のだめカンタービレ #23 (最終巻) Review

| コメント(0) | トラックバック(0)

他のエントリーよりも優先して書き綴ってきた「のだめ Review」。  それもついに最終巻を迎えました。  個人的にはこの全23巻のうち中だるみ的になっちゃった巻やら、不満やら何やらもあったけれど、総じて見るとやっぱりクラシック音楽をここまで大々的に扱ってくれたマンガはこれまでにあまり見たことがないような気がするので、やっぱり好きな漫画でした。  二ノ宮先生、ありがとう♪  そして、千秋君 & のだめちゃん、お疲れさまでした。  因みに KiKi の一番好きなキャラは実はターニャでした。(やっぱりピアニストがお気に入り ^^;)  ターニャの弾く「楽長クライスラー不在のクライスレリアーナ」は是非聴いてみたかった♪    

のだめカンタービレ #23
作:二ノ宮知子 講談社

51V09+UU+EL__SL500_AA240_.jpg  (Amazon)

ついにグランド・フィナーレ!

紆余曲折の末、無事パリへ帰還したのだめ。  仲間に囲まれて再びピアノに向かうのだが、音楽への思いは以前と違っていた。  その様子を知った千秋が、一大決心!!  のだめに好きな道を歩ませようとするが、彼女の演奏を聴いて・・・・・・!?

まあ、あちらこちらで辛口の批評がいっぱい出ているのであんまりそれには触れたくないけれど、やっぱり絵の粗さが目立つ号だということだけは、隠しようのない事実・・・・・という気がします。  留学編がない方がよかったという意見もあるようだけど、KiKi は留学編が結構好きでした。  特に、若い身空で家族や恋人から離れて何かを手に入れようと必死で頑張っている青春群像物語っていうのは昨今ではちょっとカッコ悪い生き方とされる「熱さ」とか「必死さ」があって、ものすご~く共感することができました。  やっぱり人間、頑張るときには頑張らなくちゃ・・・・・みたいな感じで。  もちろん KiKi は「ストイックな生き方が正しい!」とまでは思っていないんだけど、やっぱり人生の中で「ストイックな時間を持つ瞬間はあるべき」だろう・・・・とは思っているので・・・・(笑)

さて、大成功のデビュー公演以来行方不明ののだめちゃんを想い、「すっかり見失っている」ことに茫然自失気味の千秋君。  そんな千秋君にとって格好の話し相手になったのはなぜか、「世界で一番嫌いだったはずの千秋パパ。」  それにしても・・・・絶縁親子の復縁 Dinner & 千秋君悩みごと相談のメニューが「山盛りフライドポテト」とはどういうセンスなんだ? この親子。  呪文料理を得意とする千秋君がメニューに拘らない時点で、千秋君には黄色信号が点滅していること間違いなしです。  (缶詰とどっちがタチ悪いのかなぁ・・・・・ ^^;)

ま、いずれにしろようやく傷心の旅(?)から帰国したのだめちゃんは何故かヤドヴィカと太鼓遊びに夢中になったり、幼稚園の先生ごっこに興じたり・・・・・。  う~ん、やっぱりよくわからない子だなぁ。  演奏家になりたくてもなれなくて(というよりその前段のコンクールで惨敗?)ある意味、落ち武者みたいな感覚で帰国せざるをえないユンロンがそんなのだめを見ていてイライラするのはものすご~くよくわかるような気がします。  のだめちゃんは決してユンロンをイライラさせような~んていうことは思ってもいないんだけど、相変わらずマイペースののだめちゃんのやっていることは対ユンロン(ある意味では対ターシャでもある)と言う目で見ると「無神経」なんですよね~。  天才ってホントにムゴイことを自覚なくしちゃうからタチが悪い・・・・・・。         

それでもオレはやっぱり 何度でもあいつをあの舞台に連れていきたいと思うんだ このピアノを聴くたびに

・・・・ということで久々に千秋君が勇気を振り絞ってのだめちゃんを誘ってみたら、即決却下。  

「コンチェルトはもうミルヒーとやったし あれ以上の演奏・・・・  先輩となんかできるわけない。  怖いんです。  自分だってあれ以上に弾ける気がしないのに 一番大切な先輩との共演が もしダメだったらって思うと・・・・・  先輩のことも好きじゃいられなくなりそうで。」

う~ん。  なんとなくわかるような気もするけれど、やっぱりのだめちゃんって自分勝手だなぁ・・・と思わずにはいられない。  そもそも言い方にもトゲ・・・・というか毒があるような気がしちゃうんですよね~。  「先輩となんか」って、そういう言い方ってあるかなぁ???  千秋君が言うように本当に「ヒドイ」と思う・・・・。  

