ふるさと探訪 第2弾

| コメント(0) | トラックバック(0)

今日は先日もこのエントリーでお話した吾妻東部町村連携講座(吾妻郡東部の3町村が連携して開設する地域住民対象の講座)の第2弾、「俳画 & 竹細工」講座に参加するために嬬恋村まで足を延ばしました。  嬬恋村と言えば、かつて KiKi の両親が健康 & 健脚だった頃、何回かキャベツ畑を見に出かけた場所です。  Lothlórien_山小舎からはさほど遠くはないのですが、それでも車で片道1時間半は要する場所なだけに、ここに居を構えてからは1度も出かけていません。  今日はひょっとしたらついでにキャベツ畑を見られるかも・・・・というおまけにも期待をこめ、朝8時に山小舎を出発しました。

途中、以前訪れてこのブログでもご紹介した八ッ場ダム(やんばダム)の建設予定地、吾妻渓谷を通ります。  あの時は紅葉の季節で、そりゃあ美しくて、でも人でごったがえしていたけれど、今日は新緑(ちょっと過ぎ)の吾妻渓谷です。  紅葉の季節とは異なり、人の姿はほとんどありません ^^;  あの時軽トラで運よく停められたおそば屋さんは??と探してみたのですが、どうやら退去しちゃったみたいで(これもダム工事の影響か?)発見ならず・・・・・。  で、紅葉のメッカでもある以前訪れた吾妻渓谷の景勝地をさらに遡ったところにありました。  ものすご~い構築物の数々が。  運転しながらだったので写真がないのが残念だけど、こっちが八ッ場ダム(やんばダム)の本体になる予定の部分なんだろうなぁ・・・・・。

ま、それはさておき、今日は「ふるさと探訪」です。  よっしゃあ、今日も楽しむぞ~!!

 

・・・・・と思ったらほんのちょっぴりだけど、出鼻をくじかれちゃいました。  いえね、前回この「ふるさと探訪」に参加した際に、ここLothlórien_Blog にエントリーを書いたわけですが、で、ネットで公開している以上、どこの誰の目に触れるともわからないわけで、ある意味それを前提でエントリーを書いていたりもするわけですが、あのエントリーがこの「ふるさと探訪」の主催者の方々の目に留まっちゃったらしく、結果 このブログの Owner であるKiKi なる人物がどこの誰で、どんな顔をしていて・・・・みたいなことがバレバレになってしまっていることが判明 ^^;  ま、エントリーそのものが誰かの目に触れたのはありがた~いことなんだけど、KiKi の素性がバレちゃったのがちょっと計算違い・・・・・。  それにね、確か KiKi はあのエントリーにちょっと失礼なことを書いちゃっているんですよね~。  (「参加する前は正直なところそんなには期待していなかった」ってね。)  主催者側にしてみれば「そんなに期待していなかったんだったら応募するな!」って言いたくもなりますよねぇ~  chirol_as.gif  

でもまあ、バレちゃったものはしょうがない!  今日も書きますよ~、本音もちょっぴりね♪   

さて、本日も会場に到着すると名札とレジメが配布されました。

2011_Jul01_011.JPG

今回のお題は「俳画 & 竹細工」です。  俳画と言えば、一時期興味だけは持ったんだけど、「絵心ゼロ」の KiKi が断念した手業の1つです。  ず~っと昔、KiKi の両親がやっぱり地方公共団体の主催する趣味講座みたいなヤツで「日本画」を習っていた頃、いくつか短冊を作ってくれて、ついでにその頃「表装」まで習っていた両親手作りの短冊の額みたいなものに入れたものをプレゼントされたことがあって、その頃、「へぇ、こういうものも手作りできちゃうんだぁ、凄いなぁ!  それに絵手紙みたいなものをサラサラっと描ける人ってかっこいいなぁ!!(← ってうちの両親のことなので、親バカならぬ子バカ丸出しです、ハイ)」と思ったことがあったんですよね。  

で、自宅近くのブックオフに行って「俳画」の本を買ってパラパラと眺めてみたりもしたんだけど、その時再認識したんですよね~。  KiKi には絵画を描くのに必要な観察力とそれを筆に乗せて描くデッサン力が致命的に欠如していることを・・・・・。  う~ん、不安だぁ。  今日、一日を無事に乗り切れるんだろうか??

待ち時間に配布されたレジメを眺めてみると、美しい草花の絵が掲載されていました。

2011_Jul01_020.JPG

はてさて、この中で一番ごまかしがきくのはどれだろう???

