キングダム・オブ・ヘブン

| コメント(0) | トラックバック(0)

キングダム・オブ・ヘブン 
2005年 アメリカ 監督・製作:リドリー・スコット


51gTmKQE99L__SL500_AA240_.jpg  (Amazon)   

 『グラディエーター』などの巨匠、リドリー・スコット監督が、12世紀を舞台に、十字軍とエルサレムの関係を史実に基づいて描いた壮大なアクション絵巻。  主人公はフランスで鍛冶屋を営んでいた青年バリアンで、突然現れた父の誘いで十字軍遠征に参加した彼が、父の意志を継ぎ、エルサレムに平和をもたらすべく苦闘する。  バリアンの騎士としての成長に、エルサレムでのキリスト教とイスラム教の共存と攻防、王の妹とバリアンの道ならぬ恋が絡んでいく。

 12世紀のエルサレムの光景や、生々しいアクションなど、スコット監督らしい映像のパワーは今回も健在。  とくにクライマックスの城壁での戦闘では、巨大なセットと大量のエキストラ、実物大で作られた「攻囲塔」の倒壊など、細部まで衝撃的な迫力だ。  宗教対立と譲歩のドラマが、現代の世界情勢を連想させるのも皮肉。  主演オーランド・ブルームは、これまでの繊細なイメージを捨て、男くさい魅力を発揮しているが、バリアンの禁断の恋の行方や心の成長にあまり踏み込まなかった点は、ファンにとってやや肩すかしか。(斉藤博昭)
                          Amazon サイトより転載  
  


オーランド・ブルームのファンでもない KiKi がこの映画を借りてみようと思ったのは、あまりにも大々的なレンタル屋さんの POP の影響・・・・というのもあるのですが、もっと根本的にコスチュームものが大好き!ということにも由来しています。  それに十字軍をテーマにしているというのも、KiKi にとってはちょっとキャッチーでした。  十字軍と言えばまだ中学生の頃、キリスト教にちょっと興味を持ち始めた KiKi に何となく二の足を踏ませた記念碑的(?)な歴史上のできごとだったりします。  もともとクラシック音楽、それも教会音楽からスタートした KiKi のキリスト教に対する興味は、歴史の時間に学んだ十字軍の遠征の物語によって木っ端微塵に砕け散り、その後のおよそすべての宗教に対する懐疑的な目線の基礎を形作ったものなのです。  KiKi の懐疑的な目線の基礎の根幹にあるもの。  それはいみじくもこの映画の中でデヴィッド・シューリス(ルーピン先生@ハリポタでお馴染み)演じるザ・ホスピタラーのセリフにあります。  曰く

「神の意思と称し、狂信者がいかに非道なことを行ったか。  聖人とは弱きもののために勇気をもって正義を行う人々のことです。  神の望む善というものは、ここ(頭)とここ(ハート)に。  善人かどうかは日々の行いが決めます。」

そうなんですよね。  もちろん KiKi だって問題がキリスト教とかその他宗教の教えそのものにあるとは考えていません。  でも、その教えに人間、特に集団が絡んだとき、さらにはその集団の中に何らかの思惑が絡んだとき、恐ろしいものを生み出してしまう。  それを考えるとどうしても KiKi は何らかの宗教に帰依し、集会に参加することはしたくない。  KiKi の考える神様というのは全知全能でもなければ、全てを司るものでもない。  もっと自然や人間と共にあり、素朴なものであってほしい・・・・。  だから精霊みたいな存在の方がすんなり受け入れられちゃうんです。  ・・・・と、別にここで宗教談義をするつもりは毛頭なくて、ちょっと余談からこの映画の Review はスタートです。

 

さてこの映画、観終わっての KiKi の感想は正直なところ「は~?  何??」という感じです。  確かにエルサレムの攻防戦は凄かったし、相変わらずリドリー・スコット監督の映像は素晴らしい!  バリアン(オーランド・ブルーム)もまあまあ及第点レベルぐらいにはカッコよかったし、脇の役者さんたちはとっても素晴らしかった(特にジェレミー・アイアンズを観たときには嬉しくなってしまいました。  実はとっても好きな俳優さん♪)んだけど、何て言ったらいいんだろう??  バリアンの行動がちょっと理解できない・・・・と言うか、感情移入できない・・・と言うか、不自然さを感じてしまう・・・・と言うか。

