自制心

| コメント(0) | トラックバック(0)

可能な限りPC使用を控えようと思いつつ、どうしても書いておきたいことが出てきてしまったので自制心を抑えきれず、今、このエントリーを書いています。

ここ何日かの東京の様子を見ていると、どんな風に自制心を働かせるべきなのか考えてしまうばかりです。  先日、このエントリーにも書いたように KiKi は今、東京にいるのですが、3月12日の段階(計画停電が発表される前)で KiKi の行きつけのスーパーの品揃えは惨憺たるものでした。  まず魚の仕入れが0に近かった(配送ストップ)せいか、干物を除くと何一つ残っていませんでした。  野菜はほぼ通常通りあったけれど、たまたま欲しかった白菜は仕入ストップのためなしとのこと。  最近はLothlórien_山小舎で過ごすことが多いので、たまたま東京の家にはあまりお米が残っていなくて(2合分ぐらい)お米を買おうと思ったら辛うじて2袋残っていたのみでした。  そこでそのうちの1袋をゲット。  パンは皆無。  精肉の棚もガラガラ、飲料・インスタントラーメンの棚も空っぽ。  この日感じたのは輸送マヒによる仕入れ不足によるものなのかなぁ・・・・ぐらいで、だからこそ「消費する口だけは多いけれど供給する術を持たない都会生活の限界を感じた」という程度のエントリーで済んでしまったわけです。

そして月曜日、普段通りの買い物のために再び同じスーパーに向かうと道路が大渋滞・・・・・かと思ったらさにあらず、GSに並ぶ長蛇の列による車線占領が発生していました。  気持ちはわかるんですよ。  あの日の鉄道はマヒ状態だったし、計画停電がどうなるのか見通しの全く立たない中、何かの時のために足を確保したい。  これは防衛反応と言ってもいい抑えようのない人間の素直な気持ちだっていうこともよくわかるんです。  でもね、その日は前日の海江田さんの「石油備蓄の市場への放出」という会見を聞いていただけに、一過性の出来事なのかなぁ・・・・ぐらいに思っていたのです。

そして昨日、今回 KiKi が東京に帰ってきたのはたまたまこのタイミングで親戚の叔母が亡くなり、そのお通夜 & お葬式に列席するため & 今週のお仕事の関係だったんだけど、その叔母の告別式が行われました。  前日のお通夜は交通マヒの煽りで当然出席できずじまい。  せめて告別式は・・・・と思っていたんだけど斎場は下井草で、この日の西武新宿線はその一駅手前の鷺ノ宮までしか運転しないとのことでした。  可能な限りガソリンは使いたくなかったんだけど、仕方なく車で出かけました。  道中見た都内のGSに向かう車による大渋滞はさらにひどい状況になり、挙句ところどころのGSでは「売り切れ」の貼り紙まで・・・・・。  こうなると「一過性の出来事」とばかりは言っていられないような気分でした。

まあ、交通マヒになったら・・・・とか、福島原発の事故の影響で何かあったら・・・・とか、危機意識をベースにした準備というのはわからないじゃないんですよ。  でもね、震災3日目ぐらいから被災地では口を揃えて「燃料が足りない、ガソリンが足りなくて逃げられない、物資をとりに行くこともできない、暖をとることもできない、人工透析ができない」と言っていることを考えると、こんな時こそ自制心をどう働かせるか、落ち着いて考えなくちゃいけないんじゃないか??  そう思わずにはいられないんですよね。

 

もちろん誰もが「まず自分の生活を成り立たせる」ことを考えるというのが間違っているとまでは思いません。  ことにこういう非常時には「少なくとも大きな災害の被害にあったわけではない人までが、人様のご厄介にならないように安定した普通の生活を送る」というのは被災地以外の土地に暮らす人間の最低限の努力だとさえ思うんです。  でもね、「過剰に準備をしていないか?」を常に自分に問いかけることは必要なんじゃないかと・・・・・。  KiKi はもともと静岡県の出身で、その後は長いこと東京に暮らしていたので「本当の寒さはどんなものか?」とか「本当の真っ暗闇はどんなものか?」をある意味で十分に体感しないで大人になったようなところがあります。  でも、Lothlórien_山小舎で暮らすようになって、スキーだの観光だので訪れた際に感じた雪国の寒さな~んていうのは、本当の寒さじゃないことを知ったし、本当の寒さというものがどんなに人間を萎えさせるか、体力を奪うのかを知りました。  

海江田さんが放出したはずの燃料類がどこに行っちゃったのか、早く被災地に届くことを祈るしかないけれど、まあ恐らくは被災地にたどり着くまでの道が寸断されている影響も大きいんだと思うけれど・・・・。

