月曜日に来たふしぎな子 J.リーブズ

| コメント(0) | トラックバック(0)

今日も吾妻郡図書館で借り出してきた岩波少年文庫を読了しました。  本日の KiKi の読了本はこちらです。

月曜日に来たふしぎな子
著:J.リーブズ 訳:神宮 輝夫  岩波少年文庫

510J336Z65L__SL500_AA300_.jpeg (Amazon)

「月曜日に来たふしぎな子」のために大騒動にまきこまれる親切なパン屋さん一家の話、腕はいいのに怠け癖のある「エルフィンストンの石工」、ほかに「おばあさんと4つの音」「11羽の白い鳩」など、民話風な楽しいお話 6編。  (文庫本裏表紙より転載)

著者のジェイムズ・リーブズという方はイギリスの詩人・作家で、神話や伝説、昔話やマザーグースなどの伝承文学の魅力を子供に伝える仕事に大きな業績を残した方・・・・とのことなんだけど、大学で英文学を専攻したはずの KiKi にはまったく馴染みのない作家さんでした。  この物語も「岩波少年文庫」に収録されていなくて、未だに KiKi の蔵書には入っていなくて、そんな本を図書館で探すという労を取っていなかったら絶対に出会うことのなかっただろう物語だと思います。

比較的短い読みやすい小品が6編収められている短編集で、それこそベッドタイムストーリーにはもってこいの簡素さで、なかなか魅力のある作品集でした。  収録されている作品は以下の6編です。

月曜日に来たふしぎな子
おばあさんと4つの音
水兵ランビローとブリタニア
エルフィンストーンの石工
フーの花瓶
11羽の白い鳩

どの作品にもどこかで読んだり聞いたりしたことがあるような素朴さと懐かしさがありつつも、ちょっぴりピリっとくるようなエスプリや現代感覚があり、なかなか新鮮な読後感でした。

 

個人的にかなり気に入ったのは「おばあさんと4つの音」と「水兵ランビローとブリタニア」、そして「フーの花瓶」の3作品です。

他の人ならノイズと感じ、心がささくれている状態だったら神経に触る音とさえ言われちゃいそうなドアのきしむ「キイーイ」という音や床板の「キュキュ」ときしむ音、窓枠が風で「ガタガタ」なる音、小ネズミが走り回る「トコトコ」いう音が実は一人暮らしのおばあさんを見守っている妖精(+小動物1匹)たちの生活音という設定に何とも言えないぬくもりを感じました。  これらの音を「騒音」として排除しようとする親切な隣人にも悪意はなくて、「おばあさんのためを思って」これらの音が出ないように大工作業をしてあげようとするんですよね~。  で、おばあさんは彼の好意を無にしないように機知にとんだ解決策を見出し、大工さんとの隣人関係も妖精たちとの暮らしをも守るという物語に深い安心感を覚えました。

「水兵ランビローとブリタニア」は、ボトルシップの中の船員(人形)と、スノー・ドームのなかに住む少女(これまた人形)の間の切ない恋の物語。  決して成就しない2人の思いなんだけど、「振り向けばヤツがいる」状態でそれぞれがつかず離れずの距離感の中で相手を思う心や、この2つのおもちゃを大切にする異次元に存在する女の子の心にホッとするものを感じます。

「フーの花瓶」は結末としてはちょっと悲しい物語なんだけど、 花瓶を叩いて美しい音色を競うという中国風の国で、フーの作った割れた花瓶の音色が音楽の始まりになったというちょっと不思議な物語。  いちずに素敵な音色のする花瓶を作ろうとするフーの健気さが胸を打ちます。  でもね、この作品の素晴らしいところは、フーが作った花瓶の状態では彼の夢は果たせないんですよ。  そして「失敗作」として割られてしまった花瓶の欠片を拾った宮殿の調理場の下働きの男の子の手により見事な楽器に変貌するあたりに、「別の能力を持った2人以上の人間の無意識の共同作業」による成果という人間社会の縮図みたいなものを感じ、人が力を合わせるということの意義・・・・みたいなものをさり気な~く語っているところ。

エドワード・アーディゾーニという方の挿絵もなかなか素敵で、こんな絵が描けたら・・・・と思わせてくれる作品です。  良書だと思いました。    

 

 

 

 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://poco-a-poco.chu.jp/mt/mt-tb.cgi/980

コメントする

2015年2月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28

Current Moon

CURRENT MOON

東京のお天気


山小舎のお天気


Booklog



ブクログ

アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.261

TrackbackPeople

クラシック・ピープルの Trackback People Site


チェロ ラヴァーズの Trackback People Site


Piano~ぴあの Trackback People Site


ピアノオススメ教本の Trackback People Site


ピアノ教室の Trackback People Site


Book Love Peopleの Trackback People Site


本好きPeople・ぴーぷるの Trackback People Site


今日読んだ本の Trackback People Site


ファンタジーが好き♪の Trackback People Site


この絵本がすごい!の Tackback People Site


児童書大好き♪の Trackback People Site


ハヤカワepi文庫の Trackback People Site


岩波少年文庫応援団の Trackback People Site


薪ストーブの Trackback People Site


週末は田舎暮らしの Trackback People Site


野菜育てPeopleの Trackback People Site


ガーデニングの Trackback People Site


パッチワークキルトの Trackback People Site


あなたの訪問は?


日めくりカレンダー


Real Time News


カテゴリ

ノルンはいくつ?

本が好き!


読書メーター

KiKiさんの読書メーター
KiKiさんの読書メーター

最近読んだ本

KiKiの最近読んだ本

今読んでいる本

KiKiの今読んでる本

読了目標





今やってるゲーム

KiKiの今やってるゲーム

このブログ記事について

このページは、KiKi (Brunnhilde)が2011年9月11日 13:13に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「シャーロック・ホウムズシリーズ C.ドイル」です。

次のブログ記事は「ほんとうの空色 B.バラージュ」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

高速運賃





Edita

ブロガー(ブログ)交流空間 エディタコミュニティ

名言黒板


作家別タグ