オトマール・スゥイトナーを偲んで・・・・・

| コメント(4) | トラックバック(1)

今日、たまたま、仕事の合間にこそっと隠れてお馴染みのクラシック音楽サイトのお友達のところを散策して歩いていたら、あまりにも悲しいニュースに打ちのめされてしまいました。  KiKi も大好きだったマエストロ、オトマール・スゥイトナーの訃報に接したのです。  正直、最初のお一人目(いつもコメントや TB をいただいている yurikamome さん)のところでこの事実を知った時は、もちろん yurikamome さんはこんな性質の悪い嘘や冗談を仰る方ではないことは百も承知なんだけど、「ウッソォ~!!!」っていう感じでした。  でも、彼のエントリーにこれまたこのサイトにも色々とコメントや TB を頂戴している yokochan さんのコメントを発見し、そちらにもお邪魔してみたところ、「ウソじゃないのか・・・・・」と若干茫然。  そして、3度目の正直・・・・・とばかりに最後のお一人、romani さんのサイトにお邪魔し、やっと「ホントのことなんだ・・・・・・」と、納得? いえ、 覚悟ができた・・・・・そんな感じです。

KiKi にクラシック音楽の素晴らしさを色々と教えてくださった多くの音楽家の方たちが、近年、まるで先を争うかのように鬼籍に入っていかれるのは悲しい限りです。  どうしてこうなっちゃったんだろう??  まあ、それだけ KiKi も歳をとった・・・・・ということだと言ってしまえばそれまでなんですけど、何だかプライベートにとても大切にしてきた1つの時代が終焉を迎えているような、そんな心もとなさ・・・・というか、寂しさ・・・・・というか、そういうものに打ちのめされた、そんな気分です。

ま、そんなわけで、今日は1曲・・・・・といわず、スゥイトナーさんを偲んで、KiKi がず~っと大切にしてきたCDにじっくりと耳を傾けたいと思います。

モーツァルト交響曲集
TKCC-15019 演奏:オトマール・スゥイトナー(指揮) & シュターツカペレ・ドレスデン 録音:1974~1975

c0021859_2224149.jpg  (Amazon)

  

悲しすぎるほど美しいよぉ・・・・・。  思い起こせば、このCD、不遜にも「モーツァルトって耳触りはいいんだけどちょっとねぇ・・・・・」な~んていうことを、公言して憚らなかった時代の KiKi にガツンと喝を入れてくれたCDでした。  当時の KiKi は「正直なところちょっと聴き飽きた」・・・・・というような感覚でモーツァルトを斜に構えて捉えていた時代でした。  でもね、そんな KiKi に整然としているけれどみずみずしいリリシズムで訴えかけてくるこのモーツァルトは一種特殊なものに感じられました。  これからも大切に聴いていきたいと思います。    

トラックバック(1)

トラックバックURL: http://poco-a-poco.chu.jp/mt/mt-tb.cgi/462

 スイトナーが亡くなったそうであります。 世界的指揮者のスウィトナー氏が死去  彼には私は恩があるのです。  ベルリンやドレスデンのシュター... 続きを読む

コメント(4)

おはようございます。
「スウィトナーのモーツァルトは、やはり特別のものだった」といまさらながら感じています。
彼のような芸風の指揮者が本当に少なくなってしまいましたね。
いまの時代は、マスコミ受けするような何か(ルックス・キャリア・派手なパフォーマンス等々)がないと、一般受けしないのかもしれません。

そういえば、スウィトナーの「魔笛」がDVDでリリースされますね。ベルリン国立歌劇場の1980年東京ライブです。
じっくり彼の至芸を偲びたいと思います。

こんばんは。
TBありがとうございました。
すばらしい、リング多面攻勢ですね!!!
びっくりこいてます(笑)

でも笑っていられないのが、スゥイトナーの逝去でした。
わたしは、ほかでも書いてますが、自分の老いとも考え合せ、時の経過に大ショックを受けている真っ最中なんです。
ばらの騎士のマルシャリン状態ですよ。

日本人が愛した、スゥイトナーさん。
かつてのシュタインも、存命のサヴァリッシュも、日本と相思相愛。
わたしたちは、本物を見極め、とことん好きになり人種ではないでしょうか。
まだまだ捨てたものじゃありませんよ。
一時のブーム演奏家に、マスコミはたかりますが、本物を芸術愛好家はしっかり見極めてますよね。

追悼番組もいくつかあるようです。
名匠をしばらく偲んですごしそうです。

コメントする

2015年2月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28

Current Moon

CURRENT MOON

東京のお天気


山小舎のお天気


Booklog



ブクログ

アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.261

TrackbackPeople

クラシック・ピープルの Trackback People Site


チェロ ラヴァーズの Trackback People Site


Piano~ぴあの Trackback People Site


ピアノオススメ教本の Trackback People Site


ピアノ教室の Trackback People Site


Book Love Peopleの Trackback People Site


本好きPeople・ぴーぷるの Trackback People Site


今日読んだ本の Trackback People Site


ファンタジーが好き♪の Trackback People Site


この絵本がすごい!の Tackback People Site


児童書大好き♪の Trackback People Site


ハヤカワepi文庫の Trackback People Site


岩波少年文庫応援団の Trackback People Site


薪ストーブの Trackback People Site


週末は田舎暮らしの Trackback People Site


野菜育てPeopleの Trackback People Site


ガーデニングの Trackback People Site


パッチワークキルトの Trackback People Site


あなたの訪問は?


日めくりカレンダー


Real Time News


カテゴリ

ノルンはいくつ?

本が好き!


読書メーター

KiKiさんの読書メーター
KiKiさんの読書メーター

最近読んだ本

KiKiの最近読んだ本

今読んでいる本

KiKiの今読んでる本

読了目標





今やってるゲーム

KiKiの今やってるゲーム

このブログ記事について

このページは、KiKi (Brunnhilde)が2010年1月13日 20:12に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「「ニーベルンゲンの歌」の英雄たち W. ハンゼン」です。

次のブログ記事は「山小舎暮らしの醍醐味」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

高速運賃





Edita

ブロガー(ブログ)交流空間 エディタコミュニティ

名言黒板


作家別タグ