ふるさと探訪 第3弾

| コメント(0) | トラックバック(0)

以前、このエントリーとかこのエントリーでお話した吾妻東部町村連携講座(吾妻郡東部の3町村が連携して開設する地域住民対象の講座)の第3弾が昨日開催されました。  今回の主催はおらが高山村のお隣、中之条町でした。

2011_Sep14_036.JPG

中之条では2年に1度「中之条ビエンナーレ」というイベントが開催されています。  町の中のそこかしこに現代アートが展示され、里山の風景と現代アートという相性がいいような悪いようなある意味相反する2つが醸し出す雰囲気をたっぷり堪能できる(?)イベントになっています。  このイベントに関してはふとした折に耳にしていて、「一度は覗いてみたいなぁ」と以前から思っていたのですが、とは言っても野良仕事とか家事にとりまぎれて一度も体験していなかった KiKi。  そういう意味では今回この「ふるさと探訪」で取り上げていただいたのは結構嬉しかった(笑)。 

今回が3回目の開催にあたるのだそうで、イベントのプランナーさんもある意味、「都会ズレ」していらっしゃるようで(あ、悪口ではありませんよ。  念のため)こ~んな立派なパンフレット(有料 500円)が準備され、地図や作品紹介、更にはアーティストインタビューなどが網羅されているほか、スタンプラリー企画やら、あちこちの商店のクーポン企画なんかもあります。

2011_Sep14_035.JPG 

でもね、これがなければ歩けないか?と問われればそんなことはなくて、無料のパンフレットもあるし、それ以上に街中にこんな看板が立てられ、初めて訪れた人でもさほど迷子になる心配はなさそうです。

2011_Sep14_020.JPG  さらには展示会場にも同じトーンのこんな看板があります。

2011_Sep14_009.JPG

こういう一つ一つを見ると、中之条という町がどれだけこのイベントに力を入れているか、痛いほど伝わってきます。  高山村みたいな農村から見ると立派な「マチ」の中之条町だけど、それでも地方都市の例外に漏れず、この町の多くの店はシャッターをおろし、普段であれば人通りも決して多くはありません。  でも、このイベントの集客効果はマズマズみたい・・・・。  まあ、東京あたりからここまで来る人がどれくらいいるのかは定かではないのですが・・・・・・ ^^;

  

現代アートとはさほど相性のよくない KiKi ではあります(だって、よくわかんないんだもん! 笑)が、せっかくの機会なので目一杯楽しみたいと思います。

普段は車でビュ~っと通り過ぎてしまう町を我と我が足で歩くっていうのもなかなかオツなもんです。  もっとも昨日はそぞろ歩きにはもってこいちょっと辛い「真夏日」で、熱中症恐怖症に冒されている KiKi にはちょっと戦々恐々だったんですけどね♪

最初の展示会場は近藤公園という公園でした。  東京でも公園(or 庭園)歩きを趣味としていた KiKi にとってはちょっと小さな寂しい公園だったんだけど、そこにあった展示物はよくわからないながらも、何か素敵♪でした。

2011_Sep14_001.JPG

最初は「なんじゃ? コレ??」と思ったんですよ。  芝生エリアに白いバリケードみたいなものがあって、そこによくわからない物体が置かれ、色板がヒラヒラしているんです。  でもね、近づいて見たらこ~んな造形物であることが判明。

2011_Sep14_003.JPG

へぇ!  よくわかんないけど、なんか面白い!!  でね、気がついたんです。  芝生にこれが置かれているだけだと「モノ」に過ぎなかったものが、このエリアに人が入ってくると

2011_Sep14_006.JPG

何だか「モノ」から「生命体」に変化したみたいに見えなくもないんです。  さらに、このまわりを取り巻く「白いバリケードみたいなもの」は実はこの空間を上から見下ろすギャラリーになっていたんだけど、角度を変えるとまた別の形が浮かび上がってくるんですよ。

