ターシャ・テューダーの人生 H.デイヴィス

| コメント(0) | トラックバック(0)

慣れないキルティング作業で指先が痛くなってしまった KiKi。  「慣れるためには作業を習慣づけることが大切!」と思いつつも、だからといってKiKi のメインの趣味であるピアノも弾けない状態になってしまうのではそれはそれで本末転倒・・・・と考え、昨日はチクチク作業はお休みとしました。  ま、てなわけで空いた時間を利用して吾妻郡図書館から借りてきた本を2冊読了しました。(← と言ってもどちらもカテゴリーからすると絵本で活字部分が滅法少ないのですが・・・・ 笑)  まずはそのうちの1冊です。

ターシャ・テューダーの人生
著:H.デイヴィス 訳:相原真理子  文藝春秋

51N03EDFKGL._SL500_AA300_.jpg  (Amazon)

アメリカを代表する絵本作家にして、現代人が憧れる19世紀の生活を送るターシャ・テューダー。  「すべてを手に入れた女性」として偶像化された彼女の知られざる実像に迫る、最初で最後のオールカラー評伝。  (Amazonより転載)

NHK で彼女の番組が放映され、東京のちょっと大きな本屋さんには彼女のコーナーができあがっているちょっと頑固な風変わりなおばあちゃん、ターシャ・テューダー。  あの広大なコーギー・コテージの敷地をどうやって手に入れたのか、単なる絵本作家の庭がいかにそれが見事な作品であったとしても、ここまでコマーシャリズムに乗っかるようになったのはどうしてか、に興味をもち図書館から借り出してきました。

T.テューダーの本と言えば KiKi が持っているのはこのエントリーでご紹介した2冊のみ(しかもそのうちの1冊は友人からいただいたもの)で、自腹を切ってまでして他にも欲しいと思った例はないんだけど、彼女の挿絵は決して嫌いじゃないうえに、恐らくこの本の帯だったもの(図書館本ではその帯部分を強力な粘着テープで貼り付けてある!)に書かれていた以下の言葉にとっても興味をそそられたんです。  曰く

世間の人はバラ色のレンズを通してわたしを見ています。  わたしは商業美術家です。  これまで挿絵を描いてきたのは食べていくため、そしてもっと球根を買うためです!

そう、今となっては彼女の名前は「ルイ・ヴィトン」や「カルヴァン・クライン」や「ココ・シャネル」や「ダナ・キャラン」と同じようにある種のブランドと化しているけれど、恐らく素顔の彼女は気難しくて、どちらかと言えば人嫌いで、偏屈なタイプの女性だろうな・・・・とNHKの番組で感じた KiKi はそんな彼女がいかにコマーシャリズムに乗っかったのかに強烈な興味がありました。

この本を読んでいてわかったのは、絵本作家としての彼女はいわゆる職人であり、その職人芸によって生活の糧を得ていたわけだけど、今ある彼女(と言っても最早亡くなってしまったけれど・・・・)の姿にはやっぱりプロデューサーがいたんだな・・・・ということです。  多くの日本人が、否、アメリカ人も含め多くの人が彼女の生き方や彼女のもう一つの作品である庭等々に憧れを抱くけれど、その憧れの対象となるイメージのようなもの・・・は「コーギー・コテージ・インダストリーズ」という法人の作り上げた「商標」のような、「Corporate Identity」のような、「特許」のようなものだったんだなぁ・・・・と。

もちろん彼女本人が固執していたのはそんなビジネス用語に代表されるような「マーケティング戦略」とは一線を画した「彼女固有の拘り」に過ぎなかったんだろうし、絵本作家としての生き方はまさに「生きるため」の生業に過ぎなかったはずだけど、それをブランド化したのがこの本の著者を初めとする「コーギー・コテージ・インダストリーズ」の関係者の方々だったんだろうということが腑に落ちました。 

まあ、それはさておき・・・・・

この本に収録されている彼女の「挿絵画家」としての作品はどれも素晴らしいものでした。  誰もが「ノスタルジィ」を感じずにはいられない人々の営み、そして「純真無垢」っていうのはこういうのを言うんだろうなと感じさせずにはおかない子供たちの姿、さらには誰もが「愛らしさ」を感じずにはいられないようなグロテスクさとは無縁の動物たち。  ファンタジーと呼ぶよりは一切の醜いもの・苦しさを視界から外しきったような作画は「理想郷」とでも名付けたいものだと感じます。

日本で入手できるのかどうかはわからないのですがターシャが描いた挿絵とともに発行された「マザー・グース」の本があるのだとか・・・・。  それは一度見てみたいなぁと思いました。  一応 KiKi は大学時代に谷川俊太郎さんが訳された「マザーグースのうた」という5冊セットぐらいのセット本を持っているので、敢えて2種類は手元に置く必要は感じないんだけど・・・・・。   

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://poco-a-poco.chu.jp/mt/mt-tb.cgi/1054

コメントする

2015年2月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28

Current Moon

CURRENT MOON

東京のお天気


山小舎のお天気


Booklog



ブクログ

アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.261

TrackbackPeople

クラシック・ピープルの Trackback People Site


チェロ ラヴァーズの Trackback People Site


Piano~ぴあの Trackback People Site


ピアノオススメ教本の Trackback People Site


ピアノ教室の Trackback People Site


Book Love Peopleの Trackback People Site


本好きPeople・ぴーぷるの Trackback People Site


今日読んだ本の Trackback People Site


ファンタジーが好き♪の Trackback People Site


この絵本がすごい!の Tackback People Site


児童書大好き♪の Trackback People Site


ハヤカワepi文庫の Trackback People Site


岩波少年文庫応援団の Trackback People Site


薪ストーブの Trackback People Site


週末は田舎暮らしの Trackback People Site


野菜育てPeopleの Trackback People Site


ガーデニングの Trackback People Site


パッチワークキルトの Trackback People Site


あなたの訪問は?


日めくりカレンダー


Real Time News


カテゴリ

ノルンはいくつ?

本が好き!


読書メーター

KiKiさんの読書メーター
KiKiさんの読書メーター

最近読んだ本

KiKiの最近読んだ本

今読んでいる本

KiKiの今読んでる本

読了目標





今やってるゲーム

KiKiの今やってるゲーム

このブログ記事について

このページは、KiKi (Brunnhilde)が2011年12月 6日 14:02に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「新装世界の伝記 高橋是清   中沢莖夫」です。

次のブログ記事は「赤い蝋燭と人魚 小川未明」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

高速運賃





Edita

ブロガー(ブログ)交流空間 エディタコミュニティ

名言黒板


作家別タグ