そもそもフランスの片田舎の鍛冶屋だったバリアンが最初の戦闘でほとんど無傷で生き残っちゃうのも???だったし、(その直前まで彼に剣の指南をしていた人が死んじゃったし、歴戦のツワモノのお父さんも重傷だって言うのに・・・)、船が難破して彼1人だけが生き残るっていうのも???だったし、さらにはついこの間までまともに剣を扱えなかったはずの人がイスラムの勇者を倒しちゃうのはさらに???だったし・・・・。  ずっと長く離れて生きてきたお父さんとの交流の描き方も呆気なさすぎて、そうこうしているうちにお父さんは亡くなっちゃうし、彼の行動動機みたいな部分がよく伝わらないままエルサレムに到着。

で、「神の救済を求めてエルサレムに渡り、父の遺志を継いでエルサレム王に忠誠を誓い、最後は私利私欲ではなく混乱のエルサレムの民のために戦う騎士」というのが基本的なバリアンのコンセプトだと思うのですが、なまじ中途半端なエルサレム王女シビラとのラブ・アフェアーが出てくることによって KiKi の頭はさらに???状態に陥ってしまいました。  あれ?  映画冒頭ででてきた自殺しちゃった奥さんはもういいの?  ついさっき「君は僕の心の中に生きている・・・」とか言ってたくせに・・・ ^^;  それに王女様と仲良くなっちゃうシーンでは、トロイを思い出して「いい加減、人妻をかどわかすのは卒業したら?」なんて感じちゃったし、挙句、瀕死のエルサレム王(ボールドウィン4世;ライ病を病んでいらっしゃるのでず~っとマスク姿で最後まで気がつかなかったんだけど、エドワード・ノートンだったんですねぇ。  そう言われてみれば声が彼だ! 笑)からその王女様とエルサレム王国を託されているのに断っちゃうし・・・・。  で、その時出てきたセリフが「良心がとがめる」とか何とか・・・ ^^;  良心がとがめるんだったらそもそも不倫なんてしちゃあいけません!!  さらには、王様は王女様のことだけではなくエルサレムの民を狂信的・・・と言うかジコチューな人々から守ることを願ってお願いしていると言うのに、やることだけはやっといて肝心なところで腰が引けるとは何事か!と感じてしまうのは KiKi だけではないのではないかしら。 (まあ、最後はエルサレム王国の民のために頑張るからいいんだけど。)

そうそう、蛇足ではあるのですが、そのシビラ王女の不肖(?)の夫、ギーを演じているのって、ロード・オブ・ザ・リングのガラドリエル(通称:ガラ様)の夫のケレボルンをやっていたマートン・ソーカスだったんですねぇ。  髭があるのとないのとでは大違いだ!(笑)

全編通してもっとも印象に残ったのは敵方サラディンとバリアンの最後の会話です。  エルサレムをイスラム教徒に明け渡す折衝を終えたその時、2人の戦士が敵も味方もなく交わす会話。

「エルサレムの価値とは?」 (by バリアン)
「無だ。  ・・・・・だが、すべてだ。」  (by サラディン)

うんうん、KiKi もそれが真実だと思う。  そんなことを言ったら敬虔なキリスト教徒の皆さんやイスラム教徒の皆さん、さらにはユダヤ教徒の皆さんから後ろ指を指されちゃうだけでは済まなくて、色々物騒なモノが飛んできちゃうかもしれないけれど・・・・。  いかに宗教心に欠ける KiKi であっても聖地の神聖さはそれなりには理解できるつもりなんですが、バリアンじゃないけれど、そこに暮らす人々の命ほどには大事なものだとは思えないし、その聖地を争って戦いを起こす人間にも虚しさを感じてしまいます。  でもそんな聖地を争って多くの人々が命を懸ける不思議なもの。