2011_Sep14_007.JPG

透明な板(シート)に貼りつけられている色部分はすべてちっちゃなハート。  

2011_Sep14_002.JPG

そしてその透明なシートが何枚もあわさって1つのタワーを構成しているんだけど、風にそれが動いたり、周りをぐるっと回ってみたり、上から見下ろしたりすると色々と異なる造形を見せてくれるんです。  会場で頂いた作者さんが準備された作品説明の資料によれば、舞台芸術なんかで結構活躍されていらっしゃる作家さんの作品のようで、「なるほどね~」とよくわからないながらも、納得させられちゃったみたいな感じに・・・・・(笑)

次に訪れたのが旧酒蔵です。

2011_Sep14_010.JPG

現代アート以上に面白いのはこういう人の営みが残っている古い建造物です。  中に入るとこ~んなに素敵なレトロな看板もあったりして、不思議とほっとさせられます。

2011_Sep14_011.JPG

ここにも色々な展示物があったんだけど、KiKi のお気に入りはこちら(↓)です。

2011_Sep14_012.JPG

これは子供のいたずらがき??  いえいえ、立派な作品の一部なんです。  でも、このちょっとすねたような、斜に構えたような表情、いい味出していると思いませんか??

ここは酒蔵の中の小さな一室だったんだけど、そこをぐるっと回ってみると

 

2011_Sep14_013.JPG

こ~んな隙間でかくれんぼしている子もいれば

2011_Sep14_014.JPG

部屋の隅っこで酒瓶片手にやぶにらみしている子もいるんです。  因みにこの部屋の真ん中にはテーブルがあって、本物の酒瓶がいくつも転がっているど真ん中で酔っ払って寝っ転がっている子もいました。(そこはちょっと人が多くて、写真は撮れませんでした。)

ここにはもう1つ KiKi の関心をひいたこ~んな展示物もありました。

2011_Sep14_016.JPG

KiKi はね~、本棚のある景色って大好きなんですよ。  どうして本棚の上にタンスがなくちゃいけないか?とかよくわからないところも多いんだけど、何だかこういう景色、好きだなぁ・・・・・。

そして、ここでは展示物以上に(この作品の作家さん、ごめんなさい)目を引いたものもありました。  それがこちら(↓)。

2011_Sep14_017.JPG

手前のスポットライトに照らされたものがアート作品なわけだけど、KiKi にとって興味深かったのはその後ろの壁の配線です。  実はここ、麹を発酵させていた部屋なんだそうです。  発酵には温度管理が大切!ということで、こんな風に電線が張り巡らされていたんですよね~。  現代社会ではできるだけ隠そうとする電気配線。  でも、この時代のものだと剥き出しこそがふさわしいと感じられちゃうのが不思議です。

他にもいっぱい写真を撮ってきたんだけど、ビエンナーレだけで盛りだくさんになりすぎちゃうので、ビエンナーレに関してはこの辺で・・・・・(苦笑)

そしてお昼には中之条の昔ながらの料亭(?)でお弁当をいただきました。  お弁当は普通のお弁当だったんだけど、ここで面白いものを拝見する機会がありました。  そちらのお店にはお蔵を改造した「宝物庫」(?)みたいなものがあって、色々展示物があり、ご主人(と言ってもひょっとしたらすでに隠居されていらっしゃるのかな?  かなり年配のおじいちゃん)が解説してくださったんです。  色々なものが置かれている中で一際 KiKi の目を引いたのは一冊の冊子でした。

頁の真ん中に二本線が引かれ、その上と下にお店の屋号と思しきものがズラっと並んでいます。  で、何が面白かったかってこの文字が二本線を境に線の方を上に書かれている(つまり上部の記述は下から読まないと読めない)ものだったんです。  思わず

