吾妻渓谷で紅葉狩り

| コメント(0) | トラックバック(0)

季節は秋。  先週は紅葉を求めて Lothlórien(山小舎)付近の山を散策してみたので、今週はほんの少しだけ足を延ばしてみることにしました。  購入したばかりの軽トラに慣れなくちゃいけない あ~んど バッテリーがあがっちゃわないように乗ってあげなくちゃっていうのもありまして・・・・・(笑)  

KiKi が Lothlórien に定期的に通って来るようになって以来、渋川のとあるスーパーで見つけると必ずゲットする情報誌があります。  いわゆる「フリーペーパー」っていうやつなんですけど、これが KiKi のお気に入りでちょっとした日帰り旅行のプランニングには最適の情報誌なんです。

t02200293_0336044810251866704.jpg 

で、これ(↑)が最新号の表紙なんだけど、去年の同じ時期のこの雑誌も手元にあってどちらも「群馬の紅葉特集」が組まれていたんですよね~。  で、この雑誌で紹介されている群馬の紅葉スポットのうち、妙義山の「日暮らしの景」というところと「吾妻渓谷」が KiKi のハートを鷲づかみにしてくれちゃっていて、今年こそは!! と手ぐすね引いて待っていたんです。  妙義山の方はちょっと遠いので来週に回すとして(最悪の場合、いずれ Lothlórien に定住してからでもいいかなぁ~と思っていたりもする)、今日は片道1時間ぐらいでたどり着けそうな「吾妻渓谷」を目指すことにしました。

軽トラにはナビを搭載していないので、とりあえず出発前に地図でだいたいの場所を確認します。  「ふむふむ、中之条から原町を通り抜けてまっすぐ行けばいいのね」 ということで、比較的単純な道だったのでそのまま軽トラに乗りこみます。  実は KiKi、軽トラ購入前に実車に試乗しないで購入しちゃっているということもあり、軽トラの運転席 & 助手席が思いのほか狭いことを購入するまで実感したことがなかったんですよね~。  はっきり言って後ろの荷台に荷物は積めるけれど、座席部分に地図だのリュックだの上着だのを置けるスペースはほとんどない!!  同乗者がいたら全くない!!  てなわけでナビ頼りの運転しかしていない KiKi には若干の不安があったものの、比較的シンプルな行程に安心して地図を持たず、とにかく出発しました。

 

途中まではきわめて順調でした。  中之条のスーパーやら原町駅前のスーパーセンターやら薬局にはこれまでに数回来たことがあるので、道にも雰囲気にも慣れていますから。  で、その慣れ親しんだエリアを通り過ぎ、暫くはよかったんです。  地図でおおよその距離感はつかんでいたし、ところどころに標識があって「吾妻渓谷 ○km」みたいなものを目にしているうちは・・・・・。  問題はいかにもそれっぽいエリアに突入してからです。

 

 

  

「はて、駐車場はどこにあるんだ?????」

 

 

 

考えてみたら「吾妻渓谷」がどの辺にあるのかは地図で見たけれど、駐車場のチェックはしていなかった KiKi。  一か所それっぽいPマークの広場を何気にやり過ごしてしまってから先、行けども行けども駐車できそうな空き地はほぼ満車状態。  Uターンできそうな場所も見つけられずオロオロし始めてしまいました。  助手席の愛犬ノルンも心配気な眼差しで KiKi をじっと見つめています。  口では「大丈夫、大丈夫」と言いつつも、全然大丈夫な気がしません ^^;

  

暫く行くと、おそばやさんチックな建物を発見。  それが吾妻渓谷のどのあたりに位置する店なのか、まったくわからないまま、ようやく見つけた軽トラ1台分のスペースにとりあえず駐車します。

 

 

  

「さ~て、ここはどこ???」

 

 

 

周りを見回してみると、その近くに人が出入りしている下り口みたいな場所があり、「遊歩道」と書かれた木の看板があったので「何の遊歩道なのか確信がないまま」とりあえずそこを歩いてみることにしました。

063.JPG   064.JPG

自分が「吾妻渓谷遊歩道」のどのあたりにいるのかよくわからないまま、それでも美しい景色に目を見張り、カメラのシャッターを切ります。  ところがここで事件発生。  実は KiKi は通常オリンパスの μ というちっちゃなデジカメを持ち歩いているのですが(先週の写真はこれで撮ったもの)、今日はせっかくの紅葉狩りなのでそれよりはちょっと性能がいい、やはりオリンパスの CAMEDIA C-730 Ultra Zoom というやつを持ってきたのです。  ところが、3枚撮ったところでいきなり電池切れを起こしてしまいました。  実はこの CAMEDIA、ここ何年か使っていなくて、Lothlórien に置きっぱなしにしておいたカメラで、昨日、今日の紅葉狩りのためにず~っと使っていなかった充電池に充電して持ってきたはず・・・・だったんですけどねぇ。  (因みに KiKi が通常こういう観光時に使うのはデジ一の Canon Eos Kiss なんですが、それは今回は東京に置き忘れ。  仕方なく CAMEDIA を持ちだした・・・・・というわけ)  そこから先の道中、CAMEDIA は単なる邪魔者として KiKi の首からぶら下がっていました。  で、以下は μ で撮影した写真になります。

こ~んな道(↓)とか             こ~んな道(↓)

