留守中に田んぼらしくなった田んぼ

| コメント(2) | トラックバック(0)

昨日夜、ようやく KiKi は東京からLothlórien_山小舎に帰ってきました。  今回の上京ではいつものハローワーク通いの他に、今さる筋からお話がある出稼ぎ仕事の打ち合わせがあったり、例の赤ちゃんのいる親戚の家へ賄いおばさんをしに行ったりとなかなかハードな3日間でした。  その合間に、いつもブログでお世話になっている yurikamome さんとちょっとお茶をしながら音楽談義をしたりと、なかなか充実した時間を持つこともできました。  楽しかったぁ!!  又、機会があったら是非お願いしますね>yurikamome さん♪  

で、そうやって KiKi が久々の都会人をしている間に、我が田んぼは?と言えば、一緒にやっている仲間が多くの仕事をこなしてくれちゃっていました(笑)

2012_May18_130.JPG

KiKi が上京するために湘南新宿ラインに乗っている真っ最中、田んぼでは案の定、水入れの作業が開始されていたようです。

2012_May18_132.JPG

先日どぶさらい水路さらいをしたあの水路の大元で水をせき止めていた石をどけると、どっと水路に水が流れ出し

2012_May18_133.JPG

各田んぼの水入れ口の石をどけたり、泥をどけてやると、生命の水がドクドクと田んぼに入っていきます。  KiKi たちがお借りしている I おばあちゃんの田んぼは段々田んぼになっているので、自然の法則で上から下へと水が流れていきます。

2012_May18_135.JPG

そして、今年は「可能な限り人には頼まず自力で多くの田んぼ仕事をしよう!」というスローガンのもと始めた田んぼ仕事だったのですが、「荒かき」という作業をするために借りることになっていた管理機が壊れちゃったうえに古い機械のため修理部品が手に入らないとかで、結果的に「荒かき」 & 「代かき」という仕事は去年もお願いした同じ農家さんにお願いすることになってしまったとのこと。

2012_May18_137.JPG

I おばあちゃんちの田んぼの目の前の田んぼで作業をされていらっしゃるこの方が登場です。  (今年はこの段階では KiKi はお目にかかることができなかったけれど・・・・・)  

2012_May18_138.JPG

う~ん、いいなぁ、このサイズのトラクター。  やっぱり欲しいなぁ。  こりゃ、やっぱり今回話のあった出稼ぎ仕事、受けるしかないかなぁ・・・・・。  そうすりゃ中古機ぐらいは買えるだろうしなぁ・・・・。

そしてこの「荒かき」なる作業が終わったところで、あの体力消耗ワーク、「クロヌリ」の出番です。  正直なところ、KiKi はLothlórienに戻ってくるに当たり、「ああ、クロヌリが待っている・・・・・(ため息)」と少々重~い気分で帰ってきたのですよ。  だってこの作業、腰痛持ちの KiKi には恐怖と言っても過言ではない作業なんですもの。


ところが・・・・・です。  何て素晴らしい仲間たちなんでしょう!!  腰痛持ちの KiKi を気遣ってか、今年作付する予定の3枚のクロヌリは昨日までに終了していたとのこと。  ようやく東京から帰ってきた KiKi を待っていたのは、今年は原則としては使わないことにしていたけれど、万が一、苗が余ってしまった場合に一部だけ使おうということにしていた、「予備田んぼ」だけが未着手とのこと。  ここは使わない公算大なので、そんなに真剣に作業しなくてもよいエリアということになっていた田んぼです。

ま、半分は KiKi が写真を撮るために残してくれていた田んぼみたいな感じなんですよね~(笑)  で、せっかくのご厚意なので、今日はその「クロヌリ作業」の写真をご紹介です。

