ラスト・サムライ

| コメント(0) | トラックバック(0)

ラスト・サムライ
2003年 アメリカ 監督・脚本・製作:エドワード・ズウィック


51CSYRV8D3L__SL500_AA240_.jpg  (Amazon)   
 

トム・クルーズ演じるネイサン・オールグレン大尉は、かつて南北戦争で国と名誉のために命を賭けた英雄であった。  しかし、今や戦争も終わり、移り変わる時代に取り残されていた。  そんな彼が政府に雇われ、サムライと戦うために日本にやってきた。  渡辺謙(アカデミー賞助演男優賞ノミネート)演じる勝元は、サムライ一族の長であり、深く尊敬されている男だ。  明治維新後の日本、押し寄せる近代化の波の中、勝元はサムライの時代の終わりを察知していた。  しかし勝元は戦わずして去るつもりはなかった。  そして2人の戦士が出会い、運命がひとつに重なった時、歴史の扉が開いた・・・・。  監督のエドワード・ズウィックは、この情感溢れる近代日本の幕開けを描いた一大叙事詩を見事に描き、ナショナル・ボード・オブ・レビュー賞・監督賞を受賞した。 
  

日本人俳優、ケン・ワタナベがアカデミー賞の助演男優賞にノミネートされたり、ハリウッド製作の映画のわりには日本描写が悪くないという評判やら、日本ではけっこう好評を博したらしいこの映画について、ちょっと天邪鬼の KiKi なりの Review を書いてみたいと思います。  まず最初にお断りを・・・。  KiKi はこの映画はどちらかというと嫌いです。  フジヤマ・ゲイシャの日本を描くハリウッド映画も嫌いだけど、個人的にはそんな映画よりもこの映画のほうがタチが悪いと思っています。  もっとも余計なことを色々考えずに娯楽作品として観ればそれなりに楽しめる映画だとは思うのですけどね。  (だから、すごく嫌いではなくどちらかというと嫌いという評価になるわけです。)

日本人俳優をこれでもかっていうほど思いきり持ち上げおいしい役どころを与えてくれる反面、あの色男トム・クルーズに汚れ役(真田広之に唾をはきかけられちゃうし、剣道指南と称してコテンパンにやられて鼻血を出しちゃうし、ヒロインの小雪に「臭い」と言われちゃうし・・・・)をやらせた映画なので、日本人としては観ていて結構気持ちいい。  まして、ケン・ワタナベが映画の殿堂アカデミー賞にノミネートされて、日本メディアのみならず海外メディアにも注目されて、「日本の役者もここまでやれる」的な演出に一役も二役もかっていただいたことには感謝、感謝・・・・・させられる手法はさすがハリウッドです。

でもね、根っこが天邪鬼の KiKi はどうしてもこの映画を素直に観ることができないんですよね。  だって、製作されたのが 2003 年だよ。  名誉を重んじ、仁義や忠に篤い精神性の美学を持った高潔なるサムライだよ。  インディアン虐殺とのオーバーラップだよ。  トム(=アメリカ)はそんな誇りある日本人たちのお友達なんだよ。  悪者は私利私欲を貪っている権力者なんだよ。  そんな設定に隠された裏の意図のようなものを感じて仕方ないんですよね。  で、そんなことを感じながらこの映画を観るものだから、様々な悲観的な妄想が頭の中をグルグルめぐっちゃって、「おめでとうハリウッド!  あなた方のプロモーションは大成功だね♪」なんていう皮肉まで口をついてでてきてしまいそう・・・・・(笑)。


 

この映画の監督のエドワード・ズウィックさん。  レジェンド・オブ・フォールズ(ブラピがネイティブ・アメリカンと触れ合うお話・・・・でもないけれど、そういう描写あり)の監督さんでもあるんですよね。  彼はどうやらアメリカ人がその建国の歴史において先住民を虐殺し彼らの財産を略奪し、それを長らく西部劇で正当化してきた(ならず者のインディアン的な描写)ことに対して、ある種の問題提起をしたいタイプの人のように KiKi は感じます。  で、そんな彼の想いを KiKi の天邪鬼的な連想を廃して考えると、「自分たちとは異なる文化を持つ人々を、彼らの歴史や文化を尊重しよう。  異文化圏の人々とは人間対人間として接して交流し、相互理解を深めよう。  アメリカ人は自分たちが行ってきたネイティブ・アメリカン虐殺という負の歴史をごまかすことなく見つめなおそう。」みたいなものじゃないかと感じるんですよね。  このテーマって古くは「ダンス・ウィズ・ウルブズ」でも扱われていたけれど、その変形バージョン(=サムライ・バージョン)がこの映画。

