のだめカンタービレ #3 Review

| コメント(0) | トラックバック(0)

今日も引き続き「のだめカンタービレ」です。  

のだめカンタービレ #3
作:二ノ宮知子 講談社

21HZF6TX17L__SL500_AA140_.jpg  (Amazon)

専制君主・千秋の指揮者デビュー!

世界的に有名なドイツ人指揮者・シュトレーゼマンが編成したSオケの副指揮者になった千秋。  でも、千秋のモテモテぶりにムカついたシュトレーゼマンは千秋に宣戦布告してSオケを脱退してしまう。  オヤジ(シュトレーゼマン)が新たに率いる編成Aオケと定期公演で対決することになってしまった千秋は猛特訓を開始するが・・・・・。  負けられないこの勝負がついに幕開け!!  (単行本裏表紙より転載)

第3巻冒頭、のだめちゃんと一緒に頭がクラクラしてきてしまった KiKi。  まあ、漫画なんでいわば背景的に描かれている部分は飛ばして読んでしまえばいいことはわかっているんだけど、ついつい読んでしまいました。

2)次の近親転調を含むソプラノ課題を実施しなさい。  (後期試験の問題)

あれぇ、近親転調ってなんだっけ???  近親調は知ってる。  転調も知ってる。  でも、近親転調って何????  ソプラノ課題を実施するって?????  ????????  ふぅ、音大に進学しなくてよかった~ 266.gif  これって日本語ですか?????  試験中に泣いてしまうのだめちゃんに妙に感情移入してしまう KiKi です(苦笑)。

そして大笑いしたのがこのままでは留年してしまうという危機感に襲われたのだめ&峰君の一夜漬けドイツ語講座。  確かに語学テキストっていくつかのパターンの文法やらイディオムを学ばせようとするあまり「会話が成立していないじゃない!」と思うような会話が出てこないじゃないけれど、「興味をもって勉強しろ!  どうしてこう言うのか?とかこの意味は何だろうか?とか」と言われて2人の落ちこぼれが一所懸命考えた「興味」の矛先が・・・・・・。  

更に、更に大笑いしたのがSオケを思うようにリードできなくて煮詰まった感マンマンの千秋君にのだめちゃんが差し出したものがあの「プリごろ太」。  のだめちゃんってボケボケキャラかと思いきや、ホントふとした言動、しかも本人にはあまり自覚のない言動が千秋君に Nice! な影響を及ぼしているところがすごいなぁ。   

 

ず~っとSオケのリハを見てきて、「得意の耳」で聴き取った音楽をピアノで弾きながら「いかづち~!  大雨~!  どっきゅ~ん!  足音足音  泥棒泥棒」と口ずさむのだめちゃん。  う~ん、英雄のどの部分に該当するんだろう・・・・・。  これは一度解明してみる必要がありそうです(笑)  ドラマでは7番でこれ(↑)をやっていたから、3番で探さなくちゃ!!

のだめちゃんとのピアノデュオでもそうだったし、峰君の試験の時もそうだったし、ここSオケのデビューでもそうなんだけど、千秋君が偉いなぁと思うところは、「人事を尽くして天命を待つ」みたいな腹の据わり方ができているところです。  要は準備の段階では完璧を求めて妥協を許さないんだけど(それが時に専制君主的に見えたりもするんだけど)、本番直前では「楽しもう!  自由にやっていいから」と言えちゃうところ。  人一倍強い「評価してもらいたくて仕方ない渇望感」みたいなものを持っている癖に、Sオケみんなの根強い要求に応えて、「やるなら、ここだろ」と「ジミヘン弾き」を許し、「これでもう正当な評価は消えたな・・・・」と思いつつも、「でも、楽しい♪」と満足できるところ。

のだめちゃんとのデュオの時に思い出した生涯の師、ヴィエラ先生の言葉「身震いするほど感動する演奏ができることなんて本当に稀だ」、そしてそれを実感したのだめちゃんとのデュオ、そしてKiKi がこの漫画の中で実は一番のお気に入りのキャラ、谷岡先生の言葉「よかったねぇ千秋君。  なんか壁こえたみたいで・・・・」をちゃんと理解できちゃう力・・・・・。  これって半端な能力じゃないと思うんですよね~。    

物語冒頭では単なるオレ様キャラと言っても過言ではなかったような千秋君の、この短時間での吸収力・めざましい成長に思わず目を細めてしまいます。    

ところで・・・・・#3 は「千秋君、成長の巻」というエピが多いだけに登場する音楽の量は、これまた一段と少ないようです。 

ベートーヴェン 交響曲第3番「英雄」 Op. 55  
   (Sオケ 定期公演デビュー曲)

なんせ、千秋君もようやく副指揮者から正指揮者になったばかり、のだめちゃんは目下のところ「千秋先輩 Love 266.gif」でまともにピアノに触りもしていないので(^^;)寂しい限りです。  そうそう思い出せば、初読の時は特にこのあたりの巻では KiKi は誰が主役の漫画なのか、わからなくなってしまったような記憶が・・・・・(笑)  

尚、こうやってまともに演奏曲を拾ってリストを作成してみると、やっぱりこの漫画がスタートしたばかりの頃はクラシック音楽の中でも本当に超メジャーな曲ばかりが扱われていることがわかって個人的には面白いなぁ・・・・・と。  最終巻で出てきたミヨー作曲、サクソフォンと管弦楽のための組曲 「スカラムーシュ」な~んていう曲は、結構クラシック音楽には親しんでいるつもりの KiKi であっても「ああ、あの曲ね・・・・」な~んていう風には思えない(聴いたことがあるのかないのかさえわからない ^^;)わけだけど、前半は「え~、これ知らない・・・・」な~んていう曲はなかったものなぁ。 

    

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://poco-a-poco.chu.jp/mt/mt-tb.cgi/410

コメントする

2015年2月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28

Current Moon

CURRENT MOON

東京のお天気


山小舎のお天気


Booklog



ブクログ

アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.261

TrackbackPeople

クラシック・ピープルの Trackback People Site


チェロ ラヴァーズの Trackback People Site


Piano~ぴあの Trackback People Site


ピアノオススメ教本の Trackback People Site


ピアノ教室の Trackback People Site


Book Love Peopleの Trackback People Site


本好きPeople・ぴーぷるの Trackback People Site


今日読んだ本の Trackback People Site


ファンタジーが好き♪の Trackback People Site


この絵本がすごい!の Tackback People Site


児童書大好き♪の Trackback People Site


ハヤカワepi文庫の Trackback People Site


岩波少年文庫応援団の Trackback People Site


薪ストーブの Trackback People Site


週末は田舎暮らしの Trackback People Site


野菜育てPeopleの Trackback People Site


ガーデニングの Trackback People Site


パッチワークキルトの Trackback People Site


あなたの訪問は?


日めくりカレンダー


Real Time News


カテゴリ

ノルンはいくつ?

本が好き!


読書メーター

KiKiさんの読書メーター
KiKiさんの読書メーター

最近読んだ本

KiKiの最近読んだ本

今読んでいる本

KiKiの今読んでる本

読了目標





今やってるゲーム

KiKiの今やってるゲーム

このブログ記事について

このページは、KiKi (Brunnhilde)が2009年12月 7日 19:44に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ベートーヴェン ピアノソナタ第8番「悲愴」 Op. 13」です。

次のブログ記事は「のだめカンタービレ #4 Review」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

高速運賃





Edita

ブロガー(ブログ)交流空間 エディタコミュニティ

名言黒板


作家別タグ