のだめカンタービレ #13 Review

| コメント(0) | トラックバック(0)

のだめカンタービレ #13
作:二ノ宮知子 講談社

51E4982D8RL__SL500_AA240_.jpg  (Amazon)

音楽も恋も波瀾万丈で新章突入!

アムールの街パリでノエルを迎えた千秋とのだめ。  しかし日々のすれ違いにキレた千秋が別れを宣言!?  季節は春になり、千秋にはオケの常任指揮者の依頼が来るが・・・・・。  そしてのだめは、スランプの元凶となった Rui と遭遇!?  (単行本裏表紙より転載)

千秋君のオランダ土産のチーズとニシンの酢漬けと自分へのご褒美のワイン!  う~ん美味しそう!!!  確かにヨーロッパでノエルに食するものとしては冷たすぎる気がしないでもないけれど(少なくとも KiKi はLothlórien_山小舎での冬の食事は鍋かポトフかシチューだし 笑)それでもやっぱり美味しそうだぁ!!!!  のだめちゃんは放っておいて、是非是非お相伴させていただきたいものです。

恵ちゃんがこの国でも活き活きとしている理由(わけ)がわかった気がする――  フランス人にも負けない自己主張

うんうん、KiKi もね、外資系の会社でお勤めしていた期間が結構長いので、外人社会での社交において結構大事なのがちゃんと自分を持っていること、我儘とは別の種類の自己主張がないといけないっていうのはよ~くわかります。  日本人の感覚からすると「えっ!  そんなにはっきり言っちゃっていいの?」と思うようなことも、言わないよりは言った方がいい。  た・だ・し・・・・・ 相手の言うこともちゃんと聞いて尊重してあげたうえで・・・・・という前提条件がつくんですよね。  KiKi もそのコツを掴むのに1年以上かかりましたけど(笑)  特に拠って立つものが異なる異文化の人たちとのコミュニケーションでは、それがかなり重要だったりするんですよね~。

そういう意味ではのだめちゃんみたいなタイプって日本でより海外でのほうが受け入れられやすいかもしれません。  

ま、それはさておき、物語は痴話喧嘩へ。  ここらあたりで恋愛ボルテージの強弱関係がちょっと崩れてきます。  それまでは恋愛ボルテージは明らかに のだめ > 千秋 だったと思うんだけど、何か事が起こらない限りにおいては、のだめ < 千秋 という構図が見え隠れします。  やっぱり千秋君としてはパリデビューの後、「変態の森へ」突入しちゃって、ある種のフツーの恋愛関係を期待するようになってきちゃったみたい・・・・・ですね。  

 

ところで・・・・・KiKi は音楽には比較的長~いこと触れてきた自負があるんですけど、音楽業界のことには極端なまでに疎くて、様々なオケの常任指揮者がどう決まるのか?とか、定期演奏会のプログラムがどのように決められていくのか?とか、常任指揮者と音楽監督の力関係?とか、そういうことはまるで知りませんでした。(と言うより興味がなかった?)  それがこの漫画を通して、「へぇ、そうやって決まっていくんだ」ということが少しだけわかったような気がします。

因みにマルレ・オケの音楽監督という設定で出てくるデ・プリースト氏。  KiKi は1度だけ都響の演奏会(実は一時期都響の会員だった)で彼の演奏を聴いたことがある(彼が都響の常任指揮者になるということで、その顔見世興行的な演奏会だったように思う)んだけど、前任のベルティーニとの相性がものすごくよかった印象があるだけに、「今度の常任指揮者との相性はどうなんだろうか?」とおっかなびっくりだった記憶があります。  もちろん、そんな KiKi の不安は打ち消してくれる演奏だったんですけどね。  まさに「幸せな夜」でした(笑)。  因みにネット上にデプリーストさんと二ノ宮さんの対談の模様がアップされていました。

マルレ・オケの定期演奏会でショックを受け、久々に登場するのが「恐ろしいオケ」の代名詞(?)Sオケ。  のだめちゃんをして「破壊力がある」と言わしめるオケの常任指揮者になった千秋君の今後の活躍が楽しみです。  ま、この際「ニッサン・トヨタ」というしょ~もない偽名を使ってでも、何をしてでもいいので頑張ってください♪  再生マルレ・オケ、音を聴いたことはないけれど、KiKi も期待しています(笑)  一方、鬼門の Rui と遭遇しちゃったのだめちゃん。  こちらは正直なところ、KiKi にとってはどうでもいいお話なんだけど・・・・・ ^^;

では恒例の登場音楽のリストアップです。

  

ショパン ノクターン第8番 Op. 27-2
  (のだめ、レッスン曲 「ん、素敵ね!」 by マジノ先生)

バッハ 平均律クラヴィーア曲集第2巻
  (声部ごとの練習♪ KiKi もよくやるけど、声で歌ったことはなし・・・・)

プーランク ピアノ、オーボエとバソンのための三重奏曲 FP43
  (ヤキトリオの試験曲; この漫画で登場した KiKi の聴いたこともない音楽 Part2)

リムスキー=コルサコフ スペイン奇想曲  
   (マルレ・オケ 定期演奏会の演目 Part1 「集団食中毒の日?」 by のだめ)

ドビュッシー 交響詩「海」
  (マルレ・オケ 定期演奏会の演目 Part2 ♪パ ホー♪ 「今日は最悪」 by お客さん)

デュカス 交響詩「魔法使いの弟子」
  (千秋 マルレ・オケ代振りの1曲目 激突! 千秋 vs コンマス・シモンさん)

ラヴェル ボレロ
  (のだめ マルレ・オケで千秋との共演なるか???

 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://poco-a-poco.chu.jp/mt/mt-tb.cgi/428

コメントする

2015年2月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28

Current Moon

CURRENT MOON

東京のお天気


山小舎のお天気


Booklog



ブクログ

アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.261

TrackbackPeople

クラシック・ピープルの Trackback People Site


チェロ ラヴァーズの Trackback People Site


Piano~ぴあの Trackback People Site


ピアノオススメ教本の Trackback People Site


ピアノ教室の Trackback People Site


Book Love Peopleの Trackback People Site


本好きPeople・ぴーぷるの Trackback People Site


今日読んだ本の Trackback People Site


ファンタジーが好き♪の Trackback People Site


この絵本がすごい!の Tackback People Site


児童書大好き♪の Trackback People Site


ハヤカワepi文庫の Trackback People Site


岩波少年文庫応援団の Trackback People Site


薪ストーブの Trackback People Site


週末は田舎暮らしの Trackback People Site


野菜育てPeopleの Trackback People Site


ガーデニングの Trackback People Site


パッチワークキルトの Trackback People Site


あなたの訪問は?


日めくりカレンダー


Real Time News


カテゴリ

ノルンはいくつ?

本が好き!


読書メーター

KiKiさんの読書メーター
KiKiさんの読書メーター

最近読んだ本

KiKiの最近読んだ本

今読んでいる本

KiKiの今読んでる本

読了目標





今やってるゲーム

KiKiの今やってるゲーム

このブログ記事について

このページは、KiKi (Brunnhilde)が2009年12月16日 06:04に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「日本を教育した人々 斎藤孝」です。

次のブログ記事は「エルガー 行進曲「威風堂々」 Op. 39」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

高速運賃





Edita

ブロガー(ブログ)交流空間 エディタコミュニティ

名言黒板


作家別タグ