トムが演じるネイサンが時折うなされる悪夢、ネイティブ・アメリカンを虐殺したことへの罪悪感はその象徴のようなものだと思うんですよね。  その罪悪感に苛まれてほぼアル中と化している彼が、「生き様」を見つけられないまま日本という未知の国に足を踏み入れ、そこで出会った「武士道」という精神性によってその罪悪感を浄化させていく。  彼は自分の手で殺してしまったサムライ(これは自分が殺戮してきたインディアンとほぼ同義)の妻に手厚く身辺の世話をされ、その彼女にたどたどしい日本語で自分の罪を謝罪をし、その彼女に赦される。  これって裸の人間として心を開き、相手を受け入れ、相手を尊敬し、そして過去の過ちを贖罪・・・・・というたとえ話のように感じます。  彼女に赦されたことによって、ネイサンはネイティブ・アメリカンにも赦されたように錯覚することができたんじゃないのかな。  (だからって、そんな彼女とできちゃう必然性はなかったと思うけれど・・・・。)

でね、異文化交流っていうのは確かに素晴らしいと思うし、この映画の表のテーマは「異なる文化に自分たちの価値観を押し付けるだけではダメで、まずは相互理解の努力をしよう」という崇高なメッセージにも見えるんだけど、ここからが天邪鬼の本領発揮です。  どうも KiKi にはその陰にチラチラと見え隠れする裏のテーマがあるような気がして仕方ないんですよね。  

この映画が作られた 2003 年ごろっていうのは9・11で恐怖に駆られたアメリカが、力を盾に暴走してもう止まらなくなっちゃった時期とピッタリ重なるんですよね。  で、そんな政治体制への批判なのかな・・・・・と思ってみていると、どうやらそういう主張を表面に出して取り繕っているけれど、本音はオブラートに包んであからさまには見せないようにしているだけのような気がしてならない描写に唖然とするわけです。

ケン・ワタナベが演じる勝元が率いる「滅びゆくサムライ軍団」の戦いぶりにその唖然とするものが隠されていると KiKi は感じます。  勝元は精神性と伝統を重んじるサムライ軍団の棟梁で、刀と弓矢で戦い、飛び道具なんていう卑怯な武器は使いません。  (織田信長が長篠の合戦で鉄砲を駆使したことを、ハリウッドは知らないようです・・・・^^;  この映画の時代設定って確か明治初期だよねぇ。)  対する官軍は西洋化された近代的軍隊の体をなし、アメリカから購入したガトリング砲なんかを持っていたりします。  (武器売買でアメリカが現在の覇権を築き上げるもととなるカネ儲けをしてきたことは、ちゃんと認識しているらしい・・・・^^; )  で、そんな官軍の頂点にいるのが私利私欲を貪るオオムラなる人物。  (モデルは大村益次郎なのかなぁ。  ちょっとひどい描き方すぎない??  日本人に怒られるよ。  でも太平洋戦争の時に暴走しちゃった日本の軍隊の創始者だし、「リメンバー・パールーハーバー」は彼らの DNA に刷り込まれているんだろうから、オオムラを好人物には描きたくないんだろうなぁ・・・・^^; )  

こんな構図の中でなだれこんだ最後の合戦のシーン。  すさまじい砲撃の中を時代遅れと呼ばれても仕方ない鎧・兜に刀・弓・槍 そして精神力といういでたちのみでつっこんでいく高潔なるサムライたち。  (後にこの精神力だけの軍隊によってアメリカは痛い目にあったわけだけど・・・・。)  このシーンを観たとき KiKi の脳裏をかすめたのは、大量破壊兵器 vs. 高潔なる精神 といういかにもとってつけたような、でも絶妙に隠されたこの映画の真の(?)構図でした。  なるほど、オオムラはフセインだったのね~みたいな・・・・・。  

で、そんな風に感じながら観始めてしまうと、トムが勝元軍に組し、作戦計画なんかを始めちゃったシーンに至っては、「大量破壊兵器を持っていて、私利私欲を貪り独裁の限りを尽くしているオオムラ(=フセイン)相手に、僕たち理解しあえた仲間同士、一緒に戦おうね。(だから自衛隊も派遣してね♪)」みたいに思えちゃって仕方ない(笑)  もっと言えば、「先の大戦直後は精神力のみを頼みとしたゼロ戦に突っ込まれた恐怖から日本軍を解体させた僕たちだけど、今振り返ってみるといや~、君たちは立派だったよ、又あの頃の君たちの美徳(=精神力)を取り戻して今度は敵軍としてではなく、同盟軍として一緒に戦おうよ」みたいな・・・・ ^^; 。  そう考え始めると、ハリウッドがケン・ワタナベを始めとする日本人演技陣を全面的にバックアップし、おいしいところを彼らに分け与え、日本の一般大衆に「僕たち仲の良いお友達」意識を定着させるのに大成功の映画だったなぁ・・・・なんていう風に感じるわけです。  で、最後にトムだけが生き残るのも何となく納得できちゃったりするわけです。 ^^;  色々あってもやっぱり最後はアメリカの1人勝ちなのね~・・・みたいな。  まあ、これはあくまでも天邪鬼の KiKi が前面に出ちゃった場合のこの映画の解釈なんですけどね♪

