あっという間に溢れるプラスチック容器

| コメント(0) | トラックバック(0)

Lothlórien_山小舎のゴミ収集所は山小舎から車で5分ほどのところにあります。  燃えるごみだけは比較的近くに別の収集所を設けていただいているのですが、瓶・缶・資源ごみ等々は近くの公民館まで行かなくてはなりません。  近く・・・・と言ってもそこは田舎の事ですから歩いていけない距離というほどではないものの、ちょっと遠い。  ましてゴミ収集日にごみの袋を両手に下げて歩いていくには、結構遠い。  ついでにさほど急ではないものの山坂があり(ここは山村なのです)、リュックを背負ってだったら苦にならないまでも両手に荷物を下げてだと想像するだけでちょっとウンザリしてしまう程度の距離があります。  ま、てなわけで、対処に困ってしまうのが「プラスチック容器」というヤツです。

ペットボトルは可能な限り買わないように、缶詰も可能な限り使わないようにしているので、ゾクゾクとゴミが出てくるということはないのですが、どうにもならないのがこの「プラスチック容器」です。  肉を買っても魚を買っても卵を買っても野菜(一部)を買っても、今ではあたりまえのようにスーパーで使われているこの「プラスチック容器」。  毎日毎日最低2個ペースでゴミが出てきます。

一応、Lothlórien_山小舎では分別ごみを収納しておく Box を設置しているのですが、あっという間にプラスチック容器は満杯になり、入りきらなくなります。  で、このプラスチック容器。  村に唯一あるスーパーマーケット(JA経営)には回収ボックスがないため、山を下りた先のスーパーの回収ボックスに捨てるようにしているのですが、山を下りてのお買い物には最低でも2~3時間を要してしまうので、ゴミの溜まり具合に応じて出かける・・・・・というわけにはいきません。  そうすると、捨てに行くときに使用しているスーパーの袋に入れてとりあえず床に転がしておくという状態が続きます ^^;

一方で最近では節電対策で「ゴミ焼却場の稼働を抑えるために、ゴミを減らしてくれ」との通知がある中で、減らしたくても KiKi の心がけだけではどうにもこうにも減らせないのがこの「プラスチック容器」です。  これを何とか減らそうとするなら、プラスチック容器を大量に使っているスーパーではなく、昔ながらの古新聞とか防水加工をしている紙(名前を何て言うのか、既に忘れてしまったけど、昔肉屋さんでは、まずハカリにこの紙が乗せられて、その状態で目盛を読んでその分だけこちらの欲しい肉の重さに+して測ってくれた、あの紙)を使って包装してくれる個人商店を探し出してお買い物をしなくちゃいけないんだけど、個人商店がほぼ壊滅状態にある昨今、ましてそんな小規模のお店は人口の少ない田舎では生き残っていなかったりもするわけで・・・・・・。

 

考えてみると KiKi の子供時代、ここまで多くのゴミが一般家庭から出ることはなかったように思うんですよね。  KiKi の実家では灯油の一斗缶を使って「紙ごみ」は自宅で焼却していたし(しかも散々使い倒された後の紙; 昔は広告の裏紙が有効利用されていた)、瓶の類はほとんどが Returnable Bottle で酒屋さんに持ち込んでリサイクルしてもらっていたし、缶詰な~んていうものも、今ほど多くはなかったし、ましてペットボトルな~んていうものは存在さえしていませんでした。  そして、今、KiKi がその取扱いに苦慮している「プラスチック容器」な~んていうものもなかった・・・・・。

もちろん都会では、KiKi の実家のように一斗缶焼却な~んていうことをする場所もなければ、火の用心という観点からも勧められるようなモノではなくなってしまっているし、件のプラスチック容器を製造して生業を成立させていらっしゃる方もいらっしゃるので、一概に「脱・プラスチック容器」とは言えないんだけど、何だか割り切れない思いが KiKi の胸に渦巻いちゃうんですよね~。  特に床に転がっているスーパー袋に入った「プラスチック容器」を眺めているとね ^^;

あれこれ考えても、KiKi は思ってしまうのですよ。  ゴミを減らしたいのだったら、ゴミを出さない生活を追求するのが一番で、そのゴミが何なのか、(どんなゴミなのか)をちゃんと捉えて、それを使わないに限ると思うんだけどなぁ・・・・・。  毎日毎日ゴミが出てきて、それでも出す量を減らせっていうのは、家にごみを備蓄しておけっていうのと同義になっちゃうよぉ。  他の物ならいざ知らず、ゴミの備蓄な~んて、可能な限りしたくないし・・・・・・。  

特にゴミっていうやつは、多くの人が収集所に持って行って捨てたらそれでオシマイという性格のもので、その後そのゴミがどうなるのか、あんまり深く考えない(というのも目の前から消えてなくなるので)物質の筆頭だと思うんですよね。  かく言う KiKi もTVの報道番組なんかで「ゴミ問題」を取り扱ったルポを観たことが何度もあるんだけど、都会生活をしているときには「自分の問題」として真剣に考えたことがありませんでした。  我が家に転がる「廃棄処分待ちプラスチック容器」を眺めるようになって、ようやく考え始めたというのが正直なところです。  でも、ホントにすごい勢いで増えるんですよ、このプラスチック容器!!  

都度都度ちゃんと洗っているので、不潔感こそないものの、やっぱり目にして美しい光景とは言い難い・・・・・。  ホント、このままでいいんだろうか??  最近の KiKi の大きな悩みはこの「プラスチック容器の扱い方」なのです。  

 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://poco-a-poco.chu.jp/mt/mt-tb.cgi/957

コメントする

2015年2月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28

Current Moon

CURRENT MOON

東京のお天気


山小舎のお天気


Booklog



ブクログ

アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.261

TrackbackPeople

クラシック・ピープルの Trackback People Site


チェロ ラヴァーズの Trackback People Site


Piano~ぴあの Trackback People Site


ピアノオススメ教本の Trackback People Site


ピアノ教室の Trackback People Site


Book Love Peopleの Trackback People Site


本好きPeople・ぴーぷるの Trackback People Site


今日読んだ本の Trackback People Site


ファンタジーが好き♪の Trackback People Site


この絵本がすごい!の Tackback People Site


児童書大好き♪の Trackback People Site


ハヤカワepi文庫の Trackback People Site


岩波少年文庫応援団の Trackback People Site


薪ストーブの Trackback People Site


週末は田舎暮らしの Trackback People Site


野菜育てPeopleの Trackback People Site


ガーデニングの Trackback People Site


パッチワークキルトの Trackback People Site


あなたの訪問は?


日めくりカレンダー


Real Time News


カテゴリ

ノルンはいくつ?

本が好き!


読書メーター

KiKiさんの読書メーター
KiKiさんの読書メーター

最近読んだ本

KiKiの最近読んだ本

今読んでいる本

KiKiの今読んでる本

読了目標





今やってるゲーム

KiKiの今やってるゲーム

このブログ記事について

このページは、KiKi (Brunnhilde)が2011年8月 9日 09:04に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「初めて知った!  今日は「ピアノの日」らしい・・・・・」です。

次のブログ記事は「我が愛する英国でのゴタゴタ」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

高速運賃





Edita

ブロガー(ブログ)交流空間 エディタコミュニティ

名言黒板


作家別タグ