稲刈り & 筋肉痛

| コメント(0) | トラックバック(0)

昨日、今日と2日かけて上州高山農園_田んぼでは稲刈りが行われました。  先日もこのエントリーでお話しした通り、先月の2回の台風で稲の大半がなぎ倒されてしまった、あの田んぼです。  因みにご近所の田んぼは既に稲刈りを終え、こ~んな風情のある里山風景を展開してくれちゃっています。

2011_Oct09_001.JPG  

2011_Oct09_002.JPG

これぞ都会人が憧れる田園風景ですよね~。  もちろんこんな風景を演出(?)するためには多大なる労力が必要となるわけですが・・・・・ ^^;  対する我が田んぼは相変わらずこ~んな(↓)感じで、どこからどう見ても都会人の憧れの対象にはなりえそうもありません ^^;

2011_Oct09_004.JPG

変わらず稲は地面にダベ~っと横たわっています。  お天道様の力 & 稲の生命力でもう少しは立ち上がってくれるかと期待していたんですけどねぇ・・・・・。  

2011_Oct09_006.JPG

ところどころ、辛うじて稲が立っている・・・・ように見えるところもないわけじゃないんですけどねぇ。

ご近所の田んぼの美しさと比較すると限りな~く情けない感じ・・・・・。  

2011_Oct09_007.JPG

で、我が田んぼではご近所さんみたいな労力のかかることはとてもできそうにない素人が労働力の大半を占めています。  ですから今年は稲刈り助っ人をお願いし、皆さんのような天日干しはしないで、稲刈りも機械、乾燥も機械と文明の利器に基本的にはお任せする・・・・ということになっていたのですが、このままでは田んぼの入り口にその機械、コンバインを入れることさえできない・・・・・ということだったので、まずは昨日、「一部手刈り」をするとのこと。  招集に応じ、早速メンバー全員が参集しました。

2011_Oct09_011.JPG

ま、てなわけで田んぼの周り(外周部分)をせっせと皆で稲刈りです。  KiKi は普通の鎌しか持っていなかったのですが、「稲刈り専用(?)の鎌」を貸していただき、生まれて2回目の稲刈り体験です。  これが案外楽しい♪  サクサクと切れる音も気持ちいいし、何より切り株っていうのはいい味出しているんですよね~。  てなわけで、いい気になってホイホイと稲刈りをしていたら昨晩はとんでもない筋肉痛が襲ってきました。    

さて、一夜明け、昨晩は立ったり座ったりもちょっとしんどいぐらいの筋肉痛だったのが、今朝はだいぶおさまっていたような感じであることに気をよくし、朝は8時半から田んぼに行きました。  聞けば、コンバイン部隊は10時ごろ到着するとのこと。  すると田んぼの持ち主である I おばあちゃんが、

「こ~んなに寝ちゃってると機械もうまく動かないべ。  特に稲がベタ~っと寝ちゃっているこの1枚の田んぼは手刈りしなくちゃダメだべ。」

と仰います。  そりゃ大変! とばかりに集まった素人集団3名(+ I おばあちゃん)は全部で4枚あるうちの一番稲が寝ちゃっていた1枚の田んぼにみんなで取り掛かりました。

2011_Oct10_001.JPG

昨日のうちにかなりの部分が終わっていた・・・・・ということもあったのですが、コンバイン部隊が到着するまでに何とかその1枚は手刈り終了! 

「いや~、頑張ったよね私たち♪」

と悦に入っていると、ようやく到着したコンバイン部隊のお1人、上州高山農園の世話役でもあるHさんが到着する早々

「こんなとこは、機械でできたんだよ。  ここじゃなくて、あっちの田んぼをやっといてくんなくちゃ!」

と別の田んぼを指してお冠です。  ひょっとしたら正しい指摘だったのかもしれないけれど、1時間半以上も汗水垂らして頑張った人たちに対していきなりそれはないよ・・・・・と思わないでもない KiKi。  まあ、こういうことはこれまでにもしょっちゅうあって、素人集団でトンチンカンな行動が多いことは認めざるをえないんだけ、そういう素人集団を効率的に動かす、会社で言えば Manager 格の人がいないのが我が農園の大きな問題だったりします。  

