パガニーニ カプリース Op. 1

| コメント(0) | トラックバック(0)

このLothlórien_Blog の右サイドバーをご覧頂けばお分かりの通り、最近、久々にゲーム熱が蘇ってまいりました。  と言うのもね、今年のお彼岸に墓参り兼ご無沙汰親戚訪問をした際に、KiKi より年長の従兄弟がつい最近、新しいPS3とFF13-2を購入して現在嵌っている様子に遭遇しちゃったんですよね~。  で、よくよく考えてみたら KiKi はPS3とFF13を何年か前に購入していたんだけど、冒頭だけちょっとやってみて「目が回る~!」とばかりに放置しっぱなしにしてあったんですよ。(実は放置してあるのはFF13のみならずFF12も放置しっぱなし・・・・・)  でも、従兄弟がFF13-2をやっているのを傍で見ていたら、何となく放置しっぱなしのFF13ができそうな気がしてきちゃってねぇ・・・・ ^^;

気の持ちようの違いがあったのか否かは定かじゃないんだけど、とりあえずFF13に取り組んでみたところ、とりあえず今のところ「目が回る」こともなく少しずつ(1日1時間ぐらい)進めることができていたりします。  でも、正直なところあんまり面白くない・・・・・。  

映像だけはため息ものの美しさなんだけど、ムービー多すぎだし、しょっちゅう文字情報を読みに行かなくちゃいけないし、ついでにその文字が小さい。  世界観が今一つ掴めないうえに、全13章のうち6章まで進んでいるのに未だにパーティが何のために戦っているのかさっぱりわからない・・・・・。  ま、てなわけで、ついつい昔懐かしいFFの世界に浸りたくもなってきちゃって、結果的にPSPのFF1にまで手を出しちゃっている始末です。

ま、てなわけで読書の方が疎かになっている昨今。  仕方ない(?)のでブログエントリーは最近連日ものとなっておりますクラシック音楽関係です。  本日も「のだめカンタービレ(漫画)」の助けを借りて、19巻目、カントナ国際コンクールヴァイオリン部門の演奏からこちらの1曲です。

パガニーニ カプリース Op.1
Sony Cllasical ASIN: B001FOSK98 演奏:五嶋みどり(vn)

51-hzn-CrTL._SL500_AA300_.jpg (Amazon)

このCD、今では1枚2,000円しないで買えるんですねぇ。  Lothlórien_山小舎にはCDは持ち込んでおらず、今では iPod に入れてあるものをひたすら聴いているので、KiKi がこのCDを購入した際にいくらだったかは確認のしようがないんだけど、発売当初は2,000円はしたんじゃないかしら??  「カプリース」が聴きたかったというよりは「五嶋みどりのカプリース」が聴きたかったということで購入した1枚でございます。

KiKi がパガニーニという作曲家に出会ったのは、案外古くてちょうど KiKi が中学3年の時のピアノ発表会で頂いたプラグラムの曲目によってでした。  その時、KiKi が演奏したのはリストの「ハンガリアンラプソディ第6番」だったんだけど、先生から当日の指慣らしとして軽めの曲をもう1曲入れた方がいいだろうと言われ、同じくリストの「パガニーニ練習曲」から「狩り」を弾くことになったんですよね~。  この曲はこの「カプリース」の中の第9曲がベースになっている練習曲です。  当時の KiKi は当然のことながら、パガニーニな~んていう作曲家は知らなくて、この曲を課題として貰ったからこそ知りえた作曲家ではあったんだけど、残念なことに「カプリース全曲」を聴く機会には恵まれませんでした。

もともとヴァイオリン曲にはさほど詳しくなかった KiKi がこのカプリース全曲を知るに至ったきっかけもピアノ曲によって・・・・でした。  ラフマニノフやブラームスの作った「狂詩曲」やら「変奏曲」を聴いて(これは第24番の主題をベースにしています。)感銘を受け、「これは1度はちゃんと全曲を聴いておかなくちゃ♪」と思ったというわけです。

