ホワイトアウト

| コメント(0) | トラックバック(0)

ホワイトアウト
2000年 日本 監督: 若松節朗


51XDXCTR8QL__SL500_AA240_.jpg  (Amazon)   

最新装備で武装したテロリスト・グループにより、日本最大のダムが襲撃され、占拠される。  麓の20万世帯を人質にとった彼らの政府への要求は 50 億円。  ダムの全職員が捕らわれる中、偶然逃げおおせた富樫(織田裕二)は、仲間と住民を救うため、ただひとりテロリストに立ち向かう・・・・。


  
この映画は出演者だけで DVD 購入を決めた1本です。  実は KiKi は織田裕二クンは結構好きで、佐藤浩市さんはとっても好きで、松嶋菜々子嬢もまあ嫌いじゃない・・・・。  で、もう1人石黒賢クンも出てくるんだけど、織田裕二 & 石黒賢 と言えば、KiKi が大好きで DVD 化を延々と待ち続けている「振り返れば奴がいる」のコンビ。  この2人がいきなり仲良しなのにはちょっと面食らっちゃったけれど・・・・。  (後で知ったことなんだけど、あの「振り返れば奴がいる」はこの監督さんの作品だったんですね~。  あれ?  って言うことはこの監督さん、又、石黒賢クンを殺しちゃったんだ・・・・ ^^;)

特典ディスクやら本編ディスクのインタビューで織田クンが言っていたこと、「ハリウッドのアクションものは凄いけれど感情面は案外大雑把」とか「マッチョないかにもっていう人が戦うのを見るんだったら格闘技を見たほうがいい。  映画はやっぱり特別な人ではない普通の人が戦わざるをえない状況になって、頑張って戦うというような作品の方が共感できるんじゃないか」というのは、KiKi も同意しちゃうなぁ。

でもね、この映画、じゃあ感情面が細やかに描かれているかって言うと KiKi にはあまりそれは感じられませんでした。  何て言うのかな、前半がちょっとイマイチだと思うんですよ。  この映画の主人公・民間人の富樫が単身テロリストと戦うというそのモチベーションは「友との約束を守る」ということだと思うんだけど、その部分がそれほど丁寧に描かれているとは思えないんですよね。  だから主人公の気持ちに今ひとつ共感できないままお話がず~っと流れていっちゃったような気がします。  KiKi は「何で彼はこんな風にしてまでして戦わなくちゃいけないのか」その感情にはほとんど共鳴できないまま、ドンパチドンパチが始まってしまったという印象を持ち続けました。  で、最後の最後に「ああ、そうだったんだ。」と思わせてくれるんだけど、本当にそれが最後の最後なのでそこまでは単なるアクションものに見えちゃうわけです。  で、単なるアクションものだったらハリウッドの方がやっぱりすごいわけで・・・・(笑)

 

 

KiKi がハイキング程度の山しか知らないから、そう感じちゃうだけなのかもしれないけれど、富樫と彼が失ってしまった親友・吉岡との絡みがどうも中途半端に見えて仕方がない・・・・。  友人の命がかかるなんていう極限状態を KiKi 自身が経験していないせいもあるかもしれないけれど・・・・。

単なるダムの運転員だった富樫がテロリストたちとの戦いの中で、何人も人を殺すことになっちゃうわけだけど、そのあたりの感情の変わり目・・・・というか肝が据わる瞬間みたいな描写もイマイチだったように感じました。  普通のダムの運転員の割には銃をよけるのも巧すぎるし(笑)。

あととっても残念だったのは、この映画、織田クンやら佐藤さんやらのアップが多すぎて、スケール感に欠けるような気がしました。  富樫はテロリストたちとの戦いの中で、彼らの行動を阻止するためだったり、警察に連絡をとるためだったりであっちこっちへそれこそ命懸けで動き回るんだけど、それがどれくらい遠いところを目指しているのかが映像からははっきりと伝わってこないんですよね。  映画を観終わって特典映像の「地図付き富樫行動解説」を見て初めて、「へぇ、こんなに遠いところを、しかもあの雪の中・水の中を行ったり来たりしていたんだぁ」とようやく思ったぐらいなので。  

それから富樫と戦うテロリスト「赤い月」メンバーの皆さんが考えていることもまったくわかりませんでした。  下っ端の人たちのモチベーションは獄中の仲間の救出・・・・ということだったらしいけれど、じゃあそんな彼らのテロ活動(そもそも仲間が獄中に入ることになっちゃった事件)にはどんな主張があったのかは最後までわからずじまいでした。  KiKi はテロリストっていう人たちは、私達が共感できるかできないかはともかくとして、彼らには彼らなりの主義主張があって、それを押さえつけている国家権力やら資本家、そして無関心を装う一般の人たちに力で何かを示そうとしている人たちだと思うんだけど、あれじゃあ単なるちょっとイカレタ武器マニアだよ・・・・。  で、おもちゃを与えられた子供と同じようにそれを振り回しているだけ・・・・。