「これ、何ですか??  どうしてこんな風に書かれているんだろう・・・・・・。」

という KiKi の問いに答えてくれた話によれば、これは昔の「職業便覧」というもので、真ん中の二本線が街道。  その街道を挟んでどんなお店が並んでいるかの記録なんだそうです。  いえね、KiKi は最初にそれを見たときに思ったのは表記の仕方の不思議もさることながら、お店の名前こそ並んでいるものの、住所もなければ電話番号もない・・・・・。  いったい何のために何に使うものなのかさっぱりわからないなぁっていうことだったんですよ。  でも、言ってみればこれって「商店街地図」だったわけです。

さて、そんなこんなで午後の部に突入しました。  午後はツインプラザという建物のホールで「江戸太神楽」と「落語」の鑑賞でした。  ツインプラザには図書館(例の吾妻郡図書館です)が併設されているので、ここには何度も来ているのですが、ホールに足を踏み入れたことはなかったので、それがちょっと嬉しかった♪

madori.gif

「交流ホール」は想像していたより小さかったけれど、設備的には新しいだけのことはあって、なかなかのものでした。  もっとも客席は出し入れ可能なイス(要は据え付けではない)であるあたり、やっぱり本当の意味での「多目的ホール」なんだなぁ・・・・と。

「江戸太神楽」と言い、「落語」と言い、TVでこそ観たことはあるものの、生は初体験でした。  これもかなり楽しい催しでした。  特に「江戸太神楽」の技には舌を巻きました。  演じられた方が若いということもあるんですけど、こうやって「魅せることができるレベル」に至るまでのお稽古はさぞや大変だっただろうなぁ・・・・と思うと、胸が熱くなりました。  

今回もなかなか楽しい企画で、KiKi としては大満足♪  ただね、1つだけ苦言を呈するとすれば、午後の部のアレ、催し物としてはとっても楽しかったんだけど、アレのどこが「ふるさと探訪」だったんだろうか??  まあ、個人的には「ツインプラザの交流ホール初体験」という意味では「ふるさと探訪」だったし、落語の噺家さんは中之条在住のセミ・プロの方とのことなので、そう言う意味では「ふるさと探訪」だったんですけどね(笑)

もっとも・・・・・・・

炎天下の中、あれ以上歩けと言われたらそれはそれで厳しいものがあったので、楽しく元気に帰宅できたという意味では大満足でした。  

   

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://poco-a-poco.chu.jp/mt/mt-tb.cgi/983

コメントする

2015年2月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28

Current Moon

CURRENT MOON

東京のお天気


山小舎のお天気


Booklog



ブクログ

アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.261

TrackbackPeople

クラシック・ピープルの Trackback People Site


チェロ ラヴァーズの Trackback People Site


Piano~ぴあの Trackback People Site


ピアノオススメ教本の Trackback People Site


ピアノ教室の Trackback People Site


Book Love Peopleの Trackback People Site


本好きPeople・ぴーぷるの Trackback People Site


今日読んだ本の Trackback People Site


ファンタジーが好き♪の Trackback People Site


この絵本がすごい!の Tackback People Site


児童書大好き♪の Trackback People Site


ハヤカワepi文庫の Trackback People Site


岩波少年文庫応援団の Trackback People Site


薪ストーブの Trackback People Site


週末は田舎暮らしの Trackback People Site


野菜育てPeopleの Trackback People Site


ガーデニングの Trackback People Site


パッチワークキルトの Trackback People Site


あなたの訪問は?


日めくりカレンダー


Real Time News


カテゴリ

ノルンはいくつ?

本が好き!


読書メーター

KiKiさんの読書メーター
KiKiさんの読書メーター

最近読んだ本

KiKiの最近読んだ本

今読んでいる本

KiKiの今読んでる本

読了目標





今やってるゲーム

KiKiの今やってるゲーム

このブログ記事について

このページは、KiKi (Brunnhilde)が2011年9月14日 10:08に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ムーミン谷の11月 T.ヤンソン」です。

次のブログ記事は「魔法のアイロン J.エイキン」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

高速運賃





Edita

ブロガー(ブログ)交流空間 エディタコミュニティ

名言黒板


作家別タグ