ま、てなわけで「カプリース全24曲」をヴァイオリンで聴くようになったのは大学生になってからだったんだけど、大学の図書館で初めてこの曲のレコードを視聴した時には期待で胸が高鳴ったものでした。  あのリストが「私はピアノのパガニーニになる」とのたまい、「超絶技巧」な~んていう代名詞付きで呼ばれた鬼才の音楽ともなれば、そりゃあ生半可な期待じゃありません!(笑)

初めて聴いたときはもちろんビックリ仰天で、「なんじゃこりゃ!  これが人間業なのか??」と口をポカ~ンと開けちゃって閉まらない状態に陥ったんだけど、正直なところ気に入ったか?と問われるとビミョーな感じでした。  何て言うか妙チクリンなマジックとか手品を見せられたのと同じで「感心はしたけれど感動はしない」ような感覚に捕らわれたんですよね~。  だから長らくこの曲を KiKi の Music Library に入れたいとはあんまり思いませんでした。

そんな KiKi にこの曲のCDを購入させたのは、やはり何と言っても演奏者の力でした。  あの、日本が誇る MIDORI がこの「カプリース」のCDを出した・・・・・と聞けば、何となく素通りができなくてねぇ。  この日の KiKi のお買いものの主目的は同時発売されたグールドの「ゴルトベルグ変奏曲」のリマスターCDだったんだけど、思わず一緒に買っちゃいました♪

今もって五嶋みどりの演奏をしてみても、「好きな曲か?」と聞かれると甚だビミョーであることには変わりないんだけど、同じ日本人の身贔屓が手伝ってか、最初にこの演奏を聴いたときには「完璧!」と胸にせりあがってくる感動を抑えるのが大変だったことを懐かしく思い出します。  ヴァイオリニストではない KiKi にも容易に想像がつく演奏難易度の高さには茫然とさえしちゃいます。  ま、そんな曲なのでこのCD、さほど登場頻度が高くないんですけど、今回は「のだめちゃん」の御蔭様をもって聴くことができました。  何となくそれが嬉しい・・・・・(苦笑)

  

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://poco-a-poco.chu.jp/mt/mt-tb.cgi/1183

コメントする

2015年2月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28

Current Moon

CURRENT MOON

東京のお天気


山小舎のお天気


Booklog



ブクログ

アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.261

TrackbackPeople

クラシック・ピープルの Trackback People Site


チェロ ラヴァーズの Trackback People Site


Piano~ぴあの Trackback People Site


ピアノオススメ教本の Trackback People Site


ピアノ教室の Trackback People Site


Book Love Peopleの Trackback People Site


本好きPeople・ぴーぷるの Trackback People Site


今日読んだ本の Trackback People Site


ファンタジーが好き♪の Trackback People Site


この絵本がすごい!の Tackback People Site


児童書大好き♪の Trackback People Site


ハヤカワepi文庫の Trackback People Site


岩波少年文庫応援団の Trackback People Site


薪ストーブの Trackback People Site


週末は田舎暮らしの Trackback People Site


野菜育てPeopleの Trackback People Site


ガーデニングの Trackback People Site


パッチワークキルトの Trackback People Site


あなたの訪問は?


日めくりカレンダー


Real Time News


カテゴリ

ノルンはいくつ?

本が好き!


読書メーター

KiKiさんの読書メーター
KiKiさんの読書メーター

最近読んだ本

KiKiの最近読んだ本

今読んでいる本

KiKiの今読んでる本

読了目標





今やってるゲーム

KiKiの今やってるゲーム

このブログ記事について

このページは、KiKi (Brunnhilde)が2012年4月 4日 10:45に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「アルベニス イベリア組曲」です。

次のブログ記事は「田植え機搬入」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

高速運賃





Edita

ブロガー(ブログ)交流空間 エディタコミュニティ

名言黒板


作家別タグ