ベートーヴェン 弦楽四重奏曲第2番 Op. 18-2

| コメント(0) | トラックバック(0)

ここのところず~っと「読書感想文ブログ」となってしまっていたので、今日は久々にクラシック音楽関係のエントリーを・・・・・。  せっかく着手した「ベートーヴェンのSQ特集(?)」を進めていきたいと思います。  ま、てなわけで本日の KiKi のBGM はこちらです。

ベートーヴェン 弦楽四重奏曲第2番 Op. 18-2
シャルプラッテン TKCC-70011 演奏:ベルリン弦楽四重奏団(ズスケ・カルテット・ベルリン)

c0021859_17391281.jpg

因みに、このCDは今では廃盤になっていて、リマスタリングしたこちら(↓)が現在の定番商品になっているみたいです。

51F0Zx4ZqbL._SL500_AA300_.jpgのサムネール画像  (Amazon)

この曲を一聴して強く感じるのは、ことこの曲に関してはベートーヴェンの作曲言語はモーツァルトというよりはハイドン寄りかなぁ・・・・・ということです。  ま、実際問題としてベートーヴェンが生まれ故郷のボンからウィーンに出てきたとき、彼が弟子入りしたのはハイドンだったわけで、彼の教えの影響というのは当然のことながら受けていたわけで、ハイドンっぽい作曲言語を駆使していたとしても不思議でもなんでもないことなんですけどね。

もっともハイドン - ベートーヴェンの師弟関係はそんなに良好なものでもなかったようだし、ベートーヴェン自身はハイドンよりもモーツァルトに魅力を感じていて実際に彼に師事することを希望して彼を訪ねたこともあったわけだから、歴史に if は禁物だけどもしも彼がモーツァルトに師事していたらもっと違うタイプの弦楽四重奏曲を作っていたのかもしれません。


初期の作品、しかも「ハイリゲンシュタットの遺書」前、ハイドンの影響が強いということで、ベートーヴェンの曲の割には(?)深刻さとか強い自己主張とかちょっと強引っぽさもある説得口調・・・・といったようなものとは一線を画した音楽になっています。  「挨拶」というあだ名がついているように、4つの楽器がそこかしこで、挨拶を交わし合っているような、何とも器楽的な楽曲だと感じます。

又、ベートーヴェンの曲作りの1つの大きな特徴として「ハイドンが舞曲(特にメヌエット)を配置した第3楽章をスケルツォに変える」というものがあるけれど、その片鱗はこの曲にも表れている・・・・とは言うものの、ことこの曲に関しては「テンポの速いメヌエットとも取れるような、スケルツォの原型とも取れるような・・・・・」という楽曲になっていると思います。  因みに、楽譜上の表記は Scherzo. Allegro。  でもね、後の彼のスケルツォとはかなり毛色が違っていて、どことなく典雅で優美な感じなんですよね~。

いずれにしろ、ベートーヴェンの割には快活でお茶目で屈託のないこの音楽。  「らしさ」には欠けるけれど、KiKi は結構好きだったりします(笑)

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://poco-a-poco.chu.jp/mt/mt-tb.cgi/1233

コメントする

2015年2月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28

Current Moon

CURRENT MOON

東京のお天気


山小舎のお天気


Booklog



ブクログ

アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.261

TrackbackPeople

クラシック・ピープルの Trackback People Site


チェロ ラヴァーズの Trackback People Site


Piano~ぴあの Trackback People Site


ピアノオススメ教本の Trackback People Site


ピアノ教室の Trackback People Site


Book Love Peopleの Trackback People Site


本好きPeople・ぴーぷるの Trackback People Site


今日読んだ本の Trackback People Site


ファンタジーが好き♪の Trackback People Site


この絵本がすごい!の Tackback People Site


児童書大好き♪の Trackback People Site


ハヤカワepi文庫の Trackback People Site


岩波少年文庫応援団の Trackback People Site


薪ストーブの Trackback People Site


週末は田舎暮らしの Trackback People Site


野菜育てPeopleの Trackback People Site


ガーデニングの Trackback People Site


パッチワークキルトの Trackback People Site


あなたの訪問は?


日めくりカレンダー


Real Time News


カテゴリ

ノルンはいくつ?

本が好き!


読書メーター

KiKiさんの読書メーター
KiKiさんの読書メーター

最近読んだ本

KiKiの最近読んだ本

今読んでいる本

KiKiの今読んでる本

読了目標





今やってるゲーム

KiKiの今やってるゲーム

このブログ記事について

このページは、KiKi (Brunnhilde)が2012年6月19日 14:07に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「二つの祖国(4) 山崎豊子」です。

次のブログ記事は「逆説の日本史 2. 古代怨霊編 井沢元彦」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

高速運賃





Edita

ブロガー(ブログ)交流空間 エディタコミュニティ

名言黒板


作家別タグ