群馬県立天文台を訪ねて

| コメント(0) | トラックバック(0)

今週末も KiKi はLothlórien(山小舎)に来ています。  土曜日は生憎のお天気で、あたかも薪を消耗するために来たかの如くだったのですが(^^;)、今日、日曜日は昨日とはうって変わっての快晴でした。  で、今日はかねてからのお目当ての観光地「妙義山 日暮らしの景」の紅葉風景を見に行こうか・・・・とも思ったのですが、毎週毎週紅葉の写真のご紹介ばかりではちょっと芸がないかな・・・・と。  で、よくよく考えてみるとLothlórien(山小舎)を構えて以来、草むしりやら耕運機がけやら薪割りやらの労働ばかりで過ごしていて、案外近場の名所(?)を訪ねていないことに改めて気が付いてしまいました。  そこで、以前より気にはなっていたもののまだ一度も訪ねていなかった「県立ぐんま天文台」を訪ねてみることにしました。

実はね、Lothlórien(山小舎)のガス・水道・電気代を支払うために、KiKi は群馬銀行に口座を開設しているんだけど、その時その口座を開設したのは池袋支店だったんですよね。  で、その池袋支店で担当窓口となってくださった銀行員さんとおしゃべりをした時にも「ああ、KiKi さんの山小舎は県立天文台のそばなんですねぇ。  いい所ですよね。」な~んていう風に会話にのぼっていた(つまり群馬県では有名らしい)し、Lothlórien(山小舎)に設置したグランドピアノの調律を初めてお願いした際に調律師さんとの電話での会話の際にも「ああ、そのご住所だったら県立天文台の近くですね。  私も何回か行ったことがありますよ。」な~んていう風に会話にのぼったりもしていて(やっぱり群馬県では有名らしい)、ず~っと気になる施設ではあったんですよね~。

でもね、この天文台。  近いからいつでも行ける・・・・という気の緩みがあるのに加えて、山の上にあるので寒いだろうし、ついでに言うと駐車場から結構歩いて登らなくちゃいけないと聞いていたので、やっぱりお天気のいい日に行きたいなぁ・・・・・という思いがあったわけですが、お天気がいいということは絶好の畑仕事日和なわけです。  で、結局今日まで行かずじまいで過ごしてきてしまった・・・・というわけ。  でもせっかく今日は思い立ったので、すべての労働は放棄して、天文台に向かうことにしました。

愛犬ノルンは山小舎にお留守番させて、さっそく天文台に向かいました。  駐車場から約600メートルの遊歩道があるらしいのですが、たまたま今日は閉鎖中(?)とのことなので、それとは別の林道を歩きます。  なんでもこの付近には「ツキノワグマ」が出没することもあるらしい・・・・・ ^^;  「出るなよ~、絶対出るなよ~」と念じつつ歩きます。  結構厚着をしていたせいか、クマに対する緊張感のせいかは不明ですが、ほんのちょっとだけ汗ばんだ頃に天文台に到着しました。  事前に電話で確認してみたら、14時から「館内案内ツアー」があるとのことで、たまたま KiKi が到着したのが13時半ぐらいだったので、まずは屋外展示物に足を向けてみました。

037.JPG

いきなり目に飛び込んできたのがこれ(↑)。  これが何物なのかまったくわからないまま掲示板を読んでみると、これは「サムラット・ヤントラ」という名前のインドの日時計を模したものなんだそうです。  上の写真で半円形になっている部分(「赤道環」と呼ぶらしい)に影がさしているんだけど、近づいてみるとそこに目盛が打ってあって、その目盛で記されている時間からこの場所だと16分引いて(日本標準時の明石と群馬の違い分)、さらに11月だと15分引いて(この15分を均時差と呼ぶらしい)求められた時刻が現在時刻なのだとのこと。  実際に計算してみたら KiKi のクオーツ時計でドンピシャリその時刻をさしていました。  すご~い!!!!  子供の頃に日時計の話はいくつか聞いたことがあるけれど、ここまで正確に時刻がわかった例は経験したことがなかっただけに、こりゃ面白い!!!!

039.JPG

次に目に飛び込んできたのがこれ(↑)  さっきの「サムラット・ヤントラ」のミニチュア版みたいなのが12個並んでいます。  これは「ラシバラヤ・ヤントラ」というもので、こちらは12個のそれぞれが黄道12宮に対応し、黄道12宮が南中した時に黄道の北極を向くようになっていて、これによって惑星の位置を黄道座標で測定できる装置なんだそうですが、KiKi には何のことやらチンプンカンプン ^^;   大体、天文学に興味を持ったことがなかったので、「黄道」が何なのかとか「黄道12宮」が何なのかとか「黄道座標」がどんなにすごいものなのか・・・・とかまったく理解できません。  漠然とした記憶では「黄道12宮」と「星座占い」に何らかの関連があったように思うんだけど、もともと星座占いに限らず「占い」と名がつくものに興味がない KiKi なので、こちらは大した感動も持たず「へぇx5」くらいで素通り(笑)  いずれにしろこれら2つの建造物の実物(オリジナル)はインドのニューデリーの中心街、コンノートプレースから南側に15分くらい歩いたところにあるのだそうです。  インドというと「カレー」と「サリー」と「IT産業」ぐらいしかイメージがなかったんだけど、すごい所だったんですねぇ。  あ、でも考えてみると四大文明の1つもインドだったっけ・・・・。  

