NHK「坂の上の雲」第5回 Review

| コメント(2) | トラックバック(0)

第5回 留学生 2009年12月27日(日) 放映
 【総合テレビ】 午後8時00分
 【デジタル衛星ハイビジョン】 午後5時30分
 【衛星第2】 午後10時00分

明治28年(1895年)9月、真之(本木雅弘)は「筑紫」が呉に帰還したのを機に、松山に子規(香川照之)を見舞った。  その頃、子規は大学時代からの友人である夏目金之助(後の漱石・小澤征悦)が松山中学の英語教師として赴任しており下宿をともにしていた。  帰途、真之が律(菅野美穂)に子規の病状を尋ねると、自分が必ず治してみせると律は気丈に答えるのだった。  やがて、帰京することになった子規は、途中、大和路を散策。句に「柿食えば 鐘が鳴るなり 法隆寺」。

明治30年6月、海軍の若手将校に海外留学の話が持ち上がる。  真之はヨーロッパの大国への留学よりも、敢えて新興国アメリカへの留学を決意。  真之の親友・広瀬武夫(藤本隆宏)は将来の日露の衝突を予見し、ロシアへの留学を希望する。  出発を前に見舞いにきた真之に、子規は命がけで俳句を作ると決意を語る。

留学中、真之は世界的に著名な海軍の戦術家アルフレッド・マハン(ジュリアン・グローバー)に教えを乞い、勃発したアメリカ・スペイン戦争では観戦武官となる機会を得た。  その報告書は日本の海軍史上比類なきものといわれている。  一方、広瀬はロシアで諜報活動の役むきも果たしていた。  そんな中、海軍大佐の娘アリアズナ(マリーナ・アレクサンドロワ)と知り合い、見事なダンスを披露して喝采を浴びる。

真之はアメリカで新興国の勢いを感じ、伝統にとらわれない合理的な戦術に目を見張ることになる。  また、駐米公使の小村寿太郎(竹中直人)から日英同盟の構想をきかされるとともに、英国駐在武官を内示される。

明治33年、(1900年)1月、真之は英国を目指す船上にあった。  世界情勢はヨーロッパ列強に日本、アメリカが参入し、新しい時代を迎えようとしていた。

pic_story05_01.jpg   pic_story05_02.jpg

NHK松山放送局のHPより転載)


日清戦争での壮絶な体験を経て、物語の3人の主人公はそれぞれが目指す世界を見据え、羽ばたいていく。  そんな回だったように思います。  自らの命令により可愛がっていた部下を失った真之は「自分は軍人として生きてゆけるのか」と苦悩していました。  でも、そんななかでアメリカ留学を決めたところに彼の覚悟・・・・のようなものを感じます。  又、喀血し脊椎カリエスも発症する子規は自らの残り少ない時間をひしひしと感じる中で、自分の生きた証として何が遺せるのかに拘ります。  まるで物見遊山に出かけるかのごとくに従軍記者を目指していた時の子規は、時代の雰囲気に浮かされた若者・・・・という印象が否めなかったのですが、ここへきていきなり成熟した感があります。  そして、「迷い」とは無縁に見える好古は後進指導に新しい道を見出しています。

誰も彼もが通り過ぎる「自分が得たものを何らかの形で世に生かすにはどうするべきか?」という問いに真っ向から真摯に対峙する姿に好感を覚えました。  彼らはこれまでの人生から得たものを自分のなかで消化し、それを足がかりにさらに成長しようとしています。  その姿は彼らがいかに生きることに対して真剣であったかを説得力をもって示してくれています。  ただ、そんな彼らが突入していく時代は決して安穏とした幸せには満ちていないけれど・・・・・。  
 

戦争、それも明治期に日本が初めて経験する対外的な戦争という大舞台の中、軍人である好古、真之兄弟とその軍人仲間たち・・・・はどうしても1つ1つの経験が派手になり、それなりにカッコよくみえがちで、そんな時代に軍人ではない文人側は、子規のように病という大きな壁があればこれはまたそれなりにドラマティックになりがちですが、天の邪鬼のKiKi はこの時代の夏目金之助(後の世の文豪ではない)の姿に何となく興味が惹かれました。

自嘲的に「軍人さんのようにお国のために働くことができない僕たち・・・」と言いながら、性に合わない(?)と本人は思っているらしい教師を生業とし、道後温泉で愚痴をこぼしている金之助さん。  今ではその道後温泉に「坊ちゃんの間」な~んていう立派なものまであるにも関わらず、肝心要のご本人は当時はお湯につかりながら独り言をぼやいていた・・・・・な~んていうのが何となく人間くさくていいなぁ・・・・・と。  もっともあのジメジメ・ウジウジ感が災いしてしまったんでしょうね、栄光の日本円札からは早々にご退場いただくことになってしまいましたけど(笑)

