NHK プレミアム8<文化・芸術> 世界遺産 一万年の叙事詩 

| コメント(2) | トラックバック(1)

KiKi は最近ではほとんどTVを観ません。  学生時代はTVっ子と言ってもいいぐらいに TV、それもドラマをよく観ていたのですが、最近では年齢のせいかドラマが面白いとはあまり思えなくなってしまいました。  まあ、最近の KiKi の目から見ると「ドラマ」っていうのはいわゆる「お子ちゃまタレント」の稼ぎ場所みたいな印象があまりにも強いんですよね~。  そのせいか、オバチャマはなかなかついていけないのですよ ^^;  じゃあ、いわゆるバラエティ番組はどうかって言うと、今度はたくさんのタレントさんが出ていて、誰も彼もが同時に、違うことを、ワイワイガヤガヤ、何の統制もなく喋りまくっているっていう印象が強くて、ついつい老婆心ながら「もっと人の話を聞こうよ!」みたいな説教をTV に向かってつぶやいていたりして、それはそれで不気味な気がしちゃうんですよね(笑)。

ついでに言うと、昔だったらたいていの話・言葉についていけたものが、昨今の流行言葉に関してはそれが何を意味するのか分からなくなってきてしまっているということもあります。  で、ついつい僻み根性で思ってしまうのですよ。  「ああ、この国の文化は若者だけのものなんだなぁ・・・・・。」と。  そしてもう1つ。  KiKi がTVから遠ざかっている理由に、民放だとやたらCMが多いことも挙げられます。  民放の仕組からしてCMが多いのは頭では理解できているのです。  だからそれが悪いことだとは言い切れないのです。  でもね、正直疑問(?不安?)を感じてしまうのですよ。  毎日毎日、TVから流れてくるCMで「あれを買え~。  これを買え~。  新しいこれを知らないのは悪だ~」とばかりに洗脳され、実は自分にとって必要ないものを買わされちゃっているんじゃないか??ってね。

いえね、わかっているんです。  それが資本主義社会というものだし、国民の購買意欲の向上が景気の底上げに貢献していることや、今の豊かな日本のベースにあるっていうことは。  でも・・・・・・。  この「でも・・・・・。」が今の KiKi にとっては曲者なんですよ。  ま、てなわけで最近の KiKi はどうしても NHK にチャンネルを合わせがちなんですよね。  でね、そんな TV ライフの中、KiKi は面白い番組を見つけました。  今日はその番組のご紹介です。

現在、NHK Hi-Vision で毎週火曜日に放映されている「プレミアム8<文化・芸術> 世界遺産 一万年の叙事詩」という番組です。  9月7日(火)に第1回が、14日(火)に第2回が放送されました。  とあるサイトの情報によれば、9月中に第1回から第3回までの"古代篇"が、さらに12月以降になって、〝中世篇″と〝近代篇"が続くとのこと。  まあ、こんな風に飛び飛びに放映されるっていうのが、ちょっと不便・・・・・と言うか、12月に思い出せるかどうか不安になっちゃうのが難点なんですけどね(苦笑)

因みに過去に放映された2回分の内容はこんな感じです。

第1集 先史時代―-――文字なき世界の文明(BC8000年~3000年)
アフリカで発生した人類は長い長い移住の末、ブラジルのセラ・デ・カピバラ遺跡に到達した。  彼らはそこに狩猟と祈りの生活を活写した素晴らしい壁画を残した。  やがて人々は定住し、世界各地で生産を開始する。  アイルランド・ボイン渓谷の巨石遺跡群に秘められたものは、牧畜と祭祀を司る正確な天文知識だった。  人類の移動、定住、生産、そして文明の始まりを世界遺産でたどる。  (制作の TVMAN Union のサイトから転載)

この第1集では文字すら存在しなかった時代に残された限られた情報の1つ、「壁画」に焦点をあてて、ヒトの営みに思いを馳せたり、文明以前の地球と生命に関して考えてみるという特集でした。  面白かったのが「壁画」から読み取れる情報を「正」として固定概念を排して考えてみると、当時、体調6mのアルパカや重量2トンのアルマジロなどを狩猟していた可能性があるとのこと。  命がけでそれらの獲物を捕り、時に仲間を失いながら、狩りの手法を検討、改良していったのかもしれない文明以前の人の暮らしを想像すると、人間が抱く「畏怖の念」の本質・・・・みたいなものが痺れるように伝わってきました。  そしてその先にごくごく初期の「アニミズム」の萌芽を感じます。

