三銃士(上)(下) A.デュマ

| コメント(0) | トラックバック(0)

2011年最後の1冊を読了しました。  昔から大好きだったこの物語で締めくくることができたのが何とも言えず嬉しいb-hato4-b.gif  では、子供時代からの KiKi のお気に入り本の1冊をご紹介しましょう。

三銃士(上)
著:A.デュマ 訳:生島遼一  岩波少年文庫

51QD4Z7DF2L._SX230_.jpg  (Amazon)

田舎からパリにやってきた若き騎士ダルタニャンは、さっそく王と枢機卿が争う宮廷の陰謀にまきこまれてしまう。  ダルタニャンは、親友となった三人の騎士とともに、命がけで、イギリスへわたった王妃のダイヤをとりもどそうとする。  (文庫本裏表紙より転載)

三銃士(下)
著:A.デュマ 訳:生島遼一  岩波少年文庫

51158XQHEJL._SX230_.jpg  (Amazon)

王と枢機卿の争いはつづく。  ダルタニャンは三人の騎士たちとの友情を守り、愛する人に心を捧げながら、剣をふるう。  宗教の対立、国と国との争いを背景に、腕をきそい、策略をめぐらす騎士たちの活躍を描いた、デュマの傑作。  (文庫本裏表紙より転載)

KiKi が生まれて初めて読んだ「三銃士」の物語は岩波少年文庫ではありませんでした。  かと言ってそれが「完訳版か?」と問われれば、今となっては確認のしようもないのですが恐らくは抄訳版だっただろうと思います。  何せ「少年少女世界文学全集」というような類の全集物の中の1冊だったのですから・・・・・。  ただはっきりと覚えているのはこの岩波少年文庫版よりはかなり長い物語で、ここまで「ダルタニャン」だらけの物語ではなかった・・・・ということです。  

この岩波少年文庫版では訳者の生島さんご本人が「あとがき」で仰っているように、「ダルタニャンの活躍するところを忠実に残し、他の部分は省略して1冊にまとめました。」という内容で、そういう意味では若干の物足りなさもあるのですが、KiKi のお気に入りの三銃士の1人、アトスに関しては結構きっちりと描かれていたので大満足です。

因みにこの物語に対する宮崎さんのコメントはこんな感じです。

痛快冒険活劇という名にこれほどぴったりの本はないでしょう。  ワクワクするってこういう本です。  ためになるかですって、もちろんですとも。  本を読むのが、こんなに楽しいものだと教えてくれるんですからね・・・・。

賛成!  賛成!  大賛成!!! 

いやはや、子供時代に抄訳ものながらもこの「三銃士」や「モンテ・クリスト伯(岩窟王)」や作家は違うけれど「ああ、無情(レ・ミゼラブル)」を読み耽っていたのを懐かしく思い出します。  そんなワクワク・ドキドキの後遺症が未だに残っている KiKi は映画なんかでもコスチュームものが大好きだし、英雄伝とか騎士物語が大好物なんですよね~。  その根っこにある1冊は間違いなくこの「三銃士」なんですよね。

そうであるだけにこの映画で、アトス、ポロミス、アラミス、ダルタニャンに再会した時には役者が良かったというのもあるけれど狂喜乱舞しちゃったものでした。  思えばこの映画の元本(?)でもある「鉄仮面」もあの時期に読んでような記憶があります。  

そしてこの物語を読むまでは「魔性の女」の魅力にはまったく気が付かなかった KiKi が、「ミレディってカッコいい!!」と目覚めちゃった作品でもありました。  正直なところモテモテのアンヌ王妃よりも、ダルタニャンの恋の相手のボナシゥ夫人よりも、はるかに印象的でカッコいい♪  まあ、最期はちょっと哀しいけれど・・・・・。

大人になってから「完訳版」の三銃士も読んでみたけれど、結局印象に残っているのはこの「岩波少年文庫版」で描かれているシーンばっかりだから、「三銃士入門」にはうってつけの1冊だと思います。

さて、明日は2012年の幕開けです。  新年早々の KiKi の岩波少年文庫は「モンテ・クリスト伯」になる予定です。 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://poco-a-poco.chu.jp/mt/mt-tb.cgi/1087

コメントする

2015年2月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28

Current Moon

CURRENT MOON

東京のお天気


山小舎のお天気


Booklog



ブクログ

アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.261

TrackbackPeople

クラシック・ピープルの Trackback People Site


チェロ ラヴァーズの Trackback People Site


Piano~ぴあの Trackback People Site


ピアノオススメ教本の Trackback People Site


ピアノ教室の Trackback People Site


Book Love Peopleの Trackback People Site


本好きPeople・ぴーぷるの Trackback People Site


今日読んだ本の Trackback People Site


ファンタジーが好き♪の Trackback People Site


この絵本がすごい!の Tackback People Site


児童書大好き♪の Trackback People Site


ハヤカワepi文庫の Trackback People Site


岩波少年文庫応援団の Trackback People Site


薪ストーブの Trackback People Site


週末は田舎暮らしの Trackback People Site


野菜育てPeopleの Trackback People Site


ガーデニングの Trackback People Site


パッチワークキルトの Trackback People Site


あなたの訪問は?


日めくりカレンダー


Real Time News


カテゴリ

ノルンはいくつ?

本が好き!


読書メーター

KiKiさんの読書メーター
KiKiさんの読書メーター

最近読んだ本

KiKiの最近読んだ本

今読んでいる本

KiKiの今読んでる本

読了目標





今やってるゲーム

KiKiの今やってるゲーム

このブログ記事について

このページは、KiKi (Brunnhilde)が2011年12月31日 23:03に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「リンゴ畑のマーティン・ピピン(上)(下) E.ファージョン」です。

次のブログ記事は「2011年12月の読書 読書メーター」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

高速運賃





Edita

ブロガー(ブログ)交流空間 エディタコミュニティ

名言黒板


作家別タグ