ本の Trackback People Site


ファンタジーが好き♪の Trackback People Site


この絵本がすごい!の Tackback People Site


児童書大好き♪の Trackback People Site


ハヤカワepi文庫の Trackback People Site


岩波少年文庫応援団の Trackback People Site


薪ストーブの Trackback People Site


週末は田舎暮らしの Trackback People Site


野菜育てPeopleの Trackback People Site


ガーデニングの Trackback People Site


パッチワークキルトの Trackback People Site


あなたの訪問は?


日めくりカレンダー


Real Time News


カテゴリ

ノルンはいくつ?

本が好き!


読書メーター

KiKiさんの読書メーター
KiKiさんの読書メーター

最近読んだ本

KiKiの最近読んだ本

今読んでいる本

KiKiの今読んでる本

読了目標





今やってるゲーム

KiKiの今やってるゲーム

このブログ記事について

このページは、KiKi (Brunnhilde)が2007年6月10日 21:49に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「シベリウス 交響曲第4番 Op. 63」です。

次のブログ記事は「モモ ミヒャエル・エンデ」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

高速運賃





Edita

ブロガー(ブログ)交流空間 エディタコミュニティ

名言黒板


作家別タグ