文化人類学入門 祖父江孝男

| コメント(0) | トラックバック(0)

本来なら塩野七生さんの「ローマ人の物語」を着々と読み進めていなくてはならないはず(?)だったのですが、ついつい図書館に出かけてしまい、ついついその図書館から手ぶらでは帰ることができずに借りてきてしまった本があります。  その1冊が先日の「銀のスケート」であり、もう1冊が本日の読了本です。  本日の KiKi の読了本はこちらです。

文化人類学入門
著:祖父江孝男  中公新書

41ZzXIJy7LL__SL500_AA300_.jpeg (Amazon)

文化人類学とは、社会・経済・宗教をはじめ諸分野にわたって、またそれぞれに異なる世界の民族を比較検証する広範な研究対象を視野に収めた学問である。  その方法論として、フィールド・ワークによる具体的でしかも忍耐強い実証的な調査が重視される。  本書は、この多岐にわたる学問を系統的に要約整理した入門の書として、1979年刊行以来、多くの読者を得て版を重ねてきたものを増補改訂し、学界の新しい情報を提供する。  (新書版頁扉より転載)

この本はね、「衝動買い」ならぬ「衝動借り」の1冊です。  たまたま内山節さんの本を図書館に探しに行ったら永年探していた「銀のスケート」を見つけ、「銀のスケート」を見つけちゃったのでついでに借りるもう1冊を物色していたら、たまたま目に付いた・・・・・そんな本だったのです。  決して以前から「この本を読みたい!」と思っていたわけでもなく、、、、いえ、それ以前に存在さえ知らない本だったのです。

たまたま上橋菜穂子さんに出会って、強烈にインスパイアされて、そしてその上橋さんのもう1つの顔が「文化人類学者」であるということを知らなかったら、決してこのタイミングでこの本を手に取ることはなかっただろうなぁと思うんですよね。  でもね、読み終わった今思うのは恐らく KiKi は人生の中のどこかでこの本には手を出していただろうなぁ・・・・・ということ。  この本こそ、KiKi は高校生の頃に読んでおきたかったような気がします。  KiKi がやりたかった学問は実はこれだったかもしれない・・・・・と思うんですよね~。

 

もちろんこの本のタイトルにもあるようにこの本はれっきとした入門書なわけです。  入門書である以上は素人向けであり、ほとんどのトピックは誰もが興味を持ちそうなものが厳選され、読みやすく、難解になり過ぎないように細心の注意を持って書かれているはずなので、「抵抗感なく読めてしまう」というのは当たり前・・・・・なのかもしれませんが、それでもやっぱり「へぇ!」「ほぉ!」「そうそう、それ、何故、何故?」とすべての章に半端じゃない興味をもって読み進めることができちゃったんですよね。

でもね、万が一この分野を大学時代に専攻していたとしたら、ひょっとしたら KiKi はどこかで挫折していたかもしれない・・・・・とも思いました。  だってね、この本の中で紹介されている「フレイザー」の「金枝篇」も「ベネディクト」の「菊と刀」も、KiKi の蔵書には永年入っている癖に、ただの一度も読了できていないのですから・・・・・・ ^^;

でもね、以下にあげる目次からの抜粋(一部)を見ていただければ、KiKi がこのブログの中で、メチャンコ浅く・・・・ではあるけれど何かしら言及しているようなトピックばかりだと思うんですよね。

第三章: 文化の進化・文化の伝播
       民話・神話にみられる文化伝播の例
       イースター島のなぞ
       先史モンゴロイドの拡散
第四章: 経済の技術・生活の技術
       農耕の起源
       衣服の起源は羞恥心か?
第五章: 言語 - その構造分析
       音声の知覚で分れる日本の中の三地帯
       日本語の系統
第六章: 婚姻・家族・親族
       一夫一婦制と一夫多妻制
       母系制と母権制
       日本のイトコ婚
第七章: 超自然の世界 - 宗教と儀礼
       宗教と呪術
       妖術
       シャーマニズムの世界
第八章: 文化・真理・民族性
       民族性を形成する要因
       文化と精神異常
第九章: 文化の変化がもたらすもの
       北米インディアンに対する統治政策
       相対主義と絶対主義
       文化変容をどう評価するか?
第十章: 残された諸問題

で、巻末で紹介されているいくつかの本も案外、KiKi は持っていたりするんですよね~。 

なるほど~。

 

KiKi は上橋さんの作品を読んだときに、どうして彼女の作風にこんなにも自分がはまってしまうのか、正直なところよくわからなかったんだけど、ひょっとしたら、その理由は KiKi 自身がもともと「文化人類学的なこと」に興味をもっている人間で、上橋さんはその学者さんだったから・・・・・・というのが、本当のところ・・・・・だったのかもしれません。

ああ、KiKi がもっと若かったら、もう一度大学に入りなおしてこの分野を専攻して、フィールド・ワークに励んじゃうところなんだけどなぁ・・・・・・。

      

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://poco-a-poco.chu.jp/mt/mt-tb.cgi/631

コメントする

2015年2月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28

Current Moon

CURRENT MOON

東京のお天気


山小舎のお天気


Booklog



ブクログ

アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.261

TrackbackPeople

クラシック・ピープルの Trackback People Site


チェロ ラヴァーズの Trackback People Site


Piano~ぴあの Trackback People Site


ピアノオススメ教本の Trackback People Site


ピアノ教室の Trackback People Site


Book Love Peopleの Trackback People Site


本好きPeople・ぴーぷるの Trackback People Site


今日読んだ本の Trackback People Site


ファンタジーが好き♪の Trackback People Site


この絵本がすごい!の Tackback People Site


児童書大好き♪の Trackback People Site


ハヤカワepi文庫の Trackback People Site


岩波少年文庫応援団の Trackback People Site


薪ストーブの Trackback People Site


週末は田舎暮らしの Trackback People Site


野菜育てPeopleの Trackback People Site


ガーデニングの Trackback People Site


パッチワークキルトの Trackback People Site


あなたの訪問は?


日めくりカレンダー


Real Time News


カテゴリ

ノルンはいくつ?

本が好き!


読書メーター

KiKiさんの読書メーター
KiKiさんの読書メーター

最近読んだ本

KiKiの最近読んだ本

今読んでいる本

KiKiの今読んでる本

読了目標





今やってるゲーム

KiKiの今やってるゲーム

このブログ記事について

このページは、KiKi (Brunnhilde)が2010年6月12日 13:37に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「KiKi 仏壇と仏具を買う・・・・」です。

次のブログ記事は「万葉集入門 鈴木日出男」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

高速運賃





Edita

ブロガー(ブログ)交流空間 エディタコミュニティ

名言黒板


作家別タグ