そういう意味ではコンチェルトを断られた千秋君が誘った「モーツァルトの2台ピアノのためのソナタ」で、天才のだめちゃんが終楽章で土石流のように崩れ落ちてくれたのは幸いだったと思うんですよね。  やっと千秋君がわずかながら「オレ様キャラ」を取り戻し、「ムラッ気は相変わらずか!?  昔と違うおまえってどこだ!?」な~んて言ってます。  そうそう、この2人のやりとりはこうじゃなくちゃいけません。  でも結局のだめちゃんは自分が好きなように、気持ちよ~く演奏させてもらえることを一番大事にしていて、結局はあんまり変わっていないような・・・・・・。  天才だから許されることだよなぁ・・・・・・。

何百年も前に記された音符が 生まれ育った国も 性別も目の色も なにもかも違うふたりに同じ音を思い描かせる。  わかりあえないと思っていた人と たった一音でわかりあえたり 惹かれあったり 今も昔も変わらない―――。

う~ん、それが千秋先輩とだけじゃなくて世界中にそんなのがいっぱいあるはずだってわかったのはどのタイミングだったんだろうか??  このあたりの話の進め方がもうちょっと丁寧に描かれているとよかったのになぁ。  

さて、それはまたさておき、のだめちゃんが知らないうちに成長しているのに対し、「のだめ2世」みたいなヤツが誕生しております。  それはあのリュカ。  のだめちゃんが「千秋先輩とのコンチェルト」に拘り続けていたように、今度はリュカが「のだめ先輩?とのコンチェルト」に拘り続けるようになりそうな予感が・・・・・。  途中から指揮者を目指し始めたような雰囲気のリュカ。  こちらは正当な英才教育を受けている天才なだけに、どんな風に成長するのか個人的にはとっても楽しみ♪です。  誰か、彼を主人公にしたクラシック音楽漫画を描いてくれないかなぁ・・・・・(笑)            

ダリウス・ミョー 「スカラムーシュ」 サクソフォンと管弦楽のための組曲
  (千秋 ブラジルのオケ客演演目 Part1)

シューマン 組曲「子供の情景」 Op. 15
  (のだめ 幼稚園の先生ごっこで弾いている曲)

ショパン ワルツ第6番 Op. 64-1 「子犬のワルツ」
  (のだめ 幼稚園の先生ごっこで弾いている?曲)

ベートーヴェン ピアノソナタ第31番 Op. 110  
   (「のだめ先生 やる時はやるんデスヨ」 千秋君、涙・・・・)

モーツァルト 2台のピアノのためのソナタ K.448  
   (のだめちゃんと千秋君 久々の連弾 終楽章で土石流のように崩れ落ちる・・・・)

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://poco-a-poco.chu.jp/mt/mt-tb.cgi/442

コメントする

2015年2月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28

Current Moon

CURRENT MOON

東京のお天気


山小舎のお天気


Booklog



ブクログ

アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.261

TrackbackPeople

クラシック・ピープルの Trackback People Site


チェロ ラヴァーズの Trackback People Site


Piano~ぴあの Trackback People Site


ピアノオススメ教本の Trackback People Site


ピアノ教室の Trackback People Site


Book Love Peopleの Trackback People Site


本好きPeople・ぴーぷるの Trackback People Site


今日読んだ本の Trackback People Site


ファンタジーが好き♪の Trackback People Site


この絵本がすごい!の Tackback People Site


児童書大好き♪の Trackback People Site


ハヤカワepi文庫の Trackback People Site


岩波少年文庫応援団の Trackback People Site


薪ストーブの Trackback People Site


週末は田舎暮らしの Trackback People Site


野菜育てPeopleの Trackback People Site


ガーデニングの Trackback People Site


パッチワークキルトの Trackback People Site


あなたの訪問は?


日めくりカレンダー


Real Time News


カテゴリ

ノルンはいくつ?

本が好き!


読書メーター

KiKiさんの読書メーター
KiKiさんの読書メーター

最近読んだ本

KiKiの最近読んだ本

今読んでいる本

KiKiの今読んでる本

読了目標





今やってるゲーム

KiKiの今やってるゲーム

このブログ記事について

このページは、KiKi (Brunnhilde)が2009年12月26日 12:15に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「エルガー 交響曲第1番 Op. 55」です。

次のブログ記事は「ポール・キャスナー Viva! 薪ストーブクッキング」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

高速運賃





Edita

ブロガー(ブログ)交流空間 エディタコミュニティ

名言黒板


作家別タグ