喜びの泉 ターシャ・テューダーと言葉の花束

| コメント(0) | トラックバック(0)

シルバーウィークも後半に突入しました。  仙人のような暮らしができる気持のよい山から下りてきた KiKi は東京の街を見ただけで、心なしか気持が重~くなってきてしまいました。  まあ、東京には東京のよさがあることは重々承知しているんですけどね。  例えば図書館は充実しているし、ネット環境は快適だし(ちなみに山暮らしでは今となっては懐かしい ISDN 接続でネットをしていたりする・・・・ ^^;)、大好きな紅茶もバラエティに富んでいるし(ちなみに山暮らしの近くのスーパーには「日東紅茶」か「リプトン紅茶」しか置いてなかったりする・・・・ ^^;)、ありとあらゆる食材が手に入りやすいし・・・・。  でもね、それってほとんどが KiKi が疑問を感じ始めている「消費生活そのもの」なんですよね~。  ま、そんなわけでちょっぴりモヤモヤした気分をすっきりさせるために今日手に取った本はこちらです。

喜びの泉 ターシャ・テューダーと言葉の花束
作:ターシャ・テューダー 訳:食野雅子  メディアファクトリー

5125MJEB69L__SL500_AA240_.jpg  (Amazon)

 

   

一応、文学少女のはしくれ(?)だった KiKi はこれまでの人生の中で何度か読んでいる本からお気に入りの一節を抜き書きして「言葉の花束」とか「言葉の宝石箱」とか色々な名前をつけてノートに書きためておく・・・・な~んていうことをやっていたことがありました。  でもね、あれってある年齢ではとっても素敵だと思った言葉も年を経た後に読み返してみるとこっぱずかしかったり、「な~にを言っちゃってるんだか!」と思ったりして、結局その書きとめられたノートは手元に残っていないんですよね~(笑)  でね、この絵本は KiKi ではない別の方が書きとめた言葉ということでもあるし、手元に置く本とすべきかどうすべきかどうか、結構悩んだりもしたんですよね。  でもね、この絵本を本屋さんで手にとってみて、この言葉を見つけた時、結局「あ、これは買いだな!」と思ってしまったんです。  その言葉というのは

喜びを感じる義務ほど、
軽んじられている義務はない。
by ロバート・ルイス・スティーブンソン

というもの。  普通に考えると「喜び」という感情と「義務」という言葉は何となく仲が悪そうな取り合わせだと思うんだけど、子供の頃学校で習った「義務と権利」という概念に想いをはせてみると、スンナリと受け入れちゃえる言葉のような気がしてきたんですよね~。  喜びを感じるような生き方をすることがこの世に生を受けた者の義務・・・・とでも言いましょうか。

で、今回この本をずっと読んでいて、今の KiKi の気分にぴったりマッチする言葉をもう一つ発見してしまいました。  それはね、

私は動物になって、共に暮らすことができると思う
彼らはとても冷静で自制心がある
私はいつまでもそこに立って、彼らを眺める
彼らは、苦労して後から自分の立場を嘆いたりしない
不満をもつものは一頭もなく
物欲の狂気に狂うものもいない
仲間にひざまづくものもいなければ
何千年も前の祖先に頭を下げるものもいない
地球上のどこにも
尊敬されるものもいなければ不幸なものもいない
by ウォルト・ホイットマン 草の葉より 

おお! ホイットマンだよ!!  「草の葉」だよ!!!  懐かしいなぁ。  学生時代を思い出すなぁ・・・・。

又、この本には KiKi の大好きなソローの「ウォールデン 森の生活」からの引用もいくつかあるし、ワーズワースも、コールリッジもコンラッドもあって、読み進めていくと自然とにっこりしちゃっている自分がいたりするんですよね~。  う~ん、これはある意味では常に座右に置いておきたい「言葉の花束」かもしれません。  ま、10年後、20年後には又「な~にを言っちゃってるんだか!」と思っているのかもしれませんけれどね・・・・(笑)

そうそう、ターシャ・テューダーと言えば、ガーデニングの世界でもちょっと有名で、KiKi は個人的にはあんまり興味がなかったんだけど、数年前に知り合ったとある方から、こんな本(↓)をいただいていたことを今思い出しました。  いただいたきり、ほとんど見ていないんだけど、これからこちらも読んでみたいと思います。  

51ETN19CM2L__SL500_AA240_.jpg  (Amazon)

 

そして、久々に「ウォールデン 森の生活(ソロー) (上) (下)」や「草の葉(ホイットマン)(上) (中) (下)」、それから「老水夫の歌(コールリッジ)」や「自然と感情の勝利(ワーズワース&コールリッジ)>」、「闇の奥(コンラッド)」も読みたくなっちゃったよ!  これじゃホントに学生時代に逆戻り・・・・・(苦笑)

 

  

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://poco-a-poco.chu.jp/mt/mt-tb.cgi/42

コメントする

2015年2月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28

Current Moon

CURRENT MOON

東京のお天気


山小舎のお天気


Booklog



ブクログ

アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.261

TrackbackPeople

クラシック・ピープルの Trackback People Site


チェロ ラヴァーズの Trackback People Site


Piano~ぴあの Trackback People Site


ピアノオススメ教本の Trackback People Site


ピアノ教室の Trackback People Site


Book Love Peopleの Trackback People Site


本好きPeople・ぴーぷるの Trackback People Site


今日読んだ本の Trackback People Site


ファンタジーが好き♪の Trackback People Site


この絵本がすごい!の Tackback People Site


児童書大好き♪の Trackback People Site


ハヤカワepi文庫の Trackback People Site


岩波少年文庫応援団の Trackback People Site


薪ストーブの Trackback People Site


週末は田舎暮らしの Trackback People Site


野菜育てPeopleの Trackback People Site


ガーデニングの Trackback People Site


パッチワークキルトの Trackback People Site


あなたの訪問は?


日めくりカレンダー


Real Time News


カテゴリ

ノルンはいくつ?

本が好き!


読書メーター

KiKiさんの読書メーター
KiKiさんの読書メーター

最近読んだ本

KiKiの最近読んだ本

今読んでいる本

KiKiの今読んでる本

読了目標





今やってるゲーム

KiKiの今やってるゲーム

このブログ記事について

このページは、KiKi (Brunnhilde)が2009年9月22日 00:46に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「あかいろの童話集 アンドルー・ラング」です。

次のブログ記事は「太陽の東 月の西 アスビョルンセン」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

高速運賃





Edita

ブロガー(ブログ)交流空間 エディタコミュニティ

名言黒板


作家別タグ