クロニクル千古の闇 6 決戦のとき M.ペイヴァー

| コメント(0) | トラックバック(0)

とうとう「クロニクル千古の闇シリーズ」も最終巻を迎えてしまいました。  正直なところ主人公のトラクがよかったのは最初の2~3巻までで、その後はトラクをとりまくウルフやレン、そしてワタリカラス族の族長フィン=ケディンにより魅力をを感じていた KiKi だけど、この物語の世界観にひたっている間の幸福感は何者にも変えがたいと感じられるものでした。  ま、いずれにしろ本日の KiKi の読了本はこちらです。

クロニクル千古の闇 6 決戦のとき
著:M.ペイヴァー 訳:さくまゆみこ 画:酒井駒子  評論社

51-YkZZ5Y9L__SL500_AA300_.jpeg (Amazon)

「もう待てないんです!  あの女に立ち向かうのは、ぼくの定めなんです」  ―最強の<魂食らい>イオストラと対決するため、トラクは決死の覚悟で幽霊山へと入っていく。  あとを追うレンとウルフ。  イオストラの恐ろしい企みとは?!  全世界注目のシリーズ、圧倒的な感動をよんで、ついに堂々の完結。  (単行本扉より転載)

満足のいく最終巻でした。  トラク自身の成長もそこそこ感じられる物語だったと思いますが、それより何より、ウルフ・黒毛・小石、そしてレンとの「トラクの群れ」に幸あれ!と心の底から思える物語だったと思います。  今回のハラハラ・ドキドキはトラクの盟友・ウルフとその家族に関する部分が圧巻でした。  トラク自身の旅はどちらかというと「予定調和的」 & 「毎度おなじみ的」でさらっと読み飛ばしてしまった感がなきにしもあらず・・・・・ ^^;  KiKi の場合、その物語の世界観にどれだけのめりこむことができたかの1つのバロメーターは「原書で読みたいと思うか否か」だったりもするんだけど、この物語はいつかどこかの時点で、原書にもチャレンジしてみたいと強く思いました。  だったウルフの「オオカミ語」が原書ではどんな風に書かれているのか、ものすご~く気になるんだもの(笑)

最強の<魂食らい>イオストラがどれだけものすごい存在なのかに関してはちょっと描写が足りないような気がします。  「最強、最強」と強調されているし、「人間らしさの喪失」みたいな描写でそれを語ろうとしているんだろうけれど、正直なところシアジやセシュルに比べると造詣が薄っぺらいような気がしないでもありません。  イオストラの凄さをもっとも端的に表しているのはトラクの父親の霊を呼び出しているというその一事だけ・・・・。  そんな気がしないでもなかったかなぁ・・・・。

 

以前から登場していた「歩き屋」。  ただものではないことだけは匂わしていたけれど、まさか最後の最後にこんな形で現れるとは!!!  ま、とは言うものの、フィン=ケディンが氏族を置いてまでして探しに出る必要のある人物というあたりで「これは『歩き屋』に違いない!」とは感じていたんですけどね。  でもこういう存在だったからこそ、あの厳しい大自然の中で孤独を抱えながらも生き抜くことができたというのはとても説得力のある人物造詣だと感じました。

ダークの出現は KiKi にはちょっと唐突すぎる印象があります。  レンをワタリガラス族から離れさせるために無理やり登場させた人物・・・・という感も無きにしも非ずかなぁ・・・・と。  ま、細かいことを言い出せばどんな物語にも「ご都合主義的」なことはあるわけで、全体として楽しめればそれで KiKi は満足なんですけどね(苦笑)

でもね、こうやって多くの「ファンタジー」を読めば読むほど感じるのは「指輪物語の完成度の高さ」なんですよね~。  この「クロニクル千古の闇」はKiKi にとって「ハリーポッターよりも楽しめる物語」であったのは事実なんですけど、やっぱり「指輪物語」には敵わない・・・・・。  細かい部分では指輪物語よりも美しい描写がある・・・・とか、世界観に真実味がある・・・・とか、多くの良さを感じるんだけど、総じてみると「何かが負けている」んですよね~。  

 

そうそう、この物語を読んだことにより得た副産物の1つに、ウルフの描写を読んでいるうちに、今まで以上に KiKi の愛犬ノルンの言葉がわかってきたような気分になったことが挙げられます。  物語の中に出てくるウルフの仕草そっくりの動作をノルンがしたとき「ああ、きっとノルンは『尻尾なし、○○しようよ!』って言っているに違いない!」って思うんですよ(笑)。  「背高尻尾なし」がトラクだとするとノルンにとって KiKi は「何尻尾なし」なんだろうか???  「女の尻尾なし」はレンだしなぁ・・・・。  そんなことを考えたのも今となっては楽しかった思い出の1つです(笑)。

      

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://poco-a-poco.chu.jp/mt/mt-tb.cgi/783

コメントする

2015年2月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28

Current Moon

CURRENT MOON

東京のお天気


山小舎のお天気


Booklog



ブクログ

アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.261

TrackbackPeople

クラシック・ピープルの Trackback People Site


チェロ ラヴァーズの Trackback People Site


Piano~ぴあの Trackback People Site


ピアノオススメ教本の Trackback People Site


ピアノ教室の Trackback People Site


Book Love Peopleの Trackback People Site


本好きPeople・ぴーぷるの Trackback People Site


今日読んだ本の Trackback People Site


ファンタジーが好き♪の Trackback People Site


この絵本がすごい!の Tackback People Site


児童書大好き♪の Trackback People Site


ハヤカワepi文庫の Trackback People Site


岩波少年文庫応援団の Trackback People Site


薪ストーブの Trackback People Site


週末は田舎暮らしの Trackback People Site


野菜育てPeopleの Trackback People Site


ガーデニングの Trackback People Site


パッチワークキルトの Trackback People Site


あなたの訪問は?


日めくりカレンダー


Real Time News


カテゴリ

ノルンはいくつ?

本が好き!


読書メーター

KiKiさんの読書メーター
KiKiさんの読書メーター

最近読んだ本

KiKiの最近読んだ本

今読んでいる本

KiKiの今読んでる本

読了目標





今やってるゲーム

KiKiの今やってるゲーム

このブログ記事について

このページは、KiKi (Brunnhilde)が2010年12月 4日 23:09に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「クロニクル千古の闇 5 復讐の誓い M.ペイヴァー」です。

次のブログ記事は「巨人の本 R.M=サンダーズ」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

高速運賃





Edita

ブロガー(ブログ)交流空間 エディタコミュニティ

名言黒板


作家別タグ