もっともこの「赤い月」メンバーの皆さんのルックスだけはなかなか良かったです。(笑)  ビジュアル系を揃えているあたり、このテロリストたちはテロリズムをファッションか何かと勘違いしているんじゃないかと思っちゃったぐらい・・・・(笑)。  テロリストと言うより時代が時代なら黒服集団っていう感じでした。

KiKi がかなり好きな佐藤浩市さん演じるテロリストのリーダーに至ってはもっとよくわかりませんでした。  ただ単に 50億円欲しかっただけなのかな??  でも、そのお金で何がしたかったんだろう??  何で自分が作り上げた組織を見捨てなくちゃいけなかったんだろう??  組織を捨ててもいいと思うようになったきっかけは何だったんだろう??  せっかくヘリで逃げられる状況だったのに、何で富樫に固執して追い掛け回さなくちゃいけなかったんだろう??  あれじゃあ単なる傷害マニア・破壊マニアだよ・・・・。

それから松嶋菜々子嬢。  まあ、綺麗なのはわかるんだけどテロリストに拘束されて24時間以上、緊張の連続を強いられていたっていう切迫感がまるでありません。  化粧もバッチリ、疲労の影も見せず、汗1つかいていないし、着ている真っ白な服に汚れ1つないのはどういうものかと・・・・。  片方で織田クンが雪にまみれたり、水浸しになったりしているのとギャップのありすぎで、極限状態とは程遠い感じ・・・・。  拘束されている間も何だか他人事をぼ~と見ているような風情だし・・・・。

登場人物の中で唯一「人間味」があると感じさせてくれたのは、このテロ組織の内部撹乱を狙ってワザと「赤い月」のメンバーになったらしい吹越満さん演じる「笠原」さん。  彼が垣間見せる表情やら、最後の裏切りなんかはとっても共感しながら見ることができたなぁ。

と、こう書いてくるとダメダメな映画だったみたいだけど、最後の最後で「やられた!」と思わされます。  だからそういう意味では後味は決して悪くはありません。  あと、警察関係者ということで出てくる地元警察の署長さん(中村嘉葎雄さん)が素晴らしい!!  それからおそらく織田クンはほとんどスタントを使わないで演じていたのだと思うのですが、自然の厳しさみたいなものはすご~くよく伝わってくる映画でした。  まあ、映画のタイトルが「ホワイトアウト」だもんね。

それにしても、織田クンが出ている映画で、セリフを喋っているのが警察関係者ばかり・・・・なので、何だか時折彼が青島クンに思えて仕方ありませんでした。  カーキー色のコートを着ていたしね♪

 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://poco-a-poco.chu.jp/mt/mt-tb.cgi/136

コメントする

2015年2月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28

Current Moon

CURRENT MOON

東京のお天気


山小舎のお天気


Booklog



ブクログ

アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.261

TrackbackPeople

クラシック・ピープルの Trackback People Site


チェロ ラヴァーズの Trackback People Site


Piano~ぴあの Trackback People Site


ピアノオススメ教本の Trackback People Site


ピアノ教室の Trackback People Site


Book Love Peopleの Trackback People Site


本好きPeople・ぴーぷるの Trackback People Site


今日読んだ本の Trackback People Site


ファンタジーが好き♪の Trackback People Site


この絵本がすごい!の Tackback People Site


児童書大好き♪の Trackback People Site


ハヤカワepi文庫の Trackback People Site


岩波少年文庫応援団の Trackback People Site


薪ストーブの Trackback People Site


週末は田舎暮らしの Trackback People Site


野菜育てPeopleの Trackback People Site


ガーデニングの Trackback People Site


パッチワークキルトの Trackback People Site


あなたの訪問は?


日めくりカレンダー


Real Time News


カテゴリ

ノルンはいくつ?

本が好き!


読書メーター

KiKiさんの読書メーター
KiKiさんの読書メーター

最近読んだ本

KiKiの最近読んだ本

今読んでいる本

KiKiの今読んでる本

読了目標





今やってるゲーム

KiKiの今やってるゲーム

このブログ記事について

このページは、KiKi (Brunnhilde)が2008年1月15日 22:46に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「モーツァルト ピアノ・ソナタ第18(17)番 K.576 」です。

次のブログ記事は「Quartet (カルテット)」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

高速運賃





Edita

ブロガー(ブログ)交流空間 エディタコミュニティ

名言黒板


作家別タグ