ショパン ポロネーズ第7番 Op.61 「幻想」

| コメント(0) | トラックバック(0)

ようやく「守り人シリーズ本編」の再読が終了し、余すところ外伝の「流れ行く者」1編を残すのみとなりました。  これが終了したら通常の「読書エントリー」も復活する予定です。  本日は相変わらずの「クラシック音楽関連エントリー」です。  本日ものだめちゃんのサロン・コンサートでの演奏曲目となります。

ショパン ポロネーズ第7番 Op.61 「幻想」
Sony Classical ASIN: B00005G8H4 演奏:C.カツァリス(pf)

4988009962627_1L.jpg  (Amazon)

恐らくはのだめちゃんも "まっつぁお" だろうと思われる、アクの強い超個性派ピアニストの廃盤アルバムを今日は聴いてみました。  このピアニスト、ず~っと昔、NHK教育で「ショパンを弾く」の講師を務められ、その勢いに乗じてか Sony Classical からショパン全集を出すとのたまい、途中まではそのプロジェクトが進行したものの、契約問題か何かでトラブって結局全集は完結しなかった・・・・・といういわくつきのお方様であります。  超絶技巧の持ち主でありながらも、アクが強すぎるせいもあってか、はたまたレーベルをあっちこっち移動しまくったせいかは存じませんが、さほど評価の高いピアニストさんではなくなっちゃった感があります。  でもね、KiKi は結構好きなんですよね~、彼の演奏(苦笑)

高評価を得ているピアニストが絶対に強調しないようなところで内声で歌いまくったり、エキセントリックに疾走しちゃったりと驚かされたりハラハラさせられたりもするんだけど、それこそ遊びまくるような演奏をシラっとしちゃうようなところがあるピアニストさんなんですよね~。  そして聴き終わってみると思わず「ふぅっ!」とため息をつかせちゃうような・・・・・・。 

ご多聞にもれず、KiKi の子供時代の憧れのポロネーズと言えば「英雄ポロネーズ」でした。  それに対してこの「幻想ポロネーズ」、KiKi の中ではさほど印象深い楽曲とは言えませんでした。  まあ、子供が聴いていて「カッコイイb-hato4-b.gif」と思える曲ではないと思うんですよね~、どちらかというと内向的な音楽だし・・・・・。  でも、長じるにつれ、この曲の良さがジワジワと心に沁み渡ってくる・・・・そんな音楽だと思うんですよ。

ポーランドという国は、歴史上、他国から侵略されることが多かった国(このあたりの事情は池田理代子さんのマンガ『天の涯まで』に詳しい)で、ショパン本人も強い愛国心・民族意識を音楽として昇華させていく傾向が強い作曲家です。  これは「マズルカ」と「ポロネーズ」という2つの方向性を持っているんですけど、マズルカの方は常に小品としてまとめられていたのに対し、ポロネーズの方は途中からだんだん規模が大きくなっていきます。  つまり、ショパンにとってポロネーズは民族的な自己表現・独白という以上に彼固有の美意識を統合した作品として結実していったように感じられるんですよね。

そんな中で頂点に立つのが恐らく第6番の「英雄ポロネーズ」。  そして、それに続くこの第7番の「幻想ポロネーズ」は作曲年代的には「舟歌」とか「チェロソナタ」とほぼ同時期(≒ ショパンの晩年)の作品で、ある意味で「やるべきことはやった達成感」にも似たような、諦念のような、ちょっと抜け殻チックな脱力感のある音楽だと思うんです。  

ポロネーズの割にはポロネーズらしさが薄い(一応はポロネーズのリズムも出てくるんだけど、その足取りは微弱で時になりをひそめちゃう)、ポロネーズ風の幻想曲といった趣がある音楽だと思います。  いわゆる「祖国喪失者」としての叫びに疲れ切っちゃって、もう声高には言わないけれど、「それでもやっぱり僕はポーランド人」と小さく呟いているような、そんな感じのする音楽・・・・それが KiKi のこの曲に抱いているイメージです。

そうであるだけに、この曲、名曲だとは思うけれど、KiKi にとっては「いつかは弾きたい曲リスト」には入りえない音楽だなぁ・・・・・。  だって、ポーランド人じゃないし・・・・・ ^^;  同じショパン後期で勉強するんだったら、やっぱり「舟歌」でしょう・・・・みたいな感じ(苦笑)です。  

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://poco-a-poco.chu.jp/mt/mt-tb.cgi/1178

コメントする

2015年2月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28

Current Moon

CURRENT MOON

東京のお天気


山小舎のお天気


Booklog



ブクログ

アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.261

TrackbackPeople

クラシック・ピープルの Trackback People Site


チェロ ラヴァーズの Trackback People Site


Piano~ぴあの Trackback People Site


ピアノオススメ教本の Trackback People Site


ピアノ教室の Trackback People Site


Book Love Peopleの Trackback People Site


本好きPeople・ぴーぷるの Trackback People Site


今日読んだ本の Trackback People Site


ファンタジーが好き♪の Trackback People Site


この絵本がすごい!の Tackback People Site


児童書大好き♪の Trackback People Site


ハヤカワepi文庫の Trackback People Site


岩波少年文庫応援団の Trackback People Site


薪ストーブの Trackback People Site


週末は田舎暮らしの Trackback People Site


野菜育てPeopleの Trackback People Site


ガーデニングの Trackback People Site


パッチワークキルトの Trackback People Site


あなたの訪問は?


日めくりカレンダー


Real Time News


カテゴリ

ノルンはいくつ?

本が好き!


読書メーター

KiKiさんの読書メーター
KiKiさんの読書メーター

最近読んだ本

KiKiの最近読んだ本

今読んでいる本

KiKiの今読んでる本

読了目標





今やってるゲーム

KiKiの今やってるゲーム

このブログ記事について

このページは、KiKi (Brunnhilde)が2012年3月30日 11:12に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「メンデルスゾーン 無言歌集」です。

次のブログ記事は「リスト 2つの伝説(S.175)より「小鳥に説教するアッシジの聖フランチェスコ」」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

高速運賃





Edita

ブロガー(ブログ)交流空間 エディタコミュニティ

名言黒板


作家別タグ