チポリーノの冒険 G.ロダーリ

| コメント(0) | トラックバック(0)

さて、先日もお話したとおり、今日も「宮崎駿さん推薦の50冊」を読んでみる企画の第2弾です。  今回 KiKi が読了したのはこちらです。

チポリーノの冒険
著:G.ロダーリ 訳:関口英子  岩波少年文庫

51Vc2qAHDNL._SL500_AA300_.jpg (Amazon)

ここは野菜と果物たちの暮らす国。  玉ねぎ坊やのチポリーノが、無実の罪で牢屋に入れられてしまったお父さんを救いだそうと大活躍。  仲間たちと力をあわせて、わがままなレモン大公やトマト騎士に立ちむかいます。  痛快な冒険物語。  (文庫本裏表紙より転載)

これは一見(というより一読)、とっても楽しい物語ですねぇ。  でも、実は楽しい物語というよりはかなり深い物語です。  登場人物(?)たちは野菜や果物の姿を借りていてとってもユーモラスなんだけど、実は真面目に一所懸命に生きている庶民たちの姿とその上に胡坐をかいている支配者階級を風刺しているし、物語のプロット自体は独裁制から共和制へと流れていく歴史を描いている・・・・という、なかなかに練りこまれた作品なんです。  著者の人間観察の力は大変なもので、人物造形(? と呼ぶべきなのか、野菜造形と呼ぶべきなのか? 笑)は本当に巧みです。  だいたいにおいて悪役にも思わず「クスッ」と笑えちゃうあたりの描写がホント絶妙で、シンプルな勧善懲悪の物語には決してなっていない(大きな流れとしてはそうなんだけど)のが素晴らしいと感じました。

因みにこの本に対する宮崎さんのコメントは以下のようなもので、さすがアニメーターのコメントですよね・・・・・(笑)

P.235より (挿絵が転載されている  因みにKiKi の読んだ版ではこの挿絵は235頁ではなく241頁に掲載されている)

このレモン大公、強そうでいいでしょ。  ヨーロッパ風の漫画というのかな。  トマト騎士なんかも、顔が丸いんだけど、口元にしわが残してあって、表情はこうしてつくるんだと勉強になりました。

お話はもちろんおもしろいのですが、挿絵がとくに上手で愉快で、とても楽しめます。  トマト騎士とかチビレモン兵とか、ぼくは大好きになって、絵の描き方でずいぶん影響を受けました。  

  

確かに挿絵は秀逸だと感じます。  でも、美術畑というよりは文学畑の KiKi にとっては挿絵の効果もさることながら、やっぱり物語がすごいと感じられます。  子供が初めて「悪」を知るにはこういう物語がいいと思うんですよね。  決して悪人面はしていない悪人。  下手をすると身の回りにも転がっているかもしれない「悪」。  そういうものを時にユーモラスに、時に厳しく描いている筆力には脱帽ものです。  しかも、ひとつひとつのお話が短いのが子供には本当に嬉しいのではないかしら・・・・・(笑)  悪は決して自分とは無縁の遠くから襲ってくるものではなく、自分の身の回りにいくらでもその萌芽があることを感じるだけでもこの本に描かれた悪を知る意義があると思います。

この物語を読むと、作者の生まれた国「イタリア」がファシズムの嵐が吹き荒れた国であることを改めて再認識できます。  今ではファッションと美味しいお料理が有名で、最近では財政破綻するとかしないとかばかりが話題になっている国だけど、地中海に面した明るい国という印象が強すぎる国だけど、偉大なるローマ帝国があった国だけど、そんな国がたどってきた歴史はそればかりじゃないことを、久々に思い出させられる物語でした。

それにしても・・・・・・

タマネギ坊主のチポリーノ君は大活躍するうえにとっても可愛いんだけど、KiKi としては彼と友情を結ぶことに迷わなかったサクランボ坊やとチポリーノのよき理解者(?)とでも言うべきモグラおばさん、さらには囚人達(その多くが政治犯)の唯一の通信手段だった獄中郵便配達のクモヨタ(蜘蛛)さんと彼の遺志を継いだナナツハンさん(こちらも蜘蛛)が好きでした。  こんな人でありたい・・・・と思わせてくれる人物造形だったと思います。

さて、次は本来だったらサッカレイの「バラとゆびわ」に進むのが順当なところ・・・・ではあるのですが、たまたま図書館にRDGの第5巻が入荷したとの連絡があったし、更にはロダーリの他の作品も読んでみたいと感じたので、同じく岩波少年文庫に収録されている「青矢号」を先に読んでから、サッカレイに進みたいと思います。    

  

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://poco-a-poco.chu.jp/mt/mt-tb.cgi/1072

コメントする

2015年2月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28

Current Moon

CURRENT MOON

東京のお天気


山小舎のお天気


Booklog



ブクログ

アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.261

TrackbackPeople

クラシック・ピープルの Trackback People Site


チェロ ラヴァーズの Trackback People Site


Piano~ぴあの Trackback People Site


ピアノオススメ教本の Trackback People Site


ピアノ教室の Trackback People Site


Book Love Peopleの Trackback People Site


本好きPeople・ぴーぷるの Trackback People Site


今日読んだ本の Trackback People Site


ファンタジーが好き♪の Trackback People Site


この絵本がすごい!の Tackback People Site


児童書大好き♪の Trackback People Site


ハヤカワepi文庫の Trackback People Site


岩波少年文庫応援団の Trackback People Site


薪ストーブの Trackback People Site


週末は田舎暮らしの Trackback People Site


野菜育てPeopleの Trackback People Site


ガーデニングの Trackback People Site


パッチワークキルトの Trackback People Site


あなたの訪問は?


日めくりカレンダー


Real Time News


カテゴリ

ノルンはいくつ?

本が好き!


読書メーター

KiKiさんの読書メーター
KiKiさんの読書メーター

最近読んだ本

KiKiの最近読んだ本

今読んでいる本

KiKiの今読んでる本

読了目標





今やってるゲーム

KiKiの今やってるゲーム

このブログ記事について

このページは、KiKi (Brunnhilde)が2011年12月17日 13:40に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「大豆作業 唐箕登場!」です。

次のブログ記事は「RDG(5) 学園の一番長い日 荻原規子」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

高速運賃





Edita

ブロガー(ブログ)交流空間 エディタコミュニティ

名言黒板


作家別タグ