041.JPG

最後の構築物がこれ(↑)  ストーンサークルでこれはイギリスのストーンヘンジを模したものなんだそうです。  このストーン・サークルでは日没 & 日の出の太陽の位置を観察することで暦がわかるんだとか。  実際、この写真の向こう側(ストーンサークルを超えた側)に丸い石がいくつか置いてあって、そこに「立夏・立冬」とか書いてあるんだけど、そこに立ってさらにその向こうに置いてある銀色の柱を向いたところがそれぞれの季節の日没の場所なんだとか・・・・。  その丸い石をたどりながらその銀色の柱を見てみると、「太陽は東から昇って西へ沈む」と子供の頃に習ったけれど、「西って案外広いんだ!(要は北西から南西まで)」ということが実感できちゃう展示物になっていました。  

(参考: 県立ぐんま天文台の屋外展示のページ

面白~い!!  KiKi は子供の頃、こんなものを見たことがなかったから天文学にはまったく興味を持たなかったけれど、ここに小学生の頃に遊びに来ていたら「大きくなったら天文学者になりたい!!」と思ったかも・・・・・・・・・・・しれません。

    

で、これらの展示物を見たついで・・・・・と言っては何なんだけど、せっかく山の上まで歩いてきたので、四方を見渡してみました。

035.JPG   044.JPG

046.JPG   049.JPG

  いや~、なかなかの絶景です。  この地にLothlórien(山小舎)を持って良かった~。   因みに最後の写真にかすかにLothlórienの屋根が写っています(笑)

で、そろそろツアーの開始時間になる・・・・・ということで、屋外展示物から天文台を振り返った写真がこちら(↓)

050.JPG  

その後約1時間の館内ツアーで、楽しいお話をたくさん聞かせていただき、さらにその後の30分間で「宇宙の立体投影」という宇宙旅行チックな体験をさせていただきました。  夜にはこの天文台に設置されている望遠鏡(150cm反射望遠鏡 & 65cm反射望遠鏡)で天体観望もさせていただけるのだとか。  今日の夜は東京に帰らなくちゃいけないから見に来ることはできないけれど、いずれまた機会をみて是非再訪してみたいと思いました。

帰りがけ、受付に置かれていた KiKi の大好きな岩波ジュニア新書の中の「天文台へ行こう」という本を今日の記念に購入しました。  この本の著者の方は現在こちらの「県立ぐんま天文台」の天文台長さんなんだそうで、サイン入り本が売られていました(笑)。

5154AKZTAZL__SL500_AA240_.jpg   (Amazon)

 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://poco-a-poco.chu.jp/mt/mt-tb.cgi/392

コメントする

2015年2月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28

Current Moon

CURRENT MOON

東京のお天気


山小舎のお天気


Booklog



ブクログ

アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.261

TrackbackPeople

クラシック・ピープルの Trackback People Site


チェロ ラヴァーズの Trackback People Site


Piano~ぴあの Trackback People Site


ピアノオススメ教本の Trackback People Site


ピアノ教室の Trackback People Site


Book Love Peopleの Trackback People Site


本好きPeople・ぴーぷるの Trackback People Site


今日読んだ本の Trackback People Site


ファンタジーが好き♪の Trackback People Site


この絵本がすごい!の Tackback People Site


児童書大好き♪の Trackback People Site


ハヤカワepi文庫の Trackback People Site


岩波少年文庫応援団の Trackback People Site


薪ストーブの Trackback People Site


週末は田舎暮らしの Trackback People Site


野菜育てPeopleの Trackback People Site


ガーデニングの Trackback People Site


パッチワークキルトの Trackback People Site


あなたの訪問は?


日めくりカレンダー


Real Time News


カテゴリ

ノルンはいくつ?

本が好き!


読書メーター

KiKiさんの読書メーター
KiKiさんの読書メーター

最近読んだ本

KiKiの最近読んだ本

今読んでいる本

KiKiの今読んでる本

読了目標





今やってるゲーム

KiKiの今やってるゲーム

このブログ記事について

このページは、KiKi (Brunnhilde)が2009年11月15日 10:55に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「アラビアン・ナイト(上)(下) ディクソン」です。

次のブログ記事は「りこうすぎた王子  アンドルー・ラング」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

高速運賃





Edita

ブロガー(ブログ)交流空間 エディタコミュニティ

名言黒板


作家別タグ