大人のための絵本の本

| コメント(0) | トラックバック(0)

最近 KiKi は体調がイマイチです。  で、とりあえず婦人科に行って色々と相談してみたのですが、血液検査の結果からするとどうやら「更年期」が始まってしまったようで、昨今の体調不良は「更年期障害」の初期症状であるらしいとのこと。  これまでどちらかというと「体力」と「気力」にまかせて突っ走ってきた感のある KiKi にとってこの宣告はなかなか重いものがありました。  その病院のドクターに「あなたのように頑張って仕事をしてきて、そこそこのポジションにもついて、責任感の強いタイプの人ほど自分が更年期であることを素直に認められず、自分を責めたり許せないような気持ちを持ちやすく、それが度を超すと躁鬱の症状が出ちゃう・・・・な~んていう傾向がありますから、自分の状態を素直に受け入れてペースダウンすることを恐れない気持ちが早く持てるように努力してくださいね。」な~んていうようなことを言われてしまいました。

 


なるほど・・・・・・

 


・・・・と言うことは、KiKi が児童書回帰を始めたのもひょっとしたら神様の思し召しだったのかしら???  群馬に終の棲家を求めたのも、ひょとしたら運命みたいなものだったのかしら???  そんな風に感じられる今日この頃なのです。  まあ、そんなこんなで(ってどんなだよ?)今日選んだ1冊はこちらです。

 

大人のための絵本の本  

41wICiJGL__SL500_AA240_.jpg  (Amazon)

子どものころに読んだあの絵本から大人の心に響く名作絵本まで
今だから読みたい100冊

100冊かぁ。  絵本って結構高いから1冊1,500円として100冊全部揃えるとなると150,000円(15万円)ねぇ。  それだけあれば中古の軽トラが買えちゃうなぁ・・・・・(田舎暮らしには軽トラは必需品なのです!)

 

  

 

このブログを開設して、少しずつ絵本を集め始めた KiKi なのですが、決してマニュアル本が欲しかったというわけではないものの、KiKi には子供がいないし、「読み聞かせ」みたいな活動をしているわけでもないし、自分の中に絵本を収集するうえでの「核」のようなものがないことだけが認識できている状態なんですよね。  自分の中に何らかのテーマがあるのであれば(例えば「岩波少年文庫読破!」とか、「塩野七生作品読破!」とか、「神話・伝承関係収集!」とか)どんな本を収集するのかに迷うことはないんだけど、こと絵本に関してはまだまだ自分の選択眼には自信がない状態で大型店の児童書コーナーに行くと、それこそあまりにも多くの絵本が置いてあって正直どんな本がいいのかわからなくなってしまうことが多いんです。  

現段階で KiKi が絵本を選択するうえで最も重視しているのが「絵」が好きかどうかです。  でも「絵」がよければそれでいいかと言えばやっぱり「本」である以上は文も大切で、この二つが揃って KiKi に何かしらを訴えてくる絵本を選んでいます。  まあ、基本はその線でもいいんじゃないかとは思っているのですけど、実は「絵」に関しては KiKi はポップ調の絵がちょっと苦手・・・・^^;  で、結果的に「絵」に惹かれるものがないと「文」にたどり着けないため、ひょっとしたら素敵な絵本を見逃している可能性があるような気がして仕方なかったんですよね~。  まあ、そんなこともあってたまには情報収集の一環としてこんな本を眺めてみるのもいいのかなぁ・・・・と購入してみたというわけです。

な~んて、一応もっともらしい理由を書いてみたけれど、別にそんな動機が先にあってこの本を手に取ったのかと聞かれればさにあらず。  なんとなくこの可愛い装丁に惹かれちゃったというのが一番の理由で、ページを開くと全ページカラーという豪華版(?)だったからというのが二番目の理由だから情けないことこのうえないのでありますが・・・・(苦笑)

さて、ではこの本について・・・・。  この本は3つのチャプターに分かれていて

Chap. 1  晴れた日に
       わくわくした気分になれる絵本
Chap. 2  つまずいた日に
       悩んだとき、迷ったときに読む絵本
Chap. 3  泣きたい日に
       涙で心洗われたいときにおすすめの絵本

という構成になっています。  個人的にはこういうパターン化ってどことなく押しつけがましいような気がして嫌いだし、「晴れた日」と「つまずいた日」はともかくとして漠然と「泣きたい日」っていうのが KiKi にとっては正直なところ理解の範疇を超えているんだけど(「泣きたい日」じゃなく「泣けちゃう日」ならわかるんだけど・・・・^^;)まあそれは横に置いておくことにして、紹介されている絵本の1冊1冊をじっくりとながめてみました。

KiKi が以前から気になっていてまだ未入手の絵本もいくつか紹介されていたんだけど、この本を読んで初めて興味を持った本もいくつかありました。  今後の購入計画のための To Buy List としてここでそれを列挙しておきたいと思います。

<以前から気になっていた未入手の絵本>
しろいうさぎとくろいうさぎ     おやすみなさいフランシス
てぶくろ     木のうた     あかいふうせん
森のおひめさま     風さん     こねこのぴっち
ふたりはともだち     ルピナスさん     フレデリック
ちいさいおうち     おおきな木     ビロードのうさぎ
ぼくのともだちおつきさま     だいじょうぶだいじょうぶ

<今回初めて興味を持った絵本>
わたしのすきなもの     ありがとうのえほん
フィリッパ・ラズベリーのうた     すてきな三にんぐみ
ハリネズミかあさんのふゆじたく     ペレのあたらしいふく
郵便屋さんの話     はっぴぃさん  
きょうという日     喜びの泉
あいしているから     めぐる月日に


全部で28冊かぁ・・・・  なかなかこれは大変だ!!  でもこれらの絵本をじっくりと読める日が楽しみだぁ!!!!

 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://poco-a-poco.chu.jp/mt/mt-tb.cgi/27

コメントする

2015年2月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28

Current Moon

CURRENT MOON

東京のお天気


山小舎のお天気


Booklog



ブクログ

アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.261

TrackbackPeople

クラシック・ピープルの Trackback People Site


チェロ ラヴァーズの Trackback People Site


Piano~ぴあの Trackback People Site


ピアノオススメ教本の Trackback People Site


ピアノ教室の Trackback People Site


Book Love Peopleの Trackback People Site


本好きPeople・ぴーぷるの Trackback People Site


今日読んだ本の Trackback People Site


ファンタジーが好き♪の Trackback People Site


この絵本がすごい!の Tackback People Site


児童書大好き♪の Trackback People Site


ハヤカワepi文庫の Trackback People Site


岩波少年文庫応援団の Trackback People Site


薪ストーブの Trackback People Site


週末は田舎暮らしの Trackback People Site


野菜育てPeopleの Trackback People Site


ガーデニングの Trackback People Site


パッチワークキルトの Trackback People Site


あなたの訪問は?


日めくりカレンダー


Real Time News


カテゴリ

ノルンはいくつ?

本が好き!


読書メーター

KiKiさんの読書メーター
KiKiさんの読書メーター

最近読んだ本

KiKiの最近読んだ本

今読んでいる本

KiKiの今読んでる本

読了目標





今やってるゲーム

KiKiの今やってるゲーム

このブログ記事について

このページは、KiKi (Brunnhilde)が2008年9月 1日 13:15に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「アンデルセン童話集 1,2,3」です。

次のブログ記事は「13デイズ」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

高速運賃





Edita

ブロガー(ブログ)交流空間 エディタコミュニティ

名言黒板


作家別タグ