ケルトの神話 女神と英雄と妖精と 井村君江

| コメント(0) | トラックバック(0)

過去に何度か読み始め、常に途中で挫折してしまった本をようやっと読了したので、今日はそのお話でも・・・・ ^^;  ま、もっとも今回は何とか読了した・・・・・とは言うものの、正直なところ消化しきれていない感は否めないんですけどね~。  でもまあ、読書カテゴリーのデータベース作りと割り切って(?)とにかく何かを記しておこうと思います。

ケルトの神話 女神と英雄と妖精と
著:井村君江  ちくま文庫

51-Rl-UyJeL__SL500_AA240_.jpg   (Amazon)

この本の存在を知ったのは KiKi が大学生の時でした。  ケルトに興味を持つようになったのはアーサー王伝説の影響が大きいんだけど、KiKi は必ずしもアーサー王伝説を研究(? っていうより勉強?)していたわけではなかったので、さほど突っ込んで何かを考察してみたことはなかったんですよね。  ただ、あの物語の中でマーリンには強烈に惹かれて、「マーリンはドルイド僧らしい」 とか 「アーサー王の后のグイネヴィアは妖精だという説もある」 とか、そんな話を教授との会話の中で小耳に挟んだことがあって、「ドルイドって何よ?」「妖精って昔大好きだった御伽噺にはいっぱい出てきたけれど、そもそもどんな謂れから発祥したんだろ?」というような興味から、あっちへ行ったりこっちへ行ったりしてたどり着いたのが「ケルトの神話」だったんですよね~。  

でね、当時の大学の図書館にあったのはハードカバーで、まず最初に KiKi が手にしたのはそのハードカバー本でした。  前半は結構楽しく読み進めることができて、調子付いていたんだけど、途中でギブアップ・・・・。  何で挫折しちゃったのか、その理由に関してはほとんど記憶に残っていません ^^;  

 

でね、その後ず~っとこの本の存在を忘れていたんだけど、何年か前の夏の暑い日、たまたま池袋の本屋さんでちくま文庫の何かを物色していたとき、ふと目に入ったのがこの本だったんです。  「そういえばず~っと昔、学生時代に途中まで読んだんだよなぁ。  文庫になったんだぁ。」と記憶が蘇ってきたんだけど、とりあえずその日はスルー(笑)  で、Amazon で検索してみたら結構評判がいいじゃありませんか。  で、その翌日には再度そのお店に足を運んでお買い上げ~となったんですよね。  と・こ・ろ・が・・・・・・

その後、本日に至るまで、恐らく7回以上この本にチャレンジしているんだけど、常に途中で挫折してきちゃったんですよね~、これが。  前半は面白いんです。  特に「ケルトの人たちってどんな人たち?」というくだりあたりまでは・・・・・。  ところが途中から何が何やらチンプンカンプンになっていっちゃうんですよ。  でね、今回ようやく読了してみて原因を考えてみたんだけど、多分 KiKi にとって読みにくい感があるのに原因は2つぐらいあるような気がするんです。  それはね・・・・・

地図が収録されていないので地名と場所が頭に残らない(イマジネーションも湧きにくい)

印象としてかなり断片的な書き方が多くて、興味が湧いてくると終わっちゃうような感じ。  個人的にはこの文体にもちょっとだけ違和感があったんだけど、それがどんな理由なのかはよくわからない。  多分、物語を語っている部分と研究者としての解説の境目・・・・みたいなものが判然としていない書き方が散りばめられているんじゃないかと思うんだけど、どうなんだろう・・・・。

という感じ。  でもね、今回はそれでも頑張って読み通してみて、一番印象に残ったこと。  それはケルトの人たちも「霊魂不滅」「輪廻転生」・・・・的な考え方を持っていたんだなぁということです。  どおりでバリバリジャパニーズの KiKi の興味を引くわけです!!  そしてね、もう1つはしょうもない感想になっちゃうんだけど、「その輪廻転生の過程で意外と鮭が活躍しているんだなぁ。」ということ(爆)  

過去においてはケルト本ってそんなには充実していなかったし、井村さんと言えばある種日本ではケルト研究の第一人者って言う感があるけれど、最近はもっと読みやすくて図版も多いケルト関連本がいっぱい出版されているから、敢えてこの本じゃなくてもいいんじゃないか・・・・・。  不遜ながらちょっとそんな感想を持ちました。  

なんとなく批判的な Review になっちゃっている感があるけれど、KiKi は決して井村さんが嫌いなわけじゃなくて、日本にケルトを紹介してくれた功労者のお1人として、心の奥底ではものすご~く尊敬しているんですよ。  え?  それがこのエントリーからは感じられない???  う~ん、確かにそうかもしれません・・・・・・(汗)

  

     

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://poco-a-poco.chu.jp/mt/mt-tb.cgi/380

コメントする

2015年2月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28

Current Moon

CURRENT MOON

東京のお天気


山小舎のお天気


Booklog



ブクログ

アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.261

TrackbackPeople

クラシック・ピープルの Trackback People Site


チェロ ラヴァーズの Trackback People Site


Piano~ぴあの Trackback People Site


ピアノオススメ教本の Trackback People Site


ピアノ教室の Trackback People Site


Book Love Peopleの Trackback People Site


本好きPeople・ぴーぷるの Trackback People Site


今日読んだ本の Trackback People Site


ファンタジーが好き♪の Trackback People Site


この絵本がすごい!の Tackback People Site


児童書大好き♪の Trackback People Site


ハヤカワepi文庫の Trackback People Site


岩波少年文庫応援団の Trackback People Site


薪ストーブの Trackback People Site


週末は田舎暮らしの Trackback People Site


野菜育てPeopleの Trackback People Site


ガーデニングの Trackback People Site


パッチワークキルトの Trackback People Site


あなたの訪問は?


日めくりカレンダー


Real Time News


カテゴリ

ノルンはいくつ?

本が好き!


読書メーター

KiKiさんの読書メーター
KiKiさんの読書メーター

最近読んだ本

KiKiの最近読んだ本

今読んでいる本

KiKiの今読んでる本

読了目標





今やってるゲーム

KiKiの今やってるゲーム

このブログ記事について

このページは、KiKi (Brunnhilde)が2009年10月31日 22:34に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「劇団四季 「ライオンキング」を観る」です。

次のブログ記事は「すてきな三にんぐみ トミー=アンゲラー」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

高速運賃





Edita

ブロガー(ブログ)交流空間 エディタコミュニティ

名言黒板


作家別タグ