ブラームス ハイドンの主題による変奏曲 Op.56a 

| コメント(0) | トラックバック(0)

今日はクラシック音楽関係のエントリーです。  相変わらず「マンガ のだめ」のサポートをいただきながらの選曲で・・・・。  ま、てなわけで本日の KiKi のBGMはこちらです。

ブラームス ハイドンの主題による変奏曲 Op.56a
PHILIPS ASIN: B000UV2WSW  R.ムーティ(cond.) & フィラデルフィア管弦楽団

51ldXb6MBPL._SL500_AA300_.jpg  (Amazon)

多くの作曲家の作る音楽にはそれぞれの個性、○○節とでも呼ぶべきもの(例えば「ベートーヴェン節」とか「チャイコフスキー節」)がありますが、その中でも「ブラームス節」というヤツはなかなかオツなもんだと日頃から感じている KiKi。  どう表現するのがいいのかちょっと難しいところなんだけど「滋味深い」とでも言いましょうか、「ちょっと陰鬱」とでも言いましょうか、「朴訥」とでも言いましょうか・・・・。  ま、そんなブラームスがいかに「交響曲の父」で尊敬していた(?)と言えども、性格的には正反対とも言えるような「ハイドン」(ハイドンのイメージは明朗そのものっていう感じ)なんかの主題にどうして手を出しちゃったのか?  正直、KiKi はちょっと不思議だったりします(笑)

もっともブラームスっていうおっちゃんはあんな渋い容貌 & オリジナル曲に感じられる北ドイツ気質を持ちつつも、同世代のJ.シュトラウス父子のワルツ音楽をこよなく愛していて「それらの曲が残念なことに自分の作品ではない」と漏らしたな~んていうエピソードが残っていたりもするわけで、自分でペンをとるとところどころに愛らしいメロディがないわけじゃないんだけど、どうしても重厚感あふれる音楽になっていってしまう割には、軽妙で思わずステップを踏みたくなるような音楽が根っこのところでは好きだったのかもしれません。

さて、本日のこの1曲。  タイトルからもわかるようにハイドンの作品「ディベルティメント  HOB.II-46  6曲のフェルトパルティータ」の第2楽章のモティーフが主題に使われています。  このモティーフに関しては実はハイドン自身もオリジナルの旋律というわけではなく、古いブルゲンラントの巡礼の歌から引用したとのこと。  一般的には「聖アントニーのコラール」と呼ばれています。  巡礼の歌らしい単純、素朴な旋律がおおらかな主題を奏で、その後8つの変奏曲~終曲へという構成の音楽になっているのですが、変奏曲に入った瞬間に「こってり、こんもり、ブラームス節」になってしまうところがこの音楽の楽しいところではないでしょうか?  「結局そっちへ行くなら、なぜにハイドン?」っていう感じ・・・・・(笑)


変奏曲の達人とも言われたブラームスの音楽らしい、主題をあの手この手で料理しまくる筆致は見事としか言いようもありません。  さらにすごいのは終曲の作りこみ方なんですよね~。  一般的な変奏曲というのは曲全体を貫く主題があって、その主題をリズムやら調性やらを変えながら変奏させていく変奏曲がいくつかあって・・・・という構成なんだけど、この「ハイドン・ヴァリエーション」の終曲は終曲単体を見てもそこが変奏曲になっているんです。  どういうことかっていうと、終曲の中に「プチ・主題」と「プチ・変奏曲」があって、この「プチ・主題」が曲全体の「主題」の変奏曲になっている・・・・・・という重層的な構造になっているんですよ。

さらにね、この終曲。  今回じっくりと聴いているうちにちょっと気がついちゃったんだけどコーダ部分にハイドンの別の曲(交響曲第101番「時計」)で聴いたことがあるような音楽がチョロっと出てきたように思うんですよ。  楽譜でちゃんと確認したわけじゃないから定かじゃないんだけど、もしもこれがそうだったとしたら重層的なだけじゃなくて、複層的な音楽でもあるわけで、ブラームスの天才ぶりに改めて感銘を受けた次第。

個人的には「変奏曲」って大好きなので、こういう音楽は聴いていてとっても楽しい♪  この曲には Op.56b が付番されている「2台ピアノのための変奏曲」もあるらしいんだけど、こればかりは KiKi も一度も聴いたことがありません。  機会があったら是非聴いてみたい音楽の1つです。  

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://poco-a-poco.chu.jp/mt/mt-tb.cgi/1145

コメントする

2015年2月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28

Current Moon

CURRENT MOON

東京のお天気


山小舎のお天気


Booklog



ブクログ

アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.261

TrackbackPeople

クラシック・ピープルの Trackback People Site


チェロ ラヴァーズの Trackback People Site


Piano~ぴあの Trackback People Site


ピアノオススメ教本の Trackback People Site


ピアノ教室の Trackback People Site


Book Love Peopleの Trackback People Site


本好きPeople・ぴーぷるの Trackback People Site


今日読んだ本の Trackback People Site


ファンタジーが好き♪の Trackback People Site


この絵本がすごい!の Tackback People Site


児童書大好き♪の Trackback People Site


ハヤカワepi文庫の Trackback People Site


岩波少年文庫応援団の Trackback People Site


薪ストーブの Trackback People Site


週末は田舎暮らしの Trackback People Site


野菜育てPeopleの Trackback People Site


ガーデニングの Trackback People Site


パッチワークキルトの Trackback People Site


あなたの訪問は?


日めくりカレンダー


Real Time News


カテゴリ

ノルンはいくつ?

本が好き!


読書メーター

KiKiさんの読書メーター
KiKiさんの読書メーター

最近読んだ本

KiKiの最近読んだ本

今読んでいる本

KiKiの今読んでる本

読了目標





今やってるゲーム

KiKiの今やってるゲーム

このブログ記事について

このページは、KiKi (Brunnhilde)が2012年2月16日 11:04に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ハリー・ポッターともうひとりの魔法使い M.シャピロ」です。

次のブログ記事は「ハリー・ポッターと謎のプリンス J.K.ローリング」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

高速運賃





Edita

ブロガー(ブログ)交流空間 エディタコミュニティ

名言黒板


作家別タグ