のだめカンタービレ #12 Review

| コメント(0) | トラックバック(0)

のだめカンタービレ #12
作:二ノ宮知子 講談社

51GPHV5HCVL__SL500_AA240_.jpg  (Amazon)

芸術とアムールの街(パリ)で音楽も恋も七転八倒?

新学期が始まり授業レベルの高さに圧倒されたのだめ、早くも挫折!?  指揮者修業の旅を終え4ヶ月ぶりにパリに戻った千秋の助言も耳に届かず・・・・・・。  ふたりの関係も音楽活動も急展開 & 新展開!!  (単行本裏表紙より転載)

 

君がそうやって言いたいこといっぱいあるみたいに他の作曲家だって言いたいこといっぱいあるのにネー。  君はその声を本能的に感覚的にしかとらえない。

なるほど・・・・・  深いなぁ。  KiKi もピアノを練習している中である意味でのだめちゃんと同じ、曲の奏でる声を本能的・感覚的にしかとらえようとしていないような気がします。  まあ、楽曲のアナリーゼなることを真剣にやったことってあんまりないし・・・・・。

「怖かったんだ・・・・  売れなかったら評価されなかったらどうしようって・・・・・  ボクの絵は本当に趣味で独学だったし・・・・・」  「大丈夫よ  芸術は人の目や耳に触れてまたそだっていくんだから」

あ、イタ~ッ!  これって何となくわかる。  KiKi もね、前にこのエントリーでお話ししたようにピアノを弾いているなかですぐに「正規の教育(≒音大)を受けていないし、趣味ですから・・・・・」と逃げる傾向があって、前に師事した先生に「音楽をやるものにプロもアマチュアもありません」と諭されたっけ・・・・・。  その後、師事した先生方にも常に「演奏会(といっても発表会みたいなもの)に出ましょうよ。」「いえ、私は曲を期日までに仕上げられる自信がありませんから。」「この前仕上げたアレを弾けばいいじゃない。」「いや~、当日も忙しいかもしれないし・・・・・。」という会話を繰り返してきているような気がします。

決して人の評価を気にしているわけじゃない・・・・・・つもりなんだけど、KiKi の場合怖いのは、舞台で頭が真っ白になっちゃうこと。  昔はそんなことなかったんだけど、ここ何年かは「アレ?」と思った時には止まっちゃう癖ができちゃってねぇ・・・・・。  ま、それはさておき、やっぱり芸術っていうのは人の目や耳に触れてナンボ・・・・なんでしょうねぇ。

     

それにしてもムッシュ長田。  いい味出してます♪  KiKi には何となくムッシュ長田の描いた「ターニャ」「フランク」「のだめ」&「千秋」の絵は彼らの演奏の持つ雰囲気がダイレクト&鮮明に伝わってくるような気がします。

バッハは KiKi も子どもの頃は苦手でした。  それまでずっとホモフォニー(和声付単旋律音楽)の音楽を勉強していたのにいきなりポリフォニー(復旋律音楽)になって、左手は伴奏だから小さく小さくという練習ばかりをしてきたのに、いきなり左手にもメロディーが現れたり、1つのメロディーが左手から右手に繋がったり・・・・・。  頭ではわかってもそれを実際に奏でようとしてもバランスが悪くなっちゃってどんな音楽なのかわからなくなっちゃったり・・・・・。  でもね、趣味で音楽をやるようになってから、もしくは大人になってからはバッハが好きになりました。  黒木君の言うように「バッハは心を洗われる・・・・・」は今の KiKi にはわかるけど、子供時代の KiKi にはわからなかったなぁ・・・・・。

のだめちゃんの「正しいカレー」という表現で何を言わんとしているのかは実は KiKi にはよくわからないんだけど、確かにロマン派の音楽に比べると、自由度が少ないというか、そんな感じはします。  特にバッハの場合、1回指使いを間違えると後が続かないことが多いし・・・・・・。  そこへ行くとロマン派の音楽は色々な指使いが通用する部分があるような気がしないでもないし・・・・・。

さて、恒例の音楽紹介です。  

  

シベリウス 交響曲第2番 Op. 43
  (千秋のパリ・デビュー曲 Part3 フィンランドで決まったらしい ^^;)

シューマン クライスレリアーナ Op. 16
  (Rui のCD リストの「超絶技巧練習曲」じゃないほう)

ラヴェル マ・メール・ロア
  (千秋のパリ・デビュー曲 Part1@管弦楽版 のだめのアナリーゼ開眼@ピアノ版?)

シューベルト ピアノソナタ第16番 D. 845  
   (のだめ、オクレール先生に感銘を与えた1曲をレッスンで弾く)

武満徹 遠い呼び声の彼方へ!
  (千秋のパリ・デビュー曲 Part2)

ベートーヴェン ピアノソナタ第8番「悲愴」 Op. 13
  (パリのアパルトマンで久々の千秋レッスン)

バッハ 平均律クラヴィーア曲集第2巻 第14番 BWV883
  (オクレール先生のレッスン課題曲)

バッハ 平均律クラヴィーア曲集第2巻 第5番 BWV874  
   (リュカのレッスン課題曲)

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://poco-a-poco.chu.jp/mt/mt-tb.cgi/427

コメントする

2015年2月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28

Current Moon

CURRENT MOON

東京のお天気


山小舎のお天気


Booklog



ブクログ

アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.261

TrackbackPeople

クラシック・ピープルの Trackback People Site


チェロ ラヴァーズの Trackback People Site


Piano~ぴあの Trackback People Site


ピアノオススメ教本の Trackback People Site


ピアノ教室の Trackback People Site


Book Love Peopleの Trackback People Site


本好きPeople・ぴーぷるの Trackback People Site


今日読んだ本の Trackback People Site


ファンタジーが好き♪の Trackback People Site


この絵本がすごい!の Tackback People Site


児童書大好き♪の Trackback People Site


ハヤカワepi文庫の Trackback People Site


岩波少年文庫応援団の Trackback People Site


薪ストーブの Trackback People Site


週末は田舎暮らしの Trackback People Site


野菜育てPeopleの Trackback People Site


ガーデニングの Trackback People Site


パッチワークキルトの Trackback People Site


あなたの訪問は?


日めくりカレンダー


Real Time News


カテゴリ

ノルンはいくつ?

本が好き!


読書メーター

KiKiさんの読書メーター
KiKiさんの読書メーター

最近読んだ本

KiKiの最近読んだ本

今読んでいる本

KiKiの今読んでる本

読了目標





今やってるゲーム

KiKiの今やってるゲーム

このブログ記事について

このページは、KiKi (Brunnhilde)が2009年12月15日 06:50に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「NHK「坂の上の雲」第3回 Review」です。

次のブログ記事は「日本を教育した人々 斎藤孝」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

高速運賃





Edita

ブロガー(ブログ)交流空間 エディタコミュニティ

名言黒板


作家別タグ