もう1つ「へぇ!!!」と唸ってしまったのが、1950年代に認められた古代史の定説「グレートジャーニー説」(人類の祖先はアフリカに生まれ、その人たちが大移動をした)を大胆に覆す新説の可能性のお話。  南米の遺跡で見つかった人骨の特徴、年代測定により、グレートジャーニーよりもはるか以前にヒトは海路を使って南米に渡っている可能性があるとのこと。  (グレートジャーニー説では陸路をアフリカ→ヨーロッパ→北回りでアメリカ)  ず~っと昔、マヤ文明の遺跡展を見た時に KiKi は「モンゴロイドの大陸移動説に深く納得」したように感じたんだけど、もしもこの新説が事実だとすると、人種ってもっと複雑に絡み合っている可能性があるっていうことなんですねぇ。

番組を進行しているのが松岡正剛さんと華恵(はなえ)さんという若いエッセイスト(?)さんなんだけど、この華恵(はなえ)さんがいい!!  何て言うか、彼女の感性に非常に感銘を受けました。  これに正剛さんがほどよく寄り添っている感じです。

第2集 四大文明―-――知は連鎖する(BC3000年~BC1000年)
メソポタミア、エジプト、インダス、中国の四つの文明が相次いで誕生する。  それらは互いに交易で結ばれた大いなる「知の連鎖」によって育まれた。  ところが2009年に登録されたペルーの世界遺産、カラル・スーペ遺跡は驚くべき事実を突きつける。  なんとその年代はBC2600年!  四大文明と同じ時期に隔絶された南米に生まれた文明とはいかなるものか?  (制作の TVMAN Union のサイトから転載)

これが又、面白かった!!  大体において「四大文明」に割り込んでくる新しい文明(?)の遺跡が、あのアメリカ大陸で見つかるなんて!!  KiKi が学生時代に学んできた歴史が少しずつ、少しずつ書き換えられていくかもしれないのかと思うと「面白い」だけではなく、ますます世の中から取り残されていく「怖さ」みたいなものも感じたんですけどね。  でね、四大文明の鍵となるのが「文字」と「戦争」なんだけど、このペルーの遺跡では少なくとも「戦争」はなかった(≒ 武器が発見されていない)らしいというのがものすご~く印象的でした。

で、この日の放映では我が日本の縄文時代の話も出てきて、ここでも又、KiKi が学生時代に学んだ「日本史レベル」での「縄文時代の常識」みたいなものが、次々と覆されて「へぇ!」「ほぉ!」「そうなの??」と目が釘付けにされてしまいました。  

実は KiKi は第1回の放送はリアルタイムで観たんだけど、録画まではしていなくてものすご~く後悔したんです。  でも、プレミアム8の番組って結構再放送されることが多いことを思い出し、調べてみたら早速翌週の昼間の時間帯に再放送されていたので、それを録画しました。  で、来週予定されている第3週も録画予約済み・・・・・ということで、少なくともこの3回に関しては永久保存できる予定なんです♪  問題は12月以降に始まる「中世篇」と「近代篇」を忘れずに録画できるかなぁ・・・・ということ。  実はその心配もあったので、今回このエントリーを書いて記憶に留めようとしているんですけどね(笑)。 

このエントリーをご覧になってこの番組に興味を持たれた方のために、来週の放送予定番組の内容に関しても TVMAN Union の HP から転載してご紹介しておきますね♪

第3集 帝国誕生―-――中華VSローマ(BC1000年~AD700年)
ユーラシア大陸の東西でまったく性格を異にする巨大帝国が出現する。  西のローマ帝国は他民族を内側へ取り込むことで拡大し、秦や漢など東の中華帝国は、逆に他民族を排斥することで膨張した。  二つの帝国の在り方を辺縁部の世界遺産から見つめる。  西はシリアの古代都市ボスラ、東は中朝国境の高句麗古墳群。  いずれも今回が初めての撮影となる。  (制作の TVMAN Union のサイトから転載)

