ニーベルンゲンの指環 ラインの黄金 (音楽:クナ 本:アーサー・ラッカム絵)

| コメント(2) | トラックバック(1)

さて、今年はリングで幕を開けた KiKi。  で、その元本でもある「ニーベルンゲンの歌」関連のエントリーを連日書いてきたりしていたわけですが、久々に怒涛のリング熱に浮かされ始めちゃったみたいです。  ま、たまたま、新しい iPod を購入したことによって KiKi のお宝「リングCD」を4本もデータ転送して、極力見ないようにしてきたCDを棚から出しちゃった・・・・・ということもあったもので・・・・・ ^^;  ま、こうなったら毒を食らわば何とやら・・・・ということで、リングに嵌るのもありかな?と自分勝手に思い込むことにしてしまおうかな・・・・しちゃってもいいよね・・・・・しちゃえぃ!・・・・しちゃうしかないでしょ・・・・という4段活用に至ってしまいました。  こうなったら「リング祭り」でやんす!  

何がお祭りかって???  それはね、せっかくの機会なので、お宝CD(のうちの1つ)とお宝本を同時にご紹介しちゃうことにしたからなんです。  

ま、てなわけで本日の KiKiの1曲と1冊はこちらです。

 

ワーグナー ニーベルンゲンの指環 ラインの黄金
ORFEO C660 513Y 演奏:クナッパーブッシュ指揮 バイロイト56年ライブ

KnappertsbuschRing56.jpg  (Amazon)  

 

ニーベルンゲンの指環 ラインの黄金
作・R. ワーグナー 訳:寺山修司 絵:アーサー・ラッカム  新書館

2010Jan12_001.JPG  (Amazon)

CDの方はカイルベルト盤にしようか、クナッパーブッシュ盤にしようか、ベーム盤にしようかと散々悩んだ挙句に今回はクナ盤の56年バイロイトライブを選びました。  上記(↑)の Amazon Link でご紹介しているものと KiKi が持っている Box (画像のもの)とでは見た目がちょっとだけ違うんですけど、データを見る限りでは同じもの・・・・のようなので、恐らく現在ではこの形で販売しているんだろうと解釈してこのリンクを張っておきました。

ま、最近の録音ものに比べると音はちょっとだけよくない(ちょっとオケの音が引っ込んだ感じ?)けれど、逆に言えば歌が前面に出てきていて、それはそれでいいかな・・・・と。  ま、それに iTunes で再生する分にはそれが気になって不満に思うというほどの問題ではないので・・・・・ ^^;  それよりはやっぱり良くも悪くもそこそこ評判のあるクナの56年ライブであるっていうことが大切だろうと思うんですよね~(笑)  

で、基本的にはオペラは極力、映像つきでご紹介してきている KiKi ですが、今回はそのポリシーを曲げてまでしてCDを取り上げているので、手元に本を置いて、それを読みながらの鑑賞としてみようという趣向です。  で、実は KiKi は本の方もこれとは別の新書館発行の本も持っているんだけど、ここはやっぱりお宝のアーサー・ラッカムの挿絵入りの本の方をご紹介するタイミングだろうな・・・・・と。

この本の表紙の挿絵、ちょっと見難いだろうと思うので本物をご紹介しておくとこんな感じです。

ring17.jpg

(↑) ライン河をはさんで、山頂から神々の城ワルハラへ虹の橋がかかる。

ラインの黄金!
おまえはあたしたちの涙の結晶!
夕陽に照り返す輝かしい財宝!

あたしたちの心の歌声!
おまえはどこへ行ってしまったの?
もう一度あたしたちのふるさとへ帰っておいで!
ラインの黄金!

ラインの黄金! 涙の結晶!
月光のため息! ・・・・・帰っておいで。
再びあたしたちのライン河の水底で光っておくれ!
水に揺らめいてこそ、詩も真実もあるが、
上のお城が持っているのは、いつわりの月日だけ!
呪われろ! 呪われろ! 呪われろ!

 

素敵でしょう、この挿絵。  ラッカムですものね~。  こんな幻想的な挿絵が満載の本が今では絶版なんですよね~。  復刊する気はないんでしょうか? > 新書館さん

 

さて、では読書しながら音楽鑑賞としゃれこんでみましょう。  黄金の50年代にバイロイトで収録されたこのクナのライブ盤。  どちらかというとテンポはゆっくりめ・・・・でしょうか。  歌手陣はこんな感じです。

ヴォルフガング・ヴィントガッセン(T): ジークフリート & ジークムント (← お疲れ様 汗)
アストリッド・ヴァルナイ(S): ブリュンヒルデ & ノルン3 (← こちらもお疲れ様 汗、汗)
ハンス・ホッター(Br): ヴォータン & さすらい人
ヨゼフ・グラインドル(Bs): ファーゾルト、フンディング、ハーゲン
グスタフ・ナイトリンガー(Bs): アルベリヒ
パウル・クーエン(T): ミーメ
ルートヴィヒ・ズートハウス(T): ローゲ
ヘルマン・ウーデ(Br): グンター
グレ・ブラウエンスタイン(S): フライア、ジークリンデ、グートルーネ  等々

