辺境のオオカミ R.サトクリフ

| コメント(0) | トラックバック(0)

今日はとうとう2010年の大晦日です。  KiKi はLothlórien_山小舎から里へ下り、ついでに太平洋沿いをぐ~んと南下(西下?)して、静岡県の実家まで来ています。  お正月はここで過ごし、2日の夕方か3日の午前中にはまたLothlórien_山小舎まで戻る予定です。  何せ、あの山のような薪の束が気になって気になって仕方ないのです(笑)。  そんな中、2010年最後の1冊を読了しました。  これでサトクリフのローマ・ブリテン4部作は何とか年内にやっつけることができました。  ま、てなわけで本日の KiKi の読了本はこちらです。

辺境のオオカミ
著:R.サトクリフ 訳:猪熊葉子  岩波少年文庫

51K6pSpOK8L__SL500_AA300_.jpeg (Amazon)

北ブリテンの辺境守備隊に左遷されたローマ軍の若き指揮官アレクシオス。  衰退の一途をたどる帝国の辺境で、挫折と挑戦、出会いと別れを経て、やがて<辺境のオオカミ>として生きる決意を固める。  ローマン・ブリテン四部作の最終編。  (文庫本裏表紙より転載)

ローマン・ブリテン4部作の最終編・・・・と言いつつも、若干これまでの3部作とは毛色が異なる物語だと思います。  どちらかといえばこれまでの3部作が主人公単独(銀の枝は2人セットだけど)の冒険という描かれ方の物語だったのに対し、この最終作は最後まで「個人」ではなく「組織の隊長」として任務を遂行する男の姿を描いた物語となっています。  他の作品との違いは他にもあって、女性がほとんど出てこないということ。  更には今作では主人公アレクシオスとアクイラ家の親族との関係性も極めて希薄・・・・・(?)で、「イルカの紋章のあるエメラルドの指輪」を受け継いでいるということぐらいしか、「家」との接点がないんですよね~。  ま、もっとも辺境の地へ左遷されちゃった男の物語なので、家だの女だのと甘っちょろいことを言っちゃいられなかったという事情はあるわけなんですけどね・・・・・^^;

KiKi の独断的 且つ 個人の趣味丸出しの4部作ランキングをつけてみるとすると、こ~んな感じでしょうか?

1. ともしびをかかげて
2. 第九軍団のワシ
3. 辺境のオオカミ
4. 銀の枝

 

やっぱり「ともしびをかかげて」は登場人物の1人1人が本当に入念に作りこまれていたと感じるんですよね~。  そして日本人にはたまらない「滅びの美」を描き出した物語だというのも高ポイントだと思います。  「第九軍団のワシ」はやっぱりすべての始まりがここからだ・・・・というのもあるし、これまた本当によく練りこまれた作品だと感じられるんですよ。  この2作に対して「辺境のオオカミ」にはある種の迷いのようなもの(歯切れの悪さ的なもの)もわずかながら感じられるような気がするし(これは作者自身があとがきで仰っているこの作品執筆時期に陥っていらしたらしいスランプとは無縁ではないような気がします。)、「銀の枝」は個人的にはサトクリフさんがちょっと迷走しちゃっているかのような印象を受けているんですよね~。 

さて、この作品に話を戻すと、とにかく「男臭い!(苦笑)」物語で、組織という枠組みの中で何かを決断し、何かを指示し、責任を負っていく「司令官」の物語なので、初めて仕事で部下を持つことになった人あたりが読まれると考えさせられることが多いのではないでしょうか??  どちらかというと女性受けはしない物語だろうなぁと思います。  

この物語を読んでいて KiKi が一番強く感じたこと。  それは「一般的にイメージのみでカッコいいと思われがちな仕事」はその仕事に憧れているときが一番よくて、実際に自分の仕事としてみると楽だったりその仕事を手に入れた満足感のようなものはあっても、のめり込む・・・・というか嵌りこむような興奮を感じることはさほど多くないのに対し、案外「貧乏くじ的なイメージの仕事」の方は、スルメのように味わい深く、嵌りこみやすく、「一度、辺境のオオカミになったら、いつまでも辺境のオオカミなんだ」とこの物語の中の登場人物の1人が語るように、吸引力があるものだ・・・・ということです。

 

最後に・・・・・・

今年もゲストの皆様、お世話になりました。  皆様お1人お1人がよい新年を迎えられますように。  2011年の読書は「グリーン・ノウシリーズ」で幕を開けたいと思います。  来年もよろしくお願いいたします。  

  

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://poco-a-poco.chu.jp/mt/mt-tb.cgi/803

コメントする

2015年2月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28

Current Moon

CURRENT MOON

東京のお天気


山小舎のお天気


Booklog



ブクログ

アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.261

TrackbackPeople

クラシック・ピープルの Trackback People Site


チェロ ラヴァーズの Trackback People Site


Piano~ぴあの Trackback People Site


ピアノオススメ教本の Trackback People Site


ピアノ教室の Trackback People Site


Book Love Peopleの Trackback People Site


本好きPeople・ぴーぷるの Trackback People Site


今日読んだ本の Trackback People Site


ファンタジーが好き♪の Trackback People Site


この絵本がすごい!の Tackback People Site


児童書大好き♪の Trackback People Site


ハヤカワepi文庫の Trackback People Site


岩波少年文庫応援団の Trackback People Site


薪ストーブの Trackback People Site


週末は田舎暮らしの Trackback People Site


野菜育てPeopleの Trackback People Site


ガーデニングの Trackback People Site


パッチワークキルトの Trackback People Site


あなたの訪問は?


日めくりカレンダー


Real Time News


カテゴリ

ノルンはいくつ?

本が好き!


読書メーター

KiKiさんの読書メーター
KiKiさんの読書メーター

最近読んだ本

KiKiの最近読んだ本

今読んでいる本

KiKiの今読んでる本

読了目標





今やってるゲーム

KiKiの今やってるゲーム

このブログ記事について

このページは、KiKi (Brunnhilde)が2010年12月31日 19:14に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「雪の朝・・・の続き・・・・」です。

次のブログ記事は「2010年12月の読書 読書メーター」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

高速運賃





Edita

ブロガー(ブログ)交流空間 エディタコミュニティ

名言黒板


作家別タグ