でもね、これって別に監督やトムがそういう意図に加担してこの映画に参加した・・・・とまでは思わないんですよね。  恐らく彼らがこの映画で一番言いたかったことは「アメリカはあまりにもパワフルな国家になってしまいました。  その過程で自分たちはアメリカ大陸の先住民たるネイティブ・アメリカンを虐殺したり、海の向こうのサムライ(武士道)という驚嘆すべき異文化を滅ぼすのにも一役買ってしまいました。  日本人が培ってきた文化を理解しようともせず、西洋化・親米化ばかりに気をとられていました。  我々はその事実を真摯に受け止めこれまでのゴリオシ的なやり方を反省し、異文化と交流する良識を持つに至りました。  さあ、世界の皆さん、みんなで相手を理解する努力を続けていきましょう!!」みたいなことじゃないかと思うんですよね。  で、彼らもそういう意味では親日家の名に恥じないように、かなり一生懸命日本文化の勉強もしたんだと思うんですよね。  そういう意味ではそれなりに意味のある作品だったのではないかなと感じるわけです。

又、別の見方をすればこれって「近代文明」 vs. 「伝統文化≒精神性」の対立のように見えなくもありません。  ある意味で現在に至る利便性やら資産性、平等権やら豊かな物資を得る過程で人間が失ってきてしまった精神性、つまり自然と共生する知恵やら哲学的思考のようなものへのオマージュみたいな部分もちょっぴりあるのかなと。  一足先に近代化していたアメリカの地で、精神的にズタズタになりその傷を癒しきることができなかったネイサンが、日本の農耕文化 & 武士道を通じて癒されていくシーンなんかはそういうことが言いたいのかもしれません。

日本の描写については様々な突っ込みどころがあるけれど、それはまあ許せる範囲だと KiKi は思いました。  でもね、1つだけどうしても許せないのは、「武士道」と「禅」をごちゃまぜにしちゃっているような感じがすることです。  でもまあ、そのあたりは「論理的思考」を好むアメリカ人にとって「論理的矛盾に満ちた武士道」単体は理解できないと思うから、仕方ないのかもしれませんが・・・・・。

 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://poco-a-poco.chu.jp/mt/mt-tb.cgi/140

コメントする

2015年2月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28

Current Moon

CURRENT MOON

東京のお天気


山小舎のお天気


Booklog



ブクログ

アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.261

TrackbackPeople

クラシック・ピープルの Trackback People Site


チェロ ラヴァーズの Trackback People Site


Piano~ぴあの Trackback People Site


ピアノオススメ教本の Trackback People Site


ピアノ教室の Trackback People Site


Book Love Peopleの Trackback People Site


本好きPeople・ぴーぷるの Trackback People Site


今日読んだ本の Trackback People Site


ファンタジーが好き♪の Trackback People Site


この絵本がすごい!の Tackback People Site


児童書大好き♪の Trackback People Site


ハヤカワepi文庫の Trackback People Site


岩波少年文庫応援団の Trackback People Site


薪ストーブの Trackback People Site


週末は田舎暮らしの Trackback People Site


野菜育てPeopleの Trackback People Site


ガーデニングの Trackback People Site


パッチワークキルトの Trackback People Site


あなたの訪問は?


日めくりカレンダー


Real Time News


カテゴリ

ノルンはいくつ?

本が好き!


読書メーター

KiKiさんの読書メーター
KiKiさんの読書メーター

最近読んだ本

KiKiの最近読んだ本

今読んでいる本

KiKiの今読んでる本

読了目標





今やってるゲーム

KiKiの今やってるゲーム

このブログ記事について

このページは、KiKi (Brunnhilde)が2008年5月15日 23:24に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「みどりのゆび モーリス・ドリュオン」です。

次のブログ記事は「ゴッドファーザー」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

高速運賃





Edita

ブロガー(ブログ)交流空間 エディタコミュニティ

名言黒板


作家別タグ