 

 

始まる前からごまかすことを考えている時点で、絵描き失格です。

 

さらに先を見ると彩色された絵も掲載。

2011_Jul01_021.JPG

う~ん、これはやっぱり無理っぽい・・・・。  だいたい、グラデーションっていうヤツは見るだけなら美しいんだけど、これを描くというのは一種の技術ですもの。  初心者においそれとできる技ではないはずです。  てなてな思考ばかりが先走り、始まる前から自虐的になっていく KiKi。  

 

 

ここはどこ??  私は誰??  私はなぜ今、ここにいる????

 

ま、そんな KiKi の不安感はまったく無視され、主催者に発表された組み分けにより自動的に「午前中は俳画教室、午後から竹細工教室」にグルーピングされた KiKi。  どちらかと言うと KiKi にとっては難関と感じられる「俳画」が先なのは良かったかもしれません(苦笑)    

で、本来ならここから講師の先生の講義風景・・・・とか、実習風景・・・・・・とかのご紹介に入らなくちゃいけないわけですが、KiKi のこのブログの最大の欠陥である「やっている人と写真を撮る人(ついでにエントリーを書く人も)が一緒」ということで、そのあたりは一切省略。  1つだけ言えることは、一応元優等生として、先生の講義は居眠りもせずちゃんと聞いたし、実習も KiKi なりに真剣に取り組みました ということぐらい(笑)  筆を持つのは小学生のお正月の宿題の書初め以来、絵を描くのも高校生の美術の時間以来・・・・・。  それでまともな作品ができるわけがない!!(苦笑)  

と、言いつつも、恥ずかしながら・・・・ではあるのですが、ちゃんと真面目に講座に取り組んだ証拠ぐらいは残しておかないとね。  では、素人の恥ずかしい失敗作を見てみたいという悪趣味の人のみ「続きを読む」をポチっとクリックしてやってくださいませ~(笑)

 

2011_Jul01_018.JPG

 

 

ま、これ(↑)は見なかったことにして話を先に進めましょう。

何とか午前中を生きのびた KiKi は配布されたお弁当をおいしくいただき午後の竹細工教室に参加しました。  でもね、ここでレジメを何度見ても、横から見ても、裏返して見ても、どこにも竹細工の解説が載っていないことが判明。  で、配布されたのはこの紙(↓)1枚だけです。

2011_Jul01_019.JPG

う~ん、この型紙。  よくできているって言えばよくできているし、竹細工をする人はこういう型紙1つでチャチャっと作っていくものなのかもしれないけれど、せめて簡単な工程表みたいなものぐらいは欲しいなぁ。  見本の写真とか実物もないので、何をどういう順番でどうすりゃいいのかさっぱりわかりません ^^;

講師の先生もいらしたんだけど、一番最初に全体に向かって、「まずはこの型紙に描いてあるように中の竹を編んでください。」以降、全体説明は一切なし。  あちこちのブロックで足止めされて、作業の早い方にどんどん次工程の説明をしているみたい・・・・ではあるんだけど、その頃作業の遅い KiKi は必死になって竹を編んでいるので、正直なところそこで手を止めて説明を聞きに行く余裕もない ^^;  中部分の竹を編んだ後、何をしたらいいのかよくわからず、ボケ~っとしてしまう時間が数分。  ただでさえ遅れをとっている(と思われる)のに、こんなんで今日中に額が仕上がるんだろうか??  

ようやく近くを通りかかった世話役の人を呼び止め、「次に何をしたらいいんですか??」「その見本を見せてください」と言いながら試行錯誤を繰り返しました。  ひょっとしたらとっても重要なプロセスを飛ばしちゃっているかもしれない・・・・というリスクを抱えつつ、とりあえず午後の講座も終了し、一応目の前には「額縁らしきもの」がありました。

今日の講座のコンセプトとしては、「自分で作った竹細工の額縁に自分が描いた俳画を入れてインテリアとして飾る」ということみたいだったんだけど、とてもじゃないけど自作の俳画を飾る気にはなれない KiKi。  そうしたら閉会式の後、今回の俳画教室の世話役をしてくださった「なごみの会」という俳画を続けられて○年というベテランさんの作品がお土産として配られました。  よかったぁ~!  これで飾るものができました。

ま、てなわけで自宅に飾った本日の成果がこちら(↓)です。

2011_Jul01_013.JPG

 

2011_Jul01_014.JPG

裸板の壁に自然素材で作った(かなり不格好だけど ^^;)額が案外マッチします。  そして何より中の絵が良い!!  (2つ目の写真の絵を描いた方、ごめんなさい。  絵を止める竹が絵に被っちゃっていますが・・・・・ ^^;)