う~ん、やっぱりホッターのヴォータンはゲルマンの神っていう感じでいいですねぇ。  この声とこの絵(↓)のヴォータンはなんともピッタリとはまっている感じがしますし、まさに KiKi が思い描く北欧神話の神様っていう威厳があります。  これに比べるとやっぱりレヴァイン盤のジェイムズ・モリスさんは、決して嫌いじゃないけれどヤンキーの神様っていう軽さがあるような・・・・・ ^^;

ring12.jpg  (後ろにいる槍を持った人がヴォータン、手前の赤毛はローゲ)

(↑)アルベリッヒは、ローゲとヴォータンを前に誇らしげに魔法の兜をかぶり、巨大なへびに変わってみせる。

これは、これは、何とも恐ろしい大蛇ちゃん!
おれを呑んでもいいから、ローゲの命は助けてくれよ!

ローゲに関して言うならば、もうちょっとズル賢い感じが出ている方がいいかも(笑)  そういう意味ではバレンボイム盤のグレアム・クラークさんが KiKi は結構ツボかもしれません。  彼は決して美声じゃないと思うんだけど、あの役にはピッタリな感じがするんですよね~。  ミーメもちょっと全うすぎるかも・・・・。

たとえおれが悪事を行ったとしても、
それは自分に対して、勝手に罪を作るに過ぎないが、
神のお前がおれの指環を奪うことは、
この万世のすべてのものに対して罪を作ることになるのだぞ!  

う~ん、やっぱりここが深いところですねぇ。   そしてこれに続く、アルベリヒの呪いの言葉。  ああ、かくて賽は投げられた・・・・ていう感じです。

とりあえずラインの黄金全曲を聴いてみての感想は・・・・・・

やっぱりオケが引っ込み気味(特にこのラインの黄金では)なのが、最近の録音に馴らされた耳にはちょっと物足りない感があるかも・・・・・。  せっかくのクナなのにねぇ・・・・・。  それでもやっぱりクナのリングはそれだけで有難味がありますなぁ。

追記: このエントリーは2010年1月12日、四季さんのブログの関連記事に TB させていただきました。
 

トラックバック(1)

トラックバックURL: http://poco-a-poco.chu.jp/mt/mt-tb.cgi/460

[amazon] [amazon] [amazon] [amazon] ワーグナーによるオペラ「ニーベルンゲン(ニーベルング)の指環」原作、全4巻。北欧神... 続きを読む

コメント(2)

わあー、すごい。
やっぱりワーグナーはオペラを知らないと片手落ちですよね…
という私は本当に本当に片手落ちです。
いや、分かってはいるんですけど…!

全曲というのはやっぱりまだ私には荷が重いので(DVDも)
CDでハイライトを、と思うんですけど
そうなるとKiKiさんはどれがオススメですか?
カラヤンとベルリンフィルのCDがまた入手できるようになってたので
今のところ、それを考えてるのですが…
KiKiさんのエントリを拝見してもなかなか良さそうだし。
他にコレは!というのがあったら教えてください~。

コメントする

2015年2月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28

Current Moon

CURRENT MOON

東京のお天気


山小舎のお天気


Booklog



ブクログ

アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.261

TrackbackPeople

クラシック・ピープルの Trackback People Site


チェロ ラヴァーズの Trackback People Site


Piano~ぴあの Trackback People Site


ピアノオススメ教本の Trackback People Site


ピアノ教室の Trackback People Site


Book Love Peopleの Trackback People Site


本好きPeople・ぴーぷるの Trackback People Site


今日読んだ本の Trackback People Site


ファンタジーが好き♪の Trackback People Site


この絵本がすごい!の Tackback People Site


児童書大好き♪の Trackback People Site


ハヤカワepi文庫の Trackback People Site


岩波少年文庫応援団の Trackback People Site


薪ストーブの Trackback People Site


週末は田舎暮らしの Trackback People Site


野菜育てPeopleの Trackback People Site


ガーデニングの Trackback People Site


パッチワークキルトの Trackback People Site


あなたの訪問は?


日めくりカレンダー


Real Time News


カテゴリ

ノルンはいくつ?

本が好き!


読書メーター

KiKiさんの読書メーター
KiKiさんの読書メーター

最近読んだ本

KiKiの最近読んだ本

今読んでいる本

KiKiの今読んでる本

読了目標





今やってるゲーム

KiKiの今やってるゲーム

このブログ記事について

このページは、KiKi (Brunnhilde)が2010年1月12日 21:29に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ニーベルンゲンの歌 & ニーベルンゲンの宝 G. シャルク」です。

次のブログ記事は「「ニーベルンゲンの歌」の英雄たち W. ハンゼン」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

高速運賃





Edita

ブロガー(ブログ)交流空間 エディタコミュニティ

名言黒板


作家別タグ