山小舎暮らしの醍醐味

| コメント(0) | トラックバック(0)

お正月はLothlórien_山小舎で過ごした KiKi ですが、先週末は風邪のため(インフルエンザではありませぬ)こちらに来ることができず1週、お休みしてしまいました。  でもね、今週は本調子・・・・とまではいかないまでも、そこそこ体調も回復してきたので、療養を兼ねて(?)再び山小舎篭りをしております。  こちらは寒さは厳しいものの、やっぱり空気がいいので、都会でどこかストレスを感じつつ週末を過ごすことができない体質になりつつある KiKi です(苦笑)

ま、それはさておき、1週間ぶりに来てみたら、案の定、待っていたブツが届いていました。  いえね、今回本調子じゃないにも関わらず、山へ向かったのは上記(↑)のような精神的な問題もあるけれど、それより何より気になっていたのがそのブツのこと あ~んど お正月は雪に閉ざされていたので「次回来た時にしょっと♪」と先延ばしにしていた、年始のご挨拶のことが気になってきたから・・・・というふっか~い(浅い?)事情があったから・・・・・なんですよね。

そのブツとは、11月からこちらへ来るたびに、ひたすら消費し続けているもの。  せっかくある程度ストックができたとほくそえんでいたにも関わらず、最近では減る一方のもの。  その補充が気になって気になって仕方なかった KiKi。  昨年末の段階で、Lothlórien_山小舎を建てた時に色々お世話になった地元材木業者のHさんにお願いしてあったのです。

 

 

 

 

 

「すいません。  今年も薪を4トン車半分ほど注文しておいて下さい」

ってね。  そろそろ来ているだろうなぁと思っていたら案の定、届いておりました。  4トン車半分ほどの薪(と言ってもお店で売っているようなそのまますぐ燃やせるような薪じゃなくて、薪の原材料の切り出したばかりの材木)の山。

P1160642.jpg

おお!  KiKi の冬の命綱!  何という美しく(?)見ごたえのある光景でしょうか?  因みにこの材木の山が置いてあるところは KiKi の地所ではなく、お隣の空き地なんですけどね。  持ち主&開発販売業者(これが地元材木業者のHさん)公認の元、「買い手がつくまでは材木置き場なり畑なり、好きに使っていいよ」と言ってくれている土地です。  去年はほぼ1年がかりでこの材木を切ったり割ったりしておりました(笑)  まあ、去年に比べると、今年の薪(材木)は細めのものが多いので、薪割り作業は少なくてすむかもしれません。  明日はこの材木の山の切り崩し作業(要は1部はこの材木の姿のまま自分の地所の材木置き場へ運び、1部はチェーンソーで玉切りして必要であれば薪割りをする)に取り掛かる予定です。

え?  どうして今日のうちに作業を始めなかったかって?  それはね、

理由1) まだ体調が本調子じゃないのに雪の中で作業をする気分じゃなかった
理由2) 夕べの夜中のうちに移動したので、今朝は寝坊した
理由3) 今日は別の用事(新年の挨拶回りをしなくちゃいけなかった

ま、そんな感じです。  

で、その新年の挨拶まわりのお話をしつつ、KiKi がこの Lothlórien_山小舎を建てる気になってから出会った地元の素敵な方たちのご紹介をしたいと思います。  

 

まず、御1人目はKiKi が何かとお世話になっている地元材木業者のHさん。  実はこの方との出会いがなければ KiKi はこの場所を選ばなかったかもしれません。  Hさんに初めて会ったのは、とある「田舎暮らしの中古物件紹介雑誌」に掲載されていて、KiKi が「これは!」と目をつけた物件の見学に来たときでした。  地元の案内人として初めてお目にかかったとき、KiKi は我が家の愛犬ノルンを連れて、Hさんは同じように愛犬ポン太(レトリバー)を連れて・・・・という状況でした。  犬好き同士・・・・ということで、当初から何となくHさんに親近感を持つことができた KiKi。

でもね、それ以上にその物件を案内してくれた際に色々お話をしているうちに KiKi は直感的に思ったんですよ。  

「ああ、KiKi はこういう人、好きだなぁ。  こういう人に会いたくてこんなこと(田舎暮らし物件めぐり)を始めたのかもしれない。」

ってね。  この場所に決める前、KiKi はかなりの数の中古物件を見にあちらこちらとウロウロしていたんだけど、そのたびに色々な業者さんに会って、中には初めて会った時から何となくウマが合わない・・・・というか、「とにかく成約したい不動産屋的な人」・・・・というか、「長い付き合いはあまりしたくない人」・・・・・というか、そんな人にも何人かお目にかかっていたんですよね。  ところがHさんは何ていうか、全然そういうタイプの方じゃないんですよ。  商売っ気もあるんだか、ないんだか(笑)  でもとにかく人懐っこいタイプで、お話している間笑いが絶えないというか、とにかく「こういう人とだったらなが~いお付き合いをしたいな」って思わせてくれるタイプの人だったんです。

昨年末、最後にお会いしたとき「正月は一緒に飲もうや」とお誘いを受けていたのに、そのお約束を果たせなかった・・・・ということもあって、ご挨拶に伺ったのですが、生憎今日はお目にかかれませんでした。  その代わり・・・・・と言っては何だけど、これまたやっぱりものすご~くお世話になっている息子さんとは年始のご挨拶ができたので、まあ、よしとしましょう。

 