十字軍に参加した数多の兵士たちの声を代弁するかのように、ジェレミー・アイアンズ演じるティベリウスが言います。

「最初は信じていた。  神のための戦いだと。  だが戦いの目的は、結局、富と領土だった。」

これって今も続いている真実だと思う。

そもそも十字軍創設のきっかけともなったと言われるクレルモン公会議におけるウルバヌス2世の有名な演説も KiKi にとっては詭弁にしか聞こえません。  曰く

「東方で、わたしたちと同じように、キリストを信ずる人々が苦しんでいる。  彼らはわたしたちに救いを求めている。  なぜであるか。  それは異教徒が聖地を占領し、キリスト教徒を迫害しているからである。  ・・・・神はその解放をみずからの業として遂行なさる。  この神のみ業に加わる者は神に嘉せられ、罪を赦され、つぐないを免ぜられる。  キリスト教徒どうしの不正な戦いをやめて、神のための正義の戦いにつけ。  この呼びかけに応じた者には、現世と来世を問わず、すばらしい報酬が約束されている。  ためらうことはない。  現世のどんなきずなも、あなた方をつなぎとめることはできない。  なんとなれば、この企ては神自身が指導者であるから。」 (岩波新書 「十字軍」 橋口倫介 より)

たまたま当時、破門中だったドイツ・フランス・イギリスの国王がこれにほだされ、あの長く続く(現在に至るまで)キリスト教 vs. イスラム教の対立のきっかけを作ってしまったとはやりきれません。  そもそもこの演説を行ったウルバヌス2世の本当の目的は別のところにあったわけですしねぇ・・・。

さて、実際のサラディンがこの映画で描かれているサラディンみたいな人物だったかどうかは定かではないけれど、彼は素晴らしかった!!  指導者というのはこうであってほしいと心の底から思いました。  政治力・冷静な判断力・そして命に対する姿勢。  あれ?  これってサラディンが主役の映画だったっけ???

もう1人、魅力的だったのが対するエルサレムの王様、ボールドウィン4世。  敵将サラディンにして「偉大な王」と言わしめただけのことはあり、自身は病を抱えて厭世的な気分に陥ることもあるのに、いざとなればエルサレム軍の先頭にたち、サラディンと1対1で交渉をし、更にはダメダメの不穏分子の1人ルノーを罰するときの毅然とした姿勢。  王者というのはこういうもの・・・と納得させてくれました。  あれ?  これってボールドウィン4世が主役の映画だったっけ???


まあ、こういう歴史スペクタクルものっていうのは戦闘シーンが見せ場だと思うし、決してそれを否定するつもりはないんだけど、もうちょっと主役の心のひだみたいなのを描いて欲しかったなぁ。


 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://poco-a-poco.chu.jp/mt/mt-tb.cgi/114

コメントする

2015年2月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28

Current Moon

CURRENT MOON

東京のお天気


山小舎のお天気


Booklog



ブクログ

アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.261

TrackbackPeople

クラシック・ピープルの Trackback People Site


チェロ ラヴァーズの Trackback People Site


Piano~ぴあの Trackback People Site


ピアノオススメ教本の Trackback People Site


ピアノ教室の Trackback People Site


Book Love Peopleの Trackback People Site


本好きPeople・ぴーぷるの Trackback People Site


今日読んだ本の Trackback People Site


ファンタジーが好き♪の Trackback People Site


この絵本がすごい!の Tackback People Site


児童書大好き♪の Trackback People Site


ハヤカワepi文庫の Trackback People Site


岩波少年文庫応援団の Trackback People Site


薪ストーブの Trackback People Site


週末は田舎暮らしの Trackback People Site


野菜育てPeopleの Trackback People Site


ガーデニングの Trackback People Site


パッチワークキルトの Trackback People Site


あなたの訪問は?


日めくりカレンダー


Real Time News


カテゴリ

ノルンはいくつ?

本が好き!


読書メーター

KiKiさんの読書メーター
KiKiさんの読書メーター

最近読んだ本

KiKiの最近読んだ本

今読んでいる本

KiKiの今読んでる本

読了目標





今やってるゲーム

KiKiの今やってるゲーム

このブログ記事について

このページは、KiKi (Brunnhilde)が2008年2月20日 18:16に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「魔女の宅急便」です。

次のブログ記事は「きりのなかのはりねずみ ノルシュテイン」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

高速運賃





Edita

ブロガー(ブログ)交流空間 エディタコミュニティ

名言黒板


作家別タグ