中世騎士物語 ブルフィンチ

| コメント(0) | トラックバック(0)

当初の予定では「ギリシア・ローマ神話 (現代:伝説の時代)」に引き続いて読む予定だった「中世騎士物語」。  原題は「騎士の時代; The Age of Chivalry」で、そのメインはアーサー王と円卓の騎士の物語です。  ま、それ以外にも「マビノギオン」からの抄訳、「ベーオウルフ」のほんのさわり、「ロビンフッド」のほんのさわり等々も収録されています。

中世騎士物語
著:トマス・ブルフィンチ 訳・野上弥生子  岩波文庫

51MET0D3GVL__SL500_AA240_.jpg   (Amazon)

いや~、これまた久しぶり あ~んど 文字が小さめなので読み応えがありました~。  もっとも目新しいことは特に何もなくて(^^;)お馴染みの物語がとっても読み易く、コンパクト(?)にまとまっている・・・・そんな感じの本です。  この本を初めて手に取った学生時代ほどは引き込まれなかったけれど、楽しみながら読むことができたので文字の小ささの割には、どんどん読み進むことができました。  構成がいいと思うんですよね。  まず最初、序説の部分に騎士ってどんな人? どんな装束? 当時の社会階級って?? みたいなことが的確にまとめられていて、それに続くのが英国の神話的歴史の物語。  ここでシェイクスピアでお馴染みのリア王なんかもとりあげられています。  これに続くのがアーサー王と円卓の騎士の物語。  これはどこをどう読んでもトマス・マロリーの「アーサー王の死」が底本でしょうね。  で、更にはウェールズの中世騎士物語集である「マビノギオン」からの抄訳が続きます。  これで終わるのかと思うとさにあらず、最後の最後は英国民族の英雄伝説ということで「ベーオウルフ」「アイルランドのキュクレイン」「ヘレワード」そして「ロビンフッド」の物語がさわりだけ紹介されている・・・・・そんな構成です。  ね、これだけ見ても結構お得感のある構成でしょ(笑)

 

訳者である野上弥生子さんご自身のはしがきによると、「西欧の芸術文化を理解するにあたって、なくてはならない知識を一般に与えたい」ために先に読了した「ギリシア・ローマ神話(伝説の時代)」とこの「中世騎士物語(騎士の時代)」を訳されたとか。  そして原作者であるトマス・ブルフィンチは・・・と言えば、「イギリス文学を読むアメリカ人のために("for the reader of English literature")、それらの物語が紡がれた底辺にある各種の神話・中世文化を説明し、それらを理解するために必要な様々な物語を体系立てて、平易な文章でまとめた」のであるとか・・・・。  どおりで、どちらの本も読み易い あ~んど ロマンチック。

まあ、言ってみれば「ギリシャ・ローマ神話」及び「アーサー王物語」の上質な入門書・・・・っていう感じでしょうか。  

ところで・・・・ KiKi が阿刀田高氏の「古典に親しもうシリーズ」からとりあえず足を洗ってこの本に着手したかった理由は昨日のエントリーにも書いたように、「それがそもそもの予定だったから」というのが一番なんだけど、実はもう一つ、しょうもない理由があったりします。  それはね・・・・・

 

 

 

 

この番組(↓)が始まってしまったから    chirol_as.gif 

 

 

logo_merlin.jpg  (NHK の番組サイト)

 

 

 

これまでに既に3話が放映済みで今日は第4話の日。  NHKのサイトによれば今日は「モーティエスの毒杯」というお話であらすじはこんな感じなのだそうです。

 

伝染病でキャメロットを破滅させる作戦をマーリンに邪魔された魔女ニムエは、今度はマーリンを狙う...。

ウーサー王は長年の敵ベイヤード王と友好関係を結び、祝いの晩さん会が開かれる。マーリンはベイヤード王の美しい侍女カーラに目を奪われるが、その正体はニムエだった。アーサーに贈られた杯を事前に取り替えていたニムエは、その杯に毒が入れられるのを見たとマーリンに告げる。アーサーが乾杯する直前、マーリンは...。

 

KiKi にとって馴染みのある「アーサー王伝説」とこの「マーリン」ではお話も大きく違うし、「アーサーとマーリンの年齢関係はこれでいいんだろうか?」とか、「え? グイネヴィアがモルガン姫の世話係??  なんじゃそりゃ?」とか思わないじゃないけれど、まあ、ケルト大好き♪ アーサー王物語大好き♪ マーリン 266.gif  コスチュームもの万歳! の KiKi にとってはまあ、そんなことはどうでもよろしい(笑)

ところで、第3話でも出てきたし、上記第4話のあらすじでも紹介されてる「ニムエ」だけど、これって確か(KiKi の記憶が正しければ)、湖の貴婦人ヴィヴィアンの別名じゃなかったんでしたっけ?  で、確かマーリンの愛人で、マーリンを破滅させた妖女。  それを確認したくてこの本を手に取った・・・・というのもあるんだけど、彼女(ヴィヴィアン)に関してはラーンスロットを育てた・・・・という以上の記述はほとんどなくてちょっぴりがっかり・・・・。  う~ん、ニムエが誰だったかものすご~く気になっているんですけど・・・・・ ^^;

  

 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://poco-a-poco.chu.jp/mt/mt-tb.cgi/376

コメントする

2015年2月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28

Current Moon

CURRENT MOON

東京のお天気


山小舎のお天気


Booklog



ブクログ

アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.261

TrackbackPeople

クラシック・ピープルの Trackback People Site


チェロ ラヴァーズの Trackback People Site


Piano~ぴあの Trackback People Site


ピアノオススメ教本の Trackback People Site


ピアノ教室の Trackback People Site


Book Love Peopleの Trackback People Site


本好きPeople・ぴーぷるの Trackback People Site


今日読んだ本の Trackback People Site


ファンタジーが好き♪の Trackback People Site


この絵本がすごい!の Tackback People Site


児童書大好き♪の Trackback People Site


ハヤカワepi文庫の Trackback People Site


岩波少年文庫応援団の Trackback People Site


薪ストーブの Trackback People Site


週末は田舎暮らしの Trackback People Site


野菜育てPeopleの Trackback People Site


ガーデニングの Trackback People Site


パッチワークキルトの Trackback People Site


あなたの訪問は?


日めくりカレンダー


Real Time News


カテゴリ

ノルンはいくつ?

本が好き!


読書メーター

KiKiさんの読書メーター
KiKiさんの読書メーター

最近読んだ本

KiKiの最近読んだ本

今読んでいる本

KiKiの今読んでる本

読了目標





今やってるゲーム

KiKiの今やってるゲーム

このブログ記事について

このページは、KiKi (Brunnhilde)が2009年10月26日 10:32に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「新約聖書を知っていますか 阿刀田高」です。

次のブログ記事は「カレワラ物語 小泉保(編訳)」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

高速運賃





Edita

ブロガー(ブログ)交流空間 エディタコミュニティ

名言黒板


作家別タグ