そんなお国の支援体制にも?を抱きつつ、やはり思うんです。  今、少なくとも私たち消費エリアに暮らす人たちは消費のミニマイズを考えることが何よりも優先されるのではないか?と。  KiKi は東京に戻ってから暖房を使っていません。  東京で暮らす分には3月にもなれば暖房を使わなくてもウール製のものを着て、褞袍を羽織れば暖は十分にとれます。  でも、KiKi の自宅近くのスーパー & ドラッグストアから簡易式カイロは姿を消しています。  これが被災地に送られるための店側の自主的販売停止の表れであることを願うばかりです。  まかり間違っても都会人のよくわからない備蓄意識の目覚めによる買い占めではありませんように・・・・・。

  

それから、福島原発の事故に関して・・・・・

確かに由々しき問題だし、東電の姿勢にはいろいろ疑問を感じないではないけれど、今回の輪番停電を機に、私たちが日ごろの生活を見直すことも必要なんじゃないかと思うんですよね。  交通マヒとの絡みで恐らく「計画停電と言う名の無計画停電」の対象外エリアになっている東京圏に今、身を置いていて言うのはおこがましいけれど、東電の発電量の中で17%ぐらいの電力は福島原発に依存していた・・・・とも聞いています。  (正しい情報かどうかは未確認ですが・・・・・)  又、福島原発の電気を使っていたのは福島の人たちではなく、東京をはじめとする首都圏(関東圏と言うべきか)の人たちだったとも・・・・・。  そして今回の事故で福島原発の再利用はどう考えても無理っぽいと思うんですよ。  で、恐らくは火力発電や水力発電に切り替える・・・とか、代替エネルギーを考えるということもこれから起こるかもしれないけど、一朝一夕に実現できることじゃないと思うんです。  まして資源の足りない日本ではありとあらゆるものを輸入に頼っているわけだけど、今の日本の経済状況はそれを支えるのに安心できるレベルとは言い難い・・・・・。  

そんな中、東電を批判することに躍起になったり、変なデマを貴重な電力を使いながら垂れ流す暇があったら、もっと違うことを考えるべきなんじゃないか・・・・と。  今回の事故のきっかけは確かに震災(と言うより津波?)だったし、ひょっとしたら東電のリスク管理にも反省すべき点はあるかもしれない。  事件が起こってからの対応にも問題は多かったかもしれない。  でも、直接の加害者ではなかったかもしれないけれど、現在福島原発の周囲30㎞ぐらいの範囲の人たちに不便を強いているのは、他ならない私たちが無意識に使いまくっていた電力を補うためでもあったということに気が付く必要はあるように思います。

 

でもね、同時に私たちはここで立ち止まっているわけにはいかない・・・・というのも事実です。  被災地の復興を支援するためにも、問題がなかった場所では普通通り仕事をして、普通通りの経済活動をして、日本が本当の意味で逼迫しないように支えることも重要です。  そういう意味では「普通に暮らしながら消費をミニマイズする方法」を考えなくちゃいけないわけで、課題としてはかなり大きいと思うけれど、そういうちっちゃな努力・工夫の積み重ねがひょっとしたら私たちにできる一番大きな支援の形かもしれない・・・・・・。  そんなことも感じます。

ま、そんなことを言いつつも自制心を抑えきれずにこんなエントリーを貴重な電力、貴重な通信網を使って書いている自己矛盾を反省しつつ・・・・・。  かくも自制心を働かせるとは難しいことだったのか・・・・・。  

明日からもよっぽど書きたいことが出てこない限り、基本的にはブログの更新をお休みしたいと思います。  

  

 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://poco-a-poco.chu.jp/mt/mt-tb.cgi/863

コメントする

2015年2月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28

Current Moon

CURRENT MOON

東京のお天気


山小舎のお天気


Booklog



ブクログ

アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.261

TrackbackPeople

クラシック・ピープルの Trackback People Site


チェロ ラヴァーズの Trackback People Site


Piano~ぴあの Trackback People Site


ピアノオススメ教本の Trackback People Site


ピアノ教室の Trackback People Site


Book Love Peopleの Trackback People Site


本好きPeople・ぴーぷるの Trackback People Site


今日読んだ本の Trackback People Site


ファンタジーが好き♪の Trackback People Site


この絵本がすごい!の Tackback People Site


児童書大好き♪の Trackback People Site


ハヤカワepi文庫の Trackback People Site


岩波少年文庫応援団の Trackback People Site


薪ストーブの Trackback People Site


週末は田舎暮らしの Trackback People Site


野菜育てPeopleの Trackback People Site


ガーデニングの Trackback People Site


パッチワークキルトの Trackback People Site


あなたの訪問は?


日めくりカレンダー


Real Time News


カテゴリ

ノルンはいくつ?

本が好き!


読書メーター

KiKiさんの読書メーター
KiKiさんの読書メーター

最近読んだ本

KiKiの最近読んだ本

今読んでいる本

KiKiの今読んでる本

読了目標





今やってるゲーム

KiKiの今やってるゲーム

このブログ記事について

このページは、KiKi (Brunnhilde)が2011年3月16日 09:48に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「天災」です。

次のブログ記事は「マーラー 交響曲第2番 「復活」」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

高速運賃





Edita

ブロガー(ブログ)交流空間 エディタコミュニティ

名言黒板


作家別タグ