八月の暑さのなかで 金原瑞人(編訳) 

| コメント(0) | トラックバック(0)

今年の八月の暑さは尋常ではないような気がするのは KiKi だけでしょうか?  昨年までは東京はともかくとして、少なくとも Lothlórien_山小舎 に行きさえすれば朝夕はとっても快適に過ごすことができていたのに、今年に限って言えばその時間帯であっても涼を感じられないことが何度もありました。  これから毎年これが続くのか、はたまた今年限りのことなのかはKiKi には予測もつかないのですが、もしもこれが続くのであれば今は設置していないクーラーを設置することを視野に入れなければなりません。  

ま、そんなクソ暑い(失礼 ^^;)日が続く中、岩波少年文庫創刊60年記念(?)で刊行されたこちらを読んでみました。

八月の暑さのなかで ホラー短編集
編訳:金原瑞人  岩波少年文庫

51HYkYemArL__SL500_AA300_.jpeg (Amazon)

英米のホラー小説に精通した訳者自らが編んだアンソロジー。  エドガー・アラン・ポー、サキ、ロード・ダンセイニ、フレドリック・ブラウン、そしてロアルド・ダールなど、短編の名手たちによる怖くてクールな13編。  全編新訳。  (文庫本裏表紙より転載)

KiKi はね、以前にこのブログでもお話したことがあったと思うけれど、どちらかというと「ホラー」っていうやつが苦手です。  でもね、昔はそんなには苦手意識がなかったはずなのです。  子供時代はポーの作品の愛読者でもあったぐらいですから・・・・・。  それがいつから苦手になってきたかと言えば、「背筋がゾクっとくるようなホラー」は決して苦手じゃないんだけど、「おどろおどろしく、グロテスクなホラー」はダメ、つまりあとがきで金原さんが仰っている「血や内臓が飛び散ったりする派手なホラー」っていうやつが苦手なのです。

今回この本を購入するに当たってはちょっとだけ迷いました。  だって副題に堂々と「ホラー短編集」って入っているし、帯には「脳みそも凍る13の物語」となっているんですもの・・・・・。  いかに岩波少年文庫全冊読破企画を遂行中とは言え、脳みそが凍っちゃうっていうのはちょっと困るし・・・・(笑)。  でもね、それでもこの本に手が伸びたのは偏に金原さんのあとがきにあった

血や内臓が飛び散ったりする派手なホラーは入れていないから、どうか安心して欲しい

の一言と、目次ページを見た時に感じた、デジャブ感に誘われて・・・・・ということがありました。  それにかつては愛読していたポーの作品に「こまっちゃった」な~んていうとぼけたタイトルがあったっけ???という目新しさも手伝っていたと思います。  因みにこの本には以下のような作品(13編)が収録されています。

もくじ
1. こまっちゃった  エドガー・アラン・ポー(原作)/金原瑞人(翻案)
2. 八月の暑さのなかで  W・F・ハーヴィー
3. 開け放たれた窓  サキ
4. ブライトンへいく途中で  リチャード・ミドルトン
5. 谷の幽霊  ロード・ダンセイニ
6. 顔  レノックス・ロビンスン
7. もどってきたソフィ・メイスン  E・M・デラフィールド
8. 後ろから声が  フレドリック・ブラウン
9. ポドロ島  L.P.ハートリー
10. 十三階  フランク・グルーバー
11. お願い  ロアルド・ダール
12. だれかが呼んだ  ジェイムズ・レイヴァー
13. ハリー  ローズマリー・ティンパリ
  訳者あとがき
         

う~ん、これはなかなか素敵なアンソロジー集ですねぇ。  全体的に恐怖と言えば恐怖なんだけど、それよりは奇妙な味わい・・・・みたいなものがある作品群でした。  何て言うか、読了後にちょっと遅れて「ゾクッ!」ってくる感じとでも言いましょうか。  個人的にはティンパリの「ハリー」が確実に既読作品(と自信を持って言える作品)だったんだけど、訳が新しいせいかとっても味わい深く読むことができました。  逆にロビンスンの「顔」とハートリーの「ポドロ島」はタイトルのみ知っていた作品なんだけど、今回それらを読むことができたのも嬉しかった♪

各話にあわせて描かれている佐竹美保さん(魔女の宅急便や上橋さんの旅人シリーズでもお世話になりました)の扉絵も味わい深く、物語だけではなくこういう部分でも堪能させてくれるのが児童書の美味しい所です。  

幸いなことに KiKi の脳みそは凍らず、けっこう「ゾクッ!」とはきたものの、今年の猛暑を吹き飛ばすには至りませんでした。  で、肝心なのは、このレベルのホラーであればやっぱり苦手意識はないんだよなぁと再認識できたことです。  金原さんが仰る「派手なホラー」っていうやつは「派手と言えば派手」なんだけど KiKi には「刺激が強すぎるだけの悪趣味なお話」に感じられちゃうから苦手なんだということもよ~くわかりました(笑)  

どうしても「ホラー」と書かれているだけで敬遠しがちな昨今の KiKi。  でも決して心の底から毛嫌いしているわけではない以上、これと同じぐらいのレベルの良質なホラーだったら、もっともっと読んでみたいなぁ・・・・と。  

ま、てなわけで岩波書店さん。  せっかくの「岩波少年文庫創刊60周年記念 Year」を迎えるのですから、是非是非続巻を作っていただけないものでしょうか??  あと、今日、こちらにある読者プレゼントに応募させていただいたので、是非是非、ブックカバーを KiKi にプレゼントしてください!!

gazo2-01.jpg    

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://poco-a-poco.chu.jp/mt/mt-tb.cgi/681

コメントする

2015年2月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28

Current Moon

CURRENT MOON

東京のお天気


山小舎のお天気


Booklog



ブクログ

アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.261

TrackbackPeople

クラシック・ピープルの Trackback People Site


チェロ ラヴァーズの Trackback People Site


Piano~ぴあの Trackback People Site


ピアノオススメ教本の Trackback People Site


ピアノ教室の Trackback People Site


Book Love Peopleの Trackback People Site


本好きPeople・ぴーぷるの Trackback People Site


今日読んだ本の Trackback People Site


ファンタジーが好き♪の Trackback People Site


この絵本がすごい!の Tackback People Site


児童書大好き♪の Trackback People Site


ハヤカワepi文庫の Trackback People Site


岩波少年文庫応援団の Trackback People Site


薪ストーブの Trackback People Site


週末は田舎暮らしの Trackback People Site


野菜育てPeopleの Trackback People Site


ガーデニングの Trackback People Site


パッチワークキルトの Trackback People Site


あなたの訪問は?


日めくりカレンダー


Real Time News


カテゴリ

ノルンはいくつ?

本が好き!


読書メーター

KiKiさんの読書メーター
KiKiさんの読書メーター

最近読んだ本

KiKiの最近読んだ本

今読んでいる本

KiKiの今読んでる本

読了目標





今やってるゲーム

KiKiの今やってるゲーム

このブログ記事について

このページは、KiKi (Brunnhilde)が2010年8月20日 16:38に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「Opera に親しみたい方へのオススメ」です。

次のブログ記事は「大日本帝国の時代 由井正臣」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

高速運賃





Edita

ブロガー(ブログ)交流空間 エディタコミュニティ

名言黒板


作家別タグ