うんうん、次回も面白そう!です。  
       

トラックバック(1)

トラックバックURL: http://poco-a-poco.chu.jp/mt/mt-tb.cgi/713

もう1つ「へぇ!!!」と唸ってしまったのが、1950年代に認められた古代史の定説「グレートジャーニー説」(人類の祖先はアフリカに生まれ、その人たちが大移動... 続きを読む

コメント(2)

KIKI様へ、
いきなりコメントを送信する無礼をお赦し下さい。
何時もNHKの番組を録画しては、時間が有る時にそれをDVDに複写(=コピー…横文字言葉が余り好きではないので、出来得る限り日本語を使いたいので、今では逆に見慣れない日本語を使う事もありますが、ご容赦を…。)し、DVDのケースに入れる説明文と画像をインターネットから引き出し、画像を使ってDVDに内容を印刷しています。
偶々『世界遺産1万年の叙事詩』を検索していたら、貴方のブログに遭遇し、一寸読み始めたら、内容が興味深かったので、遂送信する気になりました。
私は♂で、既に2年前に還暦を迎えています。私も民放は殆ど観ません。理由はほぼ貴女と同じです。色々な欲望はいまだ衰えず(能力は別として…)、知識欲もいまだに深いので、主にNHKのBS2とBShiを観ています。
最近の若者(ばかりでは無いのですが…、特に若者)の言葉遣いが気に入らず、日本語の行く末を心配してしまいます。
(最近、特に困るのが、「~ありません」と言う言葉を知らない、使えない日本人が多くなっている事を憂えています。
「~です」の否定語は「~ではないです」ではなく、「~ではありません」ですよね!?
(ちなみに、我がおっ家内は現役の中学校の国語教師なのですが、彼女の言葉は若者並み!!こんな教師が居るから、日本語が衰退するのだ!!と常に憤りを覚えています。)
私は高校時代に放送部に在籍していたので、よく部室で色々な音楽を聴いていました。勿論映画音楽もです。昭和62年にビデオカメラを買った事がきっかけで、ビデオデッキも買い、以来高校時代に聴いた映画音楽の元になっている映画を借りて来ては8ミリビデオテープに複写していました。
それで、色々な映画にも関心が有り、昨年暮に観た「荷車の歌」は多くの子供達にも観て貰いたいと思いました。
貴女はご覧になりましたか?!
大分長くなってしまいましたので、今日はこの辺で送信致します。
追伸:正直言って、貴女の様な人とメールで会話が出来れば、楽しいかな、と思い送信しました。私とのメール交換を検討して戴ければ、幸いです。

コメントする

2015年2月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28

Current Moon

CURRENT MOON

東京のお天気


山小舎のお天気


Booklog



ブクログ

アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.261

TrackbackPeople

クラシック・ピープルの Trackback People Site


チェロ ラヴァーズの Trackback People Site


Piano~ぴあの Trackback People Site


ピアノオススメ教本の Trackback People Site


ピアノ教室の Trackback People Site


Book Love Peopleの Trackback People Site


本好きPeople・ぴーぷるの Trackback People Site


今日読んだ本の Trackback People Site


ファンタジーが好き♪の Trackback People Site


この絵本がすごい!の Tackback People Site


児童書大好き♪の Trackback People Site


ハヤカワepi文庫の Trackback People Site


岩波少年文庫応援団の Trackback People Site


薪ストーブの Trackback People Site


週末は田舎暮らしの Trackback People Site


野菜育てPeopleの Trackback People Site


ガーデニングの Trackback People Site


パッチワークキルトの Trackback People Site


あなたの訪問は?


日めくりカレンダー


Real Time News


カテゴリ

ノルンはいくつ?

本が好き!


読書メーター

KiKiさんの読書メーター
KiKiさんの読書メーター

最近読んだ本

KiKiの最近読んだ本

今読んでいる本

KiKiの今読んでる本

読了目標





今やってるゲーム

KiKiの今やってるゲーム

このブログ記事について

このページは、KiKi (Brunnhilde)が2010年9月17日 11:15に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「神曲 地獄篇 ダンテ」です。

次のブログ記事は「山小舎の秋支度」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

高速運賃





Edita

ブロガー(ブログ)交流空間 エディタコミュニティ

名言黒板


作家別タグ