二百三高地

| コメント(0) | トラックバック(0)

二百三高地 
1980年 日本 監督:舛田利夫


21QXJM8A4QL__SL500_AA140_.jpg  (Amazon)   

19世紀末。  ロシアの南下政策は満州からさらに朝鮮にまで及び、朝鮮半島の支配権を目指す誕生間もない明治維新政府の意図と真っ向から衝突した。  開戦か外交による妥協か、国内では激論がうずまいていた。  軍事力、経済力ともに弱小な日本にとってロシアは敵にするには強大すぎた。  しかし、幾度となく開かれる元老閣僚会議で、次第に開戦論がたかまっていくがロシアの強大さを熟知している伊藤博文は戦争回避を主張していた。  巷でも、開戦論で民衆を煽動する壮士グループと、戦争反対を叫ぶ平民社とが対立。  ある日、開戦論に興奮した民衆が平民社の若い女、佐知に殴りかかろうとしているところを、通りがかった小賀が救った。  その頃、伊藤は参謀本部次長の児玉源太郎と会見、対露戦の勝算を問うていた。  児玉は早いうちにロシアに打撃を与え、講和に持ち込むしか勝つ道はないと訴えた。  明治37年2月4日、御前会議で明治天皇は開戦の決議に裁可を下した。  ここに日露戦争の幕が切っておとされた。
                            AII ムービーサーカスより転載  
  


2005年8月の KiKi のテーマは「これまで日本が行ってきた戦争についてもう1度じっくりと考えてみる月間」でした。  これは終戦記念日を意識して・・・という側面もあるのですが、昨今の世界情勢を見、憲法改正論議に接し、近隣諸国の反日運動の盛り上がりを見・・・という中で、もう1度「戦争」だとか「防衛」ということについて、自分の立ち位置を確認しておきたい・・・・という思いがあったからです。  ということで、この映画をレンタル DVD で借りてきて観てみることにしました。  因みにこの映画、一世を風靡した映画だったらしいけれど、KiKi はこれが初見です。  

明治維新によって近代化を目指すようになった日本は、当時の「白人列強による帝国主義」という世界情勢の中で国防と国力増強の2つのニーズから朝鮮半島の支配を目指すようになります。  でもその日本の政策は南下政策に乗り出したていたロシアと正面衝突を余儀なくされます。  国内は即時開戦と外交による話し合いでの解決に意見が二分されますが、最終的には明治37年2月の御前会議で明治天皇は開戦の決議を認めることになりました。  こうして始まった日露戦争。  この映画はその日露戦争最大の激戦地、旅順の二百三高地を巡る攻防戦をメインに描いた戦争スペクタクルです。

あの時代の映画ならではの超豪華キャストにまずは息をのみます。 乃木希典役を仲代達矢、児玉源太郎役を丹波哲郎、 伊藤博文役を森繁久彌、 明治天皇役を三船敏郎。(さすがに皆さん芸達者です。)  そして夫を戦地に見送る新妻役を今は亡き夏目雅子。(さすがに美しいです。)  そして BGM はさだまさしの名曲の1つ、「防人の歌」。  そう言えばこの歌ってこの映画の主題歌として、映画封切り当時は TVCM でガンガン流れていたんだよなぁ・・・。

さて肝心の映画なんですが、正直なところ KiKi はあまり感心しませんでした。  役者さんたちの演技はどれもこれも素晴らしいんですが、「どうして日本はあの戦争に突入しなければならなかったのか。」とか「召集令状1枚であの戦場にかりだされた庶民の一兵卒の思いはいかばかりだったのか。」という部分については、描き方が雑・・・と言うか大雑把と言うか・・・という印象を受けました。  まあ、KiKi の場合この映画を見る直前に司馬遼太郎さんの「坂の上の雲」を読了していたということもあって、あの小説に描かれていた世界観とどうしても比較しちゃうからそう感じたという部分も否めませんが・・・・。  でも、旅順攻防戦がいかに悲惨だったのかにあまりにも重点が置かれすぎていて、穿った見方をすれば「これって厭戦感情を逆手に取った反ソ映画だったんだろうか?」と感じてしまったりもして・・・。  何せこの映画が作られた頃はまだ東西冷戦の真っ只中、西側資本主義国の仮想敵がロシア(と言うかソ連)だった時代だし・・・・。