ま、何はともあれコンバインが登場すると、まずは既に手刈りした米の脱穀が始まりました。

2011_Oct10_005.JPG

2011_Oct10_007.JPG

昨日の午後から今日の午前中をかけてせっせと刈った稲がどんどん処理されていきます。  う~ん、とんでもなく効率的だけど、どことなく呆気ない・・・・・。  機械があっという間に稲を処理していくのを見ていると、嬉しいというよりはどことな~く寂しいような気もしないでもない・・・・・。  もちろんこれらの作業をすべて人力でやる体力もなければ、知識もない KiKi たちなのではありますが・・・・。

2011_Oct10_008.JPG

そしてコンバインが本領を発揮するのは、当然のことながら「刈りながらどんどん脱穀していく様」なのです。  KiKi たちが延べ1日かけて4人掛かりで刈ったのと同じ量の稲が1時間足らずで刈るだけのみならず脱穀まで終わっちゃうという効率の良さ。  さすが機械力!  こういうのを見せつけられちゃうとやっぱり敵わないなぁ・・・・・。  近代の農業っていうのは機械の力ぬきでは語れないものであることを改めて実感します。  

2011_Oct10_013.JPG

しかも藁部分はどんどん粉砕しちゃっていくので、あっという間に田んぼは藁屑畑に・・・・・。  これが田んぼのよい肥やしになるとのこと。  稲って徹頭徹尾、合理的にできているモノなんですねぇ。  ただ、全部粉砕しちゃうとせっかく米作りをしたのに「稲わら」が入手できません。  そこで伺ってみると「稲わら」ができるように脱穀することも可能とのこと。

そこで今回はコンバイン部隊の方にお願いして、頑張って手刈りを終了させた田んぼ1枚分の稲だけは藁づくりのために粉砕処理しないようにしていただきました。

2011_Oct10_014.JPG

この(↑)藁は、明日以降、I おばあちゃんご指導のもと、いわゆる「藁ぼっち」を作って乾燥させる予定です。  「藁ぼっち」づくりもかなり手間のかかる作業らしいんだけど、何事も経験です。  まあ、ボチボチと頑張ってみるつもり・・・・です。

もっとも・・・・・・・

昨日に引き続き今日もせっせと稲刈り(手刈り)を頑張ったおかげで、このブログを書いている最中もあっちこっち半端じゃない筋肉痛に襲われ、かなり辛い感じ・・・・・。  その辛さが昨晩の比じゃないのがちょっと心配です ^^;  さて、明日の朝は今朝と同じように

「何だ、思っていたより今日は大丈夫じゃない!」

となるのか、はたまた

「と、と、とてもじゃないけど、起き上がれましぇ~ん (涙)」

となるのか、乞うご期待♪ です。  ま、いずれにしろてなわけで、ここ2日ほどは読書がほとんど進んでいない KiKi なのです。


トラックバック(0)

トラックバックURL: http://poco-a-poco.chu.jp/mt/mt-tb.cgi/1007

コメントする

2015年2月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28

Current Moon

CURRENT MOON

東京のお天気


山小舎のお天気


Booklog



ブクログ

アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.261

TrackbackPeople

クラシック・ピープルの Trackback People Site


チェロ ラヴァーズの Trackback People Site


Piano~ぴあの Trackback People Site


ピアノオススメ教本の Trackback People Site


ピアノ教室の Trackback People Site


Book Love Peopleの Trackback People Site


本好きPeople・ぴーぷるの Trackback People Site


今日読んだ本の Trackback People Site


ファンタジーが好き♪の Trackback People Site


この絵本がすごい!の Tackback People Site


児童書大好き♪の Trackback People Site


ハヤカワepi文庫の Trackback People Site


岩波少年文庫応援団の Trackback People Site


薪ストーブの Trackback People Site


週末は田舎暮らしの Trackback People Site


野菜育てPeopleの Trackback People Site


ガーデニングの Trackback People Site


パッチワークキルトの Trackback People Site


あなたの訪問は?


日めくりカレンダー


Real Time News


カテゴリ

ノルンはいくつ?

本が好き!


読書メーター

KiKiさんの読書メーター
KiKiさんの読書メーター

最近読んだ本

KiKiの最近読んだ本

今読んでいる本

KiKiの今読んでる本

読了目標





今やってるゲーム

KiKiの今やってるゲーム

このブログ記事について

このページは、KiKi (Brunnhilde)が2011年10月10日 18:02に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「南総里見八犬伝(4) 滝沢馬琴」です。

次のブログ記事は「はじめてのギリシア悲劇 丹羽隆子」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

高速運賃





Edita

ブロガー(ブログ)交流空間 エディタコミュニティ

名言黒板


作家別タグ