2008年9月アーカイブ

13デイズ

| コメント(0) | トラックバック(0)

13デイズ
2000年 アメリカ 監督:ロジャー・ドナルドソン


21VWRYHAFGL__SL500_AA130_.jpg   (Amazon)   

1962年、米軍偵察機が捉えた衝撃の映像。  それはソ連軍がキューバに配備したと思われる、最強の破壊力を持つ核ミサイルの姿だった。

迫りくる第三次世界大戦の危機。  これに真っ向から立ち向かったのは、米国史上最年少の大統領ジョン・F・ケネディ、司法長官ロバート・ケネディ、そして有能と謳われた大統領補佐官ケネス・オドネル。  彼らはいかにしてこの最悪の事態から世界を救ったのか...。
                                 角川ヘラルド Site より転載 
  


初めてこの映画を観たときにはかなりショックを受けました。  この映画の物語の背景は「キューバ危機」。  この出来事は中学・高校時代の歴史の授業では既に駆け足状態になってしまっていてじっくりと学ぶことができなかったし、参考書などにもさらっとしか書かれていなかったという記憶があるんですが、それがどんなにシリアスの状況だったのか、「海上封鎖」とはどんなことをしたのか・・・・等々を初めて実感することができた作品だったからです。  「うわ~、事実は小説よりはるかにドラマチック!」と感動しました。  でも1回目の視聴の後色々調べている中で、この作品がこの映画の登場人物(&実在人物)のロバート・F・ケネディの著作をベースにしていることを知りました。  

そうなってくると根が天邪鬼の KiKi のこと。  いきなり物語の展開に「マユツバ」になって、さらに色々調べたりしているうちに、リアリティみたいな部分にはちょっと(と言うかだいぶ)懐疑的になってしまいました。  でもまあ、これは歴史の教科書じゃないから、その懐疑的な部分は極力抑えた Review を書きたいと思います。  でもね、最初に一言だけいいですか?  この映画って「ケネディ神話」の急先鋒っていう感じの作品だよねぇ(笑)。  

ま、それはさておき、タイトルの「13デイズ」とは、この映画で描かれるソ連がキューバに配備したミサイルの撤去をアメリカが求め、ソ連との外交的駆け引きが続いた13日間(1962年10月16日から10月28日)のことです。

この映画を観ていて1つ気をつけなくちゃいけないなぁと感じたのは、アメリカと仲良しの日本の歴史教科書でも、この映画でも、ある日突然トチ狂ったロシア(と言うかソ連)がキューバにミサイルを配備したことによって核戦争勃発の危機が起こったかのような描き方をしているんだけど、そこはちゃんと歴史のお勉強をしなくちゃいけないと思います。  第二次大戦戦勝国の2つの雄、米ソのその後の外交政策やら冷戦、軍拡、核兵器開発競争等々について、ちゃんと理解したうえでこの映画を観ないと、本当にアメリカの自己正当化映画にしか見えませんから・・・・。  KiKi は思うんだけど、唯一の核被爆国の国民としてこのあたりの歴史は、「鳴くよ鶯、平安京」よりも「いい国作ろう鎌倉幕府」よりも、ず~っとず~っと注意深く見つめなくちゃいけない歴史だと思うんですよね。  この映画の中では、この事件がどんなにシリアスだったのかを表すために、何度も何度もあの忌まわしい「キノコ雲」の映像が流れるんだけど、あの「キノコ雲」の下でどんな惨事が起こっていたのかを一番よく知っているのは日本人だけだということは忘れちゃいけないと思います。  少なくともこの映画を観た世界中の人たちの半数以上は広島・長崎の悲惨さを想像だにできないんだから・・・・・。

 

 

大人のための絵本の本

| コメント(0) | トラックバック(0)

最近 KiKi は体調がイマイチです。  で、とりあえず婦人科に行って色々と相談してみたのですが、血液検査の結果からするとどうやら「更年期」が始まってしまったようで、昨今の体調不良は「更年期障害」の初期症状であるらしいとのこと。  これまでどちらかというと「体力」と「気力」にまかせて突っ走ってきた感のある KiKi にとってこの宣告はなかなか重いものがありました。  その病院のドクターに「あなたのように頑張って仕事をしてきて、そこそこのポジションにもついて、責任感の強いタイプの人ほど自分が更年期であることを素直に認められず、自分を責めたり許せないような気持ちを持ちやすく、それが度を超すと躁鬱の症状が出ちゃう・・・・な~んていう傾向がありますから、自分の状態を素直に受け入れてペースダウンすることを恐れない気持ちが早く持てるように努力してくださいね。」な~んていうようなことを言われてしまいました。

 


なるほど・・・・・・

 


・・・・と言うことは、KiKi が児童書回帰を始めたのもひょっとしたら神様の思し召しだったのかしら???  群馬に終の棲家を求めたのも、ひょとしたら運命みたいなものだったのかしら???  そんな風に感じられる今日この頃なのです。  まあ、そんなこんなで(ってどんなだよ?)今日選んだ1冊はこちらです。

 

大人のための絵本の本  

41wICiJGL__SL500_AA240_.jpg  (Amazon)

子どものころに読んだあの絵本から大人の心に響く名作絵本まで
今だから読みたい100冊

100冊かぁ。  絵本って結構高いから1冊1,500円として100冊全部揃えるとなると150,000円(15万円)ねぇ。  それだけあれば中古の軽トラが買えちゃうなぁ・・・・・(田舎暮らしには軽トラは必需品なのです!)

 

  

 

2015年2月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28

Current Moon

CURRENT MOON

東京のお天気


山小舎のお天気


Booklog



ブクログ

アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.261

TrackbackPeople

クラシック・ピープルの Trackback People Site


チェロ ラヴァーズの Trackback People Site


Piano~ぴあの Trackback People Site


ピアノオススメ教本の Trackback People Site


ピアノ教室の Trackback People Site


Book Love Peopleの Trackback People Site


本好きPeople・ぴーぷるの Trackback People Site


今日読んだ本の Trackback People Site


ファンタジーが好き♪の Trackback People Site


この絵本がすごい!の Tackback People Site


児童書大好き♪の Trackback People Site


ハヤカワepi文庫の Trackback People Site


岩波少年文庫応援団の Trackback People Site


薪ストーブの Trackback People Site


週末は田舎暮らしの Trackback People Site


野菜育てPeopleの Trackback People Site


ガーデニングの Trackback People Site


パッチワークキルトの Trackback People Site


あなたの訪問は?


日めくりカレンダー


Real Time News


カテゴリ

ノルンはいくつ?

本が好き!


読書メーター

KiKiさんの読書メーター
KiKiさんの読書メーター

最近読んだ本

KiKiの最近読んだ本

今読んでいる本

KiKiの今読んでる本

読了目標





今やってるゲーム

KiKiの今やってるゲーム

このアーカイブについて

このページには、2008年9月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2008年8月です。

次のアーカイブは2008年10月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

高速運賃





Edita

ブロガー(ブログ)交流空間 エディタコミュニティ

名言黒板


作家別タグ