035b.JPG    052b.JPG   

を犬に引っ張られながら、首から邪魔なカメラをぶらぶらさせ、歩くのはなかなか骨の折れる仕事でしたが、マイナスイオンたっぷりの環境なのでまあ許せる・・・・・っていう感じでしょうか(笑)

以下、紅葉の景色を何枚かの写真でお楽しみください。

微妙な葉色のコントラストにため息・・・   近くの岩山(名前は知らない)が垣間見え

033b.JPG     034b.JPG

ところどころ水が流れ             枯葉のカーペットがいかにも心地よさ気で

 

036b.JPG     037b.JPG

愛犬ノルンは遊歩道を無視してショートカット(?)をしたがって引き吊られること数度 ^^;

 

038b.JPG     043b.JPG  

047b.JPG  

 

ところで・・・・・

事前に i-mode で検索していた吾妻渓谷の紹介文をこちらでちょっとご紹介。

変化に富んだ景色に恵まれた渓谷は散策に最適

約4kmにわたって続く渓谷は、関東有数の名峡として知られている。  カエデ、クヌギなどに彩られた渓谷には「吾妻峡十景」と呼ばれる見所があり、奇岩などが楽しめる。  そのほとんどが訪ねられるハイキングコースは全長2km弱。  ゆっくり歩いて片道40分ほどなので家族連れでも楽しめる。

 

これが家族連れで楽しめるハイキングコースだったんでしょうか???  想像以上にキツイんですけど・・・・・。  上り下りは激しいし、道は狭いし、少なくとも山歩き用の靴(登山靴である必要はないけれど、最低でもトレッキングシューズじゃなきゃ歩けないと思う)じゃなければとてもじゃないけれど来れないと思うんですけど・・・・・・。  で、帰宅してみてググッてみました。  吾妻渓谷。

 

遊歩道は設置されているが、舗装などの近代的整備が行われている部分はなく、全行程にわたり急勾配が連続し、急斜面に沿った細い部分や沢を渡る部分などもあり、歩行には注意を要する。  過去に多くの観光客が足を滑らせるなどして滑落死している。  特に、遊歩道からはみ出ることは自殺行為である。  また、遊歩道の一部に手すりが設けられている。

 

うんうん、こちらの説明の方が KiKi の実感にピッタリ来ます。  ほら~ノルン。  君の行為は自殺行為だったんだよ!!!  君は私と心中でもする気だったのかい????  

 

 

 

ま、それはさておき、 この説明の差はいったい何????  過去に多くの観光客が滑落死しているところが家族連れで楽しめるハイキングコースなんでしょうか???  う~ん疑問だ。  実際、駐車場付近にはデートで訪れたと思しき若いカップルが何組かいたんだけど、女性のほとんどは高いヒールの靴を履いていらっしゃいました。  あの靴ではこの遊歩道に下りることさえできないでしょう。

 

さらにさておき、最近前原国土交通省大臣の名前とセットでニュースで目にする「八ッ場ダム」の建設予定地ってここだったんですねぇ。  ウィキペディアによるともしもあの「八ッ場ダム」が当初の計画通り建設されるとすると「関東の耶馬渓の異名をも持ち、群馬県の上毛かるたには"耶馬渓しのぐ吾妻峡"という札まであり、若山牧水が愛した景勝でもあるらしい吾妻峡の上流4分の1が水没してしまう」のだそうな。  う~ん、本当に必要なものならともかく(ダムを造らないと水害に困っている人がいるとか、関東の水がめとしてここしか候補がないとか)、個人的にはこの景色は残してほしいなぁ・・・。  少なくとも KiKi は来年の新緑の季節にはもう一度ここに来たいと思うので(笑)

 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://poco-a-poco.chu.jp/mt/mt-tb.cgi/389

コメントする

2015年2月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28

Current Moon

CURRENT MOON

東京のお天気


山小舎のお天気


Booklog



ブクログ

アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.261

TrackbackPeople

クラシック・ピープルの Trackback People Site


チェロ ラヴァーズの Trackback People Site


Piano~ぴあの Trackback People Site


ピアノオススメ教本の Trackback People Site


ピアノ教室の Trackback People Site


Book Love Peopleの Trackback People Site


本好きPeople・ぴーぷるの Trackback People Site


今日読んだ本の Trackback People Site


ファンタジーが好き♪の Trackback People Site


この絵本がすごい!の Tackback People Site


児童書大好き♪の Trackback People Site


ハヤカワepi文庫の Trackback People Site


岩波少年文庫応援団の Trackback People Site


薪ストーブの Trackback People Site


週末は田舎暮らしの Trackback People Site


野菜育てPeopleの Trackback People Site


ガーデニングの Trackback People Site


パッチワークキルトの Trackback People Site


あなたの訪問は?


日めくりカレンダー


Real Time News


カテゴリ

ノルンはいくつ?

本が好き!


読書メーター

KiKiさんの読書メーター
KiKiさんの読書メーター

最近読んだ本

KiKiの最近読んだ本

今読んでいる本

KiKiの今読んでる本

読了目標





今やってるゲーム

KiKiの今やってるゲーム

このブログ記事について

このページは、KiKi (Brunnhilde)が2009年11月 8日 23:30に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ちいさなちいさな王様 A.ハッケ/M.ゾーヴァ」です。

次のブログ記事は「灰色の畑と緑の畑 ウルズラ・ヴェルフェル」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

高速運賃





Edita

ブロガー(ブログ)交流空間 エディタコミュニティ

名言黒板


作家別タグ