GW の Lothlórien_山小舎 Part 3

| コメント(0) | トラックバック(0)

さて、「GW の Lothlórien_山小舎」シリーズのエントリーもこれが最後です。  今日は例の新しく整地していただいたエリアがどんな風になったのかをご報告しておきたいと思います。

新しく整地していただいたエリアはもともとはと言えば坂状の土地でした。  しいたけ置き場の林を段々畑状にしていただいたというのも、坂状の土地にそのままホダ木を置くと何かのはずみで転がってしまうのを防ぐため・・・・ということもありました。  で、その林の手前が KiKi の予定では「バラ & ハーブ園」にする畑エリアです。  そこは自然の景観を生かして、坂のままにしておく・・・・・という選択肢もあったのですが、坂のままにしておくと別の問題が発生します。  それは耕耘機の扱いが難しくなる・・・・ということです。

先日ご紹介した牛糞を混ぜ混ぜした従来からの畑エリアですけど、ちょっと見あそこは平らに見えるんだけど、実はとっても緩やかな坂状の土地で、昨年初めて耕耘機をかけた時、KiKi は下り坂に負けそうになる耕耘機を必死で上へ上へと動かそうとした結果、下敷きになりかかったという苦~い経験があります(苦笑)  そこで今回は、そこの坂を切り崩し、可能な限り平坦な土地にしていただくことをHさんにお願いしました。  その結果・・・・・ 

2010_May5_056.jpg

こ~んな風にまるで盛り土したかのようになってしました。  (因みに土止めとして設置した手前の材木横倒し部分も KiKi の GW の土木作業です ^^;)  で、奥の方はと言えば・・・・・ 

2010_May5_057.jpg

こ~んな風に土地が抉れた状態です。  これをこのまま放置すると雨が降るたびに土砂崩れが起こること必至です。  これは何とか手を打たなくちゃいけません。  石を積むというのも1つの選択肢ですが、そんなお金はもうどこにも残っていません。  仕方ないので植物の力を借りることにしました。  色々な植物をあちこちに植えて、その根がはることにより土を安定化させようっていうわけです。

その前に・・・・・  まずはおおまかなレイアウトを考え、大物を設置します。  「バラ & ハーブ園」の入り口にはやっぱりそれらしいエントランスが必要だろう・・・・ということで最初に設置したのがこちらです。 

2010_May5_049.jpg

いわゆる「バラアーチ」っていうヤツです。  この写真では見難いかもしれないけれど、アーチの左側には「つるばら」の一種を、アーチの左側には「クレマチス」と別の種類の「つるばら」を植え、誘因しました。 

2010_May5_050.jpg

クレマチスは購入した日には花が1つしか咲いておらず、蕾がいっぱいという状況だったのですが、植えた日には見事に咲き誇ってくれちゃっていました。  次に設置したのがこちらです。 

2010_May5_051.jpg

一応敷地のど真ん中にバラを植え、カインズホームで購入した縁飾り(正式名称は知らない・・・・ ^^;)も埋め込みました。 

 

そして、薪小屋2号に一番近い手前エリアには「しだれ桃」を植えました。  こちらはHさんにご紹介いただいた植木屋さんで一目惚れした一品です。  (因みに左奥に見える林がしいたけエリアです。)

2010_May5_055.jpg

で、あとは輪郭の各辺の真ん中あたりに2種類の植物を植えました。  ラベンダーと名前はよく知らない「ユリ科」の植物です。  (名前を知らないユリ科の植物はその植木屋さんで安かったから買ったもの・・・・・ ^^;) 

2010_May5_073.jpg

 

2010_May5_074.jpg

で、「しだれ桃」の手前、盛り土状態の坂が一番きつい部分は「芝桜」と「松葉菊」と「ベゴニア」で補強しました。  因みにこの写真(↓)の左側の坂には「ジギタリス」と「コスモス」を、右側の坂には「ヒマワリ」と「トルコギキョウ」の種を蒔いてみました。 

2010_May5_072.jpg

で、この写真(↑)奥の、坂を削り取った部分には少しずつ距離を開けて、「栗」と「雪柳 x 3 株」を植えてみました。 

2010_May5_052.jpg 栗

2010_May5_053.jpg 雪柳

雪柳手前の抉れているエリアはいずれロックガーデン風に加工する予定・・・・・ ^^;  (できるかどうかはわからないけれど) 

2010_May5_054.jpg

そしてしいたけ置き場の手前、お隣の敷地との境目エリアにはあじさいです。  因みにこのあじさいを植えた場所のさらに奥には、野生の野バラのブッシュがありました。  せっかくなので、その野バラは垣根代わりに生かすことにし、ポールを何本か立てて麻紐を横に張り、そこに誘因してみました。  どうなることやら・・・・・・。

さて、これらの植木をゲットした植木屋さんについてもお話しておきたいと思います。  その植木屋さんは上記のとおり、いつもお世話になっている地元材木業者のHさんにご紹介いただきました。  なぜその植木屋さんをご紹介いただくことになったのか?と言えば、思い起こせば2年前。  KiKi がこのLothlórien_山小舎を建てた際、家の前の庭スペースをどうするか?を考えました。  基本的には週末滞在用の山小舎ですから、定住者のように庭のメンテナンスをすることは不可能です。  そう考えるとお花畑みたいな庭っていうのはちょっと荷が重いなぁと思わずにはいられませんでした。