今日の講座を受講してみての感想としては、なかなか面白い体験だったなぁということです。  ただね、これを「嬬恋村」でやらなくちゃいけなかった理由・・・・と言うか、「嬬恋村と竹細工」「嬬恋村と俳画」の関係が今一つピンとこなかったのが残念でした。

で、「ついで観光」の予定だった「キャベツ畑」なんですけど、何だか疲れちゃったので、観光は一切せず、結局そのまままっすぐ山小舎に戻った KiKi。  う~ん、これじゃあ何のために「団体バス」を断って自家用車で向かったのかよくわからなくなってしまった・・・・・ ^^;  強いて言えば帰路立ち寄ったスーパーでの食材調達のため・・・・・だったのかな(苦笑)  

さて、俳画の講義の後、世話役の「なごみ会」の方に「おうちで練習するともっともっとうまくなりますよ♪」と言われ、「そうでしょうね。  でも、肝心のお道具がないとねぇ~」と返した KiKi だったのですが、何となく記憶をくすぐられることがあって、山小舎に戻るとその記憶を頼りに早速家探しに着手しました。  すると、やっぱりありました!  かつて KiKi の父親にプレゼントされ、その後、ただの一度も使ったことのないコレ!

2011_Jul01_016.JPG

こちら、俳画を含む日本画で使用する絵具で顔彩というものです。  ふたを開けると

2011_Jul01_017.JPG

蓋の裏に色の名前が書いてあります。  今回の講義で準備していただいていた顔彩のパッケージではこの色の名前の漢字の上にフリガナが振ってあったんだけど、KiKi の持っているこれにはフリガナがないので、色の名前すら読めないものがあったりします。  因みに顔彩本体の方がこの写真でテカテカしているのはもらったきり一度も使っていないのでビニールが張られたままだから・・・・・・ ^^;  よくよく見ると各色ひび割れができたりしちゃっています。  

この顔彩を今回いただいてきた

2011_Jul01_015.JPG

このパレットで水溶きすれば、基本的には俳画が描けるわけです。  我が家で欠如しているお道具は筆と青墨ぐらい・・・・かな。

はてさて、これらのものが再び取り出されることがあるのでしょうか??  希望薄し・・・・ではあるものの、ひょっとしたらこの「父ちゃんのプレゼント」が20年近くの歳月を経て日の目を見ることがあるやも・・・・・しれません(笑)

ま、てなわけで「ふるさと探訪」の夏篇はここで一段落。  次は9月に「秋の巻」があります。  次回は中之条のビエンナーレ散策です。  せっかくここ、Lothlórien_山小舎にいるので、一度は見ておきたいイベントだと思いつつも重い腰が上がらなかった KiKi なので、これもと~っても楽しみです♪

 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://poco-a-poco.chu.jp/mt/mt-tb.cgi/934

コメントする

2015年2月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28

Current Moon

CURRENT MOON

東京のお天気


山小舎のお天気


Booklog



ブクログ

アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.261

TrackbackPeople

クラシック・ピープルの Trackback People Site


チェロ ラヴァーズの Trackback People Site


Piano~ぴあの Trackback People Site


ピアノオススメ教本の Trackback People Site


ピアノ教室の Trackback People Site


Book Love Peopleの Trackback People Site


本好きPeople・ぴーぷるの Trackback People Site


今日読んだ本の Trackback People Site


ファンタジーが好き♪の Trackback People Site


この絵本がすごい!の Tackback People Site


児童書大好き♪の Trackback People Site


ハヤカワepi文庫の Trackback People Site


岩波少年文庫応援団の Trackback People Site


薪ストーブの Trackback People Site


週末は田舎暮らしの Trackback People Site


野菜育てPeopleの Trackback People Site


ガーデニングの Trackback People Site


パッチワークキルトの Trackback People Site


あなたの訪問は?


日めくりカレンダー


Real Time News


カテゴリ

ノルンはいくつ?

本が好き!


読書メーター

KiKiさんの読書メーター
KiKiさんの読書メーター

最近読んだ本

KiKiの最近読んだ本

今読んでいる本

KiKiの今読んでる本

読了目標





今やってるゲーム

KiKiの今やってるゲーム

このブログ記事について

このページは、KiKi (Brunnhilde)が2011年6月30日 23:22に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「山小舎の飲み物」です。

次のブログ記事は「2011年6月の読書 読書メーター」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

高速運賃





Edita

ブロガー(ブログ)交流空間 エディタコミュニティ

名言黒板


作家別タグ