渡米した真之さんが、偶然にも再開したのがかつての英語教師、高橋是清さん(西田敏行)。 お二人が One Day Trip で出かけられたのがナイアガラの滝で、そこでのガイドさんが元インディアン。  はっきりとは聞きとれなかったんだけど、その元インディアンさんが「イロクワ族(?)の末裔」ということだそうで、それって以前このエントリーでちょっとだけ KiKi が言及したイロコイ族のことなんでしょうか?  もしもそうだとすると彼らの歴史上で果たした役割が実際のところどういうものだったのか俄然興味が湧いてきます。  で、あちこち探し回ってみたんだけど、実は今のところ KiKi には消化不良(^^;)なんですよね~。  なんせこんな感じなんですよ。  ま、いずれにしろ KiKi にとっては未知の単語だったイロコイ族をこんなところで再び耳にするとはびっくりです(笑)

        

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://poco-a-poco.chu.jp/mt/mt-tb.cgi/454

コメント(2)

 KIKi様今日は。もう2年ぐらい前になりますでしょうか、KIKI様にメールをお送りした、越後の国長岡市の住人で越後のオックスと申すものです。ご無沙汰しております。
 yokochan様、Shushi様、minamina様のブログに生き恥を晒すような(?)書き込みをいつもさせていただいております。
 最新記事から拝読いたしました。ご両親の介護、本当にご苦労様です。私の母も、実母(私の祖母)の介護に本当に苦労しておりました。
 ドラマ「坂の上の雲」、泣いたり笑ったりしながら毎回見ておりました。司馬さんの原作もドラマも大好きです。坂の上とは無関係かもしれませんが、塩野七生さんの熱烈なファンでもあります。ドラマ坂の上は、第3部になると日露戦争が苛烈なものになっていくだけに凄惨なシーンが多くなっていきましたよね。第11話「203高地」は見るのが辛いほど沢山日露両軍とも兵隊さんが死にますよね。司馬さんの原作も、ドラマも鑑賞せずに知ったかぶりで「右翼ドラマ」とか「軍国主義礼賛作品」とか言う心無い人たちもおりますが、、あの旅順要塞攻略の凄惨な戦闘シーンを見て、「戦争ってカッケー」とか「オレも人を殺してみてぇ」なんて感想をもつ人がいるでしょうか?それに乃木さんは自分が無能であること、そのために多くの兵が死んでいくことを誰よりも知っていますよね。だから親友の児玉さんに頭を下げて頼むのですよね。「お前が指揮してくれるとあれば安心じゃ。わしは思い残すことなく203高地へ突撃することが出来る」…私は思い切り泣きました。それに最終回「日本海海戦」で生きて奥さんのところに帰ってきた真之さんが「坊さんになりたい。坊さんになって日本人も露西亜人も等しく供養したい」と泣き崩れるところで私も全身の水分を涙にして垂れ流してしまうほど泣きました。これが日本海海戦に英雄と言われた人の本心だったのですね。
 実は私は物凄いアナログ人間で、URLというのが何なのかもよくわからなかったのです。それで貴ブログへの書き込みも本当に遅くなってしまいました。KIKI様が掲示板であれば喜んでお付き合いさせていただきますよと言って下さったのに長い間ご無沙汰して失礼いたしました。不束者ですがどうか今後もお見知りおきください。

コメントする

2015年2月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28

Current Moon

CURRENT MOON

東京のお天気


山小舎のお天気


Booklog



ブクログ

アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.261

TrackbackPeople

クラシック・ピープルの Trackback People Site


チェロ ラヴァーズの Trackback People Site


Piano~ぴあの Trackback People Site


ピアノオススメ教本の Trackback People Site


ピアノ教室の Trackback People Site


Book Love Peopleの Trackback People Site


本好きPeople・ぴーぷるの Trackback People Site


今日読んだ本の Trackback People Site


ファンタジーが好き♪の Trackback People Site


この絵本がすごい!の Tackback People Site


児童書大好き♪の Trackback People Site


ハヤカワepi文庫の Trackback People Site


岩波少年文庫応援団の Trackback People Site


薪ストーブの Trackback People Site


週末は田舎暮らしの Trackback People Site


野菜育てPeopleの Trackback People Site


ガーデニングの Trackback People Site


パッチワークキルトの Trackback People Site


あなたの訪問は?


日めくりカレンダー


Real Time News


カテゴリ

ノルンはいくつ?

本が好き!


読書メーター

KiKiさんの読書メーター
KiKiさんの読書メーター

最近読んだ本

KiKiの最近読んだ本

今読んでいる本

KiKiの今読んでる本

読了目標





今やってるゲーム

KiKiの今やってるゲーム

このブログ記事について

このページは、KiKi (Brunnhilde)が2010年1月 6日 21:25に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「エルガー 序奏とアレグロ Op. 47」です。

次のブログ記事は「ジークフリート伝説 (ワーグナー「指環」の源流) 石川栄作」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

高速運賃





Edita

ブロガー(ブログ)交流空間 エディタコミュニティ

名言黒板


作家別タグ