で、基本コンセプトとしては「庭木の庭(但し和風庭園ではない)」にすべきだろうと思ったのです。  そう決めてから埼玉あたりの園芸屋さんやネットを散策し、色々な木を調達し始めました。  でもね、それってものすご~く大変だったのです。  何が大変かって言うと、当然のことながらそれらの購入した庭木の苗木はまずは東京のマンションに運ばなくちゃいけません。  (山小舎に送りたくても家がまだ建っていないうえに、受取人がいない!)  Lothlórien_山小舎を訪問する週末までマンションのベランダに並べると洗濯物を干すスペースがなくなってしまいます ^^;

で、とりあえずベランダに程よい本数の苗木を並べておいたとしても、今度はLothlórien_山小舎を訪ねる日にそれを KiKi の愛車に積み込んで、現地では積み下ろしをしなくちゃならないのです。  最初のうちはそれで頑張っていたんだけど、やっぱり限界を感じちゃったんですよね~。  何せ KiKi の愛車はシティ・カーなのですから・・・・・。

あれこれ考えた結果、この際Hさんにお願いして地元で調達してもらうのが一番じゃないかと思い至り、ダメもとでとりあえず聞くだけ聞いてみようと

「Hさん。  ものは相談なんだけど・・・・・。」

と切り出してみたところ、拍子抜けするぐらいあっさりと

「ああ、いいよいいよ。  どんな木が欲しいか教えてくんな。」

と二つ返事で承知していただけちゃったのです。  で、現在 KiKi の庭(もともとあった庭の方ね)に植わっている植木の8割がたはHさんが調達しておいてくださったのです。  実際のところ、お願いしていた木とは必ずしもすべてがいっちしていたわけじゃないんですけどね(笑)  でもね、それでもいいやと思えたのは KiKi が都心部で購入した1割強の庭木のお値段とHさんが調達しておいてくださった8割がたの庭木のお値段がほぼ同額だったんですよね~、これが。

ま、そんな経緯があったので、今回新しいスペースができるにあたって庭木を調達する際には、そんじょそこらの園芸店ではなく、必ずHさんが調達してくださった庭木屋さんにお願いしようと考えていたのです。  で、ご紹介いただいたのがF造園のFさんです。  

初めてFさんのところにお邪魔した日(この連休中ですが)、まずはご自宅の居間にご案内いただき、お茶とお菓子をご馳走になりながら、約1時間、庭木とはまったく関係ないお喋りに花が咲いてしまいました(笑)  で、その後Fさんの敷地内の庭木を見ながら「これがいい」「あれがいい」とその場で注文し、翌日に掘りあげていただき、翌々日の午前中にピックアップに伺うことで話がまとまりました。

その際、ついでに仕入れた花もあったりなんかして・・・・・・(笑)  最後に、ほぼ「サービス」状態で分けていただいた花々もご紹介しておきましょう。

  2010_May5_063.jpg  ケマンソウです 

2010_May5_064.jpg  ワスレナグサです

 

さて、最後の最後に、もう1つだけ KiKi が思い立った新たな「お楽しみ」についてもちょこっとだけお話しておきたいと思います。  それはこれ(↓)なんですけど、何だかわかります??

2010_May5_010.jpg  緑色の物体の中にあるものがソレ

ちょっと見難いだろうからアップにしてみましょうか?

 

 

 

  2010_May05_008.jpg  

これでわかるかなぁ????  

 

 

 

じゃあ、さらにアップ!

 

2010_May5_009.jpg

これ、薪切りしたときに出てくるいわゆる「オガクズ」です。  それを今、せっせと干しているところ。  これを使って何をするのでしょうか??

 

 

 

 

答えは・・・・・・・・

 

 

 

いえね、ちょっくら「燻製作り」なるものにも挑戦してみようかなぁと思いまして・・・・・・。

このお話に関しては、まだ燻製ボックスのご紹介ができる状態にないので、後日、別エントリーでお話させていただく予定ですが、結構ワイルドなことを思いついちゃったんですよね~、これが。  そのお話はいずれまた・・・・・・。

 

 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://poco-a-poco.chu.jp/mt/mt-tb.cgi/606

コメントする

2015年2月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28

Current Moon

CURRENT MOON

東京のお天気


山小舎のお天気


Booklog



ブクログ

アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.261

TrackbackPeople

クラシック・ピープルの Trackback People Site


チェロ ラヴァーズの Trackback People Site


Piano~ぴあの Trackback People Site


ピアノオススメ教本の Trackback People Site


ピアノ教室の Trackback People Site


Book Love Peopleの Trackback People Site


本好きPeople・ぴーぷるの Trackback People Site


今日読んだ本の Trackback People Site


ファンタジーが好き♪の Trackback People Site


この絵本がすごい!の Tackback People Site


児童書大好き♪の Trackback People Site


ハヤカワepi文庫の Trackback People Site


岩波少年文庫応援団の Trackback People Site


薪ストーブの Trackback People Site


週末は田舎暮らしの Trackback People Site


野菜育てPeopleの Trackback People Site


ガーデニングの Trackback People Site


パッチワークキルトの Trackback People Site


あなたの訪問は?


日めくりカレンダー


Real Time News


カテゴリ

ノルンはいくつ?

本が好き!


読書メーター

KiKiさんの読書メーター
KiKiさんの読書メーター

最近読んだ本

KiKiの最近読んだ本

今読んでいる本

KiKiの今読んでる本

読了目標





今やってるゲーム

KiKiの今やってるゲーム

このブログ記事について

このページは、KiKi (Brunnhilde)が2010年5月 7日 23:22に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「西の善き魔女 (1) & (2) 荻原規子」です。

次のブログ記事は「西の善き魔女 (3) (4) (5) 荻原規子」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

高速運賃





Edita

ブロガー(ブログ)交流空間 エディタコミュニティ

名言黒板


作家別タグ