そして御2人目は、この土地の元の持ち主で、地元で酪農を営んでいらっしゃる、Hさん。  この方と初めて出会ったのは土地購入の契約の時・・・・・・ではなく、Lothlórien_山小舎が建って半年以上過ぎた頃・・・・だったように思います。  その日、KiKi は庭で草むしりをしていました。  すると、Lothlórien_山小舎は道路(と言っても車1台が通れるだけの細い村道)に面しているんだけど、その道を1台の軽自動車が走り去りました。  と思うと、走り去ったはずのその車が戻ってきました。  で、しばらくの間、KiKi の家の脇で停車していたんですよね~。  ま、そんなに珍しいことじゃないので、気にもしていなかったんですけど、暫くすると誰かがその車から降りてきて、庭にズカズカと入ってくるんですよ。

 

 

「誰だ???」

 

 

と都会人特有の猜疑心たっぷりでいぶかしく思っていたら、な、な、なんと、この土地の元の地主さんとのこと。  そこからすっかり打ち解けて、色々お話している中で、畑の有機肥料になる牛糞(軽トラいっぱい)をおすそわけ(これをおすそわけと呼んでもいいんだろうか? 笑)していただいたり、絞りたての牛乳を届けていただいたり・・・・・と、今ではすっかりお世話になっている方なんです。

お年始のご挨拶に伺った時はご主人にはお目にかかれず奥さんとだけお話して帰宅したのですが、お年賀返し?に白菜2つとひとかかえのほうれん草をいただいちゃいました。

P1160639.jpg   P1160640.jpg

帰宅して早々に、おばけ鍋(都会では絶対に使わない普通の大きい鍋の2倍以上の大きさの鍋)でほうれん草をゆで、明日は薪割りのかたわら、白菜のお漬物作りにも着手しなければなりません。  (実は12月にも白菜を2つ、貰ったばかり ^^;)  

で、ほうれん草も茹で上がり、お茶を一服・・・・・と思っていたら、見慣れた軽自動車がやってきました。  あれ? と思ったら、お年始のご挨拶ではお目にかかることができなかったご主人が車から降りていらっしゃいます。  

「あら、先ほどお宅へ伺ったんですよ。  どうされました?」

すると、KiKi がお邪魔したときにお目にかかれなかった・・・・・ということでわざわざお越しいただいた・・・・ということのようでした。  し☆か☆も・・・・・・  彼の手には小さな袋が1つ。

 

 

 

 

「あ、うちでマメを煮てあったからよ・・・・・」

 

 

 

 

恥ずかしそうにその袋を差し出すHさん_ご主人。  きっと手ぶらでは来づらかったんでしょうね(笑)  でも奥様から「白菜とほうれん草は持たしてやった」と聞かれ、ほかに何かないか、一生懸命探して煮豆という結論になった・・・・・そんな勝手な想像をすると、ありがたいやら、嬉しいやら。  その煮豆、ほんとに直前まで煮ていらしたんでしょうね。  ほんのりと温かくて、まだ雪が残っているのでかなり寒くて、ちょっとかじかんでいる手になんと優しかったことか・・・・・・。

家に入って一口つまみ食いしてみたら、大きな豆なのにとっても柔らかくおいしく炊けていて再び感動!  今晩の夕飯時の箸休めにさっそくいただきたいと思います。

 

P1160638.jpg 

(↑ 食卓の上なので明るさが足りなくてピンボケ ^^;)

 

 

 

 

「今回は牛乳はいいんかい?」

 

 

 

 

 

いえいえ、このお豆で十分です。  それに KiKi は明日東京に帰らなくちゃいけなくて、Hさんがくださる牛乳はいつも約3リットルもあるので、土曜日の朝にいただかない限り、とてもじゃないけれど消化しきれませんから(笑)

 

 

 

いずれにしろ、とっても素敵な人たちに出会えたこの Lothlórien_山小舎暮らし。  今の KiKi の大切な宝物の1つなのです。  

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://poco-a-poco.chu.jp/mt/mt-tb.cgi/463

コメントする

2015年2月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28

Current Moon

CURRENT MOON

東京のお天気


山小舎のお天気


Booklog



ブクログ

アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.261

TrackbackPeople

クラシック・ピープルの Trackback People Site


チェロ ラヴァーズの Trackback People Site


Piano~ぴあの Trackback People Site


ピアノオススメ教本の Trackback People Site


ピアノ教室の Trackback People Site


Book Love Peopleの Trackback People Site


本好きPeople・ぴーぷるの Trackback People Site


今日読んだ本の Trackback People Site


ファンタジーが好き♪の Trackback People Site


この絵本がすごい!の Tackback People Site


児童書大好き♪の Trackback People Site


ハヤカワepi文庫の Trackback People Site


岩波少年文庫応援団の Trackback People Site


薪ストーブの Trackback People Site


週末は田舎暮らしの Trackback People Site


野菜育てPeopleの Trackback People Site


ガーデニングの Trackback People Site


パッチワークキルトの Trackback People Site


あなたの訪問は?


日めくりカレンダー


Real Time News


カテゴリ

ノルンはいくつ?

本が好き!


読書メーター

KiKiさんの読書メーター
KiKiさんの読書メーター

最近読んだ本

KiKiの最近読んだ本

今読んでいる本

KiKiの今読んでる本

読了目標





今やってるゲーム

KiKiの今やってるゲーム

このブログ記事について

このページは、KiKi (Brunnhilde)が2010年1月16日 17:10に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「オトマール・スゥイトナーを偲んで・・・・・」です。

次のブログ記事は「薪割り(材木切り?)と白菜漬け」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

高速運賃





Edita

ブロガー(ブログ)交流空間 エディタコミュニティ

名言黒板


作家別タグ