 

さて、そんな映画の中で KiKi にとってかなり印象的だったのは、平時にはトルストイを敬愛し、そんなトルストイを生んだロシアという国に憧れのような思いを抱いていた青年教師(あおい輝彦)が、戦場という一種独特の環境の中で好むと好まざるに関わらず、自身はロシア人を殺し、ロシア人に戦友を殺されているうちに彼自身の人格と言うか価値観をどんどん萎えさせていくさまです。  そんな彼の最期はイワンというロシア兵と格闘の末の刺し違え。  (それにしてもこのロシア兵のネーミング、何とかならなかったものでしょうか?  この何とも安直なネーミングによりこのエピソードがとっても軽くなっちゃったような気がして残念です。)  ああ、こうやって戦場っていうのは人間の尊厳を奪っていくのだなと思いました。

KiKi は基本的には「いかなる大義名分があったとしても戦争という手段をとるべきではない」と考えていますが、あの時代の日本が「戦争」という選択をしたことについては理解できます。  あの戦争自体が「侵略戦争だった」と言ってのけるのは簡単ですが、当時の世界は日本の侵略戦争・・・と言うよりは、白人不敗神話の中でアジアの片隅の貧しい有色人種が大国ロシアにそれこそ命懸けで戦いを挑み、そして勝利したという事実にある種の希望を見出した・・・という側面もあったと思います。  有名な話としては、当時イギリスに留学中だったインドの少年ネルー(のちのインド首相)はこの時期の日本の勢い・・・というか、頑張りに触発されたと言われています。  (もっともその後の日本の政策を見ている中で、彼の日本に対する評価はどんどん変わっていってしまったようですが・・・・。)  また、トルコやポーランドと言ったロシアと摩擦が絶えなかった国、列強に虐げられてきた国ではこの日本の快挙はある意味で希望の光だったということも忘れてはならないと思います。

それにしてもあの貧しかった時代に 110 万の兵力を動員し、死傷者が 20万超。  その犠牲を思うと胸が痛むのと同時に、この戦争に勝利したことを利用して精神主義を旧日本軍に定着させてしまったその後の日本、こんな多くの被害を出した総責任者とも言える乃木大将を神格化させてしまったその後の日本にはやはり疑問を呈さずにはいられません。  (もちろん KiKi はあの甚大な被害の全責任が乃木大将1人だけにあったとまでは思いませんが・・・・。) 

 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://poco-a-poco.chu.jp/mt/mt-tb.cgi/130

コメントする

2015年2月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28

Current Moon

CURRENT MOON

東京のお天気


山小舎のお天気


Booklog



ブクログ

アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.261

TrackbackPeople

クラシック・ピープルの Trackback People Site


チェロ ラヴァーズの Trackback People Site


Piano~ぴあの Trackback People Site


ピアノオススメ教本の Trackback People Site


ピアノ教室の Trackback People Site


Book Love Peopleの Trackback People Site


本好きPeople・ぴーぷるの Trackback People Site


今日読んだ本の Trackback People Site


ファンタジーが好き♪の Trackback People Site


この絵本がすごい!の Tackback People Site


児童書大好き♪の Trackback People Site


ハヤカワepi文庫の Trackback People Site


岩波少年文庫応援団の Trackback People Site


薪ストーブの Trackback People Site


週末は田舎暮らしの Trackback People Site


野菜育てPeopleの Trackback People Site


ガーデニングの Trackback People Site


パッチワークキルトの Trackback People Site


あなたの訪問は?


日めくりカレンダー


Real Time News


カテゴリ

ノルンはいくつ?

本が好き!


読書メーター

KiKiさんの読書メーター
KiKiさんの読書メーター

最近読んだ本

KiKiの最近読んだ本

今読んでいる本

KiKiの今読んでる本

読了目標





今やってるゲーム

KiKiの今やってるゲーム

このブログ記事について

このページは、KiKi (Brunnhilde)が2007年7月10日 22:04に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「アーサー王伝説 アンヌ・ベルトゥロ」です。

次のブログ記事は「バッハ ゴールドベルク変奏曲 BWV. 988」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

高速運賃





Edita

ブロガー(ブログ)交流空間 エディタコミュニティ

名言黒板


作家別タグ