2012_May18_023.JPG

クワで田んぼの泥をしゃくい・・・・・

2012_May18_024.JPG

それで例の「クロカキ」したところに土壁を塗るかの如くにペタペタとはりつけて(こすりつけて?)いきます。

2012_May18_017.JPG

こ~んな風にね。  で、それが終了するとこんな景色になっていくのです。

2012_May18_018.JPG

プロがやるともっときれいに、まっすぐにできるもの・・・・・らしいのですが、何せ我々は素人集団ですから見よう見まねの作業です。  曲がっていたり土壁の厚みが均一じゃなかったりと色々あるんですけど、「要するに水が止まればいいんだろ!!」と半ば開き直って作業を進めた模様・・・・・(笑)

2012_May18_016.JPG

そして今日は田んぼの水量を調節するために、水路のあちこちにある仕切りを操作です。

2012_May18_020.JPG

朝にはジャンジャン水を入れていた一番下の田んぼに水が溜まった頃、この水路の上流にある仕切りをまずシャットダウン。

2012_May18_026.JPG

石だけでは止まりきらない部分を補強するために、土やら肥料やらの入っていたビニールの袋を使って穴をふさぎます。

2012_May18_027.JPG

そして、一番下の田んぼに水を導いていた管を抜いて、水を逃がすために彫ってある水路に水を誘導します。

2012_May18_028.JPG

2012_May18_029.JPG

これだけでは逃がしきれない水があるので、それは一段上の田んぼに誘導です。

2012_May18_031.JPG

ま、てなわけで、今日はもう一度夕方には田んぼに来て、水のチェックと場合によっては水の堰き止め作業をしなくてはなりません。  そして今週の日曜日には代かきをしていただき、5月の最終の土日には田植えをする予定です。

2012_May18_128.JPG      

田んぼがようやく田んぼらしい姿になってきました。  水を入れるまでは小さかった「カエルの合唱」の歌声も今日はこの谷間に響き渡っていました。    

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://poco-a-poco.chu.jp/mt/mt-tb.cgi/1208

コメント(2)

どうも先だってはいろいろとありがとうございました。
アップして下さっているのは存じておりましたが、いろいろとありまして、コメントが遅くなり申し訳ありません。
こちらこそ機会がありましたら是非またお目にかかりましょう。とても楽しかったです。
こういうつながりが出来る事に感謝です。
農作業もいろいろと大変ですね。
でもその分やりがいもあることと思います。
私もいつかはある程度自給できる生活がしたいです。
その際はご指導ご鞭撻をよろしくお願い致します。

コメントする

2015年2月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28

Current Moon

CURRENT MOON

東京のお天気


山小舎のお天気


Booklog



ブクログ

アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.261

TrackbackPeople

クラシック・ピープルの Trackback People Site


チェロ ラヴァーズの Trackback People Site


Piano~ぴあの Trackback People Site


ピアノオススメ教本の Trackback People Site


ピアノ教室の Trackback People Site


Book Love Peopleの Trackback People Site


本好きPeople・ぴーぷるの Trackback People Site


今日読んだ本の Trackback People Site


ファンタジーが好き♪の Trackback People Site


この絵本がすごい!の Tackback People Site


児童書大好き♪の Trackback People Site


ハヤカワepi文庫の Trackback People Site


岩波少年文庫応援団の Trackback People Site


薪ストーブの Trackback People Site


週末は田舎暮らしの Trackback People Site


野菜育てPeopleの Trackback People Site


ガーデニングの Trackback People Site


パッチワークキルトの Trackback People Site


あなたの訪問は?


日めくりカレンダー


Real Time News


カテゴリ

ノルンはいくつ?

本が好き!


読書メーター

KiKiさんの読書メーター
KiKiさんの読書メーター

最近読んだ本

KiKiの最近読んだ本

今読んでいる本

KiKiの今読んでる本

読了目標





今やってるゲーム

KiKiの今やってるゲーム

このブログ記事について

このページは、KiKi (Brunnhilde)が2012年5月18日 15:21に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ショパン ワルツ第6番 Op. 64-1 「子犬のワルツ」」です。

次のブログ記事は「ようやくたどり着いた代かき」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

高速運賃





Edita

ブロガー(ブログ)交流空間 エディタコミュニティ

名言黒板


作家別タグ